So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「レンコン」、1970年代後半まで伝承 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

9月10日(月)

昨日、63歳のニューハーフさんにお話をうかがって、驚いたことは、「レンコン」の実践者・伝承者だったこと。

「レンコン」は、少なくとも昭和戦前期から戦後期まで、女装男娼の間に伝承されてきた性的技巧で、潤滑液をつけ手筒の形にした片手を背中から股間に回し、そこに男性客のペニスを誘導して、女性の膣と錯覚させる高度の「詐交」技術。

ほとんどの場合、男性は相手が女性だと思って射精し、Sexを終える。
女装男娼は、男性と気づかれることなく、かつ脆弱な肛門粘膜を痛めることなく、効率よくセックスワークができる。

今まで、「レンコン」の使用は1960年代前半まで確認できていたが、1970年代後半まで使用されていたことがわかった。
お話をうかがった方は、もしかすると最後の伝承者かもしれない。




なお、「レンコン」について詳しく知りたい方は、下記を参照ください。

三橋順子「レンコン」

 (『性の用語集』 講談社現代新書、2004年12月、 P350~356)

三橋順子「女装男娼のテクニックとセクシュアリティ」

(井上章一編著『性欲の文化史 1』講談社選書メチエ、2008年10月、P127~161)



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。