So-net無料ブログ作成
性社会史研究(一般) ブログトップ
前の10件 | -

歴史を叙述すること [性社会史研究(一般)]

7月14日(日)

昨日、講座「LGBTと歴史 ー歴史研究の重要性」の後で、石田仁さん、谷口洋幸さんたちと、おしゃべりしていて、改めて思ったこと。

当たり前のことなのだが、歴史は因果関係で成り立っている。
歴史を叙述するということは、事物の因果関係を可能な限り合理的に説明する営為と言っていい。

だから、出来事の先後関係にはすごく敏感だし、そこに因果関係を求める際には、それを取り巻くさまざまな状況を勘案して慎重を期す。
早い話、自分の論に合わせて都合が良いような因果関係を作ってはいけない。
それは歴史の捏造だ。

そこらへん、専門の教育を受ていない人は、やはり甘いと思う。

さらに言えば、学問というものは、「言葉」を慎重に扱う。
たとえば「法」という言葉をどうとらえるか、なにを意味するか。
19世紀以前のヨーロッパで「法」と言った場合、世俗法か、宗教(キリスト教会)法か、がまず重要になる。
現代的な感覚で世俗法だけを「法」だと考えて、宗教法の影響力を軽く考えたら、まったくおかしなことになる。
安易に使える言葉ではないのだ。

「人権」も同様で、フランス革命の「人間と市民の権利の宣言(人権宣言)」が、現在の人権思想の淵源であるのは間違いないが、現実にフランス社会の人権状況がそれによって飛躍的に改善されたわけではない。
また当然のことだが、同じ欧州でも、フランスとイギリス、あるいはドイツの歩みは違う。
広い視野とある種のバランス感覚がないと、やはりおかしな話になってしまう。

そこらへんも、専門的な教育の中で基礎を養い、その後の研究活動の中で磨いていくしかない。

つまり、専門研究者は、やはりそれだけのものがあるということだ(まあ、そうでない研究者もいることはいるが)。
無駄に10年近く専門教育を受けてきたわけではないし、何本も論文を書いてきたわけではない。

石田さんも、谷口さんも、赤枝さんも、そこらへん、実にちゃんとしている。
だから、安心して話を聞いていられる。


nice!(0)  コメント(0) 

人見絹枝さんのこと [性社会史研究(一般)]

7月7日(日)

今日のNHK大河ドラマ「いだてん」はアムステルダムオリンピック(1928年)の回で、人見絹枝選手(1907~1931年〉がメインだった。

人見選手は、日本の女子選手として初めてオリンピックに参加し、陸上女子800mで銀メダルに輝いた日本の女子スポーツの偉大なパイオニアである。

彼女は、銀メダリストになった3年後に、結核性肺炎の一種である乾酪性肺炎で亡くなる。
24歳の若さだった。

ところが、死の直後から「人見絹江男性説」が、雑誌メディアで流布された。
170cm、57kgという、当時の女性としては稀な体格(男性としても大きい)、抜群の運動能力がもとになった「疑惑」で、当時はかなり広く流布したようだが、他には具体的な証拠はない。

ただ、ちょっと気になるのは、私の母(1920年生)が、生前はっきり「人見さんは男性よ」と断言していたことだ。

母は女医であり、しかも、1950年代に「第二の人見絹江」と将来を嘱望された陸上競技で好記録を連発した女子選手(母が校医をしていた高校の生徒)が、外性器の形態異常による性別誤認(実は男性)であることに気づいた人なので、女子選手の性別問題には素人ではなかった。

「人見さんは男性よ」という言葉に、何か根拠があったのか、それとも単なる母の主観だったのか、確かめなかったことが悔やまれる。

(参考)
Anno Jo Log「『人見絹枝は男』説の真贋 」(2005年10月27日)
https://annojo.hatenablog.com/entry/20051027/p1

nice!(1)  コメント(1) 

6月15日(土)性欲研究会(2019年第3回) [性社会史研究(一般)]

6月15日(土) にわか雨  京都  23.7度  湿度69%(15時)

7時、起床。
朝食はラズベリー・デニッシュとコーヒー。
IMG_8019.JPG
9時前、家を出る。
雨の中、百合が咲き始めた。
IMG_8021.JPG
IMG_8022.JPG

新横浜駅10時06分発「のぞみ315号」に乗車。
ちょっと補充。
IMG_8023.JPG
小田原駅を過ぎたあたりから豊橋駅付近まで熟睡。

名古屋駅を過ぎて早めの昼食。
IMG_8024.JPG
例によって好物の「深川めし」。

12時08分、京都駅に到着。
雨は止んでいる。

地下鉄で四条駅へ。
定宿の「ヴィアイン京都四条室町」へ。
荷物を預ける。

12時40分、室町の井上章一先生の別邸へ。

「性欲研究会(2019年第3回)」 京都室町・井上先生別邸
-----------------------------------------------------------
(研究報告)光石亜由美「韓国・木浦の旧遊廓地」
韓国西海岸、全羅南道の港町・木浦に残る日本統治時代の「桜町遊廓」のフィールドワーク。
木浦は1897年に開港、1905年に遊廓ができ、1914年に日本人居住区からさらに外れた海岸の傾斜地を造成して移転(桜町遊廓)、大門通りの左右に7軒の貸座敷が並び、朝鮮人娼妓36人、日本人娼妓42人がいた(1929年末)。
現在も、遊廓時代の建物が数軒残存する。

(研究報告)井上章一「日本近代服装史のあまり語られてこなかった裏話 ―褌の日本―」
日本近代の服飾史では、服装の洋風化は男性が先行し、女性に和装が残存するとされてきたが、下着においては、男性の褌が戦後(1950年代)まで残ることをたくさんの写真で実証。

-----------------------------------------------------------
17時40分、閉会。
今日の出席者、井上章一、斎藤光、古川誠、光石亜由美、鹿野由行、陳效娥(ジンヒョア)、、三橋順子(7名)。

次回は、9月21日(土)に京都(室町・井上先生別邸)で開催。

懇親会は、烏丸六角の「あんじ」。
IMG_8031.JPG
鱧(はも)。
IMG_8029 (2).JPG
万願寺唐辛子
IMG_8026.JPG
お値段の割に、お魚、おいしかった。

二次会は、烏丸錦の「HIGHBALL BAR 1923」。
IMG_8032.JPG
舞妓さんが2人、飲んでいた。

22時半、ホテルに戻る。
寝不足だったので、倒れるように眠る。

この日の京都、おちつかない天気。
研究会の途中(16時30~45分頃)、空が真っ暗になり雷鳴と豪雨。
懇親会の間にも降ったらしい。
両度とも室内だったので、傘は差さなかった。
nice!(0)  コメント(0) 

3月22日(金)「性欲研究会」(2019年第2回) [性社会史研究(一般)]

3月22日(金) 曇り  京都  16.7度  湿度58%(15時)

7時、起床。
朝食はラズベリー・デニッシュとコーヒー。
IMG_6178.JPG
9時、家を出る。
新横浜駅10時09分発「のぞみ105号」に乗車。
ちょっと補充。
IMG_6179.JPG
小田原駅を過ぎたあたりから熟睡。
富士川鉄橋で目が覚める。
IMG_6180.JPG
富士山は春霞。

名古屋駅を過ぎて早めの昼食。
IMG_6181.JPG
例によって好物の「深川めし」。

12時08分、京都駅に到着。
寒い!
東京の10時の気温は20.5度、京都の12時の気温は12.8度。
一気に8度近くも下がる。
手提げ袋に入れて持ってきた冬用のポンチョを羽織る。

地下鉄で四条駅へ。
定宿の「ヴィアイン京都四条室町」へ。
荷物を預ける。

12時40分、室町の井上章一先生の別邸へ。

13時過ぎ、開会
「性欲研究会(2019年第2回)」 京都室町・井上先生別邸
-----------------------------------------------------------
(ドイツ合宿報告)赤枝香奈子「全体スケジュール、同性愛博物館、Lebensort Vielfalt」
Lebensort Vielfaltは、30年以上ゲイ/バイ男性をサポートしてきた団体が運営する多世代住宅
(ドイツ合宿報告)鹿野由行「ゲイ・ベルリン・ツアー」
(ドイツ合宿報告)澁谷知美「アウシュビッツ収容所の見学」
IMG_6191.JPGIMG_6182.JPG
↑ ドイツのお土産

(研究報告)斎藤 光「モダンガール写真における当時性と再帰性―1920年代における『モガ』の表象・写真―」
現在イメージされている「モガ」のイメージと当時の表象とがずれていること、現在のイメージは戦後のある時期に再構成されたものであることを、新聞・雑誌、書籍などに掲載された写真とキャプションから実証的に論証。
「和装のモダンガールはいた」という私の主張ともおおいに関連し、とても興味深かった。

-----------------------------------------------------------
18時前、閉会。
今日の出席者、井上章一、斎藤光、古川誠、澁谷知美、光石亜由美、赤枝加奈子、石田仁、河原梓水、鹿野由行、三橋順子(10名)。

次回は、6月15日(土)に京都(室町・井上先生別邸)で開催。

京都の18時の気温は8.5度。
ますます寒い。

懇親会は、三条姉小路柳馬場東入ルの「牛の骨あなざ」。
IMG_6193 (2).JPG
IMG_6192.JPG
22時半、散会。
歩いてホテルに戻る。
就寝、1時(ヴィアイン京都四条室町)。
nice!(0)  コメント(0) 

1月6日(日)「性欲研究会」(2019年第1回) [性社会史研究(一般)]

1月6日(日)  曇り  京都  7.8度  湿度71%(15時)

7時、起床。
朝食はアップルパイとコーヒー。
IMG_5458.JPG
9時、家を出る。
部分日食(10時06分、食分最大)は雲が厚く見られそうもない。

新横浜駅10時09分発「のぞみ105号」に乗車。
ちょっと補充。
IMG_5460.JPG
小田原駅を過ぎたあたりから熟睡。
三河安城駅付近で目が覚める。
名古屋駅を過ぎて早めの昼食。

例によって好物の「深川めし」。
IMG_5461.JPG

12時08分、京都駅に到着。
地下鉄で四条駅へ。
定宿の「ヴィアイン京都四条室町」へ。
荷物を預ける。

12時40分、室町の井上章一先生の別邸へ。
新年のご挨拶。

13時過ぎ、開会

「性欲研究会(2019年第1回)」 京都室町・井上先生別邸
-----------------------------------------------------------
(研究報告)澁谷知美「包茎をめぐる表象は何を語っているのか?ー1980〜90年代の日本の男性誌の分析ー」
(研究報告)石田仁「性的マイノリティーに対する人々の意識ー2015年全国調査よりー」

【合評会】三橋順子『新宿「性なる街」の歴史地理』(朝日選書、2018年10月)」
光石亜由美 吉行淳之介と遊廓・赤線
赤枝香奈子 福岡県の「売春防止法」前後の福岡県状況
小泉友則 若手からの感想
岩見照代 林芙美子「私の年末所感」(『婦人公論』1934年12月)に見える新宿・旭町
他、参加者の皆さんから意見・感想
三橋順子「メイキングオブ『新宿「性なる街」の歴史地理』」
-----------------------------------------------------------
18時半、閉会。
今日の出席者、井上章一、斎藤光、古川誠、岩見照代、澁谷知美、光石亜由美、赤枝加奈子、石田仁、鹿野由行、小泉友則、赤岩なほみ、三橋順子(12名)。

次回は、2月下旬のドイツ合宿の後、3月22日(金)に京都(室町・井上先生別邸)で開催。

長年(20年近く)お世話になっている「性欲研」で拙著の合評会を開いてくださり、井上章一さんをはじめとするメンバーから、いろいろな指摘や感想をいただき、とても幸せな時間だった。
ほんとうにありがとうございました。

懇親会は、三条姉小路柳馬場東入ルの「牛の骨あなざ」。
IMG_5464.JPGIMG_5463.JPG

二次会は、三条富小路の「雪月花+Salon」。 古い銀行の建物(「不動貯金銀行」京都三条支店、大正4年(1915)建築、区に登録有形文化財)を再利用したBar。
雰囲気はおしゃれだが、いくらなんでも暗すぎ。
IMG_5465.JPG
でも、生チョコレート、おいしい。
IMG_5466.JPG

23時、散会。
歩いてホテルに戻る。
就寝、1時(ヴィアイン京都四条室町)。
nice!(0)  コメント(0) 

「股旅堂」20号記念目録 [性社会史研究(一般)]

12月5日(水)

いつもお世話になっている古書店「股旅堂」さんの20号記念目録。
DsQr9tSV4AAkEdt.jpg
目玉商品は「阿部定事件」(1936年5月、仲居をしていた阿部定が、東京市荒川区尾久町の待合「満佐喜」で、愛人の男性を絞殺した上、男根を切断した殺人・遺体損壊事件)の現場検証写真。

阿部定の弁護をした竹内金太郎弁護士の旧蔵品で、写真乾板6枚+ネガ4枚で、価格はなんと100万円。

目録では袋とじになっているけど、私は開ける勇気がない。


nice!(0)  コメント(0) 

10月13日(土)性慾研究会(2018年第4回) [性社会史研究(一般)]

10月13日(土) 曇り  京都  21.9度  湿度51%(15時)

7時、起床。
9時、家を出る。
新横浜駅10時06分発「のぞみ315号」に乗車。
睡眠不足(3時間半)なので、小田原駅を過ぎたあたりから熟睡。
三河安城駅付近で目が覚める。
名古屋駅を過ぎて早めの昼食。

例によって好物の「深川めし」。
IMG_4308.JPG
12時05分、京都駅に到着。
地下鉄で四条駅へ。
定宿の「ヴィアイン京都四条室町」へ。
荷物を預ける。

12時30分、室町の井上章一先生の別邸へ。
いろいろお世話になった拙著の刊行御礼を述べる。

13時05分、開会。
-----------------------------------------------------------
「性慾研究会(2018年第4回)」 京都室町・井上先生別邸

(資料紹介)澁谷知美「『草食系男子』の肯定的イメージはどのように簒奪されたのか、という問いを解明するための資料の紹介」
(研究報告)井上章一「女性ファッション誌の学生モデルの分析 ー日本におけるキリスト教受容の一側面ー」
(研究報告)三橋順子「新宿二丁目「『ぼんち』とその周辺―『ゲイタウン』形成の前史として―」
(研究紹介)石田 仁「異性愛の街からゲイの街へ(1960-80-)」
(打ち合わせ)ドイツ合宿(2019年2月)について
-----------------------------------------------------------
17時半、閉会。
今日の出席者、井上章一、古川誠、澁谷知美、光石亜由美、石田仁、鹿野由行、三橋順子(7名)。

2018年は4回で終了。
次回は、2019年1月6日(日)に京都(室町・井上先生別邸)で開催。

懇親会は、烏丸錦西入の居酒屋「清水屋」。
公務で欠席だった斎藤光さん、ここから参加。

22時過ぎ、散会。



nice!(0)  コメント(0) 

「母はネアンデルタール人、父はデニソワ人」 ロシアで発見の化石 DNA鑑定で [性社会史研究(一般)]

8月23日(木)

とても興味深い発見。

ネアンデルタール人、デニソワ人、そして現生人類の先祖、同じヒト(Homo)属(ホモサピエンス)でも異なる種の間で、交配が繰り返され遺伝子がハイブリッドされていた可能性が強くなった。

現在のネグロイド、コーカソイド、モンゴロイドの人種の形成に異種間の混血が影響している可能性が出てきた。

------------------------------------------------
「母はネアンデルタール人、父はデニソワ人」 ロシアで発見の化石 DNA鑑定で

昔々ロシアの洞窟で、異なる種の旧人類2人が出会った。5万年後、科学者らは2人には娘がいたことを突き止めた。
この洞窟で発見された骨から検出された遺伝子によって、この骨の持ち主の少女はネアンデルタール人の母とデニソワ人の父を持つことが分かった。
学術誌「ネイチャー」に発表されたこの発見は、現生人類に最も近いヒトの生活について、貴重な情報をもたらしてくれた。
ネアンデルタール人とデニソワ人は我々と同じヒト属だが、違う種に属している。
独マックス・プランク進化人類学研究所(MPI-EVA)の研究員ビビアン・スロン博士は、「これまでの研究から、ネアンデルタール人とデニソワ人の間に子どもができていたことは推測されていた」と話した。
「しかし実際に両者の間にできた子どもを発見できるとは思っていなかった」

人類はネアンデルタール人の子孫?
現在、非アフリカ系の人類の遺伝子にはネアンデルタール人を起源とするものが少量含まれている。
そのうち一部地域に住んでいる人はさらに、アジア地域に住んでいたデニソワ人の遺伝子も持っている。
何世代にもわたって受け継がれてきた遺伝子によって、種の異なるヒト同士で交配があったことが示されている。
しかし、デニソワ人とネアンデルタール人両方の化石が見つかっているのは、シベリアのアルタイ山脈にあるデニソワ洞窟だけだ。
さらに、これまでにDNA鑑定を受けた化石人類はとても少なく、20体以下だという。
スロン博士はBBCニュースの取材で、「このとても少ない鑑定の中から、種の異なる父母を持つ個体を見つけた」と話した。
他の研究なども考え合わせれば、「人類の進化の歴史は全て、混血によって成り立っているという説が浮上してくる」という。

ネアンデルタール人とデニソワ人とは?
ネアンデルタール人とデニソワ人は、ユーラシア大陸で同じ時期に生きていたことが分かっている。
ネアンデルタール人は西側で、デニソワ人は東側で、共に4万年前ごろまで生きていた。
その後、ネアンデルタール人が東に移住していくことで、デニソワ人や、現生人類の祖先に出会った可能性がある。
MPI-EVAのスバンテ・ペーボ所長は、「ネアンデルタール人とデニソワ人が出会う機会はそれほど多くなかっただろう」と話した。
「しかし一度出会えば、私たちがこれまで考えていた以上に頻繁に交配していたはずだ」

この家族について分かっていることは?
数年前にデニソワ洞窟でロシアの考古学者が見つけた骨のかけらから、この少女の物語は始まった。
骨は独ライプツィヒで遺伝子分析を受けた。
カナダ・トロント大学のベンス・バイオラ氏は、「このかけらは長い骨の一部で、この人物が少なくとも13歳に達していたと推測できた」と説明する。
研究者らは、この少女の母親はそれまでデニソワ洞窟に住んでいたネアンデルタール人より、西欧地域に住んでいたネアンデルタール人に遺伝的に近いと推測している。
つまり、ネアンデルタール人は絶滅する数万年前から、欧州東西とアジアの間で移住を繰り返したことになる。
遺伝子分析ではさらに、デニソワ人の父親には少なくとも1人、ネアンデルタール人の祖先がいたことも明らかになった。

BBCニュース(ヘレン・ブリッグス)
(英語記事 DNA shows cave girl was half Neanderthal)
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-45280109



nice!(1)  コメント(0) 

8月5日(日)性慾研究会(2018年第3回)  [性社会史研究(一般)]

8月5日(日)  晴れ  京都  37.7度  湿度41%(15時)

6時50分、起床。
8時50分、家を出る。
新横浜駅9時59分発「のぞみ219号」に乗車。
車中、自著の再校ゲラのチェック。

名古屋駅を過ぎて早めの昼食。
IMG_3148.JPG
例によって好物の「深川めし」。

11時58分、京都駅に到着。
暑い! 
地下鉄で四条駅へ。
大雨の中、定宿の「ヴィアイン京都四条室町」へ。
荷物を預ける。

12時40分、室町の井上章一先生の別邸へ。
13時15分、開会。
-----------------------------------------------------------
「性慾研究会(2018年第3回)」 京都室町・井上先生別邸

(打ち合わせ)ドイツ合宿(2019年2月)について
(研究報告)井上章一「美少女の描き方の変遷」
(資料紹介)石田 仁「山谷の女装男性についての資料」
(資料紹介)澁谷知美「草食系男子バッシングの前史としての未婚男性バッシングの資料紹介
       ー男性による男性叩きの視点からー」
(研究報告)澁谷知美「ここが信用できない日本の男性学
       ー平山亮『介護する息子たち』の問題提起を受けてー」

-----------------------------------------------------------
18時過ぎ、閉会。

私の報告「(資料紹介)警視庁防犯部『新しい売春形態とその捜査』」は時間切れで没。
作っていったレジュメ、捨てるのももったいないので配布。

今日の出席者、井上章一、齋藤光、古川誠、澁谷知美、光石亜由美、赤枝加奈子、石田仁、鹿野由行、三橋順子(9名)。

次回は、2018年10月13日(土)に京都(室町・井上先生別邸)で開催。

懇親会は、新町蛸薬師の居酒屋「酒場トやさい イソスタンド」。
IMG_3153.JPG
いわゆる創作料理なんだと思うけど、料理によってちょっと当たり外れがあるかな。
IMG_3149.JPGIMG_3150.JPG
IMG_3151.JPGIMG_3152.JPG
21時過ぎ、散会。
明日は月曜日なので二次会はなし。

就寝、0時半(「ヴィアイン京都四条室町」)。
.
nice!(0)  コメント(0) 

クロマニョンの青年が選んだのは、野山羊か?ネアンデルタールの娘か? [性社会史研究(一般)]

5月20日(日)

12~13年ほど前、某研究会で東京大学の人類学の教授のお話をうかがったことがある。
ネアンデルタール人と現生人類の混血はない!という結論だった。

その質疑応答で、井上章一先生(国際日本文化センター教授)が「では、アナトリアの草原で長い旅をしてきたクロマニョン人(コーカソイドの先祖)の青年がネアンデルタール人の娘に出会った時、その青年は娘を無視して、野山羊とSexしたということですか?」と質問された。

東大人類学の教授は、しばらくの沈黙の後、「そういうことになりますね」と返答した。

私だけでなく、その場にいた研究者のほとんどが「そんなはずないじゃないか!」と突っ込みたかったと思う。

その後の研究(遺伝子解析)で、ネアンデルタール人と現生人類の混血があったことが証明された。
ネグロイドを除く現生人類の遺伝子には、1~4%ほどネアンデルタールの遺伝子が継承されている。
しかも、白っぽい皮膚、金髪や赤毛、青い目などコーカソイド的特徴はネアンデルタール人から受け継いだ可能性が高い。

やっぱり、クロマニョン人の青年は、野山羊ではなく、ネアンデルタール人の娘を選んだのだった。

(参照)
更科 功『絶滅の人類史―なぜ「私たち」が生き延びたのか』 (NHK出版新書、 2018年1月)
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 性社会史研究(一般) ブログトップ