So-net無料ブログ作成

「タイル見て楽しい?」「うん、楽しいよ」 [性社会史研究(遊廓・赤線・街娼)]

7月6日(土)

遊廓や「赤線」好きの男性たちが、Twitterで、
「タイル見て楽しい?」
「ああ…、楽しいよ」
と言って、タイル画像を貼るのをやっていたので、真似してみた。

「タイル見て楽しい?」
「うん、楽しいよ」

安浦5 (2) - コピー.JPG
↑ 神奈川県横須賀市の旧「赤線」安浦(2008年撮影)
安浦4 (5) - コピー.JPG
↑ 同

戦後の黙認売春地区である「赤線」の建物(カフェー)には、こんな豆タイルを使った装飾が、よく見られる。

タイル装飾が多用されたのは、銭湯、クリーニング店、床屋、煙草屋、病院、一般家庭の洗面所、そして遊廓&赤線で、キーワードは「衛生(的)」。

私の子供の頃は、専門のタイル職人さんがいて、家のお風呂場の新築するとき床と腰壁を貼っていて、私はそれを見ていた記憶がある(1959~60年頃)。

豆タイルは、それ自体、もう製造されていないし、それを組み合わせて鮮やかな模様を作る職人さんももういない、消えゆく存在。

タイル装飾の美しさが、ここに生きた女性たちと、どこか二重写しになる。

nice!(0)  コメント(1) 

「青森レインボーパレード2019」の記事 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月6日(土)

「青森レインボーパレード2019」の記事。
東奥日報20190701 - コピー.jpg
↑ 『東奥日報』2019年7月1日号
陸奥新報20190701 - コピー.jpg
↑ 『陸奥新報』2019年7月1日号

地方新聞にこれだけ大きく報じられることが、地域社会での認知を広める上で、どれだけ効果的か、地方在住経験がある人ならよくわかると思う。


nice!(0)  コメント(0) 

『しんぶん赤旗』掲載「トランス女性の願い 性文化・社会史研究者 三橋順子さんに聞く」 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月6日(金)
『しんぶん赤旗』掲載
「トランス女性の願い 性文化・社会史研究者 三橋順子さんに聞く」
赤旗20190701 - コピー.jpg
↑ (上)2019年7月1日号
赤旗20190702 - コピー.jpg
↑  (下)2019年7月2日号

掲載紙を送っていただいたので、画像をアップします。

Twitter上でのトランスジェンダー排除の問題、かなり深刻な状況であるにもかかわらず、今のところ一般紙は取り上げてくれません。
そんな中で、関心をもって、話を聞いてくださった「赤旗・くらし家庭部」の皆さんに感謝します。

nice!(0)  コメント(0) 

非拘束名簿の比例区は、落ち目の政党には辛い [政治・選挙]

7月5日(金)

今度の参議院選挙、連合傘下の労組候補は、民進党の分裂で立憲民主党と国民民主党に分かれて立候補している。

立憲民主党の比例区の予想獲得議席は12前後。
票にして11~12万票で当選できるだろう。

JR労組(前回19万票)、日教組(同18万票)、自治労(同17万票)、情報労連(同17万票)は、ほぼ当確。
私鉄総連(同10万票)が微妙といった感じ。

一方、たいへんなのが国民民主党で、獲得予想議席は3。
個人で大量得票しそうな候補は見当たらないので、電力総連(前回27万票)、自動車総連(同26万票)、電機連合(同21万票)は当選圏内。

だが、UAゼンセン(同19万票)は、4議席をとらないと、かなりつらい。
もしかすると、他党だったら悠々当選の15万票以上の得票で落選の場面があるかもしれない。

ということは、国民民主党の非労組系候補(円より子さんとか)は、20万票前後をとらないと当選圏内に入れない。
それは至難の業。

非拘束名簿の比例区は、落ち目の政党には辛い制度。

nice!(0)  コメント(0) 

「#KuToo」の記事の記事(『福島民友新聞』2019年6月27日掲載) [現代の性(一般)]

7月5日(金)

『福島民友新聞』2019年6月27日掲載の「#KuToo」の記事。
福島民友20190627 - コピー.jpg
福島在住のYさんがわざわざ郵送してくださった(感謝)。

気合が入った良記事。
来期の講義で使おう。


nice!(0)  コメント(0) 

7月5日(金)全身疲労蓄積 [日常(通院)]

7月5日(金)  曇り  東京  24.5度  湿度79%(15時)

10時半、起床。

先週末の青森遠征以来の疲労が溜まっている。
メンタル的には3日の家猫さんとのサッカー観戦でかなり癒されたのだけど、体がもう限界。

15時、家を出る。
東急東横線で渋谷へ。

16時15分、渋谷桜丘町の「東洋気功整体院」へ。
いつものようにY先生に施術してもらう。
自覚症状は、全身疲労蓄積、両方の脹脛の張り(右の坐骨神経痛はほとんど出ていない)。

施術が始まると、肩と腕の凝りがひどい。
とくに左腕。
左の背中の脇、左腰骨の上に痛み。
左足の脹脛はかなり痛い。
でも、右はそれほどでもない。

丁寧な施術のお陰で、全身が軽くなった。
苦手な高湿度の季節で、身体の循環が悪くなっているのだろう。

18時10分、辞去。

nice!(0)  コメント(0)