So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

11月18日(土)「第33回 全国トイレシンポジウム(横浜)」 [お仕事(講義・講演)]

11月18日(土)  雨  東京  15.1度  湿度88%(15時)

6時過ぎ、起床。
8時15分、家を出る
東急東横線で横浜に出て相模鉄道に乗り換え。
相鉄のこの区間はほとんど乗ったことがない。
「鶴ヶ峰」という知らない駅に降りる。
IMG_7478.JPG
10分ほど歩いて、横浜市旭区役所に併設された旭公会堂へ。

9時30分「第33回 全国トイレシンポジウム(横浜)」の会場へ。
IMG_7491.JPG
私の出番は、午後のシンポジウム1「トイレ利用者からみた『まちなかトイレ』の現状と課題」。
DO4zrH3U8AE51uN.jpg
23730803_1677840225604202_1109378775_o.jpg
23757648_1677840192270872_1500703677_o.jpg
15分の短いプレゼンだったが、言いたいことは、しっかり言ってきた。
 ① LGBにはトイレの困難はほとんどない。
 ② トイレの困難は移行期のT、およびXの問題。
 ③ 多目的トイレの増設で対処可能(「LGBTトイレ」はいらない)。  
 ④ 「半男半女」のトイレ・ピクトグラムはTへの誤解を増幅しかねないので止めてほしい。
23730570_1677840215604203_1183724551_o.jpg
参加者は160名で、思っていたよりと多くはなかったが、トイレ関連の専門家ばかりで密度の高い会だった。
「多目的トイレの増設」がいちばん現実的な方策という持論を述べて、かなりの程度、理解は得られたと思う。
少なくとも「LGBT専用トイレの設置」みたいなおかしな方向に行かない歯止めにはなったと思う。

懇親会にも参加。
東名高速・中央自動車道などを運営する「中日本高速道路」の重役の方が「(SA・PAにおける)多目的トイレの3倍増を目指してます」と言ってくださったのが心強かった。
23730773_1677840188937539_1890934633_o.jpg
↑ お声を掛けてくださった白倉正子さん(総合司会)と。

21時半帰宅。
朝9時半から18時までの長丁場。
疲労困憊、精根尽き果て。



写真は、横浜シンジさん撮影(感謝)。

nice!(0)  コメント(3)