So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

一橋大学シンポジウム「トランスジェンダーアーカイブ・歴史・教育」 [現代の性(性別越境・性別移行)]

4月1日(日)

4月29日(日)に一橋大学で、アーロン・デヴォー氏をお招きして「トランスジェンダーアーカイブ・歴史・教育」というシンポジウムをするはずなのだけど、ネット上にまったく広報がない。
この時期、いろいろ予定がある方も多いので、早めに広報すべきだと思うのだが、なにか支障があるのだろうか?
もう1カ月を切っているし、私も「おまけ」でしゃべるので、勝手に広報しちゃいます。
------------------------------------------------------
シンポジウム「トランスジェンダーアーカイブ・歴史・教育」

【日時】2018年4月29日(日)14時30分~18時30分

【場所】インテリジェントホール
(一橋大学国立キャンパス・西キャンパス)

【主催】一橋大学大学院社会学研究科 ジェンダー社会科学研究センター(CGraSS)

【講師】
 アーロン・デヴォー(ヴィクトリア大学)
 「世界で唯一のトランスジェンダー専攻長の紹介」
  (英日通訳あり)
 薬師実芳(特定非営利活動法人ReBit代表理事)
 「トランスジェンダーの子どもと教育・学校について考える」
 三橋順子(性社会・文化史研究者)
 「日本における性別越境の歴史」

【シンポジウム】
(司会)ソニヤ・デール(一橋大学)
(パネリスト)アーロン・デヴォー、薬師実芳、畑野とまと(ライター、トランスジェンダー活動家)、三橋順子
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。