So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『新宿「性なる街」の歴史地理』の配架状況(その2) [新宿「性なる街」の歴史地理]

10月30日(火)

神田神保町の「三省堂書店・本店」へ。
拙著『新宿「性なる街」の歴史地理』(朝日選書)の配架状態を観察。

4階の選書コーナーとは別に、1階の「神保町セレクション(人文)」に配架されていた。
(前回見落とし、AJ先生のご教示)。
IMG_4522.JPG
ずいぶん、まじめな書籍と並んでいた。
IMG_4523.JPG
左側、なぜ帯がない?
nice!(0)  コメント(0) 

10月30日(火)都留文科大学「ジェンダー研究1」第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」 [お仕事(講義・講演)]

10月30日(火)  晴れ  大月  22.3度

5時、起床。
朝食は、アップルパイとコーヒー。
181030-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
6時、化粧と身支度。
白と黒のジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのバッグ。

7時、家を出る。
東急目黒線で目黒駅に出てJR山手線で新宿駅へ。
8時05分、新宿駅に到着。
南口の駅弁屋で昼食用のお弁当を買い、8時30分発の「あずさ7号」に乗車。
今日も自由席かなり混んでいる。
三鷹駅で満席。
車中、コメント票を読む。
9時38分、大月駅着。
10時02分発の富士急行「ふじさん特急3号」に乗り換え。
改札口で富士急の職員さんに声をかけられる。
うわ~っ、Tさんだ、うれしい!

今シーズン5回目でやっと快晴。
初めて富士山がきれいに撮影できた。
IMG_4505.JPG
↑ JR中央線多摩川鉄橋(立川~日野駅間)
IMG_4507.JPG
↑ 富士急行田野倉駅直前
IMG_4509.JPG
↑ 富士急行田野倉~禾生駅間
なにか違うな?と思ったら、手前の畑が「セブンイレブン」になっていた。
IMG_4510.JPG
↑ 同上

10時20分、都留文科大前駅に到着。
10月も末だというのに、今日は暖かい。
10時27分、都留文科大学に到着。
レジュメは、2枚×420部を印刷。

10時50分、講義開始。
大量(ほぼ1回分)に残っている第4講「『性』の4要素論 ―『性』を要素分解してみる―」を解説。

性の4要素
------------------(ここから)------------------------
1 身体の性(生物学的性) セックス(Sex)
 (1) 身体の性の要素
   a 遺伝子の性
   b 染色体の性
   c 性腺の性 
   d ホルモンの性
   e 内性器の性
   f 外性器の性
   g 脳の性
   h 身体外形の性 
 (2)「イブ原理」-性分化の仕組み-
 (3)性分化疾患(DSD)/インターセックス(IS)
2 性自認(性同一性)ジェンダー・アイデンティティ(Gender Identity)
3 社会的性(性役割/性別表現) ジェンダー・ロール/ジェンダー・エクスプレッション(Gender Role/Gender Expression)
4 性的指向(性愛対象) セクシュアル・オリエンテーショ(Sexual Orientation)

残り25分足らずで、第5講「『性』の多層構造論 ―『性』を模式図で考えてみる―」に入る。

1 「性」の4要素を組み合わせると・・・。
 (1) 16パターンの「性」
 (2) 「性」の多様性
2 「性」を多層構造で考える
 (1) 多数派の男性/女性
 (2) 同性愛の男性/女性
 (3) トランスジェンダー(TG)
----------------(ここまで)-----------------
3 「性同一性障害」がなくなる
 (1)性別違和感(Gender Dysphoria=GD)とは?
 (2)性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)とは?
 (3)性別移行の「脱精神疾患化」 

頑張ってだいぶ遅れを挽回した。

昼食は「牡蠣と炙り煮あなご弁当」(仙台駅「こばやし」1100円)。
181030-2 (1).JPG
181030-2 (2).JPG
おいしいが、ご飯の量がちょっと足りない。

標高500mを超える大学なので、だいぶ秋色が濃くなってきた。
IMG_4514.JPG
↑ 昼休みの中庭。
IMG_4515.JPG
↑ 定点観測のイチョウの木。空はほんとうに快晴。
IMG_4519.JPG
↑ 天文台下のイチョウの木はきれいに色づいた。
IMG_4518.JPG
↑ 「文大坂」のイチョウ並木はまだうっすら。

今日、うれしかったこと3つ。
(1)富士急行の特急の車掌さんが久しぶりにTさんだったこと。
昨シーズンは当たらなかったから、2年ぶり。
やっぱりアテンド(車内放送・案内)のレベルがぜんぜん違う。
しかも、帰路の特急も。
(2)今シーズン5回目、初めて富士山がきれいに見えて、撮影できたこと。
(3)講師控室で、拙著『新宿「性なる街」の歴史地理』をテーブルに置いていたら、面識のない先生(熟年の男性講師)が「あっ、この本、僕も欲しかったんですよ!と言うので、「ありがとうございます。よろしかったら来週、お持ちしましょうか?」と言うと、「ぜひお願いします」という話になったこと。

例によって、とても疲れたけど、良い日だった。
IMG_4516.JPG

15時19分発「ふじさん特急10号」に乗車。
車中、コメント票の整理。
大月駅15時37分着。
16時01分発「かいじ116号」に乗り換え。
車中、コメント票の整理。
今日は新宿駅まで。
新宿駅に17時06分着、JR中央線に乗り換えて、御茶ノ水駅で下車。

夕食は「丸亀製麺(御茶ノ水店)」。
181030-3.JPG
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

セクシュアリティ論の基礎」のコメント票を読む [お仕事(講義・講演)]

10月29日(月)

都留文科大学で講義した「セクシュアリティ論の基礎」のコメント票を読んでいる。

うなじへの性的視線の話に絡めて、ポニーテールの話をしたのだが、校則で、実質的にポニーテールを禁止している中学・高校、けっこうあるようだ。
(「ポニーテール禁止」ではなくても「二本結び指定」のような校則)

そのうちの1つの中学を卒業した受講生が、
「ポニーテールのうなじに欲情してしまう男子中学生なんているのでしょうか?」
と質問してきた。
「たぶん、男性教諭が欲情して困るからじゃないでしょうか」
と答えたい。 

「性的欲望の質は構築される」という例として、男湯と女湯が完全に遮蔽されていない時代(明治時代初期以前)には「女湯覗き」という性犯罪は成り立たないとか、「性的嗜好(Sexual Preference)には文化的背景」という事例として、緊縛プレイは、欧米では革ベルト、日本は縄とか、説明すると、受講生はかなり理解してくれる。

でも、講義がまったく進まない。

nice!(0)  コメント(0) 

10月29日(月)豚肉の生姜焼き [日常(料理・食べ物)]

10月29日(月)

12時半、起床。

朝昼ごはんは、生ハムとスライス玉ねぎのオープンサンド。
181029 (2).JPG

午後は都留文科大学のコメント票読み。
明日の講義の準備。

夕食は、豚肉の生姜焼き。
181029 (4).JPG
野菜炒め。
181029 (3).JPG
まずまず、おいしい。
181029 (5).JPG
小肌ご飯。
181029 (6).JPG

お風呂に入って髪を洗う。
就寝、23時半。

nice!(0)  コメント(0) 

10月28日(日)「LGBTブームの光と影」脱稿 [お仕事(執筆)]

10月28日(日)  晴れ  東京  21.1度  湿度69%(15時)

10時半、起床。
朝食は、アップルパイとコーヒー。
181028 (1).JPG
昼食は、家猫さんが天婦羅を買ってきたので、うどんを茹でる。
181028 (3).JPG
ぶり大根を試食。
181028 (2).JPG
うん、おいしい。

で、夕食は、ぶり大根。
181028 (4).JPG
お刺身(さんま、小肌)
181028 (5).JPG

夜中、執筆。
内科系総合雑誌『Modern Physician(モダン フィジシャン)』(新興医学出版社)の特集「医療者のためのLGBT,SOGIの基礎知識」掲載予定の論考「LGBTブームの光と影」をようやく脱稿(4300字)。

すでに締切りを1か月超過していて、今月末までの約束だった。
他の執筆者の先生方は、すでに入稿されているようなので、たいへん申し訳ない。

それにしても、医学系の専門誌が次々にLGBTの特集を組む時代になるとは思わなかった。

就寝、6時。

nice!(0)  コメント(0) 

台北のLGBTプライドパレードに約13万人 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月28日(日)

昨日の「台湾同志遊行(Taiwan LGBT Pride)」、すごい盛り上がりだったようだ。
日本からも、友人・知人がたくさん参加している。

日本で言えば最高裁判所大法廷に相当する司法院大法官会議が同性婚を認めないことを「違憲」とし2年以内の法整備を促したのが2017年5月。
2年の期限は2019年5月で、もう7か月しかない。
にもかかわらず、キリスト教右派の反対で、立法の動きが止まっている。

来月24日の同性婚を民法に位置付けるかなどを問う住民投票が大きな山場になる。
なんとか、アジア初の同成婚法制化を達成してほしい。

---------------------------------------------
「アジア最大級」LGBTパレード 同性婚問う投票控え

台北市内で27日、LGBTなど性的少数者の権利を訴えるパレードが開かれ、約13万人が参加した。アジア最大級と言われる毎年恒例のイベント。台湾では11月24日に同性婚を民法に位置付けるかなどを問う住民投票が予定されており、参加者は「同意の投票を」などと呼びかけた。

同性婚をめぐっては、台湾の憲法裁判所にあたる司法院大法官会議が昨年5月、同性婚を認めないことを「違憲」とする判断を示し、2年以内の法整備を促した。だが、1年半近くが過ぎても蔡英文(ツァイインウェン)政権は動けない。支持基盤の一つであるキリスト教会などが反対しているためだ。

来月、同性婚に関連した住民投票は5件あり、賛成派が請求した2件は、同性婚を民法で保障することへの賛否▽同性愛を含めた性教育を小学校から行うことへの賛否を問うている。一方で教会関係者ら慎重派が請求した3件は、民法の婚姻以外の形式で同性婚を規定することへの賛否▽民法の婚姻を男女に限ることへの賛否などを問う。

投票はテーマごとに「同意」「不同意」を選ぶ。女性同士のパートナーとパレードに参加した許庭瑜さん(30)は、「民法改正に同意しよう」と呼びかける手作りの看板を持参。「投票前の重要な時期だから、初めてパレードに参加した。改正が実現してほしい」と話した。

パレードには日本や中国、韓国などアジア各国からも参加者が訪れた。(台北=西本秀)

『朝日新聞』2018年10月27日23時23分
https://www.asahi.com/articles/ASLBW5JBCLBWUHBI02M.html?iref=pc_ss_date&fbclid=IwAR0rpPB18XGufZL4_VDz8Ge04ZqbkXxb_Y5Q1r5YRL-npTE1t9ex7HKaBHY


nice!(0)  コメント(0) 

青森市議会選挙、とても残念な結果 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月28日(日)

28日投開票の青森市議会選挙は、定数35に39人が立候補した少数激戦。

レズビアンであることをオープンにして立候補した岡田実穂さん、1639票で39人中35位。
奮戦もわずか27票及ばず次点。

応援していただけに、とても残念。

票の出方を見ていると、やはり組織がある候補(政党の公認)、地域代表の候補が強く(現職は全員当選)、県庁所在都市なのに浮動票が少ないのだなぁ、という気がする。
加えて、過去最低の低投票率・・・。

社民党の推薦があったとはいえ、無所属新人には厳しい選挙情勢だった。
私なりの分析で、安全圏は2000票と読んでいたが、組織も地盤もない徒手空拳で2000票はかなり辛い。
それで心配になって、6月に青森に行ったときに話を聞いたら、社民党の推薦が得られるとのこと。
それなら、なんとかなるかな?と思ったのだが・・・。
結果を見ると、社民党の組織票はあまり流れなかったようだ(公認候補2人は2800票台で悠々当選)。

選挙は1度落ちたくらいであきらめては駄目。
日常活動を積み上げて、ぜひ次を期してほしい。

【追記】
う~ん、悔しくて寝られそうもない。

しかしなぁ、あれだけ衰退が顕著な状況で、市議選の投票率が史上最低、現職全員当選って、どれだけ「何も変えたくない」市なんだ! 
「変えるくらいなら、座して死を待つ」のかな。

nice!(1)  コメント(0) 

10月27日(土)「喜多方らーめん」 [日常(料理・食べ物)]

10月27日(土)  晴れ  東京  24.4度  湿度73%(15時)

9時半、起床。
朝食は、ブルーベリーパイとコーヒー。

昼食は、「東急ストア」の東北フェアで買ってきた「喜多方らーめん」を茹でる。
181027-2 (3).JPG
醤油ラーメンが好きなので、以前、新宿三丁目にあった「喜多方ラーメン坂内」を贔屓にしていたが、その店がなくなってしまったので、久しぶり。
181027-2 (1).JPG
かなり太麺。
181027-2 (2).JPG
おいしかった。

溜まっているブログ「日記」を書く。

18時、家猫さんに見送られて、家を出る。
久しぶりに夜のお出かけ。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

「『新潮45』問題を古いゲイ3人が考えた」の感想 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月27日(土)

別に「古いゲイ」でも、語り合っていることがまともなら、それでいい。

でも、そもそもの問題として、LGBT全体に関わるテーマをGだけで語り合おうという永易氏の発想(企画)が、あまりにも「古い」。

LGBTって枠組みでやっていくというのなら、もうそれでは通用しないことはわかりそうなのだけど。
G中心主義が骨身に浸み込んでいるのだろう。

『新潮45』問題を古いゲイ3人が考えた(1) 内から、外から、バックラッシュが始まった?!
https://www.buzzfeed.com/jp/shibunnagayasu/teidan-1
『新潮45』問題を古いゲイ3人が考えた(2) マイノリティの分断と内部対立を超えてhttps://www.buzzfeed.com/jp/shibunnagayasu/teidan-2

------------------------------------
>だから、そっちはそっちでやってよ
「『保守層にも聞いてもらえるよう、こちらが配慮しなきゃダメだ』とみずから言う当事者が出てきたのが現在でして……。」という永易氏の認識に対する北丸さんの返答に大賛成。

ゲイという共通性だけで意見が違う人が、なにも一緒に運動する必要はない。

目立たずひっそり暮らしたいゲイの人たちは、「私たちはひっそり目立たず暮らしたい!」という言論活動でも街頭活動(デモ)でもやればいい。

「当事者内外の分断を埋める」なんて、そもそも不可能だし、意味がない。
そんな無駄なことに力を尽くすより、少しでも前へ進むべし。

考えの違う人が、違う場所でそれぞれ活動すれば、それでいいのだし、その総体が世の中を変えていく力になるのだから。

『新潮45』問題を古いゲイ3人が考えた(3) マイノリティの分断と内部対立を超えて
https://www.buzzfeed.com/jp/shibunnagayasu/teidan-3

------------------------------------
「運動」なんて、一人一人が、やりたいこと、やれることをしていけばいいのだよ。
もちろん、やりたくない人はそうすればいい。

より大勢の人の感性に合うところには人は集まってくるし、そうじゃないところには人は集まらない。

そうやって自ずから方向性が見えてくる。
基本はそういうものなのだけど、ゲイ世界のような古くて狭い世界だと、いろいろなつながりやしがらみ、さらにはどろどろの怨念があって、スムーズにいかない。

いろいろ話を聞いていくと、00年代、日本のゲイの社会運動の停滞を招いたのは、そういうしがらみや怨念に基づく無益な対立(足の引っ張り合い)が原因のように感じる。
(北丸さんは在米経験が長く、そこらへんに関わっていない貴重な方なのだ)

だから、もうそういう世代は第一線を退いて、しがらみが少ない若い世代に「運動」の主体を任せるべきだし、実際、そうなりつつある。

それでいいのだと思う。

『新潮45』問題を古いゲイ3人が考えた(4)あなたはここからなにを考える?
https://www.buzzfeed.com/jp/shibunnagayasu/teidan-4
nice!(0)  コメント(0) 

10月26日(金)関東学院大学「セクシュアリティ論」第5講「衣服とセクシュアリティ(1)―裸体と着衣のエロティズム―」 [お仕事(講義・講演)]

10月26日(金)  曇り  横浜 21.3度  湿度59%(15時)

9時、起床。
朝食は、マロンデニッシュとコーヒー。
IMG_4467.JPG
カツサンド(1切)
IMG_4469.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、ワインレッドのバッグ。

12時、家を出る。
東急東横線で横浜駅へ。
昼食は京浜急行ホームの「タリーズコーヒー」。
IMG_4470.JPG
↑ 牛肉とマッシュルームのラグ―ソース(990円)

13時16分発の特快(三崎口行)に乗車。
車中、コメント票を読む。
13時36分、金沢八景駅に到着。

13時46分発のバスに乗って関東学院大学へ。
13時55分、講師控え室へ。
レジュメは、180部を印刷。

15時、講義開始。
コメント票の感想を述べる。

第4講「セクシュアリティ論の基礎(3)―性の多様性とL/G/B/T―」 の残りを解説。

1 「性」の4要素と多様性
(1)人間の「性」は、単純なものではなく、複数の要素から構成されている
(2)「性」を構成する要素は、基本的には独立のもので、必ずしも連動するとは限らない
(3)「性」を構成する要素が複数であることから、必然的に「性」の多様性が生まれる
2 「性」を多層構造で考える
(1)多数派の男性・女性
(2)同性愛の男性・女性
(3)トランスジェンダー
3 L/G/B/Tをめぐる諸問題
(1)L/G/B/Tとは?
--------------(ここから)--------------
(2)同性パートナーシップ/同性婚とは?
(3) 性同一性障害(Gender Identity Disorder=GID)がなくなる
(4)性別移行の「脱精神疾患化」

続いて、第5講「衣服とセクシュアリティ(1)―裸体と着衣のエロティズム―」に入る。

はじめに -問題提起―
1 裸体問題 ―裸体は常に「エロい」か?―
2 着衣問題 ―セックス(性行為)するとき、裸になる?―
3 部分着衣問題 ―一部を隠す、区画する―

余裕をもって16時28分、終了。

講師控室に戻り、後片付け。
16時50分、辞去。

目の前でバスが行ってしまったので、海沿いの道を金沢八景駅まで歩く。
脚力の回復のため、かなり早足で歩く。
14分で到着。
でも、まだまだ。

確実に座れる17時20分発の品川行き特急に乗車。

自宅最寄り駅前の「ドトール」で休憩。
IMG_4471.JPG
↑ ツナ&チェダーチーズ・サンド
家猫さんと合流、買い物をしていっしょに帰る。

19時半、帰宅。

夕食は、湯豆腐。
181026 (5).JPG
鱈がたくさん入ってる。
181026 (7).JPG

ちょっと疲れた。
お風呂に入って温まる。

就寝、2時半。

nice!(0)  コメント(0)