So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

自治体別同性パートナー制度の状況 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]


自治体別同性パートナー制度の状況
4月24日(火)

自治体別同性パートナー制度の状況(虹色ダイバーシティ調べ)
自治体の同性パートナー認知(2018年4月).jpg
2017年10月31日と2018年4月24日の約半年間で比較すると、。

世田谷区 56→ 68組(+12)
渋谷区  24→ 28組(+ 4)
伊賀市    4→ 4組 ( 0)
宝塚市    0→ 0組 ( 0)
那覇市  18→ 19組(+1)
札幌市  32→ 38組(+ 6)
福岡市  未→ 11組(+11)
合 計  134→168組(+34)

那覇市がほとんど止って、札幌市も伸びが鈍化。
それにしても宝塚市はなんなのだ?

実施期間が長い(約2年半)渋谷区と世田谷区。
渋谷区が人口22万で28組(1万人あたり1.27組)、世田谷区が人口90万で68組(1万人あたり0.76組)。
手間も費用もかかる渋谷区の方が人口比だとかなり多いのが興味深い。

nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

マミー

30年くらい前に世田谷区役所に婚姻届出しに行ったと思うけど。懐かしいです。同性婚順調に増えてますね。良かったです。
by マミー (2018-04-26 15:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。