So-net無料ブログ作成

7月4日(木)公開シンポジウム「Gender Equality 2.0からSDGsを展望する—架け橋—」 [お仕事(講義・講演)]

7月4日(木)  雨のち曇り  東京  25.2度  湿度96%(15時)

8時、起床。
朝食は、マンゴーデニッシュとコーヒー。
190704-1.JPG
化粧と身支度。
雨なので着物は断念。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ベージュのバッグ。
IMG_8447 - コピー.JPG
10時、雨が小止みになったタイミングで家を出る。
駅前の「ドトール」で時間調整。

東急目黒線から東京メトロ南北線に入り、市ヶ谷駅で下車。

JR市ヶ谷駅前から新坂を上り、四番町の「サイエンスプラザ」(科学技術振興機構・東京本部)へ。
IMG_8450.JPG
IMG_8451.JPG
ここで開催される国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)&日本学術会議主催の、GS10フォローアップ2019公開シンポジウム「Gender Equality 2.0からSDGsを展望する—架け橋—」に参加。
IMG_8453.JPG
IMG_8454.JPG
(註)
「SDGs」(持続可能な開発目標)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標のこと。
https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/17goals/
「GS10」2017年に東京で開催された「第10回Gender Smimit」のこと。

座談会「科学の多様性が日本を創り直す」は、竹山春子さん(早稲田大学理工学術教授:マリンバイオテクノロジー)、三成美保さん(奈良女子大学副学長・教授:ジェンダー法学)と私(野良講師:ジェンダー&セクシュアリティ史)という構成で、司会は藤井良一さん(大学共同研究機関法人 情報・システム研究機構 機構長:地球物理学)。

スピーチと、質問への返答を合わせて、しゃべったのは15分くらいだったが、言いたいことをしゃべってきた。

① 日本の「ジェンダー平等」においては、そもそもトランスジェンダーの存在が想定されていないこと。

② 履歴書の性別欄や男女二元論のシステムによって、トランスジェンダーの就労が困難になり、能力を発揮する場が奪われている現状。

③ 逆に言えば、わずかな配慮、システムの修正によって、トランスジェンダーの就労状況の改善が可能であること。

④ 人口減少社会である21世紀の日本社会には、性的マイノリティを排除している余裕はないこと。

⑤ 性的マイノリティを排除せず多様性の1つとして包摂し、能力を活かしていくことが、より豊かな社会につながり、その方が日本社会にとって「得」であること。

⑥ 今日、私をこの場に呼んでいただいたことを、トランスジェンダーの存在を認識し、考えていただく、きっかけにしていただければ幸いに思う。

----------------------------------------
今日のシンポジウム、登壇者の大学の先生が全員教授(准教授とかいない)であるだけでなく、東京大学、京都大学、名古屋大学、奈良女子大学と、旧帝国大学&女高師系の国立大学の教授(含、名誉教授)ばかり。
地方国立大学の教授はほとんどいない。
私学は早稲田大の教授が1人だけ。

出身大学も、東京大学、京都大学がとても多い。

大学の先生の中でも、官学系(←いつの話だ)のエリートたちの集合体であることがよくわかった。

そんな中に、野良講師の私が1人。
恥ずかしいとは思わないが、場違いであるのは明らか。

なのに、なんで私にばかり質問が集中するのだ?
(↑ 珍しいからにゃ)


nice!(0)  コメント(0) 

日本社会精神医学会 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月3日(水)

まったく存じ上げなかったが、「日本社会精神医学会」という学会があるそうな。

HPによると、「社会精神医学は、疫学的手法や社会科学的手法を用いて、社会的文脈からこころの健康問題の予防、疾患の診断・治療・リハビリテーション、社会保障制度のあり方等の研究を学際的に行う精神医学の一分野で」だそうだ。
http://www.jssp.info/

で、私になんの話をせよというの?

疫学的手法というと、「沖縄問題」(沖縄は、性別移行する人が多い、しかも、やたらとTrans-manの比率が高い)みたいな話?

あるいは、社会的文脈からということになると、同性愛者とトランスジェンダーの比率は、社会によってかなり可変的であるという話?

たとえば、男性と性交渉を持てる貧しい少年・青年が、男性のままで同性愛者として生活するより、顔を女性化して乳房を膨らませてトランスジェンダーのセックスワーカーになった方が高い収入を得られる社会(タイやフィリピン)では男性同性愛者の比率が下がりTrans-womanの比率が上がる、つまり、環境的な要因、社会圧によって同性愛者からトランスジェンダーへの移行が起こるという仮説。

まあ、来年の3月だから、ゆっくり考えよう。

nice!(0)  コメント(0)