So-net無料ブログ作成

10月27日(土)「喜多方らーめん」 [日常(料理・食べ物)]

10月27日(土)  晴れ  東京  24.4度  湿度73%(15時)

9時半、起床。
朝食は、ブルーベリーパイとコーヒー。

昼食は、「東急ストア」の東北フェアで買ってきた「喜多方らーめん」を茹でる。
181027-2 (3).JPG
醤油ラーメンが好きなので、以前、新宿三丁目にあった「喜多方ラーメン坂内」を贔屓にしていたが、その店がなくなってしまったので、久しぶり。
181027-2 (1).JPG
かなり太麺。
181027-2 (2).JPG
おいしかった。

溜まっているブログ「日記」を書く。

18時、家猫さんに見送られて、家を出る。
久しぶりに夜のお出かけ。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

「『新潮45』問題を古いゲイ3人が考えた」の感想 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月27日(土)

別に「古いゲイ」でも、語り合っていることがまともなら、それでいい。

でも、そもそもの問題として、LGBT全体に関わるテーマをGだけで語り合おうという永易氏の発想(企画)が、あまりにも「古い」。

LGBTって枠組みでやっていくというのなら、もうそれでは通用しないことはわかりそうなのだけど。
G中心主義が骨身に浸み込んでいるのだろう。

『新潮45』問題を古いゲイ3人が考えた(1) 内から、外から、バックラッシュが始まった?!
https://www.buzzfeed.com/jp/shibunnagayasu/teidan-1
『新潮45』問題を古いゲイ3人が考えた(2) マイノリティの分断と内部対立を超えてhttps://www.buzzfeed.com/jp/shibunnagayasu/teidan-2

------------------------------------
>だから、そっちはそっちでやってよ
「『保守層にも聞いてもらえるよう、こちらが配慮しなきゃダメだ』とみずから言う当事者が出てきたのが現在でして……。」という永易氏の認識に対する北丸さんの返答に大賛成。

ゲイという共通性だけで意見が違う人が、なにも一緒に運動する必要はない。

目立たずひっそり暮らしたいゲイの人たちは、「私たちはひっそり目立たず暮らしたい!」という言論活動でも街頭活動(デモ)でもやればいい。

「当事者内外の分断を埋める」なんて、そもそも不可能だし、意味がない。
そんな無駄なことに力を尽くすより、少しでも前へ進むべし。

考えの違う人が、違う場所でそれぞれ活動すれば、それでいいのだし、その総体が世の中を変えていく力になるのだから。

『新潮45』問題を古いゲイ3人が考えた(3) マイノリティの分断と内部対立を超えて
https://www.buzzfeed.com/jp/shibunnagayasu/teidan-3

------------------------------------
「運動」なんて、一人一人が、やりたいこと、やれることをしていけばいいのだよ。
もちろん、やりたくない人はそうすればいい。

より大勢の人の感性に合うところには人は集まってくるし、そうじゃないところには人は集まらない。

そうやって自ずから方向性が見えてくる。
基本はそういうものなのだけど、ゲイ世界のような古くて狭い世界だと、いろいろなつながりやしがらみ、さらにはどろどろの怨念があって、スムーズにいかない。

いろいろ話を聞いていくと、00年代、日本のゲイの社会運動の停滞を招いたのは、そういうしがらみや怨念に基づく無益な対立(足の引っ張り合い)が原因のように感じる。
(北丸さんは在米経験が長く、そこらへんに関わっていない貴重な方なのだ)

だから、もうそういう世代は第一線を退いて、しがらみが少ない若い世代に「運動」の主体を任せるべきだし、実際、そうなりつつある。

それでいいのだと思う。

『新潮45』問題を古いゲイ3人が考えた(4)あなたはここからなにを考える?
https://www.buzzfeed.com/jp/shibunnagayasu/teidan-4
nice!(0)  コメント(0)