So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お仕事(講義・講演) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

明治大学文学部(和泉)「身体と社会」のレポートを整理。 [お仕事(講義・講演)]

7月21日(土)

明治大学文学部(和泉)「身体と社会」のレポートを整理。

履修登録   171人
成績評価対象 164人
レポート提出 160人
提出率    97.6%

もう、「異常」としか言いようがない提出率の高さ。

「鬱病」申告の学生(2人)も提出。
よかった。

nice!(1)  コメント(0) 

7月20日(金)明治大学文学部(和泉)「身体と社会」「『買売春』を考える(3)―歴史をたどる 昭和戦後期~現代―」 [お仕事(講義・講演)]

7月20日(金)

9時、起床。
朝食は、キッシュとブルーベリーパイ(半分ずつ)、コーヒー。
IMG_2865.JPG
IMG_2866.JPG
シャワーを浴びて、髪を洗い、よくブローして、あんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

11時過ぎ、家を出る。
今日も暑い。
東急東横線(渋谷駅乗換)京王井の頭線で明大前駅下車。
駅近くの「ドトール」で休憩。

12時30分、明治大学和泉キャンパスに到着。
IMG_2872.JPG
レジュメは160部×2枚を印刷。

13時、レジュメのセッティングと機材の確認のために教室へ。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。

渋谷東横店の「かげん寿司」で買った「サーモン弁当」(789円)。
IMG_2873.JPG

13時30分、「身体と社会」の講義開始。
最終講義はレポート提出なので、教室は150人ほどの受講生で超満員。
まず、コメント票に応える。

続いて第14講「『買売春』を考える(3)―歴史をたどる 昭和戦後期~現代―」に入る。

5 戦後日本(昭和戦後期)の「買売春」の歴史
(0)原点としての戦地「慰安婦」
(1)「RAA」と「パンパン・ガール」(1945年~)
(2)「赤線」の時代(1946~1958年)
(3)「売春防止法」の成立(1948~1958年)
(4)「売春防止法」の内容
6 現代の「買売春」をめぐる問題 
(1) 法と実態の狭間で
(2)不可視化されるセックスワーカー
(3)問題解決のために
(4)最近の動き

今期だけの「お留守番」講義だったが、全14回、休講することなく、予定の内容を話終える。

集めたレポートの重い袋を持って廊下に出たら、男子学生が待っていて「受け取ってもらえますか?」とレポートを差し出す。

まあ、数分遅れならいいかと思い、受け取ったら、3日前(17日火曜3限)〆切の文学部(駿河台)「ジェンダー論」のレポートだった。
受け取ってしまったから、衝きかえせないが、10点減点だな。

教員控室に戻り、レポートとコメント票の整理と記帳。
いつもの2倍の作業量なので疲れる。

16時40分、辞去。
IMG_2874.JPG
和泉キャンパス、教員室が混雑気味なこと以外は、通勤も楽だし、まずまず居心地が良かった。
これで「さよなら」なのはちょっと残念。

今日、大学へに行き帰り、救急車を2回見かけた。
やっぱり、熱中症搬送だったのだろうか?
たしかに暑かったけど、湿度が高くなかったので、私は全く平気。
(続く)

nice!(1)  コメント(0) 

7月19日(木)明治大学文学部「ジェンダー論」のレポート整理 [お仕事(講義・講演)]

7月19日(木) 晴れ  東京  34.8度  湿度62%(15時)

8時半、起床。

11時過ぎ、宅急便で明治大学「ジェンダー論」のレポートが届く。

今年はいろいろな事情で「寝かしておく」余裕がないので、すぐに箱を開けて、名簿順に整理・配列。

その後、出欠表に記載。
3人ほど「あなた、誰?」の学生がいる。

14時半過ぎ、整理完了。
3時間もかかった。
肩が凝った。腰が痛い。

履修登録   361人
成績評価対象 347人
レポート提出 325人
提出率    93.7%

疲れてしまい、涼しい部屋で1時間半ほど昼寝。

nice!(0)  コメント(0) 

7月17日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第14講(最終)「『恋愛』と『結婚』のジェンダー(2)―その現在―」 [お仕事(講義・講演)]

7月17日(火)  晴れのち曇り  東京  34.8度  湿度69%(15時)

8時半、起床。
朝食はダークチェリーパイとコーヒー。
180717-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
水色・黒・白の不思議な柄のロングチュニック(2分袖)、黒のレギンス(3分)、黒のサンダル、ワインレッドのバッグ。

11時過ぎ、家を出る。
今日も暑い。

東急東横線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
車中、コメント票を読む。
早く着きすぎたので、靖国通りの「ドトール」で休憩。
180717-2 (2).JPG
12時25分、明治大学(駿河台)に到着。
IMG_2844.JPG
レジュメは340部×2枚を印刷。

13時、レジュメとレポート回収用の箱を教室に運ぶ。
無理せず、2回。
レジュメのセット、パワーポイントのセッティング、レポート回収の指示。

講師控室に戻って腹ごしらえ。
180717-2 (2).JPG
うなぎおにぎりと鶏のから揚げ。

13時30分、文学部「ジェンダー論」の講義開始。
まず、第13講「『恋愛』と『結婚』のジェンダー(1)―その歴史―」の残りを解説。

1 セクシュアリティ観の変遷 ―「色」から「恋愛」へ―
 (1)前近代セクシュアリティ観
 (2)近代のセクシュアリティ観
 (3)「恋愛」概念の誕生
 ※ 「愛」はどこから来た?
2  「結婚」の歴史
 (1)形態的に 
 (2)階層的に
 (3)制度的に
-----------------(ここから)-----------------
3 近代における結婚システム
 (1)見合い婚
 (2)「囲い込み婚」(職場結婚)
 (3)恋愛結婚

続いて、続いて、第14講「『恋愛』と『結婚』のジェンダー(2)―その現在―」に入る。
1 結婚難の時代
 (1)基本的要因
 (2)恋愛と結婚の直結
 (3)「婚活」は有効か? 埋まらない溝
2 「恋愛」と「結婚」の問題点
 (1)ドメスティック・ヴァイオレンス」
 (2)選択的夫婦別姓制度
 (3)同性パートナー問題
 (4)シングルマザー問題
 (5)非婚単身者の激増
おわりに―「恋愛」と「結婚」の未来像―
(余白)捨て猫の寓話

少し駆け足だったが、なんとか予定の話をし終える。

最後に「半期14回の短い間でしたが、熱心に講義を聴いてくれて、ありがとうございました」と挨拶。

15時10分、終了。、
箱に詰まったレポートを回収。

講師控室に戻り後片付け。
レポートを文学部事務室に運び、宅送を依頼。
コメント票を組別に仕分け。

16時10分、辞去。
IMG_2846.JPG
↑ 外はまだ暑い。

佐々木掌子准教授の研究室へ。
コーヒーとクッキーをご馳走になりながら、1時間半ほどいろいろ意見交換。
(続く)


nice!(0)  コメント(0) 

7月14日(土)中央大学(第3回)「LGBTと法律  性別の変更について考える」 [お仕事(講義・講演)]

7月14日(土)  晴れ  東京  35.4度  湿度65%(15時)

9時、起床。

化粧と身支度。
水色の地に大輪の白百合の綿絽(紫織庵)。
薄いクリーム色の吸い上げ暈しの麻の半襟を付けた半襦袢。
帯は赤黒の半幅帯を独鈷結びにして、草色の夏の帯締を掛ける。

12時過ぎ、早めに家を出る。

14時過ぎの炎天下、富坂(後楽園前から本郷台へ上がる坂)を上がっていて、あまりの暑さに意識が遠のきそうになる。

なんとか到着。
IMG_2805.JPG
おっ、ここだ。
IMG_2806.JPG

15時、中央大学×LLAN連続講座「LGBTをめぐる法と社会-過去、現在、未来をつなぐ」
(第3回)「LGBTと法律  性別の変更について考える」開会。
長島佐恵子さん(中央大学:英米文学・ジェンダー論)の開会挨拶。
IMG_2809.JPG

谷口洋幸さん(金沢大学:国際人権法)の解説。
IMG_2810.JPG

私(野良:ジェンダー史)の講演
IMG_2808.JPG

渡邉泰彦さん(京都産業大学:民法・家族法)の講演
IMG_2811.JPG

質疑応答。
ものすごい数の質問要旨がものすごい数(30枚以上)。
限られた時間では、すべてにお返事できず、申し訳ない。

それにしても、国際人権法の権威の谷口洋幸さんの司会で、本物の法学者の渡邉泰彦先生と並んで、法律なんてほとんど素人の私が質問に応えているのだから、考えてみればひどい話だ。
重ねて、ほんと申し訳ない。

私が勉強した法律って律令法(養老律令)。
それと、小林宏先生(滝川政次郎先生の高弟)の「日本法制史」の講義をモグって聴講しただけ。

17時過ぎ、閉会。

猛暑の中、ご来場の皆様、ありがとうございました。
約100名の参加者があり、お蔭さまで有意義な会になりました。

地下の生協食堂で、懇談会。

その後、富坂途中の「イタリアン・酒場」で会食。
180714-3.JPG

180714-3 (1).JPG

180714-3 (2).JPG
22時過ぎ、散会。
23時、帰宅。

暑さで疲労困憊。


nice!(0)  コメント(0) 

7月13日(金)明治大学文学部(和泉)「身体と社会」第13講「『買売春』を考える(2)―歴史をたどる 前近代~昭和戦前期―」 [お仕事(講義・講演)]

7月13日(金)  晴れ  東京  33.8度  湿度61%(15時)

8時半、起床。
朝食は、グレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
180713-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。
IMG_2794.JPG
11時10分、家を出る。
今日は暑い。
紅い百日紅が咲いた。
IMG_2793.JPG

東急東横線(渋谷駅乗換)京王井の頭線で明大前駅下車。
駅近くの「ドトール」で休憩。
180713-2.JPG
12時30分、明治大学和泉キャンパスに到着。
IMG_2796.JPG
レジュメは160部×2枚を印刷。

13時、レジュメのセッティングと機材の確認のために教室へ。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。

渋谷東横店の崎陽軒で買った「しゅうまい弁当」(830円)。
180713-3 (1).JPG

13時30分、「身体と社会」の講義開始。
まず、コメント票に応える。
第13講「『買売春』を考える(2)―歴史をたどる 前近代~昭和戦前期―」に入る。

3 前近代日本の「買売春」の歴史
(1)「遊行女婦」「夜発」「傀儡女」(奈良時代~平安時代)
------------------(ここから)-------------------------------
(2)「色里」の成立(平安時代後期~鎌倉時代)
(3)「廓」の成立と展開(安土桃山時代~江戸時代)
4 近代日本(明治~昭和戦前期)の「買売春」の歴史
(1)「貸座敷」許可と「娼妓」鑑札制度(明治時代)
(2)「廃娼運動」の活発化(大正・昭和戦前期)

15時10分、終了。

講師控え室で、残りレジュメの整理。
コメント票の整理、出欠記入。
16時05分、辞去。

自宅も寄り駅前の「東急ストア」で買い物。

17時半、帰宅。

夕食は、ドライカレーを作る。
180713-4 (1).JPG
完熟トマト。
180713-4 (4).JPG
家猫さんが即売所から買ってきた。
大きなのが3つで200円。
美味!

生野菜。
180713-4 (2).JPG
サーモン丼
180713-4 (3).JPG

お風呂に入って身体と髪を洗う。

就寝、3時。

nice!(0)  コメント(0) 

7月10日(火)明治大学文学部「ジェンダー論」第13講「『恋愛』と『結婚』のジェンダー(1)―その歴史―」 [お仕事(講義・講演)]

7月10日(火)  晴れ  東京  32.8度  湿度63%

8時半、起床。
朝食はダークチェリーパイとコーヒー。
IMG_2758.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
水色の地に大輪の白百合の綿絽(紫織庵)。
薄いクリーム色の吸い上げ暈しの麻の半襟を付けた半襦袢。
帯は赤黒の半幅帯を独鈷結びにして、草色の夏の帯締を掛ける。

11時過ぎ、家を出る。
今日も暑い。

東急東横線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
車中、コメント票を読む。
早く着きすぎたので、靖国通りの「ドトール」で休憩。
12時25分、明治大学(駿河台)に到着。
IMG_2759.JPG
レジュメは340部×2枚を印刷。

30分前に教室へ。
レジュメをセットし、パワーポイントの準備。
講師控室に戻って腹ごしらえ。
IMG_2760.JPG
玄米おにぎりと鶏のから揚げ。

13時30分、文学部「ジェンダー論」の講義開始。
まず、第12講「テレビ・メディアとジェンダー(2)―テレビドラマによる「ミス・リード」―」の補足。

続いて、第13講「『恋愛』と『結婚』のジェンダー(1)―その歴史―」に入る。

1 セクシュアリティ観の変遷―「色」から「恋愛」へ―
 (1)前近代セクシュアリティ観
 (2)近代のセクシュアリティ観
 (3)「恋愛」概念の誕生
 ※ 「愛」はどこから来た?
2  「結婚」の歴史
 (1)形態的に
 (2)階層的に
 (3)制度的に
-----------------(ここまで)-----------------
3 近代における結婚システム
 (1)見合い婚
 (2)「囲い込み婚」(職場結婚)
 (3)恋愛結婚

15時10分、終了。
来週が最終回ということを考えると、もうちょっと進みたかったが、まあ、仕方がない。

講師控室で、佐々木掌子准教授と意見交換。
16時、辞去。
(続く)



nice!(0)  コメント(0) 

7月7日(土)ぜんぜん違う2つの報告を並行して資料作り [お仕事(講義・講演)]

7月7日(土)  曇り  東京  29.6度  湿度74%(15時)

11時、起床。
朝食は、マンゴー・デニッシュとコーヒー。
180707 (1).JPG

昼食は、ざるラーメン。
180707 (2).JPG
付け合わせは、ズッキーニ、ベーコン、長葱の炒め物
180707 (3).JPG
180707 (4).JPG
夕食は、ざる豆腐。
180707 (5).JPG
銀鱈のみりん干し。
180707 (7).JPG
餃子。
180707 (6).JPG

今日は一日中、デスクワーク。
昨夜からずっと、14日(土)の中央大学連続講座の報告「LGBTと法律 性別の変更について考える」の資料(レジュメとPP)作りと、8月11日(土)のセクシュアリティ研究会の報告「1950年代東京の『連れ込み旅館』について」のレジュメ作りを並行してやっている。

後者は、まだだいぶ日があるのだけど、ぜんぜん違うことを交互にやった方が、気分転換になる。

前者は、ほぼ出来上がったので、連続講座の関係者の方、ご安心を。

就寝、5時。

nice!(0)  コメント(0) 

7月6日(金)明治大学文学部(和泉)「身体と社会」第12講「『買売春』を考える(1)―「性の商品化」論と買売春論の基礎―」 [お仕事(講義・講演)]

7月6日(金)  雨  東京  25.0度  湿度97%(15時)

8時半、起床。
朝食は、アプリコット・デニッシュとコーヒー。
180706-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(6分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

11時10分、雨の中、家を出る。
東急東横線(渋谷駅乗換)京王井の頭線で明大前駅下車。

12時30分、明治大学和泉キャンパスに到着。
IMG_2720.JPG
レジュメは160部×2枚を印刷。

13時、レジュメのセッティングと機材の確認のために教室へ。
講師控え室に戻って腹ごしらえ。

渋谷東横店の「かげん寿司」で買った「たっぷり穴子弁当」(700円)。
180706-2.JPG

13時30分、「身体と社会」の講義開始。
まず、前回までの講義の内容(身体と身体イメージ)に絡めて、お茶の水女子大学のトランスウーマン受け入れ方針について話す。

続いて、第12講「『買売春』を考える(1)―「性の商品化」論と買売春論の基礎―」に入る。

1 「性の商品化」とは何か?
(1)定義
(2)なぜ「性の商品化」はいけないとされたのか?
(3)「性の商品化」論への反論
2 「買売春」論の基礎
(1)売春の定義
(2)売春はなぜいけないとされるのか? ー主張と反論ー
(3)「セックスワーク(性的サービス労働)論」の登場

さらに、第13講にも少し入る。
3 前近代日本の「買売春」の歴史
(1)「遊行女婦」「夜発」「傀儡女」(奈良時代~平安時代)
------------------(ここまで)-------------------------------
(2)「色里」の成立(平安時代後期~鎌倉時代)
(3)「廓」の成立と展開(安土桃山時代~江戸時代)
4 近代日本(明治~昭和戦前期)の「買売春」の歴史
(1)「貸座敷」許可と「娼妓」鑑札制度(明治時代)
(2)「廃娼運動」の活発化(大正・昭和戦前期)

15時10分、終了。

講師控え室で、残りレジュメの整理。
コメント票の整理、出欠記入。
16時05分、辞去。
IMG_2723.JPG
↑ 雨はほぼ止んだが、風が強い。

駅近くの「ドトール」で休憩。
180706-3.JPG

19時半、帰宅。
夕食は、鶏もも肉を焼く(バジル風味)
180706-4 (1).JPG
カレーの残り。
180706-4 (2).JPG

お風呂に入って身体を洗う。

夜中、来週土曜日(14日)の中央大学連続講座のレジュメ&PP資料を作り始める。

就寝、5時。


nice!(0)  コメント(0) 

7月3日(火)明治大学文学毘「ジェンダー論」第12講「テレビ・メディアとジェンダー(2)―テレビドラマによる「ミス・リード」―」 [お仕事(講義・講演)]

7月3日(火)  曇り  東京  32.7度  湿度55%(15時)

9時、起床。
朝食はマンゴーデニッシュとコーヒー。
180703-1.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んで、シュシュを巻く。
化粧と身支度。
黒地に茶と白の花柄のロングチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、ワインレッドのトートバッグ。

11時15分、家を出る。
IMG_2697.JPG
今日も暑い。

東急東横線から都営地下鉄三田線に入り、神保町駅で下車。
12時25分、明治大学(駿河台)に到着。
IMG_2698.JPG
レジュメは340部×2枚を印刷。
腹ごしらえ。
180703-2.JPG
玄米おにぎりと鶏のから揚げ、グレープフルーツ・スムージー。

講義開始30分前にレジュメを教室へ運び、DVDの準備。
ところが、操作盤が機能しない、リモコンもない。
仕方なく、サポートデスクの人に来てもらう。
操作盤からのリードが断線しているとのこと。
リモコンを持ってきてもらい、なんとか使えるようになる。

13時30分、文学部「ジェンダー論」の講義開始。
まず、コメント票に応える。

続いて、第11講「テレビ・メディアとジェンダー(1)―描かれるもの、消されるもの、操作されるイメージ―」の残りを解説。

1 テレビの中のL/G/B/T -その問題点-
 (1)取り上げ方のアンバランス
 (2)トランスジェンダーの扱いにおけるダブル・スタンダード
2 「おネエ」カテゴリーの問題性
 (1)「おかま」という言葉
 (2)「おネエ」という言葉
3 テレビ・メディアとトランスジェンダーの歴史 
 (1) 1960年代後半~1980年代
----------------(ここから)-----------------
 (2)1980年代末
 (3)1990年代前半
  【参考映像1】 「帰ってきたニューハーフ100人」(日本テレビ1996年3月?日放送)
 (4)1996年代後半~2000年代前半
  【参考映像2】「ニュース・ステーション 性を変えたい人」(テレビ朝日 1999年6月25日放送)
----------------(ここから)----------------- (5)2000年代後半
 (6)2010年代

残り70分で、第12講「テレビ・メディアとジェンダー(2)―テレビドラマによる「ミス・リード」―」に入る。

1 ドラマ「ラスト・フレンズ」を見る
【参考映像】「ラスト・フレンズ」(フジテレビ系列 2008年4~6月)
 (抽出シーン1) 瑠可が眠っている美知留にキスするシーン
 (抽出シーン2) 瑠可が病院のサイトを見るシーン 
 (抽出シーン3) メンタルクリニックのシーン
 (抽出シーン4) 瑠可が父親へカミングアウトするシーン、父親の述懐シーン

2 「ラスト・フレンズ」の問題点
 (1) 女性同性愛(レズビアン)の隠蔽
 (2) 女性同性愛(レズビアンと性同一性障害(FtM)の混乱 
 (3) 性的マイノリティ当事者の意見をほとんど無視
----------------(ここまで)-----------------
3 現実世界への影響
(参照)脚本家・浅野妙子さんへのインタビュー

15時10分、終了。

講師控室に戻り、時間がないので最低限の片付け。
(続く)



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | 次の10件 お仕事(講義・講演) ブログトップ