So-net無料ブログ作成

参議院選挙 中盤の情勢(選挙区) [政治・選挙]

7月11日(木)

参議院選挙 中盤の情勢(選挙区)

◎1人区
接戦なのは、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、新潟、滋賀、大分。
このうち、秋田、新潟は野党系がやや優勢。
青森は自民がやや優勢(でも、立憲が追い上げている)。
岩手、宮城、山形、福島、滋賀、大分は本当に接戦でわからない。
この6議席を全部野党系がとれば、自民には大きなダメージになる。

長野と沖縄は野党系優勢。
あとは、自民優勢で、よほど情勢が大きく変わらない限り、ひっくり返りそうもない。
山梨、三重は野党系が何度も議席をとった所なので、追い上げてほしい。

◎2人区
静岡で国民と立憲、京都で共産と立憲、広島で自民新人(2議席目)と野党系無所属が2議席目を争う。
いずれも1議席目は自民が安泰。
茨城は自民、立憲で決まり。

京都の増原裕子候補(立憲)、旧民進党の票が意外にまとまらないようで苦戦。
なんとか通って欲しい。

◎3人区以上
北海道は自民(2議席目)と共産、
千葉も自民(2議席目)と共産、
東京は立憲と維新、
神奈川は維新と共産、
兵庫は公明と立憲
が最終議席を争う。

三つ巴の激戦になっているのが愛知と大阪。
愛知は、自民と国民がリードし、公明、立憲、共産が残り2議席を争う展開。
大阪は、維新(1議席目)自民、公明が決まりで、最終4議席目を維新新人(2議席目)、立憲、共産がを激しく争う。

福岡は、自民、公明、立憲、
埼玉は、自民、公明、立憲、共産
で決まりだろう。

3人区以上では共産が5選挙区でからんでいる。
どれだけ取れるかで党勢が大きく変わる。

立憲は、大阪と兵庫の女性候補の追い込みが届くか?
「全勝」がノルマの公明が落とすとしたら兵庫か?
維新は、大阪・兵庫以外で議席がとれるかどうか?
東京は難しいが、神奈川は可能性がある。
国民民主は、長野と愛知の現職こそ優勢だが、静岡の現職が接戦になってきた。
あとは壊滅状態。

◎ 集計
    最低~予想~最高
自民  32~38~42
公明   5~ 7~ 7
維新   2~ 3~ 5

立憲   7~11~15
共産   2~ 3~ 7
国民   2~ 3~ 3
無所属  2~ 9~12

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。