So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

さよなら、美容院の猫 [日常(花・街・山・猫・蝶)]

2月2日(金)

久しぶりに行きつけの美容院に行った。
椅子に座ると、いつも寄ってくる雉虎猫がこない。
私が覚えている限り、10年以上、お店にいる老猫。

11月に行ったとき、いつものように撫でたら、背骨が手に当たって「ああ、もう長くないな」と思った。

先生に「猫は?」と尋ねると、昨年の12月24日、クリスマスイブの日、虹の橋を渡って逝ったとのこと。

いつものようにニャーニャー鳴いて、カリカリを食べて水を飲んだ後、自分の箱に入って伸びをして、そのままコトリと倒れたらしい。
少なくとも13歳か14歳とのことなので、老衰だろう。
苦しまなくて、よかったね。
IMG_5658.JPG
↑ まだ元気だった頃(2017年8月7日)

nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

ちゃぞのです

おひさしぶりです。そうですよね。背骨が手に当たったら長くないですよね。うちのネコ長女がそうでした。彼女は背骨のみならず、おしりの肉も細くなって毛もどんどん抜けてきたんですね。虹の橋に渡る半年前から。そのときもうすでにおかしかったのです、いまおもえば(涙)。わたしには初めての死なので。なんとかしてあげたかったです(号泣)うちの末弟りんりん、4月で14歳。いまのところ、3にゃんのなかで一番長老です。近所のネコたちは20歳で亡くなったりの超長老が多いので長生きしてほしいものです。いまのところ、まだ肉付きはいいし、爪とぎも積極的にするので元気です~
by ちゃぞのです (2018-02-03 20:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。