So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

手術要件撤廃と「お風呂問題」 [現代の性(性別越境・性別移行)]

12月28日(水)

『信濃毎日新聞』の社説「性別の変更 自己決定支える制度に」が、日本の「GID特例法」が人権侵害であることをはっきり指摘していて、なかなか良い記事。

ただ、「性同一性障害」という枠組み自体が、もう余命いくばくもない(長く見て2年)わけで、それを踏まえて制度の見直しをしていかないといけない。

手術要件の撤廃には「お風呂問題」(公衆入浴施設の利用)という日本固有の問題との調整をどうつけるかという、とても難しい問題がある。
具体的に言えば、ペニスはあるが法的には女性の人が女湯に入ることを社会が認めるのか?ということ。
認めるならそれでいいが、認めないとなると、同じ法的な女性で、女湯に入れる人と入れない人ができるのは、法の下の平等に反すると思う。

社会的理解という点で「お風呂問題」は軽視すべきではない。
「人権問題に、社会的理解を待つ必要ない」という意見もあるが、私はそうは思わない。
理念的にはそうかもしれないが、現実はそう簡単ではない。

------------------------------------------------------
(社説)性別の変更 自己決定支える制度に

戸籍の性別を変えるために性別適合手術を受けなければならないのは、憲法が保障する自己決定権の侵害ではないか―。

性同一性障害の当事者からの問題提起を、法制度の抜本的な見直しに向けた議論につなげたい。

岡山県に住む臼井崇来人(たかきーと)さんが、女性から男性への性別変更を求める審判を家裁に申し立てた。手術を事実上強制する性同一性障害特例法の規定は違憲、無効と審判の場で主張するという。

体を傷つけることに抵抗があり、手術は受けていない。自分以外にも、受けるかどうか悩んでいる人や、受けてから後悔する人がたくさんいると訴えている。

体と心の性が一致しない性同一性障害の人の性別変更は、2004年に施行された特例法で可能になった。これまでに5千人以上が変更を認められている。

要件として、生殖能力を欠いていること、変更したい性別の性器に近い外観を備えていることなどを特例法は定める。それには、子宮や卵巣、精巣を摘出したり、性器を形成したりする性別適合手術を受ける必要がある。

臼井さんのように、手術を望まない当事者は少なくない。体への負担だけでなく、公的医療保険が適用されないため、経済的にも負担は重い。性別の違和感を訴えて医療機関を受診した人のうち、手術を受けた人は1割に満たないとの調査もある。

欧州では既に、ドイツや英国をはじめ10カ国以上が性別変更の条件から適合手術を外している。世界保健機関(WHO)は14年に、手術要件をなくすことを求める声明を出した。

憲法13条は、個人の尊重と幸福追求権を定める。その核心にあるのが自己決定権だ。自らの生き方に関わることを公権力の干渉を受けずに決める権利である。

特例法は、手術のほか、結婚していないこと、未成年の子がいないことを性別変更の要件としている。夫婦、両親が同性になる事態を避け、家族関係の「秩序」を維持する考え方が背景にある。

厳しい要件によって、性別の自己決定が不当に妨げられてはいないか。性的少数者の権利保障を前進させるには、家族の多様なあり方を認めることこそが求められるのではないか。

同性婚を認めることも関係してくる。個人の尊重を土台にして、性的少数者の人権と尊厳を支える法制度をどう組み立てていくかを考えたい。

『信濃毎日新聞』2016年12月28日
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20161228/KT161227ETI090009000.php

12月27日(火)腰痛 [日常]

12月27日(火)

9時に一度、目が覚めたが、雨音を聞きながら二度寝。
11時、起床。

どうも腰の具合が良くなく鈍痛がある。
湿布を貼って、できるだけ横になって、時代小説などを読む。

疲れが出ているのか、気が抜けたのか。
どっちもかな。

朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のジャンボン・フロマージュとコーヒー。
161227 (1).JPG

昼食は、昨日、購入したお餅を試食。
161227 (2).JPG

夕食は、2日遅れてきたフライドチキン。
161227 (5).JPG
酢いわし。
161227 (6).JPG
大黒しめじと卵のお汁。
161227 (4).JPG

少し良くなったので、夜中、1958年に刊行された同性愛小説、小野善弘「もうひとつの夜」を読んで、メモを作る。

就寝、4時。

台湾、同性婚認める民法改正案が委員会を通過 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

12月27日(火)

台湾議会で、同性婚認める民法改正案の審議が始まり、委員会を通過した。

台湾は、欧米留学帰りのリベラルな人も多いが、同時にキリスト教右派(福音派など)の勢力も強いので、楽観はできない情勢。

NHKや朝日新聞がけっこう大きく報じているのに、日本のLGB活動家のコメントが少ないような気がするが、気のせいかな。

私は2003年にお茶の水女子大学にいらしたジョセフィン・ホー(何春蕤)先生に出会い、同年12月に台湾国立中央大学で開催された国際シンポジウム「跨性別新世紀」に呼んでいただいて以来、台湾の動向に注目してきたので、いよいよだなという感じで期待している。

同時に2003年の時点で、「セクシュアリティをめぐる政治」という意識で、台湾と日本の大きな差を感じた。
もちろん、台湾が先進的で、日本はまったく後進的という差。
その差は、10~15年ではなかなか埋まらないと思うのが正直なところ。

アジア最初の同性婚を認める国が台湾になり、日本では見通しすら立たないのは、やはり運動の蓄積の差としか言いようがない。

-----------------------------------------
アジア初の同性婚認める法案成立するか 台湾議会で審議開始

台湾で同性婚を認めることを盛り込んだ民法の改正案が議会に提出され、アジアで初めて同性婚が法的に認められるかどうか、審議の行方に関心が高まっています。

台湾では「LGBT」と呼ばれる性的マイノリティーへの理解が若者を中心に進んでいて、ことし10月には当事者や支援者による8万人規模のパレードが開かれ、蔡英文総統も同性婚への支持を表明しています。

こうした中、同性婚を認めることを盛り込んだ民法の改正案が26日、与野党の議員から議会に提出されました。改正案は内容の違いによって6種類あり、それぞれの提案者が趣旨説明を行いました。議会の周辺では、賛成の立場の住民たちが大勢集まり、性の多様性を象徴するレインボーカラーの旗を振りながら、同性のカップルに対する差別をなくすべきだとアピールしました。

一方、反対派の人たちも大規模なデモを行い、「審議をやめろ」などと訴え、議会の敷地の中に入ろうして一時、警察と小競り合いになりました。改正案は今後、本格的に審議され、成立すればアジアで初めて同性婚が法的に認められることになりますが、宗教団体などを中心に根強い反対意見もあり、審議の行方に関心が高まっています。

「NHKニュース」12月26日 20時20分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161226/k10010820721000.html
-----------------------------------------
同性婚法案が委員会通過 台湾、強い反対で協議難航も

台湾で同性婚を実現する民法改正案が26日、立法院(国会)司法法制委員会を通過した。今後、与野党協議を経て本会議に送付される。推進側は来春の本会議可決を目指す。ただ、反対も根強く、与野党協議で棚上げされる可能性もあり、予断は許さない状況だ。

この日の委員会では、与野党の委員らが提案していた4本の法ログイン前の続き案を一本化。同性の婚姻当事者にも民法上の夫妻や配偶者などに関する規定を平等に適用する、などとの条文を設けた。

また、これとは別に、民法に同性婚に関する章を追加する改正案も与野党協議に回された。同性婚が実現すれば、アジアで初めてとなる可能性が高い。一方、年配者やキリスト教関係者ら伝統的な家庭観を重視する層には反対が強く、男女の婚姻と同性パートナーを区別する特別法の制定を求める動きもある。委員会は、こうした法案が提出されれば与野党協議にかけることでも合意した。(台北=鵜飼啓)

『朝日新聞』2016年12月27日05時00分
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12724445.html?rm=150

やっと終わった・・・。 [日常]

12月26日(月)

7月以来、亡父の相続手続きをいろいろしているが、最後まで残っていた日本医師会の年金精算の書類がようやく届いた(精算額は12月30日振り込み)。

まだ「本番」の相続税額の確定・払い込みが残っているが、これで細かな手続きはやっと終わった。
なんだかんだで半年もかかってしまった。
ともかく、手続きが面倒で、相手の対応が遅く、こういう書類作業が苦手な私にとっては、とてもストレスだった。

今まで、書類を必要とした手続きはこんな感じ。

(1)国民健康保険関係(精算)
(2)国民年金関係(精算)
(3)簡易保険(郵便局)関係(請求・受取)
(4)お墓(市営墓地)継承(手続き・納骨)
(5)生命保険(ジブラルタル生命)関係(請求・受取)
(6)銀行預金(足利銀行)・投信関係(残高証明) ←妹に依頼
(7)建築物評価関係(都税務署で評価書取得)
(8)埼玉県医師信用組合関係(払い戻し請求・受取)
(9)銀行口座(足利銀行)開設
(10)埼玉県医師信用組合関係(残高証明請求)
(11)固定資産税納付証明(市役所・区役所で請求)
(12)医師年金(日本医師会)関係(精算)

クリスマスからお正月ヴァージョンへ [日常(髪・爪・肌・ファッション)]

12月26日(月)
(続き)
14時、学芸大学駅西口のネイルサロン「プティマーナ」へ。

ほぼ1カ月ぶりなのに、剥がれも浮きもなく、剥がすのがもったいないくらい。
担当はお馴染の店長Iさん。

前回のクリスマス・ヴァージョンから、お正月ヴァージョンに付け替え。
ゴールドとシルバーの中間くらいのラメの斜めフレンチ。
161226-1.JPG
薬指だけ、アクセントで銀のホログラム。
161226-2.JPG

Iさんに1年、お世話になった御礼。
16時半、辞去。

「仕事部屋」に寄って、郵便物の整理。

自宅最寄り駅前の「ドトール」で休憩。
161226-2.JPG
18時半、帰宅。

夕食は、お刺身(まぐろ、鯛)。
161226-3 (1).JPG
1日遅れのチキン。
161226-3 (3).JPG
シチューの残り。
161226-3 (2).JPG
ロースト・ビーフ(1枚だけ)。
161226-3 (4).JPG
お風呂に入って温まる。

夜中、「日本における性別越境現象の歴史と現在」に手を入れて仕上げる。

就寝、3時。

12月26日(月)年越しの準備 [日常]

12月26日(月)  曇り  東京  11.0度  湿度53%(15時)

10時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のグレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
161227 (3).JPG
13時、家を出る。
IMG_1614.JPG
駅前の郵便局に寄る。
次いで、東急東横線で学芸大学駅に移動し、三井住友銀行へ。

3連休明けの月曜日、お給料日の後、しかも年末ということで、郵便局も銀行も長蛇の列。

時間の余裕をもって行ったので、すべきこと(固定資産税・学会費振込、銀行通帳の記帳、越年資金の引き出し)完了。

昼食は、学芸大学駅東口商店街の「かしわや」で天麩羅そば(400円)。
161226-1.JPG
天麩羅が揚げたて。

その後、西口商店街の「吾妻製菓店」で、例年のごとく、お正月用の切り餅(白・粟)を購入。
(続く)


12月25日(日)穏やかなクリスマス [日常]

12月25日(日) 晴れ  東京  10.5度  湿度46%(15時)

11時、起床。
クリスマスだが、我が家は切支丹ではないので、普通に過ごす。

朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」ののクリームホーン。
161225 (1).JPG

昼食は冷蔵庫にあった、ダイエット用のこんにゃくそばを作ってみたが、あまりにもまずい。
161225 (3).JPG
口直しに「ブーランジュリー・メチエ」のイベリコ豚パンを家猫さんと半分こ。
161225 (2).JPG

夕食は、昨夜に続き、牛すね肉のシチュー。
161225 (4).JPG
少しまともな牛肉を焼く。
161225 (5).JPG

お風呂に入って温まる。

夜中、少し調べ物。

就寝、3時

中国海軍空母「遼寧」が太平洋へ [軍事]

12月25日(日)

呉勝利海軍司令官自らお出ましとは、中国海軍、ずいぶん気合が入っているな。

でも、海上自衛隊にとっては絶好のチャンス。
宮古水道で待伏せる潜水艦隊が正確なデータを収集できる。
そうすれば、もし「本番」になっても、確実に仕留められる。
遼寧.jpg
↑ 海上自衛隊撮影。すでに照準が合っているような・・・。

------------------------------------
中国海軍の訓練用空母、西太平洋へ 異例の「遠海訓練」

中国国防省は24日、中国海軍の訓練用空母「遼寧」が同日、訓練を行っていた東シナ海から、「遠海訓練」を行うとして西太平洋に向かうと発表した。経路は不明だが、宮古海峡などを通過する可能性も指摘されている。一部中国メディアは、遼寧が西太平洋に出るのは初めてとしている。

日本や台湾などを結ぶ「第1列島線」を越え、広域での実戦能力を向上させる構え。台湾や南シナ海問題などで対中強硬姿勢を見せる米国のトランプ新政権を牽制(けんせい)する狙いもみえる。その後、南シナ海に向かう可能性も指摘されている。

国営新華社通信によると、艦載機を載せた遼寧と駆逐艦など数隻の艦隊が黄海から東シナ海にかけて、艦載機の発着訓練や戦闘訓練などを実施。海軍トップの呉勝利司令官が遼寧に乗り込み、直接指揮を執る異例の態勢で臨んでいる。

遼寧省大連で中国初の国産空母が建造中で、近く進水するとの情報もある。国産空母の就役を前に、遠洋の実戦能力を習得しようとしているとみられる。(北京=西村大輔)

『朝日新聞』2016年12月24日23時30分
http://www.asahi.com/articles/ASJDS7FDYJDSUHBI03J.html?iref=comtop_list_int_n05

フィギアスケート全日本選手権(女子)宮原選手が3連覇 [スポーツ]

12月25日(日)

フィギアスケート全日本選手権女子フリー、宮原知子選手がスピード感あふれる圧倒的な演技で3連覇。
全日本3連覇というのは掛け値なく偉業。
グランプリ・ファイナル2年連続銀メダルで、間違いなく日本のエース。
なのに、なぜ日本のメディアは彼女に冷淡なのだろう?

世界選手権代表は、宮原知子、樋口新葉 、三原舞依選手で決まり。

SP2位の本郷理華選手は5位に落ちる。やっぱり安定感に欠ける。
中学生の本田真凜選手は大健闘の4位。
この選手、天性の華がある。
順調に伸びれば、宮原選手の次の女王は彼女だろう。

SP8位の浅田真央選手は、さらに順位を4つ落として12位。
全盛時に比べると身体が重い感じでスピードがなく、その分、ジャンプに切れがない。
これが現役最後のフリー演技になるかと思ったら、来季も現役継続とのこと。
でも、12位では(連盟が公平なら)特別強化選手の枠からも外れる。
一時代を作った名選手なのだから「引き際」を失わないで欲しい。

------------------------------------------------------
1位 宮原知子 関西大 214.87
2位 樋口新葉 日本橋女学館 199.49
3位 三原舞依 神戸ポートアイランドクラブ 198.17
4位 本田真凜 関西大中・高スケート部 196.11
5位 本郷理華 邦和スポーツランド 194.28
6位 白岩優奈 関西大KFSC 185.37
7位 坂本花織 神戸FSC 184.06
8位 村上佳菜子 中京大 182.55
9位 鈴木沙弥 邦和SC 180.41
10位 松田悠良 中京大中京高 180.27
11位 新田谷凜 中京大 176.86
12位 浅田真央 中京大 174.42



日本におけるLGBTの歴史地理的研究 [性社会史研究(性別越境・同性愛)]

12月25日(日)

友人の東優子さんが「いいね」をしている早乙女成妃子さんという方のFace BooKの投稿で知ったのだが、アメリカには「LGBTQにとって歴史的な場所を表示した地図(Places with LGBTQ Heritage)」があるそうな。

https://www.google.com/maps/@41.6232728,-112.8587991,3z/data=!3m1!4b1!4m2!6m1!1szUo4VdCIQUrM.kpjJD0fu37MU

で、「日本版はどんな感じになるやろ」というお尋ねなのだが、たぶんそういう試み(発想)は全然ないと思う。

この手の地図を作るには「歴史地理」研究の成果がベースになるのだが、Tについては私がかなりやっている(つもり)。
論文としては「戦後東京における『男色文化』の歴史地理的変遷 ―「盛り場」の片隅で―」(『現代風俗学研究』12号 現代風俗研究会 東京の会 2006年3月 P1~15)を10年前に出している。
個別的には、東京における最初の女装バー「湯島」や、新宿女装コミュニティの発祥の地「ふき(梢)」の場所は、正確に把握している。

Lについては、「つっちー」(土屋ゆき)さんに聞けば、新宿二丁目の最初のレズビアンバーの場所はわかると思う。
でも、学術的な研究はない。

問題はGで、そういう関心をもって研究している人が意外と少ない。
古くは伏見憲明さんの「ゲイの考古学」があるが、最近ではやはり石田仁さんの一連の研究だろう。ただ石田さんの歴史地理研究は「ハッテン場」が中心なので、「お店(飲み屋)」はやや手薄な気がする。

東京最初のゲイバー「やなぎ」の正確な場所は、今年、私が突き止めた。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2016-06-26-1
新宿の初期のゲイバー「夜曲」「イプセン」「アドニス」「ぼんち」、あるいは「千鳥街」にあった2,3のゲイバーなどの正確な場所もわかっている。
でも、1950年代に浅草などにたくさんあった初期ゲイバーのほとんどは、正確な場所が不明なままだ。

もう少し調べてみてもいいが、なかなかそういう気にならないのは、現代のゲイの方が歴史的なことにほとんど関心がないことも影響している。
早い話、需要がないのだ。
「へ~ぇ、そうなんだ!」と喜んでくれる人がいたら、調べる気にもなるのだが・・・。

私は自分が所属するカテゴリーの歴史を知ることは、アイデンティティの根元につながることだと考えるが、それはもう古い考え方なのだろう。