So-net無料ブログ作成

7月1日(月)東京に戻る [旅]

7月1日(月)   雨  東京  24.3度  湿度100%(15時)

7時、起床(JALシティ青森)。
8時半、朝食。
190701-1 (1).JPG
右のお椀は、青森の郷土料理、せんべい汁。
190701-1 (2).JPG
ソースは地元産のブラックベリー。
190701-1 (3).JPG

このホテルの朝食はおいしい。

部屋で少しのんびり。
10時、チェックアウト。

雨なので、駅までタクシー。
コインロッカーに荷物を預けて、「アウガ」の地下の「新鮮市場」へ。
お土産の海産物を買って宅急便で送る。

「そらにじ」に挨拶のつもりで寄ってみる。
翔子さん・実穂さんが片づけをしていた。
雨が止みそうにないので、ここで、そのままおしゃべり。
12時30分、辞去。
IMG_8358 - コピー.JPGIMG_8359 - コピー.JPG
お世話になりました。
また来ますからお元気で。

青森駅12時42分発奥羽本線「つがる4号」に1駅だけ乗車して新青森駅へ。
IMG_8360.JPG
駅構内に飾られている「ねぶた」。
IMG_8361.JPGIMG_8362.JPG
IMG_8363.JPG
IMG_8364 - コピー.JPG
棟方志功こけし
IMG_8370.JPG
東北新幹線、新青森13時15分発の「はやぶさ22号」に乗車。

昼食は、比内地鶏の鶏めし(花巻駅「花善」:1180円)。
190701-2 (1).JPG
まずまず。でも、ちょっと薄味。
190701-2 (2).JPG

16時32分、東京駅着。
山手線で品川駅へ、横須賀線に乗り換えて武蔵小杉駅へ。

17時半、帰宅。

夕食は、お刺身(平目、はまち、つぶ)。
190701-3 (1).JPG190701-3 (2).JPG
それと餃子。
190701-3 (3).JPG

青森で買ってきた、東北の山菜「みず」(皮むき済み)。
IMG_8375.JPG
軽く茹でると、きれいな黄緑色に。
IMG_8376.JPG
まずは辛子醤油で。
IMG_8378.JPG

明日の講義の準備。
講義で見せる写真(6枚)だけ画像処理して、PP資料に作る。

お風呂に入って髪を洗う。

さすがに疲労。

就寝、2時。


nice!(0)  コメント(0) 

今夜は仙台泊まり [旅]

6月29日(土)
(続き)
19時40分、懇親会場を辞去。

みなとみらい線新高島駅から、横浜経由JR東海道線で東京駅へ。
20時44分発の東北新幹線「やまびこ159号」に乗車。
IMG_8195.JPG
ちょっと、補給。
IMG_8196.JPG
「ベッカーズ」のバジルチキンサンド&コーヒー。

車中は、コメント票読みと居眠り。

22時49分、仙台駅に到着。
仙台は小雨。
23時過ぎ、東口駅前の「ダイワロイネットホテル仙台」にチェックイン。

さすがに疲労感が強く、メールチェックだけしてベッドへ。

就寝、0時前。

nice!(0)  コメント(0) 

「日本三大桜」コンプリート [旅]

4月7日(日)
桜大好きの家猫さんのお供で、「日本三大桜」コンプリート。
全部、エドヒガンザクラ。

(1)三春の滝桜(福島県三春町)
130420-1.jpg
2013年4月20日

(2)根尾の薄墨桜(岐阜県本巣市)
140413 - コピー.JPG
2014年4月13日

(3)山高の神代桜(山梨県北杜市)
IMG_6575 - コピー.JPG
2019年4月6日

nice!(0)  コメント(0) 

ワイナリー&レストラン「ゼルコバ」 [旅]

4月7日(日)
(続き)
バスを降りて、桜の咲く道を5分ほど歩く。
IMG_6701.JPG
昼食は、ぶどう畑の中にあるワイナリー&レストラン「ゼルコバ」(山梨県笛吹市)。
IMG_6716.JPGIMG_6702.JPG

白ワイン(甲州シュールリー)を少しだけ。
IMG_6705.JPG

ぶどうジュースと桃ジュース。おいしい。
IMG_6706 (2).JPG

ランチは、地元の食材を生かしたフレンチ。
健美鶏のスモーク。
ロックフォールのマヨネーズソース
IMG_6707.JPG
赤ワインベーコンを入れた道志村クレソンのスープ
IMG_6709.JPG
牧丘産 甲斐サーモンのヴァ―プール
野菜とハーブとトマトのクーリー
IMG_6711.JPG
ウフ・ア・ラ・ネージュ
チョコレートとアングレーズソース
苺とオレンジコンフィを添えて
IMG_6713.JPG
韮崎でエイジングされたコクテル堂のコーヒー
IMG_6715.JPG

どれもおいしかった。
とりわけ、クレソンたっぷりのスープは、自分で作ってみたくなった。

nice!(0)  コメント(0) 

4月7日(日)身延山久遠寺の桜 [旅]

4月7日(日)  晴れのち曇り  甲府  25.0度  湿度23%(15時)

5時半、起床。
目覚ましに温泉へ。

7時半、朝食。
IMG_6653.JPG
出発までの間にもう一度、温泉へ。
結局、前夜と合わせて5回入浴。

9時、出発。
日蓮宗の総本山、身延山久遠寺(山梨県南巨摩郡身延町)へ。
IMG_6668.JPG
↑ 斜行エレベーターで上る。
山中の小平地に伽藍が展開している。
IMG_6675.JPG

久遠寺の参詣はたしか2度目。
IMG_6687.JPG

お目当ての樹齢400年の枝垂れ桜は、残念ながらもうほとんど散っていた。
IMG_6671 (2).JPG
IMG_6670.JPG

でも、若い枝垂れ桜が満開できれい。
IMG_6672 (2).JPG
IMG_6691 (2).JPG

五重塔裏のソメイヨシノ?も、ほぼ満開。
IMG_6680 (2).JPG

参道脇の枝垂れ桜。
IMG_6679.JPG
斜行エレベーターを使わないと、この長くて急な石段を上ることになる(嫌々)。
IMG_6683.JPG

奥の院へ上がるロープーウェー。
IMG_6694.JPG

塔中の桜もきれい。
IMG_6696.JPG
(続く)


nice!(0)  コメント(1) 

山中の秘湯・慶雲館 [旅]

4月6日(土)

今夜のお宿は、早川(富士川の支流)をどんどん遡った南アルプスの山ふところに抱かれた西山温泉「慶雲館」(山梨県南巨摩郡早川町)。
IMG_6662 (2).JPG
その名の通り飛鳥時代末期の慶雲年間(704~707)の開湯と伝えられる山中の秘湯。
ギネスブックに「世界最古のホテル・旅館」と認定されているとのこと。
伝説は伝説として、古くからの湯治場だったことは間違いない。

お部屋の部屋の窓から。
IMG_6646 (2).JPG
目の下に、フォッサマグナの大破砕帯を流れる早川の激流。
V字谷の向こうには残雪の南アルプス。
IMG_6647.JPG
すごい所にお宿があることがわかる。

さっそく温泉へ。
露天風呂「瀬音」
IMG_6599 (2).JPG
源泉かけ流し、泉温50.9度。
無色透明無味で、わずかに硫黄臭がある。。
Ph9.2のアルカリ泉なので、肌に心地よいぬめりがある。
成分は、陽イオンがナトリウムイオン、カルシウムウイオン。
陰イオンは、硫酸イオン、塩素イオンが卓越。
成分総量1215g/kg。
ナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉(低張性アルカリ高温泉)。
昔風に言うと、含塩化土類芒硝泉。
IMG_6612.JPG
↑ 岩風呂の喫水付近に、温泉成分(硫酸ナトリウム) が析出している。

良く温まる気持ちの良い温泉で、夜3回、朝2回の計5回も入浴。




nice!(0)  コメント(1) 

4月6日(土)甲斐国の桜巡り「山高・神代桜」 [旅]

4月6日(土)  晴れ  甲府  24.3度  湿度5%(15時)

桜大好きの家猫さんのお供で、甲斐の国の桜巡りの旅へ。

新宿駅から特急「かいじ」で甲府駅へ。
そこからバスに乗るツアー。

南アルプスの山を車窓に見ながら北上。
IMG_6551 (2).JPG
IMG_6552 (2).JPG

まず、実相寺(山梨県北杜市)「山高・神代桜」(国指定天然記念物)。
IMG_6577 (2).JPG
樹齢2000年と言われるエドヒガンの古木。
1922年に桜としては初の天然記念物に指定された。
1959年の台風で主幹を失い樹勢が衰えたが、大規模な再生事業と地元の方々の努力で、なんとか維持している。
IMG_6565 (2).JPG
幸運にもほぼ満開に行き会えた。

これで、家猫さんは「日本三大桜」(山高・神代桜、根尾・薄墨桜、三春・滝桜)をコンプリート(お供の私も)。
IMG_6572 (2).JPG

実相寺の境内、神代桜のほかにも各種の桜や水仙が植えられ、美しい。
でも、その分、すごい人出で、駐車場に入るまで約1時間の渋滞。
IMG_6583.JPG
IMG_6591 (2).JPG
IMG_6558 (2).JPG
↑ シダレザクラ
IMG_6581 (2).JPG
↑ 水仙と残雪の甲斐駒ヶ岳
IMG_6593 (2).JPG
↑ 見事なソメイヨシノ。でも周囲が桜だらけなのであまり目立たない。

nice!(0)  コメント(0) 

3月29日(金)花冷えの伊豆半島 [旅]

3月29日(金) 曇り  網代  10.5度

6時、起床。
さっそく、お部屋の壺湯に入る。
IMG_6329.JPG
出かけるまで3度入った。

8時、朝食。
IMG_6331.JPG
伊勢海老出汁のお味噌汁。
IMG_6333.JPG
デザート。
IMG_6334.JPG

朝食の後、お宿の後ろ側を流れる青野川の堤防を散策。
IMG_6337.JPG
河津桜はとうに散って若葉が青々。
ソメイヨシノは、まだ花がちらほら。
IMG_6339.JPG
今年はかなり遅い。

菜の花も盛りを過ぎていて、白い花(ダイコン)が目立つ。
IMG_6341.JPG
IMG_6343.JPG
道の駅で山菜と干物を購入。

お宿に戻る。
IMG_6350 - コピー.JPG

10時、南伊豆町のお宿を立って、伊豆急・下田駅から電車に乗って、伊豆高原駅へ。
寒い!(網代の最高気温10.5度)
10度ない(11時の網代の最高気温は9.1度)。

タクシーで城ヶ崎海岸・海洋公園近くの「ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン」へ。

ミュージアムは、20世紀初頭に流行したティファニーのステンドグラス・ランプの展示。
exhibition_img_01.jpg
草花をモチーフにしたアメリカン・アールヌーボーの典型的な作例がたくさん並んでいる。
exhibition_img_12.jpg
exhibition_img_13.jpg
たしかに「すごい!」けど、もう少し美術史的な説明が欲しい。

お庭は思っていたよりすてきだった。
IMG_6357 - コピー.JPG
これで、寒くなく青空だったら、もっとすてきだったと思う。
IMG_6359.JPG
IMG_6374.JPG
「N♡Y」
IMG_6373.JPG

オオシマザクラの大木。
IMG_6368 - コピー.JPG
オオシマザクラは、ソメイヨシノの片方の親(もう片方はエドヒガン)。
IMG_6369.JPG
ソメイヨシノの白い花色はオオシマザクラ譲り。

あれもオオシマザクラかな。
IMG_6371.JPG

ルピナス。
IMG_6376.JPG
IMG_6375.JPG

伊豆高原駅に戻って、桜並木を散策。
IMG_6390 (2).JPG
「ウチの名前がにゃい!」
IMG_6392 - コピー.JPG

実は、今週末が「桜祭り」の最終日なのだけど、満開には程遠い。
IMG_6394.JPG
よく咲いている木で5分咲き、咲いていない木はやっと1分咲き。
IMG_6386.JPG
IMG_6389.JPG
さっき乗った運転手さんによると、例年の逆で、標高が高い方が咲いていて、低い方(海岸より)が咲いていないとのこと。

nice!(0)  コメント(0) 

3月28日(木)南伊豆・下賀茂温泉の「花のおもてなし 南楽」 [旅]

3月28日(木) 晴れ  稲取  19.7度

南伊豆・下賀茂温泉の「花のおもてなし 南楽」へ。
ほぼ毎年、今の季節(年度末)に行って、もう8度目。

下田駅で迎えの番頭さんに「15時に予約している三橋です」と名乗る前に「三橋様、いつもありがとうございます」と挨拶されてしまう。

何度も通う理由は、ハイレベルの泉質、10カ所ある貸切風呂、しかも、予約なしで何度でも無料という、私のためにあるようなシステム。
そして、お料理もおいしい。

今回、入ったお風呂。
九条の湯。貸切風呂では一番大きい。
IMG_6293.JPG
同・露天風呂
IMG_6295.JPG
入浴写真は自粛します。

華の湯。一人で入れば、ゆったり。
IMG_6324.JPG
同・露天風呂
IMG_6325.JPG
部屋の壺湯。
IMG_6329.JPG
早朝、鶯の鳴き声を聞きながら入るのが最高!

夕食。

今回は、伊勢海老と鮑を各3パターンチョイス。
伊勢海老の鬼殻焼き
IMG_6314 (2).JPG
伊勢海老の具足煮
IMG_6315 (2).JPG
伊勢海老のお刺身
IMG_6312 (2).JPG
鮑のお刺身
IMG_6320 (2).JPG
鮑の踊り焼き
IMG_6319.JPG
鮑のせいろ蒸し
IMG_6316 (2).JPG

ああ、おいしかった。
伊勢海老はお刺身、鮑は踊り焼きがいちばん好き。

ご馳走様でした。


nice!(1)  コメント(0) 

1月18日(金)名古屋から横浜へ [旅]

1月18日(金)  晴れ  横浜  10.8度  湿度19%(15時)

7時、起床
泊ったホテルは「ヴィアイン名古屋椿町」。
シングルとダブルが同じ値段だったので、ダブルを予約したら、シティホテル並みの広い部屋&大きなベッド。
洗面所が広く、お風呂も洗い場がある。
しかも、昨年12月に改装した自宅とほぼ同じ仕様。

9時、朝食。
ヴィアインの「無料朝食」、以前はサラダとパンしかなく、いくら無料でもあんまりだ、という感じだったが、近年はかなりまともになった。

名古屋名物「きしめん」まであった。

そうでもしないと同業ホテルとの競争に勝てないのだろう。

10時、チェックアウト。
少し時間の余裕があったので、すぐ近くの「椿神明社」にお参り。
IMG_5591.JPG
椿町の名前の元。

この椿町、微妙に怪しいのは、前夜、気づいていた(そこらへんは敏感)。
IMG_5592.JPG
名古屋駅・太閤口から数分の場所だが、「駅西」と呼ばれる再開発から取り残されていたエリア。

帰宅後、調べたら、元は「笹島(ささじま)」と呼ばれた木賃宿街で、戦後は闇市→ドヤ街だったらしい。

もっと探検してみたかったが、時間切れで名古屋駅へ。

新幹線上りホームの「住よし」できしめん(350円)を食べる。
何年ぶりだろう? 10年ぶり? もっとかな。
190118-2.JPG
朝食から1時間しか経ってなかったので、ちょっと苦しかったけど、やっぱりおいしかった。

10時49分発「のぞみ号318号」に乗車。
車中、コメント票を読む。

富士山は、ちょっと雲がかかっている。
IMG_5595.JPG

12時11分、新横浜駅に到着。
JR横浜線で横浜駅へ。
(続く)

nice!(0)  コメント(0)