So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

東京都の「人権尊重条例」が成立 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月5日(金)

LGBTへの差別の禁止 やヘイトスピーチの規制を定めた東京都の「人権尊重条例」が、5日、都議会で可決・成立。

パブリックコメントで「性的指向や性自認による不当な差別的取り扱いの禁止」(差別禁止条項・罰則はなし)が入ったことは、大きな成果。

2020東京五輪の開催を梃子に、欧米の人権感覚に少しでも近づく形で条例化を進めることは、次の段階として、国レベルの法制化の雛形になると思う。

-----------------------------------------------------
LGBTなどへの差別禁止、人権尊重条例が都議会で成立

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ヘイトスピーチを規制し、LGBTなどへの差別を禁止する『人権尊重条例』が、東京都議会で可決・成立しました。

「多種多様な個性が輝いて、活力あふれる東京の実現にまい進したいと考えています」(小池百合子都知事)

5日、都議会で可決・成立した『人権尊重条例』は、ヘイトスピーチの規制やLGBTへの差別の禁止をうたったもので、ヘイトスピーチを規制する条例の成立は都道府県では初めてです。

公共施設の利用を制限できるなど強制力を持った内容となっていて、一部の有識者からは、「表現の自由を侵害する」などと懸念の声もあがっていますが、小池都知事は会見で、第三者の意見を踏まえて適切な運用を進める考えを示しました。

「制限の運用においても、第三者機関で審査会の意見を踏まえ判断する」(小池百合子都知事)

東京都は来年4月の全面施行を目指したいとしています。

「TBSニュース」2018年10月5日
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3491065.html



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。