So-net無料ブログ作成

針間克己『性別違和・性別不合へ ―性同一性障害から何が変わったか―』 [現代の性(性別越境・性別移行)]

9月4日(水)

針間克己先生から新著をいただく。
IMG_9772.JPG
『性別違和・性別不合へ ―性同一性障害から何が変わったか―』(緑風出版、2019年9月、148頁、1600円+税)。

「あとがき」によると、「あっという間に1冊を書き終えました」とのことだが、わかりやすい文体で一気に読めた。

内容的には、過去の経緯から、現在の最新情報、そして未来予測まで、バランス良く、とても内容豊富でおおいに参考になる。

日本でいちばん性同一性障害の臨床に携わってきた医師であるにもかかわらず、いや、それだからこそ、旧来の概念に固執せず、トランスジェンダーの人権と医療という視点から、あるべき形を考える姿勢がすばらしい。

本文中に著者がうっている写真が3点もあり、いかにも先生らしい。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。