So-net無料ブログ作成

医療現場における性的マイノリティへの無理解 [現代の性(性別越境・性別移行)]

9月2日(月)

医療現場における性的マイノリティへの無理解、本来、平等性を基本にする医療の場だけに、けっこう深刻なものがある。

医療系の雑誌は、2016年頃から、かなり積極的に「LGBT」の特集企画をしているのだが、実際には、あまり浸透していないような気がする。

『医学のあゆみ』(医歯薬出版)256巻4号(2016年1月)
 「(特集)性同一性障害の現状と治療」
『精神療法』(金剛出版)2016年2月号
 「(特集)セクシュアル・マイノリティ(LGBT)への理解と支援」
『精神科治療学』(星和出版)2016年8月号
 「(特集)LGBTを正しく理解し、適切に対応するために」★
『こころの科学』(日本評論社)2016年9月号
 「(特別企画)LGBTと性別違和」
『ホルモンと臨床』(医学の世界社)63巻 4号(2015年4月号だが、実際は2017年10月刊行)
 「(特集)内分泌科医が理解すべきトランスジェンダー」★
『Modern Physician』」(新興医学出版社)39巻5号(2019年4月)
  「(特集)医療者のためのLGBT,SOGIの基礎知識」★

ちなみに、★印の3つには、私も執筆していて、及ばずながら尽力はしているつもり。

現場の医療者は、ともかく多忙で「そんなもの読んでる暇はない」のが現実なのだろうが、困ったものである。


nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

ゆき

三橋さん、お元気でしたか!
25年前に新宿でお会いしてからずっと会えなかったかな。
活躍は聞いてましたがね。
三橋さんは神田須田町のエリザベスから知ってます。40年近く前になりますかね。
よくクイーン雑誌にでてましたよね。
時代が合わなかったら私の勘違いに成りますが!
今も頑張ってらっしゃるのですね。
懐かしくてコメントしてしまった!
当方、東京の大学に通ってた頃からエリザベスにハマって毎日学校行かずにエリザベスに行ってた者です。
よろしく!
by ゆき (2019-09-02 20:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。