So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「売春防止法」の問題点 [現代の性(一般)]

4月23日(月)

1956年に制定された「売春防止法」は、現在までの62年間、1度も改正されていない。
当然、その後の社会構造や人権思想の変化に対応することなく、現実離れした法律になっている。
そして、日本の買売春をめぐる諸問題の根源に、この時代遅れの法律がある。

最大の問題点は「売春防止法」がキリスト教的な倫理観に基づいて「(売春は)人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗をみだすものである」(第1条)と、売春を悪行と決めつけていることである。
この規定がセックスワーカーの働く権利(労働権)を抑圧し、セックスワーカーへの不当な差別の根源になっている。

また、暗黙の前提として、売春の行為主体を女性、客を男性とする構造も完全に時代遅れで、同性間の買売春や性別変更が伴う売春行為が、まったく想定されていない。

私は大学の「セクシュアリティ論」の講義で次のように述べている。
① 売春を「人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗をみだすものである」とする「基本認識」の再考が必要。
② セックスワーカーの人権(身体の自由・働く権利)と安全(暴力・性病・望まない妊娠の回避)を基本に据えるべき。
③ アメネスティ・インターナショナル(Amnesty International 国際人権NGO)が世界大会(2015年8月11日)で採択した決議「同意に基づくセックスワークの全面的な非犯罪化」を支持。④ セックスワーカーが搾取や人身売買、暴力に対して、他の職業と同じ法的保護を十分に受けることが重要。

こうした売春の「非犯罪化」に向けた国際潮流がある一方で、国内では2014年末~2015年に「全国婦人保護施設等連絡協議会(全婦連)」が厚生労働省、法務省、内閣府に「売春防止法」の改正を求める要望書を提出するなど、売春へ法的規制を強化する動きも根強い。

昨日渋谷・代官山「アマランス ラウンジ」で行われた映画「スカーレットロード」上映会の後のトークショー、ここらへんの問題(根源としての「売防法」)も整理して触れて欲しかった。

トークされたお二人(要友紀子さん、畑野とまと)さんは解っていても、会場の人の認識は、そこらへん十分でなかったように思うので。



nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

島本文美

表題と関係ないかも知れませんがお許しいただければ幸いです。

一昨日の山形新聞の社会面に掲載されていましたが、かつての山形市最大の遊郭がありました小姓町に唯一残っていました遊郭時代の遺構、衛生組合会館が今月末で解体される事が報じられていました。

同会館は元々山形駆梅院という医療施設として大正2年に建てられ、売春防止法施行以降は授産施設の寮や同組合の事務所として使用されていました。

建物自体の老朽化が進み補修が効かないと言うことで残念ながら解体ということになったそうです。

最近売春防止法施行以降に同地に建てられた当時東北最大と言われたグランドキャバレー「ソシュウ」(1957年~1984年閉店)の回顧する本が出版されて小姓町を見直す動きもありましたが遊郭時代の遺構が消えることで 遠い昔話になっていきます。
by 島本文美 (2018-05-18 07:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。