So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

皆既月食 [天文・気象・生物]

1月31日(水)

曇天の予想だったが、晴れた。

21時00分
DSC00460 - コピー.JPG

21時34分
DSC00465 - コピー.JPG

21時49分 皆既直前
DSC00473 - コピー.JPG

21時54分 皆既
DSC00475 - コピー.JPG
(息子の一眼レフカメラで撮影)

肉眼で見た感じに近い画像(22時09分)。
IMG_8638 - コピー.JPG
(私のコンデジカメラで撮影)

50年以上、月食を見てきた経験からすると、かなり暗く、かつ赤い月食のように思う。



nice!(0)  コメント(0) 

都留文科大学「ジェンダー研究1」レポートの整理 [お仕事(講義・講演)]

1月31日(水)

都留文科大学「ジェンダー研究1」の単位レポートの整理。

箱から出して、まず6+1(新設)学科に仕分けして、次に学年で仕分け(25分類)。
それぞれを名簿順に並び換えて、記帳する。

3時間もかかってしまった。
肩が凝った、腰が痛い・・・。

A組 125本(提出率94.0%)
B組 265本(提出率96.4%)
---------------------------------------------
計  390本(提出率95.5%)

400本と覚悟していたが、それよりちょっと少なかった。
これからこれを10日間で読む予定。

nice!(0)  コメント(0) 

1月30日(火)今日も一日中、採点 [日常(料理・食べ物)]

1月30日(火)  晴れ  東京  6.6度  湿度36%(15時)

11時、起床。

今日も「お籠り」で一日中レポート読み。
関東学院大学「セクシュアリティ論」(162本)の採点、終了。

夕食は、鶏もも肉と野菜のトマトシチュー。
IMG_8626.JPG
前回は、トマトが足りず、パプリカ味が強くなってしまったが、今回はトマトたっぷり。

家猫さんが、たくさんスリスリしてくれた。
うれしい。

就寝、3時。

nice!(0)  コメント(0) 

GID学会・第20回記念研究大会・講演の抄録 [お仕事(講義・講演)]

1月30日(火)

GID学会・第20回記念研究大会(3月24・25日:東京・御茶ノ水)の抄録の原稿(月末〆切)を事務局に送信。
研究報告じゃなく特別講演だし、これが(たぶん)最後になるので、言いたこと言えばいいわけで、1時間ほどで書いてしまった。

ちなみに演題は「GID学会20年の歩みをふりかえる―医療者でもなく、当事者でもなく―」。
抄録なので、ごくあっさりで、あまり毒は吐いていない。
20回GID学会-2.jpg
---------------------------------------------------------
「GID学会」第20回研究大会 特別講演(抄録)

GID学会20年の歩みをふりかえる
      ―医療者でもなく、当事者でもなく―

  明治大学文学部  三橋順子

「GID学会」第20回の記念大会、そして国際的な疾病リストから「性同一性障害」という病名が消え、性別移行を望むことの脱精神疾患化がようやく達成されるであろう画期的な年に、講演の機会をいただきましたこと、たいへん光栄に思います。

私は「医療者でもなく、当事者でもなく」という視点から、日本における「性同一性障害」医療の立ち上げ、そして「GID学会20年の歩み」を見てまいりました。いつの間にか、数少なくなった20回連続出席の1人として、過去を振り返ることで問題点を指摘し、未来を考えるお話をしたいと思います。

過去の問題点の第一は、「性同一性障害」医療の立ち上げに際して、既存の性別越境者のカテゴリーと円満な関係を築けなかったことです。

具体的に言えば、商業的トランスジェンダーであるニューハーフ、あるいは大都市の盛り場を拠点にした女装コミュニティと連携することなく、むしろそうした人々を排除することで「性同一性障害」医療が立ち上げられたことは、差別の再生産を生んだだけでなく、既存のコミュニティが長年にわたって蓄積してきた様々な性別越境のノウハウに学び、受け継ぐことを困難にしたという点で、大きな損失だったと思います。

問題点の第二は、性別越境をめぐる世界の動向にあまりにも無関心だったということです。1990年に同性愛の脱病理化が達成された後、欧米、そしてアジアのトランスジェンダー活動家は性別移行の脱病理化、少なくとも脱精神疾患化を目指しました。その動きは2010年代初頭のDSMの改訂、そして2010年代中頃~後半のICDの改訂をめぐる議論の中で高まっていき、今年5月採択予定のICD-11における脱精神疾患化に結実しようとしています。

ところが、日本では、その間、世界の趨勢と逆行し、性別移行の病理化が徹底的に進められ、世界的に見てきわめて特異な「性同一性障害大国」([コピーライト]Yuko Higashi)が現出してしまいました。疾患名である「性同一性障害」をアイデンティティとして名乗る「性同一性障害者」がこれほどたくさんいるのは日本だけです。

ICD-11で「性同一性障害」が消え、性別移行を望むことの脱精神疾患化が達成された後、日本の性別移行医療をどう再構築していくか、今後、数年間の喫緊の課題です。人権を踏まえた広い視野でトランスジェンダーの健康と福祉を増進するような医療システムができるだけ速やかに構築されることを願って止みません。


nice!(0)  コメント(1) 

関東学院大学「セクシュアリティ論」採点終了 [お仕事(講義・講演)]

1月30日(火)

関東学院大学「セクシュアリティ論」のレポート読み。

27日(土)37本
28日(日)30本
29日(月)53本
30日(火)43本(計163本)
--------------------------------------------
残り     0本(全163本)

平常点の算出、レポート点との合算も終えて、予定より1日早く採点終了。

nice!(0)  コメント(0) 

1月29日(月)一日中、採点 [日常]

1月29日(月)  曇り  東京  9.7度  湿度45%(15時)

11時、起床。
朝食は、クレーム・ド・カカオろコーヒー。
180129 (1).JPG

昼食は、野菜を炒めてラーメンを茹でる。
180129 (2).JPG

午後、レポートの採点。

夕食は、残り物の整理。
牛肉と野菜のデミグラスソース煮込み。
180129 (3).JPG
茄子と大根のお味噌汁。
180129 (4).JPG

食後、疲れてしまいベッドへ。
2時間ほど眠る。
起き出して、お風呂に入って温まる。
就寝、4時。

nice!(1)  コメント(0) 

関東学院大学「セクシュアリティ論」のレポート読み [お仕事(講義・講演)]

1月29日(月)

関東学院大学「セクシュアリティ論」のレポート読み。

27日(土)37本
28日(日)30本
29日(月)53本(計120本)
--------------------------------------------
残り    43本(全163本)

------------------------------------------------------
「バブル期」(1980年代後半)の実態を両親に聞き取り調査したレポート。
父親が1987年の大学卒、母親が1985年の短大卒で、まさにバブル全盛期に社会人になった世代。

箪笥の奥に保存されていた母親がディスコに着ていった服(赤いボディコン・ワンピース)を出してもらい、着てみて、その丈の短さに驚く娘。
当時、「男性においしいものをたくさん食べさせてもらったことで、舌が肥え、その後の家庭料理に生きている」という母親。
SNSどころか携帯電話も普及してなかった時代で「ナンパに失敗しても、次に行こう!とすぐに切り替えができた。情報収集するより、ともかく積極的に行動してから後悔した方がいい」と言う父親。

結論は「先生が講義で話してくれたようなことを、両親から直に聞けて、ほんとうに衝撃でした。」
ちゃんと聞き取りしているし、読んでいて面白かったのでA評価。

世相を反映して「浮気」「不倫」をテーマにしたレポートがいくつか。
ある学生(2年女子)の結論。
「浮気症同士で付き合い、浮気が嫌な者同士でカップルになれば、問題は大幅に減ると思う」

まあ、そうなんだけどね(苦笑)。
でも、世の中、そうきっぱり割り切れるものじゃないんだよ。
ちゃんと自分で考えて結論に至っているからB〇あげる。

nice!(0)  コメント(0) 

「真冬の荒行・採点の祭典」開始 [お仕事(講義・講演)]

1月28日(日)

「真冬の荒行・採点の祭典」開始。
まず、関東学院大学「セクシュアリティ論」のレポート読み。

27日(土)37本
28日(日)30本(計67本)
-------------------------------------
残り    96本(全163本)

「セクシュアリティ論」のレポート執筆のために、婚活パーティ(街コン)に参加してきた学生(3年女子)。
一部始終をデータ化しつつ、自らの心理分析を加える。
身体を張った調査レポートで、文句なしのA+評価。

nice!(0)  コメント(0) 

1月28日(日)東京に戻る [日常]

1月28日(日)  曇り  東京  4.5度  湿度53%(15時)

7時半、起床(「ヴィアイン京都四条室町」)。

9時10分、チェックアウト&朝食。
180128-1.JPG
いくらかマシになったが・・・。

地下鉄で京都駅へ。
10時18分発「のぞみ8号」に乗車。
車中、レポート読み。
12時14分、新横浜駅に到着。

JR菊名駅の横浜線ホームに新設されたエスカレーター。
IMG_8614.JPG
同、東急線改札への新通路(下から)。
IMG_8615.JPG

昼食は、武蔵小杉駅構内の「しぶそば」で、甘海老そば(480円)。
180128-2.JPG

13時半、帰宅。
休憩の後、またレポート読み。

夕食は、牛肉と野菜のデミグラスソース煮込み。
180128-3.JPG

疲れてしまいベッドへ。
3時間ほど眠る。
夜中起き出して、メールのお返事書き。
お風呂に入って温まる。

就寝、4時。

nice!(0)  コメント(0) 

性慾研究会(2018年第1回) [性社会史研究(一般)]

1月27日(土)
(続き)
13時45分、開会。
-----------------------------------------------------------
「性慾研究会(2018年第1回)」 京都室町・井上先生別邸

(研究報告)澁谷知美「美容形成としての包茎手術の現代的ルーツはどこにあるか ー1950~60年代に注目してー」
(資料紹介)三橋順子「『浅草陰間宿繁盛記』ー昭和初期・浅草の男色売春ー」

-----------------------------------------------------------
17時過ぎ、閉会。

私の報告は、昭和6~7年(1931~32)頃、浅草山谷電停付近(浅草田中町1丁目か2丁目)の木賃旅館を拠点に40名近くの「陰間」(男色売春者)が活動していたことを記した同時代の文献を「発見」。
これによって、昭和初期における東京・浅草の男色売春の拠点・規模が初めて判明。
昭和戦後期(1960年代)に著名だった男色旅館「砂川屋」も都電22系統山谷停留所の近くだった。
浅草田中町付近に、戦前から、戦災(空襲により全焼)を挟んで、戦後まで「男色の場」が引き継がれていた可能性が出てきた。



今日の出席者、井上章一、齋藤光、古川誠、澁谷知美、小泉友則、三橋順子(6名)。
前回(5名)に続き、今回も出席者が少なかった。

次回は、2018年5月13日(日)に京都(室町・井上先生別邸)で開催。

懇親会は、室町錦の居酒屋「清水家」。
IMG_8570.JPG
二次会は、祇園(「南座」向い「菊水」脇)のニューハーフ・ショーパブ「カルシウムハウス」。
IMG_8571.JPG
0時半、散会。
就寝、1時半(「ヴィアイン京都四条室町」)。


nice!(0)  コメント(0)