So-net無料ブログ作成

8月10日(土)「プライドハウス東京」動画「新宿 LGBT Today」の撮影(その1:着付け~新宿御苑) [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

8月10日(土) 晴れ  東京  34.4度  湿度62%(15時)

7時半、起床。
9時45分、大きな紙バッグを担いで、家を出る。

今日の撮影は、人生初のスタイリスト役。

11時の開店ちょうどに「新宿・マルイ本館」の浴衣売り場へ。

身長176cm、へそ出しファッションのモデルさんを前に出して「この娘に浴衣を着せたいのですけど」。
67898138_2372314142804761_2639480801820934144_n.jpg
ベテランの女性店員の顔が、一瞬引きつったように見えた。
でも、さすがはベテラン。
すぐにTTサイズの売り場に連れて行ってくれる。

バイリエーションは8パターンくらい。
モデルさんの希望を聞くと「青系が好き」というので、明るい紺に大きめの花柄の浴衣に即決。
帯は白と水色のリバーシブル。

プロデューサーから、「お金のこととは気にしなくていいです」と言われたので、下着&紐セット、下駄もどき(鼻緒が伸縮)、小さな籠バッグ、ついでに、紫のお花の髪飾りと、お扇子も。

実は、浴衣以外、下着&紐、帯(2本)、髪飾り、お扇子などは念のため持ってきていたのだけど、使わずに全部買ってしまった。
締めて、5万6000円。

ペラペラじゃない。まずまずの浴衣を愛人に着せようと思うと、このくらいはかかる。

徒歩3分ほどの「新宿ダイアログ」に移動。
ちょっと涼んだ後、3階の集会場を借りて、着付け。

う~ん、細い!
脇に寄せてもなお背中に布が余ってしまう。
専門の着付けさんだと、体形補正にバスタオル2枚くらい巻くところだけど、私は補正嫌いだし、そんなことしたら、今日の暑さだとモデルさんの負担が尋常でなくなる。
なので、涼しさ、動きやすさだけを考えて、ざっくり着付ける(浴衣って、そもそもそういうものだし)。

長くボリュームがある見事な黒髪を高いポニーテールにまとめて、髪飾りをつけ、お扇子を差して出来上がり。
モデルさんの着付けを終えて、新宿御苑へ。

12時50分、新宿御苑・日本庭園で、「プライドハウス東京」動画「新宿 LGBT Today」のスタートシーンの撮影開始。

監督&カメラマン:Olivier Fabre
プロデューサー:増崎孝弘
モデル(案内役):畑島楓
発注者:松中権
スタイリスト:三橋順子

新宿御苑側から、広報担当の職員さん(女性)が同行。

IMG_9013.JPG
↑ 入場券を買うシーンから撮影。

↑ 都心とは思えない森の中を進む。
67784331_2328789564011181_7593390815120982016_n - コピー.jpg
↑ 日本庭園で打ち合わせ。
IMG_9026 (2) - コピー.JPG
↑ 撮影

撮影終了後、東屋で休憩していたら、外国人観光客の男性が声をかけてくる。
松中さん、Olivier Fabreさんが1週間前まで行っていたオランダの人で、しかも
Transgenderの支援活動をしているセクソロジスト(sexologist:性科学者)の方とか。
こんな偶然もあるのか!と驚く。

IMG_9028 - コピー.JPG
↑ 楓ちゃんにご執心

67920364_500615920687620_3140011407118958592_n - コピー.jpg
↑ 皆で記念撮影。

14時、新宿御苑の撮影を終了。

ともかく暑かったけど、カメラマンとモデルさんが頑張ってくれて、良い映像が撮れたと思う。
(続く)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。