So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

病理を前提とする対応は過去のものに [現代の性(性別越境・性別移行)]

3月31日(土)

明日から新年度ということで、いくつかの大学からトランスジェンダーの学生への対応について、意見を求められている。

以前は「病理を前提としない対応を」とお願いしていた。
つまり「性同一性障害の診断書の提出を求めないように」ということだ。

ところが、最近は、要望するまでもなく、すでに病理を前提としない(診断書を求めない)対応になっている。

性別移行を病理とする考え方が過去のものになり、世の中が少しずつでも着実に変わっていることを実感する。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。