So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お仕事(講義・講演) ブログトップ
前の10件 | -

7月14日(土)ご来場、御礼 [お仕事(講義・講演)]

7月14日(土)  晴れ  東京  35.4度  湿度65%(15時)

中央大学×LLAN連続講座「LGBTをめぐる法と社会-過去、現在、未来をつなぐ」
(第3回)「LGBTと法律  性別の変更について考える」にご来場の皆様、ありがとうございました。

猛暑の中、約100名の参加者があり、お蔭さまで有意義な会になったと思います。

取り急ぎ、御礼まで。



nice!(0)  コメント(0) 

7月7日(土)ぜんぜん違う2つの報告を並行して資料作り [お仕事(講義・講演)]

7月7日(土)  曇り  東京  29.6度  湿度74%(15時)

11時、起床。
朝食は、マンゴー・デニッシュとコーヒー。
180707 (1).JPG

昼食は、ざるラーメン。
180707 (2).JPG
付け合わせは、ズッキーニ、ベーコン、長葱の炒め物
180707 (3).JPG
180707 (4).JPG
夕食は、ざる豆腐。
180707 (5).JPG
銀鱈のみりん干し。
180707 (7).JPG
餃子。
180707 (7).JPG

今日は一日中、デスクワーク。
昨夜からずっと、14日(土)の中央大学連続講座の報告「LGBTと法律 性別の変更について考える」の資料(レジュメとPP)作りと、8月11日(土)のセクシュアリティ研究会の報告「1950年代東京の『連れ込み旅館』について」のレジュメ作りを並行してやっている。

後者は、まだだいぶ日があるのだけど、ぜんぜん違うことを交互にやった方が、気分転換になる。

前者は、ほぼ出来上がったので、連続講座の関係者の方、ご安心を。

就寝、5時。

nice!(0)  コメント(0) 

7月6日(金)明治大学文学部(和泉)「身体と社会」第12講「『買売春』を考える(1)―「性の商品化」論と買売春論の基礎―」 [お仕事(講義・講演)]

7月6日(金)  雨  東京  25.0度  湿度97%(15時)

8時半、起床。
朝食は、アプリコット・デニッシュとコーヒー。
180706-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(6分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

11時10分、雨の中、家を出る。
 東急東横線(渋谷駅乗換)京王井の頭線で明大前駅下車。

12時30分、明治大学和泉キャンパスに到着。
IMG_2720.JPG
レジュメは160部×2枚を印刷。

13時、レジュメのセッティングと機材の確認のために教室へ。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。

渋谷東横店の「かげん寿司」で買った「たっぷり穴子弁当」(700円)。
180706-2.JPG

13時30分、「身体と社会」の講義開始。
まず、前回までの講義の内容(身体と身体イメージ)に絡めて、お茶の水女子大学のトランスウーマン受け入れ方針について話す。

続いて、第12講「『買売春』を考える(1)―「性の商品化」論と買売春論の基礎―」に入る。

1 「性の商品化」とは何か?
(1)定義
(2)なぜ「性の商品化」はいけないとされたのか?
(3)「性の商品化」論への反論
2 「買売春」論の基礎
(1)売春の定義
(2)売春はなぜいけないとされるのか? ー主張と反論ー
(3)「セックスワーク(性的サービス労働)論」の登場

さらに、第13講にも少し入る。
3 前近代日本の「買売春」の歴史
(1)「遊行女婦」「夜発」「傀儡女」(奈良時代~平安時代)
------------------(ここまで)-------------------------------
(2)「色里」の成立(平安時代後期~鎌倉時代)
(3)「廓」の成立と展開(安土桃山時代~江戸時代)
4 近代日本(明治~昭和戦前期)の「買売春」の歴史
(1)「貸座敷」許可と「娼妓」鑑札制度(明治時代)
(2)「廃娼運動」の活発化(大正・昭和戦前期)

15時10分、終了。

講師控え室で、残りレジュメの整理。
コメント票の整理、出欠記入。
16時05分、辞去。
IMG_2723.JPG
↑ 雨はほぼ止んだが、風が強い。

駅近くの「ドトール」で休憩。
180706-3.JPG

19時半、帰宅。
夕食は、鶏もも肉を焼く(バジル風味)
180706-4 (1).JPG
カレーの残り。
180706-4 (2).JPG

お風呂に入って身体を洗う。

夜中、来週土曜日(14日)の中央大学連続講座のレジュメ&PP資料を作り始める。

就寝、5時。


nice!(0)  コメント(0) 

7月3日(火)明治大学文学毘「ジェンダー論」第12講「テレビ・メディアとジェンダー(2)―テレビドラマによる「ミス・リード」―」 [お仕事(講義・講演)]

7月3日(火)  曇り  東京  32.7度  湿度55%(15時)

9時、起床。
朝食はマンゴーデニッシュとコーヒー。
180703-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

11時15分、家を出る。
IMG_2697.JPG
今日も暑い。

東急東横線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
12時25分、明治大学(駿河台)に到着。
IMG_2698.JPG
レジュメは340部×2枚を印刷。
腹ごしらえ。
180703-2.JPG
玄米おにぎりと鶏のから揚げ、グレープフルーツ・スムージー。

講義開始30分前にレジュメを教室へ運び、DVDの準備。
ところが、操作盤が機能しない、リモコンもない。
仕方なく、サポートデスクの人に来てもらう。
操作盤からのリードが断線しているとのこと。
リモコンを持ってきてもらい、なんとか使えるようになる。

13時30分、文学部「ジェンダー論」の講義開始。
まず、コメント票に応える。

続いて、第11講「テレビ・メディアとジェンダー(1)―描かれるもの、消されるもの、操作されるイメージ―」の残りを解説。

1 テレビの中のL/G/B/T -その問題点-
 (1)取り上げ方のアンバランス
 (2)トランスジェンダーの扱いにおけるダブル・スタンダード
2 「おネエ」カテゴリーの問題性
 (1)「おかま」という言葉
 (2)「おネエ」という言葉
3 テレビ・メディアとトランスジェンダーの歴史 
 (1) 1960年代後半~1980年代
----------------(ここから)-----------------
 (2)1980年代末
 (3)1990年代前半
  【参考映像1】 「帰ってきたニューハーフ100人」(日本テレビ1996年3月?日放送)
 (4)1996年代後半~2000年代前半
  【参考映像2】「ニュース・ステーション 性を変えたい人」(テレビ朝日 1999年6月25日放送)
----------------(ここから)----------------- (5)2000年代後半
 (6)2010年代

残り70分で、第12講「テレビ・メディアとジェンダー(2)―テレビドラマによる「ミス・リード」―」に入る。

1 ドラマ「ラスト・フレンズ」を見る
【参考映像】「ラスト・フレンズ」(フジテレビ系列 2008年4~6月)
 (抽出シーン1) 瑠可が眠っている美知留にキスするシーン
 (抽出シーン2) 瑠可が病院のサイトを見るシーン 
 (抽出シーン3) メンタルクリニックのシーン
 (抽出シーン4) 瑠可が父親へカミングアウトするシーン、父親の述懐シーン

2 「ラスト・フレンズ」の問題点
 (1) 女性同性愛(レズビアン)の隠蔽
 (2) 女性同性愛(レズビアンと性同一性障害(FtM)の混乱 
 (3) 性的マイノリティ当事者の意見をほとんど無視
----------------(ここまで)-----------------
3 現実世界への影響
(参照)脚本家・浅野妙子さんへのインタビュー

15時10分、終了。

講師控室に戻り、時間がないので最低限の片付け。
(続く)



nice!(0)  コメント(0) 

6月29日(金)明治大学文学部(和泉)「身体と社会」第11講「トランスジェンダーと身体(3) [お仕事(講義・講演)]

6月29日(金)  晴れ  東京  32.9度  湿度61%(15時)

8時半、起床。
朝食は、グレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
IMG_2623.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
水色・黒・白の不思議な柄のロングチュニック(2分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

11時10分、家を出る。
今日も、熱風が吹く真夏の暑さ。
 
東急東横線(渋谷駅乗換)京王井の頭線で明大前駅下車。
時間があったので途中の「ドトール」で小休憩。
IMG_2624.JPG
12時30分、明治大学和泉キャンパスに到着。
IMG_2625.JPG
レジュメは160部×2枚を印刷。

13時、レジュメのセッティングと機材の確認のために教室へ。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。
IMG_2626.JPG
渋谷東横店の「崎陽軒」で買った「夏弁当」(700円)。
IMG_2628.JPG
味は安定だが、ちょっと量が足りない。
今日は、直前に「ドトール」で少し食べていたので、これでよかったが。

13時30分、「身体と社会」の講義開始。
まず、前々回、前回分の質問に応える。
続いて、第11講「トランスジェンダーと身体(3)―トイレ問題・温泉問題―」に入る

1 トイレ問題 ―「LGBTトイレ」の虚構―
(1) 誰が「トイレの困難」を感じるのか?
(2) 「トイレの使用」で機能しているのは?
(3) 意味のない隔離は差別の助長
(4) では、Tはどうか?
(5) 公共のトイレで最も困難を感じているのは?
(6) 現実的な選択として
(7) トイレの使用の基準は?
(8) トイレ使用を定めた法律はない
(9) 公衆トイレを男女に分ける法律は?
(10)公衆トイレの男女分離の時期
(11)Tの人権という観点から
(12)戸籍の性別通りのトイレ使用を担保するのか?

まとめ ー「TもしくはXにやさしいトイレ」とはー
※ ピクトグラムの問題 -こんな格好の人はいない!―

2 温泉問題 ―貸切風呂でもいいのだけど、やっぱり大きなお風呂に入りたい―
(1) 入浴の男女分離(混浴禁止)の法的根拠
(2) NHK「レインボー風呂ジェクトin 別府」(2018年5月1日)
まとめ ー誰もが温泉を楽しめる、未来を願ってー

15時10分、終了。

講師控え室で、残りレジュメの整理。
コメント票の整理、出欠記入。
16時05分、辞去。
IMG_2637.JPG
↑ 疲れている。

駅近くの「ドトール」でクールダウン。
IMG_2634.JPG


19時、帰宅。
家猫さんは職場の歓送迎会、息子は度に出ているので、夕食は1人。
鰹のお刺身。
IMG_2642.JPG
いろいろ残り物を片付ける。
IMG_2641.JPG
海鞘の酢醤油漬け。
IMG_2643.JPG

お風呂に入って身体を洗う。

夜中、差し替えコラムの原稿を書く。
就寝、3時半。


nice!(0)  コメント(0) 

新宿区から講演の依頼 [お仕事(講義・講演)]

6月28日(木)

新宿区男女共同参画推進センターの担当者から講演依頼のメールが来た。

新宿は「女」としての私を育ててくれた街。
自分の研究フィールドというだけでなく、ひときわ思い入れが深い街。

とてもうれしく、よろこんでお引き受けする。

日程は未定だが、9月か10月か。
内容的には、新宿という街のセクシュアリテ ィの多様性を、歴史地理的にお話するつもり。

仲介してくださった方に感謝です。

nice!(1)  コメント(0) 

6月26日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第11講「テレビ・メディアとジェンダー(1)―描かれるもの、消されるもの、操作されるイメージ―」 [お仕事(講義・講演)]

6月26日(火) 晴れ  東京  30.1度  湿度73%(15時)

9時、起床。
朝食は洋梨のデニッシュとコーヒー。
180626-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒と白のアニマル模様のチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

11時15分、家を出る。
IMG_2600.JPG
今日も暑い。
東急東横線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
12時25分、明治大学(駿河台)に到着。
IMG_2601.JPG
レジュメは340部×3枚を印刷。
講義開始30分前にレジュメを教室へ運び、パワーポイントを準備。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。

玄米おにぎり、少し飽きたので「ドトール」もミラノサンド(B)とアイスコーヒー。
180626-2 (1).JPG
13時30分、講義開始。

まず、前回、口頭で説明した単位レポートについて、プリントを配って再度説明。
その後、先週日曜日の青森レインボーパレードの画像を見せる。
続いて、第10講「衣服とジェンダー&セクシュアリティ(2)―身体と装いの間―」の残りを説明。

1 「衣服」の構成要素 ―どこまでが装い?どこからが身体?―
 (1)服
 (2)装身具
 (3)身体装飾
 (4)身体変工
2 ファッションとジェンダーの構造
 (1)裸体と着衣のジェンダー&セクシュアリティの構造
----------------(ここから)-----------------
 (2)「見えない強制」の構造―「させられている」のか「しているのか」?―

残り60分で第11講「テレビ・メディアとジェンダー(1)―描かれるもの、消されるもの、操作されるイメージ―」に入る。

1 テレビの中のL/G/B/T -その問題点-
 (1)取り上げ方のアンバランス
 (2)トランスジェンダーの扱いにおけるダブル・スタンダード
2 「おネエ」カテゴリーの問題性
 (1)「おかま」という言葉
 (2)「おネエ」という言葉
3 テレビ・メディアとトランスジェンダーの歴史 
 (1) 1960年代後半~1980年代
 (2)1980年代末
 (3)1990年代前半
 (4)1996年代後半~2000年代前半
----------------(ここまで)-----------------
 (5)2000年代後半
 (6)2010年代

15時10分、終了。
まだ少し残っているが、だいぶ積み残しを解消。

講師控え室に戻り、残りレジュメの整理しながら久しぶりに佐々木先生といろいろおしゃべり。

17時、辞去。

新丸子駅構内の「タリーズ・コーヒー」で休憩。
180626-2 (2).JPG
「東急ストア」で買い物。
18時30分、帰宅。

夕食は、麻婆茄子を作る。
180626-3.JPG

食後、1時間ほど仮眠。

コメント票の整理、出欠記入。
お風呂に入って温まる。

就寝、3時半。


nice!(1)  コメント(0) 

6月22日(金)明治大学文学部(和泉)「身体と社会」第10講「トランスジェンダーと身体(2)―そのセクシュアリティ―」 [お仕事(講義・講演)]

6月22日(金) 曇り  東京  28.1度  湿度63%(15時)

8時半、起床。
朝食は、ベーコンとほうれん草のキッシュ半分、ブルーベリーデニッシュとコーヒー。
IMG_2314.JPG
IMG_2315.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒と白のアニマル模様のチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

11時30分、家を出る。
IMG_2316.JPG
いちばん苦手な蒸し暑さ。
東急東横線(渋谷駅乗換)京王井の頭線で明大前駅下車。
12時30分、明治大学和泉キャンパスに到着。
IMG_2319.JPG
レジュメは160部、印刷。

13時、レジュメのセッティングと機材の確認のために教室へ。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。
渋谷東横店の「かげん寿司」で買ってきた「ちらし弁当」(789円)。
IMG_2318.JPG

13時30分、「身体と社会」の講義開始。
まず、前回の講義内容(性別適合手術の実際)に不快感をもった学生さんに謝る。
140人ほどの受講生の内、30人ほどは「知らないことが聞けて良かった」と言ってくれたが、3人ほど「耐えられない」という感想があったもで。

その後、いくつか質問に応える。

第9講「トランスジェンダーと身体(1)―「性別適合手術」と身体の自己決定―」の残りを解説。

(問題提起)「女の体になる」あるいは「男の体になる」ことの意味
1 「性別適合手術」(Sex Reassignment Surgery)の実際
2 人工性器の機能
3 なぜ、高いお金と痛い思いをして、機能が低い性器を作るのか?
--------------(ここから)--------------
4 法律による手術への誘導と自己決定

続いて、第10講「トランスジェンダーと身体(2)―そのセクシュアリティ―」に入る。

1 トランスジェンダーのセクシュアリティの変遷
2 女装コミュニティのセクシュアリティ
(1) 基本認識
(2) 身体と身体イメージ
まとめ

15時08分、終了。

講師控え室で、残りレジュメの整理。
コメント票の整理、出欠記入。
16時05分、辞去。

蒸し暑さで、かなり消耗しているのを感じて、駅近くの「ドトール」で休憩。
IMG_2320.JPG

19時、帰宅。
夕食はお刺身(シマアジ、サーモン)。
180622-4 (1).JPG
冷奴。
180622-4 (3).JPG

明日からの青森出張の準備。
お風呂に入って髪を洗う。

就寝、2時。


nice!(0)  コメント(0) 

6月19日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第10講「衣服とジェンダー&セクシュアリティ(2)―身体と装いの間―」」 [お仕事(講義・講演)]

6月19日(火)  曇り  東京  28.8度  湿度57%(15時)

9時、起床。
朝食はマロンデニッシュとコーヒー。
180619-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

11時15分、家を出る。
IMG_2291.JPG
東急東横線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
12時25分、明治大学(駿河台)に到着。
IMG_2292.JPG
レジュメは340部×2枚を印刷。
講義開始30分前にレジュメを教室へ運び、パワーポイントを準備。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。
180619-2 (1).JPG
玄米お握り+和風鶏唐揚げ。

13時30分、講義開始。

まず、たくさん残っている第9講「衣服とジェンダー&セクシュアリティ(1)―人はなぜ服を着るのか?―」を解説。

1 衣服の機能
(1)性器の隠蔽
(2)身体の保護・保温
(3)着心地・運動性
 (Topic1)貴族女性のドレスと運動性
(4)性別(ジェンダー)指標
 (Topic2)「モテ服」の不思議 
---------------------(ここから)---------------------
 (Topic3)「お立ち台ギャル」は誘っているのか?
(5)身分指標
 (Topic4) 武士は、なぜちゃんと着衣しているのか?
 (Topic5) 欧米における娼婦の記号  
(6)自己表現 
 (Topic6)  ふたたび、性的誘引か、自己表現か
 (3)「双性原理」と多神教・一神教

続いて、第10講「衣服とジェンダー&セクシュアリティ(2)―身体と装いの間―」に入る。
1 「衣服」の構成要素 ―どこまでが装い?どこからが身体?―
 (1)服
 (2)装身具
 (3)身体装飾
 (4)身体変工
2 ファッションとジェンダーの構造
 (1)裸体と着衣のジェンダー&セクシュアリティの構造
----------------(ここまで)-----------------
 (2)「見えない強制」の構造―「させられている」のか「しているのか」?―

だいぶ積み残しを解消。
15時10分、終了。

講義の後、女子学生さんに「先生、『東京人』のコラム、書いてますよね?」と声をかけられた。
「読んでくれたの、ありがとう」と返事したのと同時に、「女子学生が『東京人』なんかを読むの?」と思った。
でも、特集が太宰治だったから、日本文学(近代)専攻の学生だったのかも。

講師控え室に戻り、佐々木先生とちょっとおしゃべり。
残りレジュメの整理。
続いて、コメント票の整理、出欠記入。

16時30分、辞去。

駿河台下の「丸亀製麺」へ。
180619-2 (3).JPG
↑ かけ(並・冷)+鶏天+茄子天=630円

すずらん通りの「ドトール」で休憩。
180619-2 (4).JPG
↑ メロン・フローズン

18時30分、帰宅。

夕食は、冷奴。
180619-3 (3).JPG
牛肉と九条葱。
180619-3 (2).JPG
夏野菜のオリーブオイル焼き。
180619-3 (1).JPG
食後、1時間ほど仮眠。
お風呂に入って温まる。

校閲ゲラのチェック&手直し。

就寝、3時半。

nice!(0)  コメント(0) 

6月15日(金)明治大学文学部(和泉)「身体と社会」第9講トランスジェンダーと身体(1)―「性別適合手術」と身体の自己決定―」 [お仕事(講義・講演)]

6月15日(金)  雨  東京  20.0度  湿度98%(15時)

8時半、起床。
朝食は、オレンジ・デニッシュとコーヒー。

シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
濃紺の地に白の不思議な模様のチュニック(6分袖)、裾にラインストーンが入った黒のレギンズ(6分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

11時30分、家を出る。
今日は肌寒い。
IMG_2251 - コピー.JPG

東急東横線(渋谷駅乗換)京王井の頭線で明大前駅下車。
12時35分、明治大学和泉キャンパスに到着。
IMG_2253.JPG
レジュメは160部、印刷。

13時、レジュメのセッティングと機材の確認のために教室へ。
このキャンパス、屋根のある渡り廊下的な設備がないので、雨だと辛い。

講師控え室に戻って腹ごしらえ。
渋谷東横店の「まい泉」で買ってきた「玉手箱」(685円)。
180615-1.JPG
かつサンドとお寿司という不思議な組み合わせ。
それはいいのだけど、ちょっと量が少ないかな。

13時30分、「身体と社会」の講義開始。
まず、「第8講「L/G/B/Tとは何か(2) ―病理化と脱病理化―」の残りを解説。

はじめにー概念の説明ー
1 非典型な性の病理化
2 「変態性欲」概念の構造
--------------(ここから)--------------
3 脱病理化へ

続いて、第9講「トランスジェンダーと身体(1)―「性別適合手術」と身体の自己決定―」に入る。

(問題提起)「女の体になる」あるいは「男の体になる」ことの意味
1 「性別適合手術」(Sex Reassignment Surgery)の実際
2 人工性器の機能
3 なぜ、高いお金と痛い思いをして、機能が低い性器を作るのか?
--------------(ここまで)--------------
4 法律による手術への誘導と自己決定

だいぶ遅れを取り戻した。

15時10分、終了。

講師控え室で、残りレジュメの整理。
コメント票の整理、出欠記入。
16時10分、辞去。
(続く)





nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - お仕事(講義・講演) ブログトップ