So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

同性パートナーの妹を提訴「葬儀で親族席座れず」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月26日(木)

う~ん、これはきつい。
生前の口約束だけで、遺言も公正証書もないのでは、現行法制では、どうにもならないと思う。
はっきり言って、筋が悪い(無理筋)の訴訟。
認められるとしたら、火葬の場から排除された慰謝料くらいか。

鈴木賢先生が言うように、異性間の内縁関係に準じて法的保護を認めるしかないと思うが、地裁がそこまで大胆に踏み込むとも思えない。

ともかく、同性パートナーについての法的枠組がまったくないのが最大の問題。

----------------------------------
同性パートナーの妹を提訴「葬儀で親族席座れず」 大阪

大阪府内の男性(69)が「40年以上連れ添った同性パートナーの葬儀に配偶者としての参列を拒まれた」などとして、パートナーの妹に700万円の慰謝料などを求める訴訟を26日、大阪地裁に起こした。

訴状などによると、男性は1971年から、8歳上のパートナーと同居。2人は男性が実質経営する事務所の収入で生活し、代表にパートナーが就いていた。死別後に互いに財産を残せるよう養子縁組する約束をしていたが、手続き前の2016年3月にパートナーが急死したという。

男性は、火葬に同席できず、葬儀で親族席に座れなかった▽廃業通知を勝手に取引先に出され、事務所が継続できなくなった――ことなどで精神的苦痛を受けたと主張。パートナーが生前に約束した財産の引き渡しも求めた。男性は会見で「同性というだけで、差別は歴然と存在している。人間として同等の権利が与えられるべきだ」と話した。(畑宗太郎)

東京都渋谷区や兵庫県宝塚市などでは2015年以降、同性カップルを公的に「パートナー」と認める制度が始まった。だが、制度導入を呼びかけてきた明治大法学部の鈴木賢教授(比較法)によると、公正証書や遺言で死後の財産の取り扱いやパートナーとの関係性について本人の意思を示しても、葬儀で喪主になれないなど、親族の反対でその通りにならない場合もあるという。鈴木教授は「根本的な問題は法的な枠組みがないことだ。男女の内縁に近いような形で法的な保護に値すると今回の裁判で認められれば、波及効果は大きい」と話した。

『朝日新聞』2018年4月26日12時12分
https://www.asahi.com/articles/ASL4V3252L4VPTIL004.html?iref=pc_ss_date

nice!(0)  コメント(0) 

移転後初の整体マッサージ [日常(通院)]

4月26日(木)
(続き)
ずっと通っている「東洋気功整体院」が、渋谷の大規模再開発で、近所(同じ桜丘町)に移転。
今日が移転後、初めての施術。

う~ん、なかなかの激戦区だなぁ。
IMG_1200.JPG
右の3つ、微妙に怪しいなぁ。

入口。「カーサ渋谷」というビル。
IMG_1203.JPG
402号室。
IMG_1202.JPG
内部、ちょっと狭くなったけど、その分、きれいになった。

いつものようにY先生に施術してもらう。
前回から1週間しか経ってないので(いつもは2週間おき)、それほどひどくはない。
でも、肩、左足脹ら脛、右足、相変わらず凝っていた。
80分、しっかり揉まれて、だいぶ解れた。

17時50分、辞去。

nice!(0)  コメント(0) 

4月26日(木)美容院でカラーリング [日常(髪・爪・肌・ファッション)]

4月26日(木)  曇り  東京  25.0度  湿度21%(15時)

9時、起床。
12時、家を出る。
東急東横線で学芸大学駅へ。

銀行に寄って、固定資産税の納付。

13時、行きつけの美容院「ヘアー アン ローズ」(目黒区鷹番)へ。
ずっと忙しくて、部分染めで誤魔化していたが、昨日、鏡を見たら、側頭部に白髪の束。
もう限界なので、カラーリングをお願いする。
2月2日以来だから、2カ月と3週ぶり。
見かけ上、黒髪復活!
IMG_1195.JPG
IMG_1197.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

タイで同性パートナー法、成立の見込み [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月26日(木)

タイは日本よりさらにキリスト教徒率が低い国(0.6%)なので、台湾のように宗教規範から同性婚に強硬に反対する人は少ないと思われる。
それに社会的影響力が強い上流社会層には、欧米留学帰りも多く、人権感覚をしっかり身につけている人もいる。

短い数回の滞在での印象だが、タイでは男性同士のカップルはあまり見かけなかった。
それに対してボーイッシュな女性と(普通の)女性のカップルは何度も見かけた。
また、タイではトランスウーマンが社会のあちこちで活躍していることは、よく知られているが、タイではIDカードの性別変更が認められていないので、彼女たちが男性と結婚したくても、法的にはできなかった。

今回は、とりあえず同性パートナーシップ法の制定ということのようだが、同性婚が認められれば、トランスウーマンと男性との結婚の需要はかなりあるだろう。
性別変更法と同性婚法は同時に行うべきという私のかねてからの主張からすると、タイでも同性婚法と同時に性別変更法も実現して欲しい。

-----------------------------------------------------------
同性婚認める法律、現政権下で成立見込み

タイで同性婚を認める法律の制定に向けた作業が進められている。法律は現政権下で成立し、施行される見通し。25日付ネーションが法務省権利・自由擁護局(RLPD)筋の情報として伝えた。

法務省の小委員会が草案の策定作業を進めており、来月4日の会議で最終的な草案を承認して、法務相を通じて閣議に提出するとみられる。

草案では、同性の伴侶を「生涯の伴侶」と規定し、従来の異性婚と同等の権利を得るには法務省での登録が必要となる。登録後は、相互に経済的支援が求められるとともに、財産の相続が認められる。

生涯の伴侶については、血縁者は認めない。一方の死去、自主的な関係解消、裁判所の命令で伴侶の関係は解消される。

同性婚を認める法律は、同性のカップルが2012年、国会の法律・正義・人権に関する委員会に制定を陳情したことから、草案が策定されることになった。ただ、14年にクーデターが起きたことなどから、作業は遅れている。

「アジア経済ニュース」2018年04月26日(木)
https://www.nna.jp/news/show/1755453
nice!(0)  コメント(0) 

4月25日(水)月刊『東京人』の巻頭エッセー(東京点画)脱稿 [お仕事(執筆)]

4月25日(水)

夜中、執筆。
月刊『東京人』の巻頭エッセー(東京点画)を脱稿。
テーマは「たった50年前なのに・・・」で1210字。
GW明けの締切りだけど、GW(=レインボー・プライド・ウィーク)中は執筆時間がとれそうもないので、早めに書いてしまった。

就寝、4時。
nice!(0)  コメント(0) 

「レインボー風呂ジェクト in 別府温泉」(NHK総合:5月12日深夜) [お仕事(出演・取材協力)]

4月25日(水)

ついにNHK総合に進出。
NHK教育「バリバラ・LGBT温泉旅」の発展形「レインボー風呂ジェクト in 別府温泉」。
レインボー風呂ジェクト.png
放送は、5月12日(土)24時05分~(13日深夜0時05分~)です。

https://www.nhk.or.jp/ten5/ten5chan/lgbt/
nice!(0)  コメント(0)