So-net無料ブログ作成

アスペルガー症候群の診断テスト [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月14日(水)

「アスペルガー症候群(ASD)診断テスト ケンブリッジ大学自閉症研究チーム準拠」というのをやってみた。
https://smart-a1.com/asperger-test.html?fbclid=IwAR3vjRV_TtvrRTrmOqH-XIAG74Fk9gKKpokoLzgdKm4AUAiYnuzlpo1mwdU

診断基準 
50~36点 : 専門医にアスペルガー症候群と診断される症状の強さ。
35~15点 : 40人~60人に1人はいる、典型的な隠れアスペルガー症候群の可能性。
14~0点 : 特に問題なし。

結果は、
>あなたのアスペルガー指数は => 19/50
>40人~60人に1人はいる、典型的な隠れアスペルガーの可能性があります。

まあ、そんなもんでしょう。
ほぼ自覚の通り(もう少し高いと思っていたけど)。

友人たちもやってくれて、結果、トランスジェンダリズムの人は、
とまと14<順子19<いつき23<いずみ44の順で偉いことが判明。
いずみちゃんダントツ、もう少しで満点(笑)

とまとさんは「ADHD(注意欠陥・多動性障害)の検査だと高めに出そう」と自己診断。

何でこんなことしてるかというとね、(ここだけの話だけど)来年のGID学会で「自閉症スペクトラムとGID」というシンポジウムが開催されるらしいから。
実現すれば、マジで、自閉症スペクトラムとGIDの関係が議論されることになる。

ちなみに、仲良しのおゆうちゃんは12。
彼女は、私から見ると、アスペの傾向はほとんどないと思う。
家猫さんは、けっこうその傾向があるので、30くらいだろうと予想したら29だった。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。