So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

9月17日(月・祝)新宿二丁目「楽庵」 [日常(料理・食べ物)]

9月17日(月・祝)  曇り 夜、大雨  東京  31.2度  湿度68%(15時)

昼食は、久しぶりに新宿二丁目ど真ん中の蕎麦屋「楽庵」。
IMG_4030.JPG
最初に(「ジュネ」の中山麻衣子さんに)連れてってもらったのは、たぶん1995年だから、もう23年前。
今、調べたら創業40年以上とのこと。

なんとなく天麩羅が食べたかったので、ちょっと贅沢して、天せいろそば(1700円)。
IMG_4027.JPG
天麩羅、おいしかった。
IMG_4028.JPG
おそばは、もう少し量が欲しいな。
IMG_4029.JPG

さあ、腹ごしらえはできた、仕事、仕事。
(続く)
nice!(0)  コメント(5) 

nice! 0

コメント 5

きんかん亭回顧

順子先生いつも楽しく有意義に拝読しております。

下らない穿鑿で恐れ入ります。「楽庵」の開店は恐らく1996年。暖簾分けした親店「きんかん亭」(記憶では2007年閉店/「ほうとう」や「割子そば」など現在「楽庵」名代のメニューはすべて「楽庵」のものを継承)が1971年の創業ですから、順子先生が前回1995年に召し上がり「創業40年以上」と誤解(失礼)なさっているのは「楽庵」ならず、「きんかん亭」との混同ではないかと思われます。

こんなことでも、1986年に二丁目デヴュタントの老人が繰り言せぬ限り、新宿二丁目史からは容易に消え去るでありましょうから、文字どおりの老婆心ながら申し添えさせて頂きました。
by きんかん亭回顧 (2018-09-19 00:33) 

三橋順子

きんかん亭回顧さん、いらっしゃいま~せ。

きんかん亭と楽庵は同じ場所なのですか?
正直言って、あの場所にあるお蕎麦屋さんに行った記憶はあるのですが、店名は覚えていません。
もう少し後(1996~97年)かもしれません。
by 三橋順子 (2018-09-23 09:58) 

きんかん亭回顧

恐れ入ります。

二丁目仲通りの目抜きにある「ルミエール」が「きんかん亭」の旧地であります。何だかあまり良好ではない分派だったと聞きましたが、つまりは「きんかん亭」と「楽庵」(←楽庵さんは開店以来同一場所で営業)と、仲通り交差点を挟んで10年以上も両立していたわけです。

「楽庵」開業前、同所にどんな店(あるいは仕舞屋)があったか、残念ながら記憶にありません。順子先生が前回行かれたのは開店して間なしの「楽庵」だったかもしれませんね。

ちなみに「きんかん亭」は「楽庵」と似寄りの民藝風の店内意匠でした。現「ルミエール」のフロア全部が「きんかん亭」の店内範囲ですから、間口もあり、「楽庵」とは違って広々としておりました。
by きんかん亭回顧 (2018-09-23 20:25) 

(追伸)きんかん亭回顧

失礼致しました。
わたくしの初信にございます「現在『楽庵』名代のメニューはすべて『楽庵』のものを継承」は、「現在『楽庵』名代のメニューはすべて『きんかん亭』のものを継承」の誤りでした。
by (追伸)きんかん亭回顧 (2018-09-23 23:10) 

三橋順子

きんかん亭回顧さん、いらっしゃいま~せ。

詳しい解説、ありがとうございます。
初めて「二丁目」に足を踏み入れた頃、「蕎麦屋が多いなぁ」と思った記憶があります。
蕎麦好きなので、そこらへん敏感なのです。
by 三橋順子 (2018-09-26 11:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。