So-net無料ブログ作成
天文・気象・生物 ブログトップ
前の10件 | -

台風15号、千葉市付近に上陸 [天文・気象・生物]

9月9日(月)

台風15号、ほぼ予想通り(少し東寄り)の進路で、三浦半島を通過し、5時前、千葉市付近に上陸。
上陸時の中心気圧は960hph。
1915-00.jpg
19090903.jpg
↑ 上陸直前、9日3時の天気図。
小型だが、等圧線の形が崩れていない。

暴風雨、ウチ(川崎市中原区)は3時代がピークだったように思う。
東風で、私が寝ている部屋にもろにぶつかり、けっこうすごい音だった(でも、寝てる)。

6時過ぎ、起床。
今日から沖縄へ出張。


----------------------------------
台風第15号 (ファクサイ)
令和元年09月09日05時45分 発表
<09日05時の実況>
大きさ -
強さ 強い
存在地域 千葉市付近
中心位置
北緯 35度40分(35.7度)
東経 140度05分(140.1度)
進行方向、速さ 北北東 25km/h(14kt)
中心気圧 960hPa
中心付近の最大風速 40m/s(80kt)
最大瞬間風速 60m/s(115kt)
25m/s以上の暴風域 南東側 90km(50NM)
北西側 70km(40NM)
15m/s以上の強風域 南東側 220km(120NM)
北西側 170km(90NM)

nice!(0)  コメント(0) 

九州北部、記録的な大雨 [天文・気象・生物]

8月28日(水)

8月28日(水)

秋雨前線にそって線状降水帯が発生し、九州北部で記録的な大雨。

佐賀市を含む筑後川下流域の筑後平野はほんとうに真っ平。
もともと有明海沿岸の低湿地を干拓して平野にしたような所だから、水はけが良いはずがない。

想定外の大雨が降ったら、広域に浸水・水没するのは、容易に想像できる。

以前にも書いたけど、私は山間の河岸段丘の街に生まれ育ったので、どんなに大雨が降っても、水はたちまち坂を流れ下って、街の下を流れる峡谷に吸い込まれてしまう。
水が溢れるということが理解できなかった。

それから何十年か経って、多摩川の河原に住むようになり、2007年の多摩川大増水を経験して、やっと洪水の恐ろしさが実感できるようになった。
ともかく。大事なのは、情報の的確な収集、早期の避難だと思う。

nice!(0)  コメント(0) 

台風10号、まもなく佐田岬を通過 [天文・気象・生物]

8月15日(木)

台風10号、15日10時の段階で、宇和島市の西南西約30km 。
中心気圧975hPa、中心付近の最大風速30m/s。
進路は北、25km/h(14kt)。
1910-00-3.jpg
豊後水道に入り、宇和島市をかすめて、まもなく(12時前)佐田岬を通過するという予想通りの進路。
上陸は中国地方になりそう。
19081509.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

台風10号の進路 [天文・気象・生物]

8月14日(水)

台風10号、15日0時の段階で、中心気圧965hPa、中心付近の最大風速30m/s。
1910-00-2.jpg
進路は、まだ北で、東寄りの要素は出ていない。
速度はやや上がり15km/hになったが、相変わらず低速。

この感じだと、足摺岬(高知県)付近と思われていた上陸地点は、もう少し西にずれ、豊後水道に入って、宇和島市(愛媛県)あたりをかすめて、15日のお昼頃、佐田岬という感じかも。

19081421.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

夏だ、夏だ、やっと夏だ! [天文・気象・生物]

7月26日(金)

18時、福岡出張から、帰宅。

博多は行った日に梅雨明け。

戻ってきたら、東京も夏になっていた。
わ~~~ぃ、夏だ、夏だ、やっと夏だ!

nice!(0)  コメント(0) 

京都大学の霊長類研究の系譜 [天文・気象・生物]

7月10日(水)

先日のシンポジウムで、日本学術会議会長で、京都大学総長の山極壽一先生にご挨拶した。
たぶん、今まで名刺交換した方で、いちばん偉い方なのではないかと思う。

山極先生は、人類学者で、京都大学の霊長類研究の伝統を引き継ぐ方で、会場でも「ゴリラの先生」と呼ばれていたように、とりわけゴリラについては世界の一人者。
ゴリラの生態観察から「家族」の成り立ちなどを研究されている。

とても精力的な方で著書も数多い。
ここでは、『家族進化論』(東京大学出版会、2012年)をあげておく。

Wikiで調べたら1952年1月の生まれで、私より3歳、4学年上。
師匠は、ニホンザル研究で著名な伊谷純一郎京都大学名誉教授(1926年~2001年)だそうで、
さらにその先生は、日本の霊長類学の礎を築いた今西錦司京都大学名誉教授(1902年~1992年)で、私は若い頃(20歳前後)、今西先生や伊谷先生の本を読んでいた。

ちなみに、私のセクシュアルマイノリティの「住み分け」理論は、今西先生の「種の棲み分け」理論の影響があると思う。

なにが言いたいかというと、学術研究は、世代を越えて、継承・発展していかなければ駄目だということ。
その点、京都大学のような伝統のある大学は強いと、あらあためて思った。

あ、山極先生のご本も読まないと・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

大雨の原因はブロッキング高気圧 [天文・気象・生物]

5月21日(火)

12時の天気図と衛星画像。
19052112.jpg
201905211200-00.jpg
東海上の優勢な高気圧にブロッキングされて、活発な寒冷前線にともなう雲(雨域)がなかなか東に進めず、ほぼ北上している様子がよくわかる。
同じ地域に次々に強い雨域がかかり、被害が出るパターン。

nice!(1)  コメント(0) 

世界初、ブラックホールの撮影に成功 [天文・気象・生物]

4月10日(水)

国際研究チーム(日本を含む)が、世界で初めて、ブラックホール(乙女座方向にあるM87銀河の中心)の撮影に成功した。
ブラックホール.jpg
これはすごい! ほんとうにすごい!
ブラックホールの姿を写すなんて、不可能だと思っていた。
50年前の天文少年、久しぶりに興奮した。

ノーベル賞級だと思う。


nice!(1)  コメント(0) 

台風24号、和歌山県田辺市付近に上陸 [天文・気象・生物]

9月30日(日)
1824-00.jpg
台風24号、やや南寄りの進路を取り、上陸地点は紀伊半島か?
強い勢力を維持したまま上陸し、東日本縦断になりそう。

進路の東側になる伊勢湾、駿河湾、東京湾は高潮に最大級の警戒。

首都圏は、今夜23時頃から夜中にかけて暴風雨となる。

【追記】
17時、この感じだと、室戸岬には引っかからず、紀州白浜附近に上陸と思われる。
1824-00-2.jpg
首都圏のJR各線、早々に20時で運転を打ち切り。

20時頃、和歌山県田辺市付近に上陸(中心気圧950hPa)。
1824-00-3.jpg
20時半、風が強まる。強風圏に入った模様。

21時、奈良県橿原市の南東約30km(960hPa)
18093021.jpg
↑ 21時の天気図。
201809302100-00.jpg
↑ 21時の衛星画像
22時、三重県津市附近(960hPa)
23時、名古屋市付近(965hPa)

23時20分頃、川崎市、風雨がいっそう強まる。暴風圏に入った模様。

0時、岐阜県下呂市の東南東約30km(970hPa)
201810010025-00.jpg
↑ 0時25分のレーダー画像。
関東地方にも、台風中心周囲の強い雨域がかかりはじめた。

0時30分~1時30分、ときどき家が揺れる。
1時、長野県佐久市付近(970hPa)。
1時10~30分頃、暴風、最も激しい。
1時30分頃、台風最接近か。
2時、群馬県前橋市付近(970hPa)。

【記録】
横浜 02時00分 973.6hPa  00時00分 瞬間最大風速(南南東)35.6m/s
東京 02時10分 974.6hPa  01時50分 瞬間最大風速(南)39.3m/s(観測史上3位)


nice!(0)  コメント(0) 

ゲリラ豪雨、タクシー1時間待ち [天文・気象・生物]

9月17日(月・祝)

17時半、新宿二丁目を歩いていてポツポツ降り出した。
地下に避難し、「ビッグス新宿」ビルB2階の「ルノアール」で休息。
IMG_4043.JPG
その後は、地下道→地下鉄なので、雨の様子がわからない。

東急東横線が代官山駅で地上に出て、雨が降っているのがわかった。
それが、自由が丘駅あたりからゴーッと音がするすごい降りに。

武蔵小杉駅に着いたときには、大雨と言うより豪雨状態。
いちばん近い日吉のアメダスで、19~21時の3時間で51.5mm、1時間最大で 29.5mm 。

タクシー乗り場は長蛇の列。
休日の19~20時は、いつも車が少ないので、列が進まない。
こうなったら我慢比べ。
乗車できたのは、およそ1時間後の20時。
雨はいったん弱まったが、また強くなった。

タクシーを降りて家の玄関までの間で少し濡れたが、我慢したかいがあって、被害は最小限。
でも、疲れた。



nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 天文・気象・生物 ブログトップ