So-net無料ブログ作成

11月29日(木)「肩が内側に入ってますね」 [日常(通院)]

11月29日(木)  曇り  東京  15.3度  湿度57%(15時)

10時、起床。

朝食はアップルパイとコーヒー。
181129 (1).JPG

15時、家を出る。
東急東横線で渋谷へ。
昼食は、「しぶそば」で、かき揚げそば(500円)。
181129 (2).JPG

16時、桜丘町の「東洋気功整体院」へ。

いつものようにY先生の施術。
今日は、とくに痛むところはないが、全身疲労気味。
左腕の付け根が凝っている。
左太腿に張り。
両膝の内側に凝り、マッサージされるとかなり痛い。

「肩が内側に入ってますね。それで腕の付け根が凝るのです」とY先生。
17時40分、辞去。

19時前、帰宅。
nice!(1)  コメント(0) 

東京都府中市も同性パートナーシップ制度導入へ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

11月29日(木)

東京都府中市が、来年(2019年)4月から同性パートナーシップ制度を導入。
東京の多摩地域では初。

日本のゲイ人権運動の出発点になった「府中青年の家事件」(1990年)があった所なので、感慨深い。

-------------------------------------------------
LGBTパートナー認定 府中市、来年4月に

東京都府中市は28日、2019年4月に性的少数者(LGBT)をパートナー同士と認める制度を導入すると発表した。継続的に共同で生活し、成年で市内に住所があることなどの条件を満たし、パートナーシップ宣誓書を出した2人の性的少数者に、市長が受領証を交付する。

『日本経済新聞』2018/11/29(地域経済)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO38294440Y8A121C1L92000/?fbclid=IwAR1yB-LWUiWpnp6caNe-3drwUXfeX3ICnhBfnYmWdh2l04YUZjc_5NVsgxo

nice!(0)  コメント(0) 

渡辺真由子著『「創作子どもポルノ」と子どもの人権』(勁草書房、2018年4月)が絶版・回収に [事件・事故]

11月29日(木)

渡辺真由子著『「創作子どもポルノ」と子どもの人権』(勁草書房、2018年4月)が、「重大な無断転載」があったとして絶版・回収に。
9177_2_1.jpg
https://www.bengo4.com/internet/n_8920/?fbclid=IwAR0SEIEq_6dAeH8K1NhxE3Jw7J4mTyA5J-hBR2XzPecGHNFLTnPH0FVUKwM
全7章の本で1章分ほとんど丸々無断転載というのは、すごいなぁ。

もちろん著者の責任だけど、勁草書房の編集者も何やってたんだ?
この本、慶應義塾大学に出した博士論文を再構成したもののようだけど、そちらは、大丈夫なのかな?

DtIsFYhUUAAUbK0.jpg
↑ 剽窃を指摘したブログ(↑)
http://cute.sh/gero48/ahi/kipo/buecher/bue/wm.htm

左側が、間柴泰治「日米英における児童ポルノの定義規定」(『調査と情報』681号、2010年6月)、右側が、渡辺真由子『「創作子どもポルノ」と子どもの人権 』(勁草書房、2018年)の記述。

数字の表記以外ほとんど丸写しで、盗用であることが明白にわかる。

フェミニストを名乗る「表現規制派」の論者が、こうしたきわめて悪質な剽窃を行ったこと、学問&著述表現への冒涜であるだけでなく、社会的な衝撃・影響は大きいと思う。

自分が文章を書いて、世の中の人に読んでもらう立場(仕事)なので、論文や著書の盗用問題には関心があったが、これほど大規模で悪質な剽窃は、今まで見た記憶がない。

研究者としての倫理に大きな問題があるだけでなく、論文を書く基本的なトレーニングがなされていないと思う。

あと、やはり編集者の問題。
直接的な引用ではなく趣意文であっても、構文が似ているような場合、手直しするよう指摘するのが編集者の仕事。
これだけ大規模な丸写しを見逃したということは、仕事をしてないに等しい。


nice!(1)  コメント(0) 

セクシュアリティ研究会(第5回)拙著『新宿「性なる街」の歴史地理』合評会 [新宿「性なる街」の歴史地理]

11月28日(水)

18~21時、明治大学で平山満紀教授主催の「セクシュアリティ研究会」。
拙著『新宿「性なる街」の歴史地理』の合評会。
181128-3 (1).JPG
こういう場を設けていただいた平山先生、全体的なコメントをいただいた人文地理学の大城直樹先生(明治大学文学部教授)、2~4章を丁寧に読んでくださりご批判をいただいた田中亜以子さん、第7章についてコメントしてくださった酒井晃さん、ありがとうございました。
また、とても勇気づけられるご意見をいただいた森木美恵先生(国際基督教大学:文化人類学)、うれしかったです。

21~23時、ロビーのソファーに移動して質疑応答。
(21時で会議室が閉まるため)
ほとんど休憩なしの5時間の長丁場、さすがに疲れた。

0時、帰宅。

nice!(0)  コメント(0) 

12月の爪は [日常(髪・爪・肌・ファッション)]

11月28日(水)
(続き)
14時、西口のネイルサロン「プティマーナ」へ。
IMG_4901.JPG

いつものように、Sチーフが担当。
前回同様、大粒の金ラメのグラデーションにする。
181201 (1).JPG181201 (2).JPG
ただし、プラチナ光沢が混じったラメにしたので。光り方が派手になった。
181201 (3).JPG

16時過ぎ、辞去。
(続く)


nice!(0)  コメント(0) 

11月28日(水)「濃厚鶏そば たけいち」 [日常(料理・食べ物)]

11月28日(水)  曇り  東京  18.1度  湿度57%(15時)

10時、起床。
昨日の疲れが取れてなく、ちょっと身体が辛い。
朝食はダークチェリーパイとコーヒー。
181128-1.JPG

13時前、家を出る。
東急東横線で学芸大学駅に移動。
昼食は、東口の路地にある「濃厚鶏そば たけいち」。
181128-2 (3).JPG
「濃厚鶏骨醤油そば」(980円)。
181128-2.JPG
濃厚だがしつこくないスープが中細の麺によく絡んで、おいしい。
181128-2 (2).JPG
いつものことながら、満足。

外でラーメンを食べるのは1か月に1度にしているけど、ここはもっと食べたくなる。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

11月27日(火)都留文科大学「ジェンダー研究1」第9講「衣服とジェンダー&セクシュアリティ(1)―人はなぜ服を着るのか?―」 [お仕事(講義・講演)]

11月27日(火)  晴れ  大月  18.4度

5時過ぎ、起床。
朝食は、アップルパイとコーヒー。
181127-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
6時、化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショート・ブーツ、ワインレッドのバッグ。
黄色のニットのポンチョ。

7時、家を出る。
今日も、新丸子駅から東急東横線→東京メトロ副都心線のルート。
新宿三丁目駅で下車して、人の少ない。地下道を歩いてJR新宿駅東南口に出る。

8時05分、新宿駅に到着。
南口の駅弁屋で昼食用のお弁当を買い、8時30分発の「あずさ7号」に乗車。
車中、コメント票を読む。

9時48分、大月駅に到着。
大月駅10時02分発の「フジサン特急3号」に乗り換え。

今シーズンは天候に恵まれず、8回目の講義でやっと2度目の富士山撮影。
富士急行田野倉駅直前
IMG_4865.JPG

富士急行田野倉~禾生駅間
IMG_4866.JPG

同。
IMG_4867.JPG

富士急沿線の紅葉はもう盛りを過ぎてしまった。
IMG_4869.JPG
IMG_4870.JPG

10時20分、都留文科大前駅に到着。
10時27分、都留文科大学に到着。
レジュメは、3枚×410部を印刷。

10時50分、講義開始。
まず、第8講「トランスジェンダーと社会(後半)」の残りを解説。
1 トランスジェンダーの基本定義
2 「第三の性」(Third Gender)の存在
3 性別越境者の職能
4 日本におけるトランスジェンダーの歴史 ―その職能を中心に―
 (1)トランスジェンダーの職能
 ※女装を伴う祭礼
 (2)トランスジェンダーの職能の展開
----------------(ここから)-----------------
5 「双性原理」について
 (1)「双性原理」とは何か
 (2)「双性原理」と「聖」・「賤」

残り30分で、第9講「衣服とジェンダー&セクシュアリティ(1)―人はなぜ服を着るのか?―」に入る。
1 衣服の機能
(1)性器の隠蔽
(2)身体の保護・保温
(3)着心地・運動性
 (Topic1)貴族女性のドレスと運動性
---------------------(B組ここまで)---------------------
(4)性別(ジェンダー)指標
 (Topic2)「モテ服」の不思議 
---------------------(A組ここまで)---------------------
 (Topic3)「お立ち台ギャル」は誘っているのか?
(5)身分指標
 (Topic4) 武士は、なぜちゃんと着衣しているのか?
 (Topic5) 欧米における娼婦の記号  
(6)自己表現 
 (Topic6)  ふたたび、性的誘引か、自己表現

いろいろ話をしてしまい、なかなか遅れを取り戻せない。

昼食は「岩手 あぶり焼き和牛弁当」(一関駅、しょう月堂、1100円)
181127-2 (1).JPG
お肉はおいしいのだけど、ご飯と完全に分離しているのが難。
181127-2 (3).JPG

昼休みの中庭。初冬の風情。
IMG_4875.JPG
定点観測の中庭の銀杏。
IMG_4876.JPG
4号館前の紅葉。
IMG_4877.JPG

講師控室でコメント票の整理、出欠記入。
15時50分、辞去。
今日は1本遅い電車。
16時01分発の各駅停車に乗車。

帰路の夕焼け富士シルエット(田野倉駅通過直後)
IMG_4887.JPG

大月駅16時26分着。
16時45分発「かいじ118号」に乗り換え。
初めての新型「かいじ」。
久しぶりに「おぎの」(都留文科大学前駅の前にあるスーパーマーケット)で買ったアップルパイ。
181127-3 (1).JPG
立川駅17時22分着。
南武線は1本やり過ごし、17時34分発に乗車。
18時21分、武蔵小杉駅に帰着。

19時半、帰宅。

夕食は、豚ばら大根。
181127-4 (1).JPG
お刺身(中とろ)。
181127-4 (2).JPG

食後、1時間半ほど仮眠。
お風呂に入って温まる。

就寝、3時。

nice!(0)  コメント(0) 

11月26日(月)豚ばら大根 [日常(料理・食べ物)]

11月26日(月) 晴れ  東京  17.7度  湿度52%(15時)

11時、起床。
朝食は、ベーコンのパニーニとコーヒー。
181126 (1).JPG
豚ばら大根を仕込む。
181126 (3).JPG
昼食は、その試食。
181126 (2).JPG
昨日買ってきた赤大根(150円)を塩もみに。
181126 (7).JPG
181126 (8).JPG

午後~夜、都留文科大学のコメント票読み。
シャワーを浴びて髪を洗う。

夕食は、豚ばら大根。
181126 (4).JPG

昨日、食べられなかった家猫さんの誕生祝のケーキ。
181126 (6).JPG

お風呂に入って温まる。
就寝、0時半。
nice!(0)  コメント(0) 

性暴力被害(直前)体験 [現代の性(性別越境・性別移行)]

11月26日(月)
---------------------------------------
〓? 〓?Alpaca ?? ??? @nanatea  11月25日

私もタクシーで突然前のサラリーマンにひきづりこまれそうになった事と、次の男性が乗ってきた事双方経験ある。しかも複数回。全部確信犯。ちなみに東京都港区。オリンピックとか来てこんなに危険でどうするんだろう? 海外の他の都市でこんな目にあった事ない。
https://twitter.com/nanatea/status/1066500992802275328
---------------------------------------
たまたま見かけたツィートだけど、昔、似たことがあったの思い出した。

私が新宿・靖国通りでタクシーに乗ったら、知らない男が後から隣に乗り込んできた。
ちゃんとスーツを着た50歳前後のビジネスマン風。

一瞬、呆然としたが、運転手さんに「知らない人です」と言うと、運転手さんが下りて回ってきて引っ張り出してくれた。
私もついでに蹴っ飛ばした。

走り出してから、運転手さんが「ああいう輩、ときどきいるんですよ」と言ってたから、稀有な事例というほどでもないのだと思う。

あと、私は多目的トイレを使うわけだけど、扉が自動閉開システムの場合、「閉」ボタンを押しても、実際にドアが閉まるまで5秒ほど間がある。

そのわずかな間に男が入ってきた。

即座に「開」ボタンを押して、開いた扉から押し出したが、まったく油断隙もありゃしない。

タクシーの話は15年ほど前、多目的トイレの話はまだ5年も経ってない。

私はそれなりに修羅場を潜ってきたし、同年配・同体格の男性だったら、そう簡単には負けない格闘技術もあるから対応できたけど、一般の女性だったら、恐怖感が先に立って、対応できなくなるのも無理ないと思う。

ところで、
「シスジェンダー女性とトランスジェンダー女性は体験が被らないから共闘は無理」と主張するツイッター・フェミニスト。

私が体験してきた(上に書いたような)性暴力被害(直前の状態)や、さまざまな場での社会的排除や差別は、女性が被る性暴力被害や社会的排除・差別と、まったく異質な、トランスジェンダー女性特有のもの、とでも言うのだろうか?

「あんたが女の恰好なんかしてるのが悪い!」と言うネトウヨ男性と同じことを言っていることに、なぜ気づかない?
それで、フェミニストなのか?


nice!(0)  コメント(0) 

あんこう鍋 [日常(料理・食べ物)]

11月25日(日)

家猫さんのお誕生日の夕食は、アンコウ鍋。
181125-4 (2).JPG

これで1500円。
181125-4 (1).JPG

あん肝のご飯乗せ。
181125-4 (3).JPG
にゃあ、にゃあ、スリスリ。

nice!(1)  コメント(0)