So-net無料ブログ作成

「プライドハウス東京」動画「新宿 LGBT Today」の撮影(その:花園神社~花園街) [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

8月10日(土)
(続き)
二丁目からゴールデン街に移動。
移動途中もずっと撮影。

花園神社の境内を通過。
赤い鳥居の連なりが外国人観光客に人気の境内摂社「威徳稲荷社」に参拝。
この日も参拝・撮影の観光客が多く、しばし待機。
IMG_9038 - コピー.JPG

拝所の上に奉納されている金精様(木製巨大男根)にもご挨拶。
IMG_9041 - コピー.JPG

16時40分、ゴールデン街に到着。
IMG_9042 - コピー.JPG

「新宿三光商店街振興組合」事務所に出向き、撮影料(4万円)をお支払いして、腕章をもらう。
撮影は17~18時の許可だったが、それだと今の季節、看板に灯りが入らない。
暗くなってから(18~19時)の撮影許可をお願いする。
「いいですよ。三橋さんがいるのならお任せして大丈夫でしょう」でOKに。

「やれやれ、よかった」で、新田裏の「ドトール」で1時間ほど、時間調整を兼ねて休憩。
楓ちゃんといろいろ話をする。

18時、黄昏時の新宿「花園街」で撮影再開。
67835755_2690627250987319_4904535047790395392_n - コピー.jpg
IMG_9045.JPG
↑ 「まねき通り」で。
IMG_9054 - コピー.JPG
↑  入口の「案内板」で。
「こんなにたくさんお店があります。これから行く『Jane June』はここです」

靖国通りに出て、歌舞伎町のネオンをと夕暮れの空を背景に、ラストシーンの撮影。
IMG_9057 - コピー.JPG
IMG_9056 - コピー.JPG
↑「世界の皆さん、新宿の街をお楽しみいただけましたか?」

19時、最後の撮影場所、花園三番街の女装バー「Jane June」へ。
IMG_9059.JPGIMG_9058.JPG
IMG_9060 - コピー.JPG
店内風景、浜野さつきママのインタビューを撮影して、今日の撮影終了。

11時から19時半まで、8時間半の長丁場だったが、ノートラブルで完了。
案内役の楓さん、ほんとうに頑張ってくれた。
ありがとうございました。

監督&カメラマンのOlivier Fabreさんも気合が入っていた。
きっと良い画像が撮れたと思う。
IMG_9062 - コピー.JPG
↑ 楓さんと記念撮影。
8頭身と6頭身(笑)

私は、この日は幸いにも足腰の具合が良く。
ほぼ、痛みを感じることなく、全行程を歩くことができた。

お世話になった皆さん、ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0) 

「プライドハウス東京」動画「新宿 LGBT Today」の撮影(その2:新宿二丁目) [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

8月10日(土)
(続き)
いったん「新宿ダイアログ」に戻り、涼んだ後、次の取材先へ。

14時30分、新宿2丁目の足湯カフェ「どん浴」へ。
モデルさんの浴衣をミニスカート丈にたくし上げ、念ため仮紐で結わえる。
EBldqwHUIAACWkS - コピー.jpg

足湯に入ってくつろぐ様子を撮影。
IMG_9030 - コピー.JPG
楓ちゃんの脚線美がまぶしい。
IMG_9031 - コピー.JPG
ちょっとサービスショットも。

15時過ぎ「CoCoLoカフェ」へ。
一昨日、急所、取材をお願いしたにもかかわらず、快く引き受けてくださった。
撮影後、遅い昼食。
私はグリーンカレー。
IMG_9034.JPG

続いて、16時15分、コミュニティスペース「akta」のある路地(俗称:レズビアン小路)で撮影。
(「akta」内部は一昨日8日に撮影済み)
IMG_9035 - コピー.JPG

二丁目での撮影を終えて、花園神社に向かう。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

8月10日(土)「プライドハウス東京」動画「新宿 LGBT Today」の撮影(その1:着付け~新宿御苑) [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

8月10日(土) 晴れ  東京  34.4度  湿度62%(15時)

7時半、起床。
9時45分、大きな紙バッグを担いで、家を出る。

今日の撮影は、人生初のスタイリスト役。

11時の開店ちょうどに「新宿・マルイ本館」の浴衣売り場へ。

身長176cm、へそ出しファッションのモデルさんを前に出して「この娘に浴衣を着せたいのですけど」。
67898138_2372314142804761_2639480801820934144_n.jpg
ベテランの女性店員の顔が、一瞬引きつったように見えた。
でも、さすがはベテラン。
すぐにTTサイズの売り場に連れて行ってくれる。

バイリエーションは8パターンくらい。
モデルさんの希望を聞くと「青系が好き」というので、明るい紺に大きめの花柄の浴衣に即決。
帯は白と水色のリバーシブル。

プロデューサーから、「お金のこととは気にしなくていいです」と言われたので、下着&紐セット、下駄もどき(鼻緒が伸縮)、小さな籠バッグ、ついでに、紫のお花の髪飾りと、お扇子も。

実は、浴衣以外、下着&紐、帯(2本)、髪飾り、お扇子などは念のため持ってきていたのだけど、使わずに全部買ってしまった。
締めて、5万6000円。

ペラペラじゃない。まずまずの浴衣を愛人に着せようと思うと、このくらいはかかる。

徒歩3分ほどの「新宿ダイアログ」に移動。
ちょっと涼んだ後、3階の集会場を借りて、着付け。

う~ん、細い!
脇に寄せてもなお背中に布が余ってしまう。
専門の着付けさんだと、体形補正にバスタオル2枚くらい巻くところだけど、私は補正嫌いだし、そんなことしたら、今日の暑さだとモデルさんの負担が尋常でなくなる。
なので、涼しさ、動きやすさだけを考えて、ざっくり着付ける(浴衣って、そもそもそういうものだし)。

長くボリュームがある見事な黒髪を高いポニーテールにまとめて、髪飾りをつけ、お扇子を差して出来上がり。
モデルさんの着付けを終えて、新宿御苑へ。

12時50分、新宿御苑・日本庭園で、「プライドハウス東京」動画「新宿 LGBT Today」のスタートシーンの撮影開始。

監督&カメラマン:Olivier Fabre
プロデューサー:増崎孝弘
モデル(案内役):畑島楓
発注者:松中権
スタイリスト:三橋順子

新宿御苑側から、広報担当の職員さん(女性)が同行。

IMG_9013.JPG
↑ 入場券を買うシーンから撮影。

↑ 都心とは思えない森の中を進む。
67784331_2328789564011181_7593390815120982016_n - コピー.jpg
↑ 日本庭園で打ち合わせ。
IMG_9026 (2) - コピー.JPG
↑ 撮影

撮影終了後、東屋で休憩していたら、外国人観光客の男性が声をかけてくる。
松中さん、Olivier Fabreさんが1週間前まで行っていたオランダの人で、しかも
Transgenderの支援活動をしているセクソロジスト(sexologist:性科学者)の方とか。
こんな偶然もあるのか!と驚く。

IMG_9028 - コピー.JPG
↑ 楓ちゃんにご執心

67920364_500615920687620_3140011407118958592_n - コピー.jpg
↑ 皆で記念撮影。

14時、新宿御苑の撮影を終了。

ともかく暑かったけど、カメラマンとモデルさんが頑張ってくれて、良い映像が撮れたと思う。
(続く)

nice!(0)  コメント(0) 

8月9日(金)旧盆進行 [日常]

8月9日(金) 晴れ  東京  35.6度  湿度60%(15時)

11時、起床。

朝食は「Joel Robuchon」のオレンジデニッシュとコーヒー。
190809 (1).JPG

昼食は、薬味たくさんの冷やし月見うどん。
190809 (2).JPG

これも、「Joel Robuchon」。
190809 (3).JPG
なんとなく箱庭を思い出す。
どこから食べたらいいのだろう。

午後、月一連載の校正。
旧盆進行なので、今月は流れが早い。

メールのお返事を書く。

夕食は、かつおの塩たれ浸け。
190809 (4).JPG
好物のこはだ。
190809 (6).JPG
こはだ好きは父親譲りだな。

ミートローフ。
190809 (5).JPG

明日のロケ(着付け)の準備。
お風呂に入って髪を洗う。

就寝、2時。


nice!(1)  コメント(0)