So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「SOGI」についての針間克己先生の指摘 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月16日(月)

GWに「SOGI」と題する大きなシンポジウムが開催されるようだが、ちょっと気になること。
それは、精神科医の針間克己先生が最近『Oriijin』という雑誌やブログで「SOGI」について指摘している内容。
http://d.hatena.ne.jp/annojo/20180404

要約すると、
① 日本語wikiには出てくるが、英語wikiにはない。
 日本語wikiの「SOGI」の参考文献はすべて日本語。
 https://en.wikipedia.org/wiki/Sōgi
② 英語辞書等でもさっぱり出てこない。
 英語では言葉として存在しないかのよう。
③ ようやく人権系の会議等のサイトで「Sexual Orientation & Gender Identity(SOGI)」といった形で出てくる。
④ 思うにSOGIは、人権系の国際会議等で発表の時などの時、Sexual Orientation & Gender Identityというのは面倒なので、会議中に一部専門家が「SOGI」と使うことはあっても、一般用語としては、全然使われていないのではないか。
⑤ 「LGBTではなく、これからはSOGIと呼ぶのが国際的な常識である」という認識は間違い。

私が調査したわけではないので断言はできないが、針間先生の指摘の通りなら、日本人は英語圏で必ずしも使われていない言葉を広めようとしているという変なことをしていることになる。

シンポジウム「SOGI」の主催者は、針間先生の指摘にどう答えるのだろうか?

私が思うのは、「LGBT」もそうだったが、自分たちが使おうとしている外来略語の起源や使われ方をもっとちゃんと認識した方がいいということ。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。