So-net無料ブログ作成
お仕事(出演・取材協力) ブログトップ
前の10件 | -

8月31日(土)ドキュメンタリー映像「GID/GD/トランスジェンダーの過去・現在」の取材を受ける [お仕事(出演・取材協力)]

8月31日(土)  曇り  東京  31.7度  湿度66%(15時)  

新宿三丁目「新宿ダイアログ」で、ドキュメンタリー映像「GID/GD/トランスジェンダーの過去・現在」の取材を受ける。

インタビューだけでなく、動画を撮るというので、それなりの格好(青紫の地に白の麻葉模様の綿絽の着物)をする。
でも、蒸し暑くて、体力消耗。

以下、事前の質問要旨に対する応答原稿。
実際には、これ以外のことも、いろいろ話した。
--------------------------------------------------------

① 自己紹介
三橋順子。Trans-womanです。仕事は大学講師、著述・講演業。
専門は、ジェンダー&セクシュアリティの歴史研究。
主なテーマは性別越境(トランスジェンダー現象)と買売春です。

② 活動したきっかけ(活動家ではないと言ってはいますが、三橋さんがしてきたことは大きいと思いますので敢えて活動と記入してます)
自分の基本スタンスは研究者であって、活動家ではありません。ただ、自分が研究者として、書いたり、話したりすることが、結果的に社会に対する働きかけになっているとは思います。
社会的に発言するようになったきっかけは、1990年代のクィア・ブームの時に、まずゲイの伏見憲明さんが発言し始め、レズビアンの掛札悠子が続き、次にトランスジェンダーでしゃべれる奴はいないか?という流れになって、私に出番がきたということです、心理学系の雑誌『imago』1996年2月号に載った伏見さんとの対談「ジェンダーをデザインする」がメジャー・デビューです。

③ GID特例法の前後の歴史 特例法成立前後、何をしていましたか?(推進・反対・傍観など) 「要件」について、何か思うところはありましたか?
戸籍の性別変更の重要性は1990年代から認識していました。それで、過去に性転換手術後に、戸籍法113条によって性別訂正をした事例があることを突き止めました。
私は、そうした過去の訂正事例をベースに、戸籍法113条の条文改訂、もしくは解釈の柔軟化(「錯誤」の意味の拡大解釈)によって、性別訂正の間口を広げることを目指す戸籍法(113条)の改訂路線でした。しかし、結果的に大島俊之先生が主導する「性転換法」の実現を目指す立法路線が主流になっていきました。それ自体は、私の力不足であり、仕方がないと思います。
問題は法案の内容で、病理を前提に、変更の対象を「性同一性障害者」に限定する枠組みは、病理を否定するトランスジェンダリズムとしては容認できません。また要件の最大の問題点は「子なし要件」です。子どもがいる当事者は子どもを殺さない限り対象にならないわけです。ある人の人権が、たとえ子どもであっても、他者によって制約されることはあってはいけない、というのは人権の基本です。そんな非道な要件を認めるわけにはいきません。駄目な法律を作っちゃうと、10年、20年と悪影響があるわけです。まさに今がその状態なわけです。
ですから、GID特例法には明確に反対の立場で論陣を張りました。お蔭で「全GIDの敵」という、ありがたい称号もいただきました。ただ、本気で法案を潰そうとはしませんでした。当時の私のコネクションなら、本気で潰す気だったらメディアに働き掛けて、議論を喚起することはできたと思いますが、それはしませんでした。なぜなら、特例法で性別を変更することを熱望していた友人が何人もいたからです。かわいい後輩に「姐さん、お願いだから、今度だけは反対しないでください」と目の前で泣かれたら、人情として徹底抗戦はできないです。最終段階で、推進派の影のリーダーと秘密会談して、反対はするが妨害はしないということで「手打ち」しました。だからその後の反対集会は、まあ「プロレス」ですね。そうした事情を知らない推進派の人には、今でもずいぶん恨まれているようですが、それはまあ、仕方ないです。

④ 今までの動き(TG/GID/GDの歴史)で気になったこと
やはり、性同一性障害の「流行」でしょうか。あの「大流行」がなかったら、日本のトランスジェンダーはどんな状況になっていただろう?と思うことがあります。もっと自然な形でコミュニティが成熟していったかな、と。その一方で、あの「流行」はある意味、必然だったのかなとも思います。
2003年に「性別を越えて生きることは「病」なのか?」という論考を書いて以来、一貫して、性別を越えて生きることを病理とする性同一性障害概念を批判してきました。時にはほとんど孤立無援の長く苦しい闘いでしたが、最終的に、性同一性障害の消滅、性別移行の脱精神疾患化との決定という勝利の日を迎えられたことは、やはり感慨深かったです。

⑤ 原動力について
少しでも自分が楽になりたいから。自分が暮らしやすい社会になるように。はっきり言って他人のことはあまり考えていません。こういうこと言うと、また批判されるでしょうが。

⑥ 展望・今後の課題
ICD-11の脱精神疾患化の方向を、骨抜きにせずどう具体化していくか。いちばんのポイントは、GID特例法に代わる、国際的な人権概念にそった新たな性別移行法の制定だと思います。

⑦ 社会全体に伝えたいこと
私たちはなにも特別扱い・優遇を求めているわけではないわけで、トランスジェンダーの能力を公平に評価してほしいということ。トランスジェンダーの能力を生かした方が、日本社会にとっても得だということです。

⑧ 若い人に伝えたいこと
それぞれの人が、それぞれの立場で、自分ができることをする。よりよく生きる。その総体が社会を変えていく力になります。私がトランスジェンダーとして生きてきた25年間で、日本の社会はトランスジェンダーにとって、ずいぶん大きく良い方向に変わりました。次の25年はもっと良い方向になるでしょう。それを信じて、頑張ってください。

⑨ 一言メッセージ
倦まず弛まず、一歩ずつでも前へ。たとえ斃れる時がきても前のめりに。

nice!(1)  コメント(0) 

8月24日(土)インタビューを受ける [お仕事(出演・取材協力)]

8月24日(土)  晴れ  東京  31.4度  湿度61%(15時)

11時、起床。
朝食は、ブルーベリーデニッシュとコーヒー。
IMG_9597.JPG

14時過ぎ、家を出る。
IMG_9601 - コピー.JPG

IMG_9598.JPG
なんだか空が少し高くなったような気がする。
蝉の鳴き声も1週間前に比べると小さくなっている。
もう夏が終わるのだなぁ。
今年の夏は短かったな。

昼食は、駅構内の「タリーズカフェ」。
IMG_9599.JPG
↑ チキンと彩り野菜の瀬戸内レモンパスタ ~青唐辛子風味~(990円) 

東急東横線・東京メトロ副都心線で新宿三丁目駅へ。

16時、新宿三丁目の「珈琲貴族 エジンバラ」で、サイエンスライターさん(女性)のインタビューを受ける。

質問されるがままに2時間半ほどしゃべる。

冒頭、年齢を聞かれたので、素直に「64歳です。来年は高齢者入りです」と答えたら、「え~っ!」と声をあげて驚かれた。
私、年齢まったく隠してないから、あちこちに出てるはず。
ちょっと調べればわかることなのに。

18時30分、辞去。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 

5月29日(水)日本共産党本部に出向く [お仕事(出演・取材協力)]

5月29日(水)

14時半、千駄ヶ谷の日本共産党本部に出向いて、「しんぶん赤旗」の取材を受ける。
IMG_7831.JPGIMG_7832.JPG

テーマは「Twitterにおけるトランスジェンダー排除言説」について。
記者さん2人、政策委員の方と2時間半ほどお話しする。

実は執筆依頼だったのだが、(支持政党以外の)政党機関誌には執筆しないポリシーなので、お断りして、取材を受ける形にしていただいた。

政治とは意識して距離を置いてきたので(選挙予想は趣味だけど)、共産党にかぎらず、政党本部を訪ねるのは初めてで、ちょっと土器土器。

そのうち『赤旗』に記事が載るだろう。

反「LGBT活動家」活動家の人たち(元参議院議員とか元編集長とか)が「やっぱり左翼だ!」と喜ぶだろうけど、ちゃんとした取材依頼なら「世界日報」でも断らない。
(というか、実際に取材を受けたことある。ボロクソ書かれたけど)

nice!(0)  コメント(0) 

5月27日(月)『毎日新聞』の取材を受ける [お仕事(出演・取材協力)]

5月27日(月)

10時、起床。
朝食は、アマンドショコラとコーヒー。
190527 (1).JPG

12時過ぎ、化粧と身支度。
水色の地に大輪の白百合の綿絽(紫織庵)。
薄いクリーム色の吸い上げ暈しの麻の半襟を付けた半襦袢。
帯は赤黒の半幅帯を独鈷結びにして、草色の夏の帯締を掛ける。

14時40分、家を出る。
暑い! まるで真夏。

15時30分、新宿三丁目駅に到着。
遅い昼食は「丸亀製麺」。
190527 (2).JPG
かけ(並・冷)+鶏天+アスパラカス天(600円)

16時、(旧)新宿遊廓・大門通り脇の喫茶店「珈琲貴族エジンバラ」で、『毎日新聞』の記者さんと面談。
拙著『新宿「性なる街」の歴史地理』(朝日選書)を紙面で紹介してくださるとのこと。
1時間半ほど、お話し。

その後、新宿二丁目に移動。
「新千鳥街」で撮影。
17時45分、辞去。

ここまで来て素通りはできないので「オカマルト」に寄る。
45分ほど滞在。
18時35分、辞去。

19時20分、自宅最寄り駅へ。
夕食は、家族を呼び出して駅前の回転寿司。
190527 (3).JPG190527 (4).JPG
190527 (5).JPG
↑ 一本穴子(550円)
家猫さんんと半分こ。
高いけどおいしかった。

21時、帰宅。
今日は、右足が少し痛かった。


nice!(0)  コメント(0) 

「ハフィントン・ポスト」のインタビュー取材 [お仕事(出演・取材協力)]

4月20日(土)
(続き)
17時、新宿二丁目「ビッグスビル」地下の「ルノアール」で、オンラインメディア「ハフィントン・ポスト」のインタビュー取材を受ける。

2時間近く、性別移行の脱精神疾患化&「性同一性障害」の消滅と、昨年来のTwitterにおけるトランスジェンダー排除言説の高まりについて、お話しする。

U記者に「生きているアーカイブ」と言われた。
なんじゃそれ。

「写真を」ということで、てっきり、記者さんが手持ちのカメラで、顔写真を数枚撮影するくらいだと思っていたら、ちゃんとした専門のカメラマンが登場。

結局、インタビューの後、30分かけて、2カ所で、けっこう本格的に撮影。
立ちポーズで軸足になる右足が痛くて、けっこう大変だった。
でも、若いのにセンスが良いカメラマンなので、文句を言わず頑張った。

それにしても、撮影時間帯は19~19時半。
真っ暗なのに、ストロボなしでちゃんと写ってた。
昔だったら考えられない。
技術の進歩ってすごい。

19時30分、終了。
IMG_7069.JPG
↑ これは旧式なカメラで撮影。
nice!(0)  コメント(0) 

プチFMすみだリヴァー「すみれの花園」の収録 [お仕事(出演・取材協力)]

3月26日(火)
(続き)
18時過ぎ、久しぶりに秋葉原へ。
駅近くの「ガスト」を探す。
ちょっと迷ったけど、なんとか到着。
お茶しながら、1時間ほど緩い打ち合わせ。
IMG_6263.JPG

岩本町方面に移動。
30年近く前、女装クラブ「エリザベス会館」に通った道だけど、ずいぶん街の様子が変わっている。

20時、神田岩本町のライブハウス&スタジオ「秋田犬」で、プチFMすみだリヴァー「すみれの花園」の収録。
IMG_6264 (2).JPGIMG_6268.JPG
IMG_6265.JPG
IMG_6267.JPG

MCの花園すみれさん、女装コーディネーターの月さん、ボイストレーナーの理江さんとご一緒。
54728668_304898040182753_8706224005520031744_n - コピー.jpg
月さんとメイク(化粧)のこと、理江さんと声のことをお話し。
45分の収録時間がたちまち過ぎる。

内容が内容なので、声の出し方、いつもより気を付けたけど、「焼け石に水」(笑)
https://www.ustream.tv/recorded/120803003
↑ どなたでもご覧いただけます。

次の番組があるので、21時前、スタジオを出る。
54798966_415705388976320_4858100524265766912_n - コピー.jpg

終了後、近所の「世界の山ちゃん」で打ち上げ会。
IMG_6269.JPG
IMG_6270.JPG
IMG_6272.JPG
23時、散会。
帰路は同じ方向の理江さんと一緒。
秋葉原駅からJR京浜東北線で大井町駅へ。
東急大井町線(大岡山駅乗換)同目黒線で武蔵小杉駅へ。

0時40分、帰宅。


nice!(1)  コメント(0) 

「すみれの花園」の収録打ち合わせ [お仕事(出演・取材協力)]

3月14日(木)

19時、JR御茶ノ水駅近くの「ビストロPIN」へ。
IMG_6101.JPG
ぷちFM897 すみだリヴァー「すみれの花園」の収録打ち合わせ。
http://zarya-music.com/fm897/video/arch_tue10_2019.html

女装コーディネーターの月さんと化粧の話、ボイストレーナーの理江さんと声の話をすることに。

190314-3 (1).JPG
↑ 生ハム
190314-3 (2).JPG
↑ 鶏肉のアヒージョ
190314-3 (3).JPG
↑ 牛はらみ肉のステーキ。
53799370_301075550561880_6242141584939286528_n.jpg
↑ 実態は「女子会」。
D1qXXOgUYAAvy6i.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

イギリスの経済誌『The Economist』の取材を受ける [お仕事(出演・取材協力)]

3月12日(火)

イギリスの経済誌『The Economist』の取材を受ける。
以下、質問に答えたことの要約。

(1)日本のトランスジェンダーの歴史について
① 西欧社会と異なり、トランスジェンダー芸能・飲食接客業・セックスワークの長い歴史がある。
② 1990年代は、トランスジェンダー・カルチャーがけっこう活発だった。
③ 2000年代になると、性別移行の病理化(「性同一性障害」概念の流布)が急速に進行し、医療福祉の観点が強まった。
④ 2010年代に入って、ようやくトランスジェンダーの人権という観点が徐々に浸透しつつあるのが現在。

(2)日本社会におけるトランスジェンダーの現状について
① 日常生活レベルでは、取り立てて差別は感じない。
買い物も飲食も、一般の店でできる。
それは、東京・新宿のような大都市圏だけでなく、少なくとも旅人(来訪者)としてなら地方においても同様(住むとなると違うかもしれないが)。
② 一方、行政システムや企業への就労という面では理解が不十分で、差別的な扱いがある。とりわけ就労差別は深刻で、改善が必要。
③ つまり、日本社会のトランスジェンダーへの扱いは、二重構造的である。

(3)性別移行法における手術要件について
① 日本で2003年に厳格な手術要件を備えた性別移行法が成立した翌年の2004年に手術を必須としないイギリスの性別移行法が成立した。
その結果、日本は、手術要件を定めた古いタイプの性別移行法をもつ最後の国(ラストランナー)になった。
② その後、スウェーデン、オランダ、ドイツなど古いタイプの性別移行法をもつ国は続々と手術要件を削除した。
対応しなかったのは、トルコと日本くらいだと思う。
その結果、周回遅れのラストランナーになってしまった。

(4)なぜ日本ではトランスジェンダーに対する「強制不妊手術(involuntary sterilization surgeries)」が続いているのか?
① 日本政府、医学界の人権意識が鈍いこと。
② 手術を受ける多くの人たちが、法律(手術要件)による手術への誘導を「構造的な強制」と認識していないこと。
③ 性別移行の病理化を支持し、人権よりも医療福祉を優先する考えの当事者団体が、今なお、影響力を持っていること。
④ しかし、遠くない将来には、手術要件を削除した、国際的な人権レベルに沿った「新・性別移行法」を制定すべきと考える。

インタビュー終了後、日本支局編集長(女性)に、取材の意図を尋ねてみた。

やはり、日本のトランスジェンダーは人権が抑圧された状態にある、その最たるものが、性別変更にあたって「強制不妊手術(involuntary sterilization surgeries)」が要件化されていることだ、という認識のようだった。

法制上はともかく実態的には、日本のトランスジェンダーは(欧米に比べて)そんなにひどく抑圧された状態ではない、ということを伝えたつもりだが、うまく伝わったか不安。

nice!(0)  コメント(0) 

2月14日(木)『週刊朝日』の取材 [お仕事(出演・取材協力)]

2月14日(木)  曇り  東京  8.5度  湿度31%(15字)  

9時、起床。
朝食は、カスタードクリームデニッシュとコーヒー。
190214-1.JPG
着物の着付け(紫に片矢羽の足利銘仙)。

11時半、 家を出る。
東急東横線学芸大学駅へ。
12時、行きつけの美容院「ヘアー アン ローズ」(目黒区鷹番)で髪をアップにセット。
IMG_5782.JPG
身体が冷えているので、少し汗を出したく、東口商店街の「Coco壱番屋」へ。
190214-2 (2).JPG
190214-2 (1).JPG
豚しゃぶカレー+茄子、卵サラダ(1144円)

14~15時、寒風吹きすさぶ新宿3~2丁目界隈で、特集担当の『週刊朝日』記者2名+カメラマン1名を現地案内&撮影。

思いがけず本格的で、4カ所で撮影。
掲載が3月(春)の発売号なので、コートを脱いでポーズをとる。
根性で頑張ったが、寒さでかなり体力を消耗。

コートを脱いでポーズをとる。
根性で頑張ったが、寒さでかなり体力を消耗。

15時~17時、喫茶店でインタビュー取材。

18時、帰宅。
夕食前に、野菜スープ。
190214-3 (1).JPG

夕食は、豚肉のソテーと菜花炒め。
190214-3 (2).JPG
野菜サラダ。
190214-3 (3).JPG

お風呂に入って温まる。
体力が戻っていないのと、寒さで疲労。

就寝、1時。



nice!(0)  コメント(0) 

公立高校入学願書の性別欄廃止の件で電話取材を受ける [お仕事(出演・取材協力)]

12月10日(月)

夕方、『朝日新聞』大阪社会部から電話取材。

大阪府と福岡県の教育委員会が、来年度の公立高校入試から、生徒自らが記入する入学願書の性別欄を廃止する件。

他にも検討中の都道府県教委(複数、数県ではなく2桁)があるとのこと。

あるいは、性別欄を記入しない(空欄のまま)も可とする教育委員会もあるとのこと。

入学資格や選考基準に男女差を設けないのなら、入学願書に性別欄は必要ない。
公的書類の不必要な性別欄の撤廃を求める動きは、2000年代初頭に始まったが、教育分野ではなかなか進まなかった。やっとここまで来たということ。

文科省が、入学願書に性別欄がなくてもいい、空欄でもいいという通達を出してくれるとありがたい。

今後は、履歴書など就労関係の書類に関しても、性別欄の撤廃を望む。
「男女雇用機会均等法」で、採用にあたって性別による差異を設けることは禁止されているわけで、論理的に言って性別欄は必要ない。

ちなみに、私は就労にあたって、ずっと(20年間)履歴書の性別欄は不記載(空白)を通してきた。
それでもすんなり通ったケース、それでトラブったケース、どちらもある。
-------------------------------
【参照記事】
高校入学願書の性別欄を廃止「選考に必要ない」 福岡

福岡県教育委員会は17日、来年3月の県立高校入試から、入学願書や受検票の性別欄をなくすと発表した。「選考に必要ない情報と判断した」という。

入学願書や受検票には、受験者が氏名や生年月日、出身学校などを記入する。今年3月の入試までは氏名の横に性別の欄があり、「性別の欄は男女の別を記入する」と注意書きがあったが、「書くことに抵抗のある生徒もいる」(中嶋健一・高校教育課長補佐)として廃止した。

県教委によると、様式の変更は4年前に性別欄を「男・女」の丸付け型から記入型に改めて以来となる。性別欄は、少なくとも1969年度入試以降は設けられていたという。

一方、願書と一緒に提出する調査書の性別欄は残した。調査書は記入するのが教員で、元となる指導要録に性別欄があるためだという。(渡辺純子)

『朝日新聞』2018年10月17日17時54分
https://www.asahi.com/articles/ASLBJ4K16LBJTIPE029.html
-------------------------------
大阪府、入学願書の性別欄廃止へ「入試に必要ではない」

大阪府立学校の入学願書にある性別欄が、2019年春の入学試験分からなくなることが、府への取材でわかった。府は、性的少数者への配慮に加え、性別が入試に必要な情報ではないと判断したという。

入学願書には、受験者が氏名や生年月日、出身学校などを書き込む。今年春にあった入試までは性別を記入する欄があったが、来春から廃止する。性別を書くことに抵抗がある生徒に配慮したという。対象は、府立高校の一般選抜や特別選抜、支援学校の入試で使われる願書。

願書とともに提出する調査書の性別欄は残す。調査書は教員が記入するもので、調査書の元となる指導要録に、文部科学省の取り決めで性別欄があるためとしている。

府によると、15年ごろの府の調査では、入学願書から性別欄を廃止した都道府県はなかったという。

府は01年に打ち出した府人権施策推進基本方針に基づき、今年6月、各部局に対し、府民の申請書や届け出書などの性別欄について廃止を検討するよう求める通知を出していた。(渡辺元史)

『朝日新聞』2018年10月18日19時33分
https://www.asahi.com/articles/ASLBL5FJ7LBLPTIL01B.html
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - お仕事(出演・取材協力) ブログトップ