So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

4月30日(月・休)シンポジウム「SOGIは今?~歴史と国際から見る今後~」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

4月30日(月・休) 曇り  東京  25.7度  湿度62%(15時)

9時、起床。
朝食はダークチェリーパイとコーヒー。

11時過ぎ、家を出る。
今日から、ショートブーツをオープントーのサンダルに変更。
180430 (1).JPG

昼食は、駅前の回転寿司(3皿)。
180430 (2).JPG

東急目黒線・東京メトロ南北線(四ツ谷駅乗換)JR中央線で御茶ノ水駅へ。

13時、明治大学(駿河台)で開催されたシンポジウム「SOGIは今?~歴史と国際から見る今後~」を聴く。
SOGIシンポジウム(20180430).jpg

主催者が「大シンポジウム」とうたうだけあって、200人が入る大きな会場が満席。
ただ、内容的にはやや玉石混淆。
谷口洋幸さんの基調報告「国際的な判例や法制度の動向」は短い時間ながら、とても勉強になった。

パネルディスカッション「歴史と国際から見る今後のSOGI動向~2020後の展開は~」はアメリカジェンダー史の兼子歩先生(明治大学政治経済学部)の熱弁が印象的だった。
この先生、昨年まで、の火曜午後の明治大学(駿河台)講師控室でいつも近くに座っていた方だと思う。
印刷してあるレジュメがときどきとても興味深くて、盗み読みしていたことがある。
あちらは、たぶん、私のことは認識していないと思う。

分科会は、いちばん人が少なそうな第3分科会「裁判から見る法整備のニーズ」へ。
ところが、やたらと知っている人が多かった。
三成美保先生(奈良女子大教授・日本学術会議副会長)の「LGBTIの包括的権利保障をめざして~日本学術会議提言を中心に~」が圧巻。

懇親会に出席。
7月の中央大学の講座でご一緒する渡邉泰彦先生(京都産業大学教授:家族法)にご挨拶。
三成先生といろいろお話。

20時45分、辞去。
明日が超早起きなので。

nice!(0)  コメント(0) 

4月29日(日・祝)シンポジウム「トランスジェンダー アーカイブ・歴史・教育」 [現代の性(性別越境・性別移行)]

4月29日(日・祝)  晴れ  東京  25.6度  湿度60%(15時)

カナダ・ヴィクトリア大学のアーロン・デヴォー氏をお招きして、一橋大学で開催されたシンポジウム「トランスジェンダー アーカイブ・歴史・教育」。
20180429 チラシコピー.jpg
IMG_1263 - コピー.JPG
私は「The transgender history of Japan」という報告をさせていだきました。
ご来場の皆様、ありがとうございました。

IMG_1268 - コピー.JPG
↑ 左から、畑野とまとさん(シンポジスト)、アーロン・デヴォー先生(報告者)、私、薬師実芳さん(報告者)、ソニヤ・デールさん(企画・司会)
IMG_1264 - コピー.JPG
↑ アーロン・デヴォー先生と。

ヴィクトリア大学「トランスジェンダー・アーカイブ」の成り立ちとヴィクトリア大学「トランスジェンダー・アーカイブ」の成り立ちと充実した内容を詳しくうかがって思ったことは、「やはり、日本にもトランスジェンダー・アーカイブがないと駄目だ!」ということ。内容を詳しくうかがって思ったことは、
「やはり、日本にもトランスジェンダー・アーカイブがないと駄目だ」
ということ。

トランスジェンダー関連の収集資料としては日本最大規模の「三橋コレクション」を中心に東京近辺で保管・公開するとなると、設立と維持(最低でも10年間)で、少なくとも1億円くらいはかかる。

1000万円は私が出す!(← そんなお金どこから出るにゃ?)。
あと9000万円、誰か出してください。
nice!(1)  コメント(0)