So-net無料ブログ作成

公明党、同性婚を検討へ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

8月6日(月)

座長の谷合さんは、「性同一性障害者特例法」を成功体験と考えている方なので、おそらく「同性愛者特例法」路線でいくと予想。

---------------------------------------------
公明、同性婚を検討へ 秋にも方向性

公明党が「性的指向と性自認に関するプロジェクトチーム(PT)」(谷合正明座長)で同性婚をめぐる議論を始める。複数の同性カップルが同性婚の実現を求めて国を訴えている裁判を踏まえ、救済策を整備する必要があると判断した。

論点を整理したうえで、早ければ秋の臨時国会中に方向性を打ち出す。党として同性婚や同性パートナーシップ制度に賛成の立場をとることも視野に入れている。政府や自民党にも対策を急ぐよう働きかける。

憲法24条は「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立」と定める。安倍晋三首相は2015年2月の参院本会議で「現行憲法の下では同性カップルに婚姻の成立を認めることは想定されていない」と答弁している。同性婚をめぐる訴訟では国が原告と争っている。

『日本経済新聞』2019/8/6 18:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48269510W9A800C1PP8000/



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。