So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

11月30日(木)今日は長丁場 [お仕事(講義・講演)]

11月30日(木)  曇りのち雨  東京  14.3度  湿度90%(15時)

今日は長丁場。
15時20分~17時まで明治大学情報コミュニケーション学部(駿河台)でゲスト講義。
その後、18時~から、同学部ジェンダーセンター主催の砂川秀樹さん+田亀源五郎先生の講演会。
相変わらず状態が良くない腰がもつか、不安・・・

往きは最寄り駅まで1.7km、大学まで0.4km、ほとんど痛みなくまずまず普通に歩けた。
講義も最初の内は平気だった。
ところが半分くらいから痛くなりはじめ、最後は立ったり座ったりが辛かった。
講演会に移動する坂道が辛い。
そのまま痛みが続いたので、帰路は(雨も降り出したので)武蔵小杉駅からタクシーに乗った。
この腰痛、予想がまったくつかないのが実に厄介。
nice!(0)  コメント(2) 

そんな単純な話じゃないのだよ [現代の性(性別越境・性別移行)]

11月30日(木)

性別違和感を抱く人にとって、性器の形状を手術によって変えることが、果たして「良いこと」(有効な治療法)なのかということは、今までの歴史に鑑みれば、かなり疑ってみる余地があり、少なくともちゃんと議論すべき問題だと思う。

なのに、日本の現状は手術すること=「良いこと」という思い込み的な認識が、当事者だけでなく医療者の側にも強くある。
それはもう妄信と言っていいくらい。

そこにこそ問題の原点があるに、誰も論じようとしない。

「当時者が手術を望んでいる」というのは、顔面の美容形成だって同じで、それは「有効な治療」であることの理由にはならない。
まして、健康保険適用の理由とするのは無理。

私たちの世代は、手術をしたのに自ら命を断って先に逝ってしまった人を何人も見たり知ったりしているから、単純に性別適合手術=「良いこと」とは思えないのだ。

【追記】
自分の身体(性器を含む)をどういう形にするかは、基本的に自分で決めること(自己決定)。

ところが、日本においては、医師の関与、法律の誘導が強すぎて、本当の意味での自己決定がなされる環境になっていない。

それが問題だと言っている。

本当に自己決定した人は、もちろんそれでいいし、それは社会の中で尊重されるべき。

nice!(0)  コメント(4)