So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

W杯H組、日本の緒戦、コロンビアを2-1で破り、勝点3 [スポーツ]

6月19日(火)

W杯2018ロシア大会H組、日本vsコロンビア戦。

【日本の先発】

    大迫
 乾  香川  原口
  柴崎  長谷部
長友 昌子 吉田 酒井宏
    川島

前半3分、香川のシュートをコロンビアDFカルロス・サンチェスがペナルティエリア内で手に当てて、レッドカードで一発退場。
正直言って、故意か微妙で、ちょっとかわいそう。
日本、数的優位に(1人多い)。

6分、香川が落ち着いてPKを決めて、日本が先制、1-0。

日本、数的優位を生かせない。
長谷部の反則で右45度のフリーキックを与える。
39分、キンテロに鋭いグラウンドFKを決められて1-1の同点。

前半1-1で終了。
人数11対10でやっと試合になってる感じ。

後半も数的優位なのに膠着状態。
23分、香川と本田が交代。
28分、6本目のコーナーキックを大迫がヘディングで決める。
2-1で再び日本リード。

コロンビア、反撃の攻め手がない。

日本、2-1で勝利、勝点3。

ラッキーな金星。
W杯で日本が南米勢に勝ったのは初めて。

しかし、87分も11対10で試合して2-1か・・・。
まあ、これが実力。

今日の殊勲者は、決勝ゴールと献身的な守備の大迫。
あと、長友の貢献度も高い。
ディフェンス陣では昌子も良かった。

本田は、出場時間が短かったのに、ボールを取られる場面、パスミスが多い。
途中出場なのに走れない。
やっぱり、もう体力的に無理だと思う。

H組のもう1試合、セネガルvsポーランド戦。

前半を終えて、セネガルが1-0でリード。

セネガル、守備が固く、カウンターが鋭い。
身体能力も高く、日本はかなりやりにくいと思う。
むしろ、オーソドックスなポーランドの方が戦いやすいかも。

後半15分、セネガルが追加点、2-0。
外に出ていた選手が(審判の許可を得て)ピッチに戻るや、ポーランドのバックパスを奪って疾走。
飛び出したGKを交わして、無人のゴールへ。
かなり珍しいシーン。

これはセネガルの勝ちだな。
2点を追うポーランドがなかなか攻められない。
それだけ、セネガルの守備が組織的で機能している。

後半40分、ポーランドがFKからのヘディング・シュートで1点を返す。2-1。

結局、セネガルが2-1でポーランドを破る。

これでH組は
セネガル  勝点3 得点2 失点1 得失点差+1
日 本   勝点3 得点2 失点1 得失点差+1
ポーランド 勝点0 得点1 失点2 得失点差-1
コロンビア 勝点0 得点1 失点2 得失点差-1

nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

かずみ

これでコロンビアでは今回も死人が出るでしょうね。
by かずみ (2018-06-19 23:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。