So-net無料ブログ作成

「LE QUINE GUINE (キヌギヌ)」の14周年パーティ [交友]

5月5日(日・祝)

お台場でフットサル大会、新橋で懇親会の後、新宿五丁目のBar「LE QUINE GUINE (キヌギヌ)」の14周年パーティへ。

店主のシンスケさんは、私が新宿「千鳥街」を探している時に、とても力になってくださった方。

その御礼は、拙著『新宿「性なる街」の歴史地理』の第7章「『千鳥街』を探して」の末尾(282頁)に記したが、やはり、直接お会いして感謝の気持ちを伝えたかった。

でも、ゲイ系のお店に一人で出向くのは、やはり敷居が高く・・・。

この夜、松中権さんがに周年パーティーに行くというので、連れて行ってもらう。

シンスケさんありがとうございました。
そして、お店の14周年、おめでとうございます。

権さん、連れて行ってくださり、感謝です。
57048981_2408876325998481_9144517639891058688_n.jpg
帰り際、店主がわざわざ送りに来てくださり、ツーショット。
59508764_323190054991607_4148052167204274176_n.jpg59325801_2334364013476464_4818572333922910208_n.jpg
ちょっと照れてる私。




nice!(0)  コメント(2) 

おゆうちゃん、ほんとうに、よかったね [交友]

4月25日(木)
(続き)
東急東横線(渋谷駅乗換)東京メトロ半蔵門線(九段下駅乗換)同東西線と乗り継いで神楽坂駅で下車。

おゆうちゃんのお嬢さんの結婚内祝い会場の神楽坂「鮒忠」へ。

以前から写真を見せてもらっていたけど、大人になってから実際に会うのは初めて。

親譲りの美人なのはわかっていたけど、なんというか、並の美形ではない。
ほんとうの(定規で計っても)八頭身、小顔に大きな目。
よく芸能界に引っ張られず、普通の職業(有名デパートのファッション・ショップの店長さん)に就いたものだ。

顔立ちと雰囲気が、今のおゆうちゃんではなく、写真で知っている20歳前後のおゆうちゃんにとてもよく似ている。
遺伝の力は、つくづく偉大だと思った。

人の何倍も波乱万丈の人生だったおゆうちゃん、ほんとうに、よかったね。
58873549_2291715277783223_3138950623211290624_n - コピー.jpg
59379730_467096080699432_1265629911834427392_n - コピー.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりの「女子会」 [交友]

4月23日(火)
(続き)

18時過ぎ、渋谷へ。
IMG_7118.JPG
道玄坂下の「山城屋庄蔵」で、昨年7月以来久しぶりの「女子会」。
IMG_7114.JPG

佐々木掌子さん、横浜シンジさん、小林りょう子ママの常連メンバーに、宮の5人。

お料理は、お値段を考えればまずまず。
IMG_7116.JPG
190423-4 (1).JPG
190423-4 (2).JPG
190423-4 (4).JPG
190423-4 (5).JPG
190423-4 (7).JPG
190423-4 (6).JPG
190423-4 (8).JPG
190423-4 (9).JPG
190423-4 (10).JPG

楽しくて、おしゃべりしすぎて、翌朝、声が枯れ気味に。
(集合写真、撮り忘れた)
23時20分、散会。

0時半過ぎ、帰宅。

就寝、3時。
nice!(0)  コメント(0) 

抜け出す [交友]

3月9日(土)
(続き)
パーティーの終盤、顔見知りの社長が「少し早めに出て、どこかで飲みませんか?」と誘ってくれた。

ちょっと退屈していたから、お誘いに乗って、社長とその舎弟と3人で、お先に失礼する。

銀座の路地裏の店で、1時間ほど飲み直し。
IMG_6065.JPG
↑ メンバー制

タクシーで、便利な駅まで送ってくれるというので、副都心線の明治神宮前駅まで乗せてもらう。

54222326_2215692235163054_4354398807174152192_n - コピー.jpg
↑ 右が社長さん、左が舎弟さん。

nice!(0)  コメント(0) 

3月2日(土)「明神下 神田川本店」へ [交友]

3月2日(土)  晴れ  東京  14.7度  湿度25%(15時)

「うきうき」の女将さんと、おゆうちゃんの3人で神田へ。

御茶ノ水から聖橋を渡って、湯島の聖堂(昌平黌)の脇を抜けて、まずは神田明神さまにお詣り。
IMG_5921.JPG
IMG_5922.JPG

枝垂れ紅梅が見ごろ。
IMG_5923 - コピー.JPG

大鳥居の際の「天野屋」で、甘酒の元と甘納豆を買う。
IMG_5920.JPG
53581812_426404387900782_1119474768911794176_n - コピー.jpg
52964765_802975443392416_6295446213596545024_n - コピー.jpg

「平次親分の家はどこだっけね?」「あのマンションじゃないですか」と言いながら明神下に向かう。

17時、「明神下 神田川本店」へ。
IMG_5928.JPG
1805年(文化2)創業の鰻の老舗。
現在の建物は、1952年(昭和27)再建。
IMG_5930 - コピー.JPG

今夜は、女将さんが、私の本(表紙モデルはおゆうちゃん)の出版祝いをしてくださった。
ほんとうに、ありがたく、うれしい。

お通しは、スモークサーモン、焼き帆立、酢牡蠣。
IMG_5935.JPG
IMG_5936.JPG

うざく(きゅうりとうなぎの酢の物)と玉子焼きをいただきながら、ビールを飲みながら待つことしばし・・・。
IMG_5937.JPG

「わ~い!」。
IMG_5942.JPG
IMG_5939.JPG
鰻はほわほわに柔らか。
味はやや薄味。
江戸前のもっと濃い味かと思っていたので、ちょっと意外。

お吸い物は、肝吸いではなく、鱈の白子。
IMG_5941.JPG

ああ、おいしかった。
お腹いっぱい。

女将さん、ご馳走になりました。
とても幸せでした。

食後、せっかくの個室なので、撮影会。
53648558_2017254545247075_991760639305187328_n - コピー.jpg
53117799_2210182479002040_3885800755440910336_n - コピー.jpg
52944305_1944104095715312_8344070357371584512_n - コピー.jpg

IMG_5933 - コピー.JPG
IMG_5932 - コピー.JPG

IMG_5945 - コピー.JPG
おゆう「『うきうき楼』から引かされた後、いろいろありましてね…。最初の旦那がひどい人で…」
女将「まあ、そうだろうね。それが人生ってもんさ」

というわけで、とても楽しい一日でした。
nice!(1)  コメント(0) 

1920年代、東京・浅草のワイン・カフェ―の写真 [交友]

1月11日(月・祝)

1920年代、東京・浅草のワイン・カフェ―の写真。

女給さん
51674643_321777058464740_4692102164284178432_n.jpg

女給と女将さん
51861124_351410515456674_3441281200902111232_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

2月11日(月・祝)着物仲間との新年会 [交友]

2月11日(月・祝) 小雪のち曇り  東京  4.6度  湿度79%(15時)

8時、起床。
今日は、病後、ほぼ2週間ぶりの外出。

化粧、驚くほど肌の具合が良い。

ただ、まだ体力が戻っていない。
着物を着るのに途中で休憩。

12時半、浅草へ。
ものすごい数の外国人観光客。
IMG_5754.JPG
聞こえてくるのは圧倒的に中国語。
新仲見世も、外国人向けの店舗が増えた。

13時、「大升ワイン館」へ。
IMG_5756.JPG
久しぶりに会う着物仲間との会食(新年会)。
とても楽しかった。

再会を祝して乾杯!
52351510_383147395815143_4929086425179095040_n.jpg

全員集合。
51745136_283630505646119_8882413231973335040_n.jpg

ハチノス(牛の第2胃袋)のアヒージョ。
IMG_5757.JPG

お肉。
IMG_5758.JPG

すぐ向かいの店で二次会。
52130108_1969568129829023_4619914312478097408_n.jpg

ムール貝。やっと魚介類が出てきた。
IMG_5759.JPG
渦巻ソーセージ。
IMG_5760.JPG

でも、帰路は体力が尽きてボロボロ。

19時、帰宅。

nice!(0)  コメント(0) 

表紙モデルの御礼&打ち上げ会 [交友]

12月21日(金)
(続き)
金沢八景駅から京浜急行(横浜駅乗換)JR湘南新宿ライン(池袋駅乗換)同埼京線で1時間20分かかって板橋駅へ。

西口改札前で待つことしばし、闇の中から日本髪、着物&長羽織のおゆうちゃん登場。

駅近くの魚食系居酒屋「浜焼き太郎・板橋店」へ。
遅まきながら拙著表紙モデルの御礼&打ち上げ会。

かんぱちのお刺身。
181221-3 (1).JPG
身厚でおいしい。

メニューに「漁師さんに教わったガンガン焼き(1980円)」というのがあったので、なんだろう?と思いながら注文。
そしたら、こんなものが出てきた。
181221-3 (2).JPG
ガンガンじゃなく、カンカン(缶缶)じゃないか。

卓上コンロで加熱し、待つこと15分ほど。
軍手を二重にはめた若い女性アルバイト?が蓋を開けてくれると・・・。
181221-3 (3).JPG
おおっ! これは間違いなくおいしい。

あさり、ホンビノス貝、ムール貝、牡蠣、(けっこう大きい)海老。
ほとんど塩味だけなのだけど、蒸し焼きすることで濃厚な出汁が出ている。

具を食べ終えた後、その出汁で、雑炊を作ってもらう。
181221-3 (4).JPG
これも美味。

さすが、漁師さんの現場飯で、簡易な道具でおいしい料理なのだが、難点は蓋がなかなか開かないこと。
私のテーブルはまあまあすんなり開いたが、隣のテーブルは開かずに大騒動に(いったん厨房に下げて処置)。

久しぶりのデート、楽しかった。

JR埼京線で池袋駅へ、山手線に乗り換えて目黒駅へ。
タクシーで目黒の家へ。
23時、帰宅。

お風呂に入って温まる。
就寝、2時。

nice!(0)  コメント(0) 

出版祝いをしていただく [交友]

11月30日(金)

大学の講義の帰路、京浜急行・大岡山駅で途中下車。
いつも通過ばかりで、初めて降りる駅。
IMG_4918.JPG

昔なじみの着物友達が、出版祝いをしてくださった。

拙著を読んでくれただけでも、とてもうれしいのに、こんな機会をもうけてくださるなんて、ほんとうにうれしかった。

ひみ姐さん、かずみさん、ありがとうございました。

いただいたお花。
IMG_4931.JPG47007599_743585362642051_3887679988316504064_o.jpg

お店は、横浜・上大岡の和食居酒屋「米どころ」。

生牡蠣。
IMG_4920.JPG

かんぱちの藁焼き。
IMG_4921.JPG

スモークタン。
IMG_4922.JPGIMG_4924.JPG

お造り。
IMG_4925.JPG
鱈の白子の天婦羅。
IMG_4926.JPG
鶏のフォー。
IMG_4927.JPG
シークワーサーのシャーベット。
IMG_4929.JPG

どのお料理も、お酒もおいしかったし、スタッフの接客態度も気持ち良く、さすが、食通のひみ姐さんのお気に入りだけある。
良いお店を教えてもらった。

いろいろご馳走になり、珍しく少し酔っぱらう。

nice!(0)  コメント(0) 

9月30日(日)「うきうききもの」同窓会 [交友]

9月30日(日) 曇りのち雨 夜、暴風雨  東京 23.8度 湿度98%(15時)

00年代、首都圏を中心に活動した着物サークル「うきうききもの」(主宰:古川阿津子さん、2001~10)の同窓会。

台風24号の襲来で開催が危ぶまれたが、強力な「晴れ女」のあつこ女将のパワーで、台風の速度が上がらず、無事に開催。

3時間以上、食べたり飲んだりしながら、楽しいおしゃべり。
42851108_311941602724377_2750872896061571072_n.jpg
話している間に、いろいろなことを思い出す。
その一方で、亡くなった知人も数人。
15年近い歳月というものは、そういうことなのだ。

女将さんが、思った以上にお元気だったのと、私と同じく初期メンバーの小紋さんと10年ぶりの再会できたのが、とてもうれしかった。
42959056_1140952856056170_5496212869223546880_n.jpg
皆さん、お疲れさまでした。
会場をお世話いただいた、ゆうこさん、ありがとうございました。

私は、萩の柄の銘仙を着ていくつもりだったが、台風の大雨に備えて、濡れてもいい、大撫子の綿の着物。
皆さん、ポリの着物が多かった。

着られなかった着物のためにも、台風で来られなかった人のためにも、また来年、開催しましょう。

nice!(0)  コメント(0)