So-net無料ブログ作成

奈良女子大、2020年度からトランスジェンダー女子受験生を受け入れ [現代の性(性別越境・性別移行)]

6月28日(金)

奈良女子大が、2020年度からトランスジェンダー女子受験生の受け入れることを、正式に発表。

昨年7月に発表したお茶の水女子大学に次いで2校目。
これで、2校しかない国立の女子大学の足並みが揃った。

--------------------------------------------------
女性自認の学生受け入れ 奈良女子大、出願資格拡大

奈良女子大(奈良市)の今岡春樹学長は28日、記者会見を開き、戸籍上は男性でも自身の性別が女性と認識しているトランスジェンダーの学生を来年4月から受け入れる方針を明らかにした。

国立の女子大はお茶の水(東京)と2校だけで、お茶の水は既に来年4月からの受け入れを表明している。同じ国立大として歩調を合わせた形。

これまでは入試の出願資格を「女子」としていたが、「女性としての性自認を持つトランスジェンダー女性」にも広げる。過去10年間に当事者とみられる人から入学相談が3件寄せられていたが、全て出願資格を理由に断っていた。

「共同通信」2019/6/28 16:48 (JST)6/28 16:53 (JST)updated
https://this.kiji.is/517245524685833313?c=39546741839462401





nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。