So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『朝日新聞』3月13日夕刊「浮世絵が映す異性装の文化」にコメント [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

3月13日(火)

今日(3月13日)『朝日新聞』夕刊・文化欄の「太田記念美術館」の企画展「江戸の女装と男装」の紹介記事「浮世絵が映す異性装の文化」(丸山ひかり記者)に私のコメントが掲載されました。
朝日新聞20180303夕 - コピー.jpg

「女装と日本人」などの著書がある明治大学の三橋順子・非常勤講師(性文化史)は、「これほど異性装を描いた作品があるのは日本ぐらい。その特異性を意識すべきだ」と話す。
 異性装への人々の視線は明治以降、同性愛や異性装をタブー視するヨーロッパの精神医学の考え方が広まってから、厳しくなったとみる。「異性装や同性愛はこれまで、歴史学や美術の分野でまともに取り上げられてこなかった。こうした展覧会が催されることに、時代の流れを感じる」
--------------------------------

ちなみに、私のレビューは、下記をご覧ください。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2018-03-04-1
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。