So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年08月| 2018年09月 |- ブログトップ
前の10件 | -

9月19日(水) [日常]

9月19日(水)

やっと、時間が空いたので、久しぶり(3か月ぶり)に秩父へ。
亡父母の墓詣り、妹と会う、ほか雑件の対応。



nice!(0)  コメント(0) 

9月18日(火)テレビ番組、コメント収録 [お仕事(出演・取材協力)]

9月18日(火)  晴れのち曇り  東京  28.1度  湿度52%(15時)

7時過ぎ、起床。
今日の東京の最高気温(予想)は28度。
気分的には夏着物なのだけど、11月放送のテレビ番組(フジテレビ系10月新番組『新説!所JAPAN(仮)』毎週月曜22時~)の収録なので、夏着物というわけにはいかない。
萩の柄の秋単衣(銘仙)にしたが、着付けている間に、汗がボタボタ。

10時15分、家を出る。
東急東横線で渋谷駅へ。
東京メトロ半蔵門線に乗り換えて表参道駅で下車。

11時半~13時半、青山のテレビマンユニオンでテレビ番組のコメント収録。

1時間半ほど、持論の「双性(ダブル・ジェンダー)で異形なら最強(最も神性が強い=神に近づく)」。
それが日本の文化的伝統であり、それは現代でも人々の心に残っている。

ああ、たくさんしゃべったら、お腹が減った。



nice!(0)  コメント(0) 

ゲリラ豪雨、タクシー1時間待ち [天文・気象・生物]

9月17日(月・祝)

17時半、新宿二丁目を歩いていてポツポツ降り出した。
地下に避難し、「ビッグス新宿」ビルB2階の「ルノアール」で休息。
IMG_4043.JPG
その後は、地下道→地下鉄なので、雨の様子がわからない。

東急東横線が代官山駅で地上に出て、雨が降っているのがわかった。
それが、自由が丘駅あたりからゴーッと音がするすごい降りに。

武蔵小杉駅に着いたときには、大雨と言うより豪雨状態。
いちばん近い日吉のアメダスで、19~21時の3時間で51.5mm、1時間最大で 29.5mm 。

タクシー乗り場は長蛇の列。
休日の19~20時は、いつも車が少ないので、列が進まない。
こうなったら我慢比べ。
乗車できたのは、およそ1時間後の20時。
雨はいったん弱まったが、また強くなった。

タクシーを降りて家の玄関までの間で少し濡れたが、我慢したかいがあって、被害は最小限。
でも、疲れた。



nice!(1)  コメント(0) 

「足湯カフェ・どん浴」オープン記念・先行イベント・ トークライブ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月17日(月・祝)

新宿二丁目の「足湯カフェ・どん浴」へ。
IMG_4041.JPGIMG_4042.JPG

オープン記念・先行イベントの トークライブ「新宿二丁目の 歴史・文化・地理研究会」でお話。
41941935_930401297151587_8337607831750443008_n.jpg
二丁目で1962年から営業している不動産屋「フタミ商事」の社長さんと、二丁目をフィールドに人文地理学を研究している大学院生・須崎成二さんと3人のトークで、いろいろ興味深いことを教えていただいた。
42059105_265383864312013_5362863806949097472_n.jpg

だけど、いちばん強烈な印象だったのは、自分の出番より少し早めに行って聞けた、3人の息子さんがいるレズビアン・マザーのお話「結婚と家族、私の選択~三児のL母より~」。

レズビアン・マザーの存在はもちろん知っていたが、やはり直接お話を聞くと、印象がまったく異なる。
多様な「家族」をイメージし、考える上で、とても勉強になった。

また、私の出番の後にお話された、二丁目でバーを営業されて25年の店主さん(組合の事務長さん)のお話も、二丁目で今なにが問題か?、何が変りつつあるかを知る上で、とても興味深かった。

学ぶことがたくさんあり、とても刺激的だった。
企画された「どん浴」の皆さん、ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

9月17日(月・祝)新宿二丁目「楽庵」 [日常(料理・食べ物)]

9月17日(月・祝)  曇り 夜、大雨  東京  31.2度  湿度68%(15時)

昼食は、久しぶりに新宿二丁目ど真ん中の蕎麦屋「楽庵」。
IMG_4030.JPG
最初に(「ジュネ」の中山麻衣子さんに)連れてってもらったのは、たぶん1995年だから、もう23年前。
今、調べたら創業40年以上とのこと。

なんとなく天麩羅が食べたかったので、ちょっと贅沢して、天せいろそば(1700円)。
IMG_4027.JPG
天麩羅、おいしかった。
IMG_4028.JPG
おそばは、もう少し量が欲しいな。
IMG_4029.JPG

さあ、腹ごしらえはできた、仕事、仕事。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

ブータン産地松茸を試食 [日常(料理・食べ物)]

9月16日(日)

ブータン産松茸(お試しセット:150g)を取り寄せる。

180916 (2).JPG大きいの1本、小さいの4本。

これで4557円+税+送料=5637円。

亡父が元気だった頃から取り寄せていたカナダ産松茸より、香りが強く、見た目(色・質感)も日本産松茸に似ているように思う。
値段は、カナダ産(並物)よりちょっと高いかな。

ブータンと西日本は、同じ暖温帯の照葉樹林帯だから、生えているアカマツもほぼ同じはず。
少なくともカナダのアカマツより、ブータンのアカマツの方が日本のアカマツに近い。
となると、アカマツから生える松茸も、日本と近いのではないかと思う。

さっそく、ホイル蒸にして食べる。
180916 (4).JPG
やはり、カナダ産より香りが良い。
虫食いもなく、味・食感も合格で、おいしかった。
180916 (5).JPG
これなら、もう1度、取り寄せてもいいかなと思うが、カナダ産より時期が早く、9月いっぱいらしい。

nice!(1)  コメント(0) 

9月16日(日)11時間も眠った [日常]

9月16日(日)  晴れ  東京  27.4度  湿度75%(15時)

昨夜は3時にベッドに入り、10時に起きた(7時間睡眠)。
メールチェックをして、朝食を食べた後、和室で横になって新聞を読んでいるうちに、また眠ってしまう。

気づいたら13時(2時間睡眠)。

夕方にも、小説を読みながら、2時間ほど眠ってしまう。

合計11時間も眠ったわけで、やはり木・金・土と3日続けてのフォーラム&研究会で、疲れがたまっていたのだと思う。

で、明日はトークライブ、明後日はテレビ収録。

nice!(0)  コメント(0) 

9月15日(土)「現代風俗研究会・東京の会」第20期「性の風俗」第1回 [現代の性(一般)]

9月15日(土)

東急目黒線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
雨はほぼ止む。

14時35分、明治大学(駿河台)の研究棟へ。
「現代風俗研究会・東京の会」第20期・新風俗学教室に参加。

今回から始まる第20期のテーマは「性の風俗」。
その第1回の例会は、京都から井上章一先生(国際日本文化研究センター教授)をお迎えした。

ところが、定刻(15時)近くになっても、井上先生が現れない。
幹事も私もドキドキ。
何しろ、携帯電話を持たない、メールもしない方なので、所在確認の方法がない。
もしも、いらっしゃらなかったら、私が1時間半、しゃべるしかないな、と思っていたら、定刻2分過ぎにいらっしゃって、安堵。

報告は「性的な磁場からの風俗史」。
「下部構造説」(床が張ってあるか、ないか)、「ふんどし」「パンツ」「パンチラ」「遊廓ビッグバン説」など、1時間半たっぷり井上節を聞かせていただいた。
IMG_4014.JPG
IMG_4015.JPG

次の第2回は11月17日(土)明治大学・駿河台の予定。
報告は、三橋順子「『新宿二丁目・ゲイタウン』の形成過程」。
会員でない方も参加可能ですので、皆様のご来場を、お待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 

白い曼珠沙華 [日常(花・街・山・猫・蝶)]

9月15日(土)

朝からの雨で気温が上がらず、冷涼。

13時20分、家を出る。
雨は小止みになったが、まだ降っている。

毎年、同じ場所で咲く白い曼珠沙華が、今年も咲いた。
IMG_4005.JPG
せっかく咲いたのに、雨に打たれて、かわいそう。

もう秋なんだなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 

拙著『新宿「性なる街」の歴史地理』が出版されます [お仕事(執筆)]

9月14日(金)

朝日選書から出版予定の拙著『新宿「性なる街」の歴史地理』、編集者から校了の連絡あり。

ほんとうに出ます(笑)

328頁、やや厚めの選書で、定価1700円+税。
予定より早く、10月5~10日に書店に並ぶはず。

その際は、よろしくお願いいたします。

表紙.jpg
【目次】
第1章 「新宿遊廓」はどこにあった?
(コラム1)「廓」という空間
第2章 「赤線」とは何か(1) ーその成立ー
(コラム2)RAAと「赤線」亀戸 
第3章 「赤線」とは何か(2) ー実態と経済ー
(コラム3) 映画からみた「赤線」の客
第4章 「赤線」とは何か(3) ーその終焉ー
(コラム4)昭和33年3月31日「赤線最後の日」の虚構
第5章 新宿の「青」と「赤」―戦後における「性なる場」の再編―
(コラム5)朝山蜻一『女の埠頭―変貌する青線の女たち―』を読む
第6章 欲望は電車に乗って ―都電と「赤線」―
(コラム6)「原色の街」の原色の女
第7章 新宿・「千鳥街」を探して ―焼け跡・闇市系飲み屋街の記憶―
(コラム7)「旭町ドヤ街」の今昔
あとがき -2つの出会いー 

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
2018年08月|2018年09月 |- ブログトップ