So-net無料ブログ作成

フィリピンのスラム街のレポート [現代の性(一般)]

7月31日(水)

フィリピン・マニラ市郊外ののスラム・トンド地区の「スモーキーマウンテン」にホームステイしていた学生(男子3年)のレポートが秀逸。
とくに、同地区の女性たちの売春事情の具体的な聞き取りは、読みごたえがある。

大人の男性3人(内、1人は筆者の学生)が、ごみの山で一日、スカベンジャー(金目になるゴミ拾い)をして得られる収入が約200フィリピンペソ(約400円)。
それに対して、少女売春は1日(10時間労働)で1人150フィリピンペソ(約300円)。大人の男性1人あたりの2.2倍だ。
家計収入を女の子のセックスワークに依存しなければならない社会構造がある。

レポートは文句なしのA+評価なのだけど、世界のスラム街を泊まり歩いている学生なので、出席があまり良くない。

私の講義など聞くより、ずっと貴重な体験をしているわけだから、出席の悪さには目を瞑って評価する。

ところで、このレポートには書いてないが、こうした極貧な環境に育つ男の子は、男の子ではほとんど稼げないが、女の子になればそれなりに稼げる。
だから、小柄でかわいい顔で生まれた男児は、親が女の子になることを勧める。

25年前に甲府のショーパブで働く、ニューハーフ・フィチピーナに聞いたことがある。

経済的な事情や社会的な構造が性別移行に作用すること、こうした事例から、ちゃんと理論化したいと思っている。



nice!(0)  コメント(0) 

「ジェンダーサミット10フォローアップ2019」レポート [お仕事(講義・講演)]

7月31日(水)
 
7月4日に開催されたJST(科学技術振興機構)&日本学術会議主催「ジェンダーサミット10フォローアップ2019」(東京都千代田区)のレポート(ライター:早野富美さん)です。
https://scienceportal.jst.go.jp/reports/other/20190729_01.html?fbclid=IwAR1_2sb58LYWfoEzE9UCRAtur0cn2G0WzatBovqxJ9-ERQekspAICuaubhc

私が登壇したパネル討論「科学の多様性が日本を創り直す」の様子が質疑応答も含めて、かなり詳細に記されています(長いレポートの中ほど)。
190729_img2_w480.jpg
↑ (右から)パネリストの三成美保さん、三橋順子、竹山春子さん、ファシリテーターの藤井良一さん

私がどれだけ「ただ働き」(謝礼だけでなく交通費も「ご辞退をお願いします」)したか、読んでいただけるとうれしいです。

同時に、日本の学術の世界のかなり上のレベルで、ようやくLGBTへの認識が広まりつつあることも、わかると思います。

nice!(0)  コメント(0) 

3分の2弱 [お仕事(講義・講演)]

7月30日(火)

明治大学文学部「ジェンダー論」のレポート読み。

24日(水)55本
25日(木)10本
26日(金)41本(4年生、他学部読了)
27日(土)15本
28日(日)29本(3年1組読了)
29日(月)62本(3年4組まで読了)
30日(火)66本(3年7組まで読了)
--------------------------------------------------------
合 計 278本  残り144本
    (65.8%)
3分の2弱。

nice!(1)  コメント(0) 

7月30日(火)今日のご飯 [日常(料理・食べ物)]

7月30日(火)  晴れ  東京  33.6度  湿度74%(15時)

11時、起床。

朝食は、ダークチェリーパイとコーヒー。
170730 (1).JPG

一日中、集中してレポートを読む。

昼食は、冷やしうどん。
170730 (4).JPG

夕食は、牛カルビ肉を焼く。
170730 (5).JPG
豚バラ肉を焼く。
170730 (6).JPG
焼き茄子。
170730 (7).JPG
鰻(これが最後)
170730 (8).JPG

就寝、4時半。



nice!(0)  コメント(0) 

「政治色の無いLGBTプライドパレード」というものは、あり得ない [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

7月30日(火)

そもそも「LGBT」とは、性的少数者の政治的連帯を示す概念だ。
「婚姻平等の達成」や「トランスジェンダーの就労改善」を求めることも、すべて「政治」である。

だから、「政治色の無いLGBTプライドパレード」というものは、あり得ない。

また「プライド(Pride)」とは、私は「自らが信じる理念・理想にしたがって、社会に向かって声を上げ続けること」だと思う。
言葉を換えるならば、「旗を立てる」「旗を掲げ続ける」ことだ。
(この点については、人によって認識が異なると思うが)

つまり、社会的な主張のない「プライドパレード」というものも、あり得ない。

仙台の人たちが「政治色の無いLGBTプライドパレード」という、道理に基づかない、見識を疑わざるを得ない、不可思議なイベントをやるなら、それはそれで仕方がない。

誰にでも、イベントを企画する自由はあるのだから。
ただ、「ああ、仙台はそうなんだな」と思うだけ。

仙台は好きな街だけに残念に思う。
権威(天下人)の前でも道理を曲げなかった政宗公も泉下でさぞお嘆きのことだろう。

EAdswIVUwAAknh6.jpg
https://twitter.com/SendaiPride/status/1155011409010233344

nice!(0)  コメント(1)