So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

紀平梨花選手、GPファイナル初優勝 [スポーツ]

12月9日(日)

しかし、才能+勢いというのはすごいなぁ。

紀平梨花選手(16歳)に才能があるのは、ジュニア時代からわかっていたけど、こんなに早く、シニア最初のシーズンで世界一になるとは思わなかった。
しかも、あのザキトワ選手に勝っての戴冠だから価値がある。

一方、6位(最下位)に終わった宮原知子選手(20歳)が、まさかこんなに早く日本のNo.1の地位から滑り落ちるとは・・・。

ロシアには、(女子で)4回転を跳ぶ14歳の天才少女・トゥルソワがいるし、女子フィギアの新陳代謝、早すぎると思う。
---------------------------------------------
紀平がGPファイナル初優勝! 女王ザギトワ抑え快挙

【12月9日 AFP】18-19フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナルは8日、カナダ・バンクーバーで女子シングル・フリースケーティング(FS)が行われ、紀平梨花(Rika Kihira)がロシアの女王アリーナ・ザギトワ(Alina Zagitova)との16歳同士の対決を制し、大会初優勝を果たした。
img_f55ed86ac25524da6c4df5bec41dff8274692.jpg
ショートプログラム(SP)で首位に立った紀平は、ジェニファー・トーマス(Jennifer Thomas)の「ビューティフル・ストーム(Beautiful Storm)」に乗せたFSで、冒頭のトリプルアクセルにミスがあったがその後は3回転ルッツからのコンビネーションを決めるなどきれいな演技を披露し、150.61点をマーク。合計点を自己最高の233.12点まで伸ばし、平昌冬季五輪の金メダリストであるザギトワに6点以上の差をつけて優勝した。

紀平は「最初にミスをしてしまったが、切り替えて最後までやれた。この舞台でそういう演技ができてとてもうれしい」とコメントした。

昨年のジュニアGPファイナルで、史上初めてトリプルアクセルと3回転トーループのコンビネーションを成功させている紀平は、シニアデビューの今季、NHK杯(NHK Trophy 2018)とフランス杯(Internationaux de France 2018)でGPシリーズ連勝を飾ると、この日はファイナルを制し、快進撃を続けている。

「カルメン組曲(Carmen Suite)」に乗せてフリーを滑ったザギトワは、合計226.53点で2位に入り、同じロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ(Elizaveta Tuktamysheva)が215.32点で表彰台入りを果たした。

日本とロシアの選手が3人ずつ出場している女子シングルは、坂本花織(Kaori Sakamoto)が4位、ソフィア・サモデュロワ(Sofia Samodurova)が5位、そして宮原知子(Satoko Miyahara)が6位という結果だった。(c)AFP

「AFP」2018年12月9日 12:21 発信地:ロサンゼルス/米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3201172?cx_part=top_topstory&cx_position=1



nice!(0)  コメント(0) 

J1リーグ最終戦 [スポーツ]

12月1日(土)

J1リーグ最終戦、なんとなんと、J2との入れ替え戦に回るのは(16位)、ジュビロ磐田に。

勝点40で並んでいたサガン鳥栖、湘南ベルマーレ、名古屋グランパスがいずれも引き分けで、勝点1を積み上げて勝点41に。
勝点41だった横浜Fマリノスは負けて勝点41のまま。

勝点41で優位だったジュビロは、アウェー(等々力)で川崎フロンターレとの対戦。
78分、大久保のゴールで先制。
しかし、83分、追いつかれて1-1。
このまま終了すればセーフだった(得失点差で劣るグランパスが入れ替え戦へ)。
ところが、90+4分になんとオウンゴール。
あと1分、いや数10秒、堪えきれず1-2で敗戦。

この結果、勝点41で5チームが並び、得失点差が最も劣る(-13)ジュビロが貧乏くじ。

それにしても、例年、勝点40はまず安全圏。
それが41でも入れ替え戦なのだから、今年のJ1はほんとうに激戦だった。

試合終了後、フロンターレの連覇を祝う花火が、等々力の森に鳴り響いた。

フロンターレの今季は、34試合、21勝6敗7分、勝点69。
得点57(リーグ1位)、失点27(リーグ1位)、得失点差+30。
伝統の得点力に加えて、失点も2位を7点も引き離す堅守だった。



nice!(0)  コメント(0) 

新十両の友風、優勝争い単独トップ [スポーツ]

11月24日(土)

大相撲九州場所、新十両の友風(西十四枚目:尾車部屋:23歳)が、6日目から9連勝で11勝3敗。
十両の優勝争いの単独トップに立った。

実は、友風関(川崎市出身:神奈川県立向の岡工高→日本体育大学)、家猫さんの教え子なので、私も応援している。

千秋楽の対戦相手は4敗の琴勇輝。
元関脇の強敵だが、勝てば文句ない優勝。
負けても、優勝決定戦(他に照強、豊ノ島も可能性あり)。

【追記】
千秋楽、琴勇輝に勝って、新十両での十両優勝。
おめでとうございます。
12勝3敗、6日目からの10連勝は見事。
初場所は、おそらく十両3枚目くらい、勝ち越せば春場所での新入幕が見える位置になりそう。

nice!(0)  コメント(0) 

32回目の「多摩川クラシコ」 [スポーツ]

11月24日(土)

J1リーグ第33節、3万7000人の大観衆で埋まった東京・味の素スタジアムでの32回目の「多摩川クラシコ」FC東京vs川崎フロンターレ戦。

開始早々から、FC東京の波状攻撃。
さすがは、J1(下から)5位の得点力(32試合で37得点)。
フロンターレは防戦一方。

で、19分、フロンターレがボールを奪い、知念慶のミドルシュートが決まり先制、1-0。

前半、1-0で終了。

FC東京は、DFチャン ヒョンス(韓国代表)、ディエゴ オリヴェイラ(ブラジル)などいい選手がいるなぁ。
それに対して、フロンターレは、エース小林悠、ボランチ大島僚太を怪我(今期絶望)で欠く手負い状態。
なんとFWの交代要員がベンチにいない。
それにしても、前半のボール支配率が、FC東京28%:フロンターれ 72%って何なんだ?

後半開始、FC東京の攻勢。
3分、フロンターレがボールを奪い、中村憲剛からのスルーパスがエウシーニョに通り、こぼれ球を長谷川竜也が押し込む。
フロンターレの鮮やかな高速カウンターで2-0。

結局、フロンターレが危なげなく2-0で完勝。
これで「多摩川クラシコ」はフロンターレ14人勝、FC東京10勝、8つの引き分け。

ちなみに、残留争いは、柏レイゾルが勝利したものの、ライバルチーム(名古屋グランパス、サガン鳥栖、湘南ベルマーレ)も勝ったため、降格が決定。

入れ替え戦に回る(16位)チームは、依然、大混戦。
勝点40の名古屋グランパス、サガン鳥栖、湘南ベルマーレに加えて、勝点41のジュビロ磐田も可能性が残る。
最終節のグランパスvsベルマーレ戦が大一番。


nice!(0)  コメント(0) 

川崎フロンターレ、J1リーグ連覇達成! [スポーツ]

11月10日(土)

川崎フロンターレ、J1リーグ連覇達成!

サッカーJ1第34節、川崎フロンターレは、セレッソ大阪に1-2で敗れたが、2位のサンフレッチェ広島が敗れたため、優勝が決定。
本当は勝って決めたかったけど、2試合を残して優勝を決めたのだから立派なもの。

昨年は最終節での逆転優勝で、優勝シャーレ(皿)の準備がなく、風呂桶を掲げてのお祝いだったけど、今年はそうじゃない。
lakAkAKrXk4E5l7x.jpg
思えば、私が等々力競技場近くの多摩川の川原に引っ越してきて何年かたった頃(たぶん1999年)、まだJ2だったフロンターレのチケットが「隣組」から廻ってきて、「誰も行ないのなら」と試合を観に行ったのが最初の出会いだった。

以来、等々力競技場の歓声が生で聞こえる「隣組」として応援し続けて19年、よくぞここまで強くなったものだ。
伝統の攻撃力に、今年は堅守が加わった。
そして長年の「地域密着」で築き上げたサポーターの応援力。

ほんとうに夢みたいで、とてもうれしい。

nice!(0)  コメント(2) 

川崎フロンターレ、連覇に王手 [スポーツ]

3日(土・祝)

ホーム等々力に、柏レイソルを迎えての川崎フロンターレの第34節。

対戦成績で負け越している難敵に3-0で完勝。
これで勝点63(得失点差+28)。

優勝を争うサンフレッチェ広島は、ジュビロ磐田と2-2で引き分けたかと思ったら、なんと90+8分、ラストプレーでPKを決められ、まさかの敗戦。
これで6試合勝ち星なしの大失速で、勝点56(得失点差+14)。

残り3試合で勝点差7(得失点差の差は14)となった。
フロンターレは勝点をあと2つ積み上げれば(2引き分け)、サンフレッチェが全勝(勝点+9)しても、得失点差で逃げ切れそう。
勝点3(1勝)を積み上げれば優勝決定。
つまり、残り3試合を1勝2敗、もしくは2分1敗でもいい計算。

いよいよ連覇に王手だ!

義父の納骨から帰宅した時間が、ちょうど試合終了直後。
すれ違う大勢のフロンターレ・サポーターの笑顔がうれしかった。



nice!(0)  コメント(2) 

J1、フロンターレの連覇が見えてきた [スポーツ]

10月20日(土)

サッカーJ1第30節、首位に立つ川崎フロンターレは、高額外国人選手を擁するヴィッセル神戸を、ホーム等々力競技場に迎える。

一時は2点のリードを許したが、伝統の攻撃力が爆発し4連続得点で5-3で逆転勝利。

競技場の大歓声が(生で)何度も聞こえてきたのは、これだったのか。

これで30試合、勝点60、49得点(リーグ2位)、24失点(リーグ1位:意外に堅守)、得失点差は断トツの+25(2位と10差)。

優勝を争うサンフレッチェ広島は清水エスパルスに2-0で敗戦。
5試合勝ち星なしで完全に失速。

これで勝点は4差。
残り4試合、広島が4連勝でも、フロンターレは3勝1敗でい(2勝2分でも大丈夫)。
まだまだ油断はできないが、フロンターレの連覇が少し近づいた。

降格は、最下位の長崎(29試合で勝点28)15位の鳥栖と16位の柏(30試合で勝点33)が厳しい。
17位の磐田は勝点33だが2試合未消化なので勝点の積み上げが可能。

nice!(0)  コメント(0) 

新生ジャパン、強豪ウルグアイに4-3で勝利 [スポーツ]

10月16日(火)

コンディションはともかく、少なくともメンバー的にはほぼ本気の、2018W杯ロシア大会ベスト8(FIFAランキング5位)、南米の強豪ウルグアイから、前半で2点とった。
しかも、セットプレーではなく、流れるようなパスワークからの強烈なシュートで。

1点目 前半10分、中島からの縦パスを南野がペナルティーエリア内で受け、巧みなトラップで相手DFを惑わしゴール正面から鮮やかなシュート。
2点目 前半36分には、中島がペナルティーエリア手前からミドルシュート、相手GKがはじいたこぼれ球を大迫が落ち着いて決める。

前半、日本が2-1でリード。

MFにずらりと若手(中島24歳、南野23歳、堂安20歳)を並べた新生ジャパン、攻撃の連動がほんとうに良くなった。
本田が減速役をしていた頃のチームとは見違えるようだ。

後半も2点とった。
堅守のウルグアイから日本が4点もとるなんて、信じられない。

3点目 後半14分、酒井とのワンツーパスで抜け出した堂安が左足できれいに決めて代表初ゴール。
4点目 後半21分、堂安がペナルティーエリア手前から左足で強烈なシュート。相手GKがはじいた球を南野が押し込む。南野は2点目。

結局、4ー3で日本の勝利。
ウルグアイ戦の勝利は、1996年以来22年ぶり。
3点とられたけど、FIFAランク5位、掛け値なしに世界のトップクラスのウルグアイとほぼ互角。
4年後(2022W杯カタール大会)、もっと上(W杯ベスト8以上)に行ける可能性を感じさせた。
これは、今後が楽しみだ。

nice!(0)  コメント(0) 

フロンターレが首位サンフレッチェに貴重な勝利 [スポーツ]

8月19日(日)

サッカーJ1、川崎フロンターレが、アウェーで首位サンフレッチェ広島に2-1で勝利。

これは優勝争う上で大きな勝利。
残り11節で勝点6差。
しかもフロンターレは1試合(湘南ベルマーレ戦)未消化。
それに勝てば勝点は3差。

はるか先を独走していた広島の背中がやっと見えてきた。

nice!(0)  コメント(0) 

大相撲名古屋場所、関脇・御嶽海が優勝 [スポーツ]

7月21日(土)

大相撲名古屋場所14日目、関脇・御嶽海(みたけうみ)の優勝が決定。
おめでとう!

出羽の海部屋としては、横綱三重ノ海以来38年ぶりの優勝。
長野県出身力士としては、優勝制度が確立してから(1906年~)初めて。
江戸時代に遡ると寛政~文化年間の超強豪大関・雷電為右衛門以来208年ぶり。

突き押しを得意としているが、優勝を決めた今日の相撲がそうだったように、強烈なおっつけからの四つ身の形(下半身の備え)も実に良い。
これにさらに磨きをかければ、成績が安定すると思う。

先場所が9勝、今場所が13~14勝なので、来(秋)場所11~12勝なら、大関昇進だと思う。

お母さんがフィリピンの人なので、大関・高安と同じ、フィリピン系のクォーター。

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - スポーツ ブログトップ