So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

東京のゲイバーの元祖・新橋「やなぎ」の位置が判明 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

6月26日(日)

1950年(昭和25)新橋烏森口に開店したゲイバー「やなぎ」(お島ママ=島田正雄、1919~1996年)は、東京における「ゲイバーの元祖」(のひとつ)とされるが、情報は多いとは言えない。

その場所は、「やなぎ」で修業した青江のママ(1924~2011年、1952年「やなぎ」に入店)の自伝『地獄へ行こか 青江へ行こうか』(ぴいぷる社 1989年)に「新橋烏森神社参道の右側」(144頁)と記されているのが、最も信頼できる情報だった。

この度、その正確な位置を、1961年現況の住宅地図(『港区 1963年度版』住宅協会地図部、1963年6月)で確認できた。
新橋「やなぎ」(1961) (1-2).jpg
↑ 新橋駅烏森口(1961年現況)
新橋「やなぎ」(1961) (2-1).jpg
↑ 烏森神社とその参道
新橋「やなぎ」(1961) (3).jpg
↑ さらに拡大。赤囲みが「やなぎ」

アメリカ軍の空襲で焼失した新橋・烏森神社の参道に、戦後、成立した闇市系飲食店街(駅前の闇市マーケットの露店が強制立ち退きで集団移転して成立する飲食店街)である「烏森飲食街」を入って右側4軒目。
小さい! 
青江のママが「一階でカウンターだけ、席も六つか七つ」と語っているように、新宿ゴールデン街の店と同じ程度と思われる。
お島さんは、二、三階に住んでいた。
ちなみに、当初は飲み屋というより「カレーとカツ丼を出すバー」だったらしい(野地秩嘉『日本のおかま第一号』メディアファクトリー、1999年)。

「やなぎ」で修業した青江のママ(青江忠一)や吉野のママ(吉野寿男、1928年~)が独立し(註2)、さらにそこから大勢の「弟子」が育ち、東京のゲイバー業界は発展していく。
「やなぎ」は、後に銀座八丁目に移転する(註1)が、こんな小さな店から、東京のゲイバーの歴史は始まったのだ。

(註1)「やなぎ」は、1955年に銀座八丁目に移転するので、1961年現況の住宅地図に見える新橋の「やなぎ」は分店的な位置づけだったと思われる。
(註2)青江のママは1954年10月に銀座二丁目にゲイバー「青江」を、吉野のママは1954年に銀座に「ボンヌール」を開店。

1963年撮影の航空写真に、「やなぎ」のおよその位置を赤矢印で示してみた。
SCN_0313 (7).jpg
SCN_0313 (5).jpg

【追記(21時30分)】
Twitterで「やなぎ」1945年開店説があることを指摘された。
しかし、本人(お島ママ)及び「弟子」である青江のママが開店の経緯と時期(1950年開店)を語っているのに、他者がそれを否定することは史料論的にあり得ない。

お島ママは、終戦(1945年8月15日)を満州で迎えているので、内地への復員は早くても1945年末だろう。
それから千葉県銚子の実家に戻り、銚子港で仕入れた魚を仕入れては、一夜干しにして食糧難の東京に運んで闇営業の食堂に売り(闇の担ぎ屋)資金を貯めた。
そうした経緯からしても、「やなぎ」1945年開店説は成り立たない。

そもそも1945年の東京新橋は、飲食店を新たに開店するような社会状況ではない。

また「やなぎ」があった「烏森飲食街」は、GHQの露店整理指令(1949年8月4日)を受けて成立したと思われるので、その点からも1950年開店説は整合性がある。

三島由紀夫『禁色』に登場するゲイバー「ルドン」のモデルになった銀座五丁目(尾張町)のゲイ喫茶「ブランスウィック」との先後関係についても指摘されたが、「ブラウンスティック」の開店は、1948年6月に喫茶店の営業が許可されて以降、48年12月までの間と推定され、「やなぎ」より前であるのは間違いない。
「やなぎ」を開店する前のお島さんも「ブランスウィック」に行っている。
しかし、そもそも喫茶中心の「ブランスウィック」と食べ物中心の「やなぎ」とでは、営業形態も客の階層もかなり違う。
「ブランスウィック」が、ゲイ喫茶店としては戦後最初であることは動かないが、後世の展開を考えても、「やなぎ」を東京のゲイバーの「元祖」とする評価は妥当だと思う。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

よつば

初めまして。

住宅地図から場所の特定おめでとうございます。

私も幼少時に住んでいた場所を知りたくて
1960年代(正確な出版年度は図書館でも不明)の住宅地図のコピーを都立図書館から取り寄せたことがあります。

この時代の住宅地図は活字ではなく筆耕によるので
筆耕者の腕次第で活字より見易かったり、ぐちゃぐちゃだったり・・・
さらにコピーで文字がつぶれるので大変でした。

拡大された地図を拝見すると・・・
あまりきれいな部類ではないようで、目がチカチカしたと思います。
で、確認できた時は嬉しかったのではないか・・・と初コメント。
by よつば (2016-06-27 13:11) 

三橋順子

よつばさん、いらっしゃいま~せ。

住宅地図の文字については、おっしゃるとおりです。
手書き、文字の潰れ、印刷のかすれ、いろいろあって判読に苦労します。
どうやっても読めないこともしばしばですが、今回は幸いにも拡大したら読めました。

by 三橋順子 (2016-06-29 11:18) 

お名前(必須)

昔 台東区浅草 いろは商店会中に芝居小屋有り。義景会館って、私にが小学校4年生位だったと思います。その時に?青江のママに子供なのにお店の中に入って仕事していた時に、可愛がって貰ってました。今凄く逢いたいです。
833586
by お名前(必須) (2018-08-03 07:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0