So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

美術授業用の頭蓋骨「本物」 [事件・事故]

12月6日(木)

どういう経緯で、本物の頭蓋骨が、高校の美術デッサンの備品になったのか? 
同じ鹿児島市で2件ということは、たまたま偶然ではなく、探せば他の地域にもあると思う。

理科(生物)の教材の人体(骨格)模型が、実は本物の骨という噂は、古い学校ならよくある話(私の出身高校にもその噂、あった)。
鶴丸高校(旧制一中と一高女)も甲南高校(旧制二中と二高女)も旧制以来の伝統がある古い高校とのこと。

まさか、そこらから拾ってきたものではなく、医学部の解剖実習に献体された方の頭蓋骨が、学校教育用(教材)に寄贈されたものかもしれない。

戦後混乱期には、身元不明の未収容の人骨があちこちにあったように思う。
現在より人骨に対して鈍感だったように思う(現代が過敏な気がする)。

この頭蓋骨で熱心にデッサンの勉強をしていた、美術志望の生徒さんの感想も聞きたい。

---------------------------------------------
美術授業用の頭蓋骨「本物」…頭にシール状の痕

鹿児島県立甲南高校(鹿児島市)で、美術の授業で使われていたデッサン用の頭蓋骨が本物だったことがわかった。

同校によると、頭蓋骨は20年以上前から、牛の骨などと一緒にデッサン室の棚に保管されていた。この間、美術の授業で、生徒が頭蓋骨を見ながら模写することもあり、今年6月にも生徒1人がモデルにしていたという。

鹿児島では6月、県立鶴丸高校(同市)で、約50年前に死亡した女性のものと推察される頭蓋骨が見つかっていたことが判明。これを受け、甲南高がデッサン室の頭蓋骨の鑑定を県警に依頼したところ、人骨と判明した。30~40歳の女性とみられ、県警からは「事件性はない」と説明されたという。吉元彰一教頭は「頭頂部にはシールを貼ったような3、4センチ四方の痕があり、学校の備品だと思った。なぜ(本物が)あったのかわからない」と話している。

この頭蓋骨について、鹿児島市は5日付の官報に、身元が分からず引き取り手のない死者として掲載。県教委は今後、他校でも同様の事例がないか調査する。

『読売新聞』2018年12月06日 10時34分 Copyright [コピーライト] The Yomiuri Shimbun
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181206-OYT1T50027.html?fbclid=IwAR3I9p_z1B2wTH6QANWh2sdp358HZC4U052E5bIttMV1SAXL_AlNUqbXPKE
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。