So-net無料ブログ作成

『室町時代の女装少年×姫「ちごいま」物語絵巻の世界』(笠間書院)の書評 [お仕事(執筆・成果)]

7月11日(金)

『室町時代の女装少年×姫 「ちごいま」物語絵巻の世界』(笠間書院)の書評を『週刊読書人』2019年7月12日号に書かせていただきました。
週刊読書人20190712 - コピー.jpg
女装の稚児と深窓の姫君との恋物語、ともかく「面白い!」お話です。
ぜひ多くの方に読んでいただきたいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

7月11日(木)筑紫女学園大学の講演レジュメを作る [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月11日(木)

10時半、起床。
朝食は、ブルーベリー&アップルパイとコーヒー。
190711 (1).JPG

昼食は、ラーメンを茹でる。
190711 (3).JPG190711 (2).JPG

午後は、筑紫女学園大学の講演レジュメを作る。
あまり、というか、東京ではほとんど報道されていないが、福岡県太宰府市の筑紫女学園大学は、2019年4月からトランスジェンダー女子の受け入れの検討を始めた。
--------------------------------------------------------
トランスジェンダー受け入れ検討~筑女大

“多様な性”をめぐり女子大学が新たな動きです。

筑紫女学園大学は、戸籍上は男性でも心は女性というトランスジェンダーの学生の受け入れに向けた検討を始めると発表しました。

●筑紫女学園大学中川正法学長
「戸籍上男性であっても入学を望む方がいるなら全ての人を受け入れる本学のつとめです」

太宰府市の筑紫女学園大学はきょう、戸籍上は男性でも心は女性というトランスジェンダーの学生の受け入れについて、今月から検討を始めると発表しました。

多様な性を尊重する時代の要請に応えたとしています。

今後、学内説明会を開くと共にトイレや更衣室といった施設の問題などを検討した上で、受け入れるかどうかを今年度内に判断する方針です。

大学によりますと、先月アンケート調査を実施した結果、ほとんどの学生が抵抗なく受け入れられると答えたということです。

●インタ学生
「これまで女子高で、そういう人もいたけど、何の抵抗もなかった。いろんな人が一緒に学べることはいいことだと思う」

トランスジェンダーについては、東京のお茶の水女子大学が来年度からの受け入れを発表しているほか、福岡女子大学も去年から検討を始めています。

「RKBニュース」2019年4月4日(木) 19時44分 .
https://rkb.jp/news/news/47454/
--------------------------------------------------------
で、教職員の理解を高めるための研修講演会が企画され、7月25日に、私が「トランスジェンダーと大学教育」と題して、お話することになった。

というわけで、ほぼできたかな。

夕食は、家猫さんが買ってきたお惣菜セット。
190711 (5).JPG
つるむらさきのお浸し。
190711 (6).JPG
青森の鰊寿司。
190711 (7).JPG

就寝、2時。

nice!(1)  コメント(0) 

よく見つけたなぁ [日常]

7月11日(木)

初めて「講師紹介会社」から、講演依頼メールが来た。
不思議なのは、その会社は、どこで私のメールアドレスを知ったのだろう?

で、思い出した。
私のブログの「プロフィール」のところにメルアドを書いておいたのだ。
でも、よく見つけたなぁ。
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2014-04-23-1



nice!(0)  コメント(0)