So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
現代の性(性別越境・性別移行) ブログトップ
前の10件 | -

「トランス女性は女性ではない」という立場(主張)のフェミニスト [現代の性(性別越境・性別移行)]

10月4日(木)
--------------------------------------------------
SHIMIZU Akiko(清水晶子)@akishmz

腹立たしいことに「トランス女性は女性か」については30年以上続く(シスもトランスも、女性もそれ以外も含む)フェミニスト相互の意見対立があり、その意味で事実として「そういうフェミニズムもある」。私自身は誕生時に付与された性別の絶対視はフェミの理念に反すると考えるフェミニストですが。

事実として、フェミニズムやジェンダー論を専門とする女性研究者の中にも「トランス女性は女性ではない(あるいは十分に女性ではない)」という立場をとる人はいます(日本だけでなく英語圏でも同じです。偶然ですがつい先日オクスフォードの教員からこの対立に関する話を聞いたばかりです)。

もちろん同時に「トランス女性は当然女性でありそう扱われるべき」という議論を立ててきたのも(トランス女性をも含む)フェミニスト達です。私は強く後者を支持しますし前者は私の考えるフェミニズムではありませんが、歴史や現状の把握としてフェミはあっちだこっちだと簡単に言える話ではない。
https://twitter.com/akishmz/status/1047675323196760064
--------------------------------------------------

学会や研究会で「トランス女性は女性ではない」という立場(主張)のフェミニストやジェンダー論の女性研究者に出会うのは、とても精神的に辛かった。

もう、スタートから議論にならないので。

中には、研究会の場での質疑応答で、私に対して「彼」という代名詞を意図的に使って、「あいつは女じゃない」というアウティングをしてくる研究者もいた。

私は、学術研究の場に参加したトランスジェンダーのほとんど最初の世代(最初は蔦森樹さん、次が私)なので、仲間はまったくいなかったから、自分一人で戦うしか術がなかった。

さらに、私の場合、トランスジェンダーに加えて「水商売」出身ということも、一部のフェミニストの心証を悪くしていたと思う。
大きな学会で、そのこと(出身階層)に基づく批判(というか、嫌味)をされたこともあった。

私の学会・研究会嫌いのかなりの部分は、そうした人に与えられたトラウマに由来していると思う。

逆に「トランス女性は当然女性でありそう扱われるべき」という立場(主張)のフェミニストや研究者にどれだけ助けられ、勇気を与えてもらったか。

最初は作家の松本侑子さん、続いてSF評論の小谷真理さん、フェミニズム・カウンセリングの河野貴代美先生、お茶の水女子大学の舘かおる先生、竹村和子先生、早稲田大学の小林富久子先生、木村晶子さん、大阪府立大学の東優子さん、さらに年下の研究仲間の女性たち(お名前、書ききれない)。

「水商売」云々で批判された時も、かなり大家の先生が、わざわざ私の席にやってきて、「私も留学の費用は銀座のクラブのアルバイトで稼いだのよ」と、さりげなく励ましてくださった。

そうした恩義は、自分の研究や活動で、生涯にわたってお返しするべきものだと思ってる。

https://twitter.com/akishmz/status/1047675323196760064



nice!(1)  コメント(0) 

『週刊金曜日』の客観的事実に反する論説 [現代の性(性別越境・性別移行)]

10月3日(水)

『週刊金曜日』に掲載された「『新潮45』問題から東京五輪後のLGBT運動を想像する」(古怒田望人)という論説。
執筆者が若手のジェンダー・クィアの方なので、あまり言いたくないのだけど、下記の引用部分(「空白の30年」を生んだアカデミズム批判)、そもそも事実関係がおかしい。
--------------------------------
この問題の原因の一端には、アカデミズムが引き起こした大きな負債がある。

今から30年ほど前の1990年に同性愛は国際的に病理とみなされなくなった。国内でも同性愛者の学生団体「アカー」が91年に起こした裁判で同性愛者として勝利を得た。このような流れのなかで、現在トランスジェンダーと呼ばれる活動家や研究者たちの活発な運動や研究がアメリカを中心になされた。けれども、パトリック・カリフィアの『セックス・チェンジズ』(97年)を最後に海外でのセクシュアルマイノリティをめぐる議論や研究に関する単著は現在に至るまでほとんど翻訳されていない。

このような状況は、現在の日本のLGBTをめぐる問題を議論するリテラシー能力を当事者ならびに関係者から奪っている。
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2018/09/27/tokyo2020lgbt/2/

--------------------------------
パトリック・カリフィア 『セックス・チェンジズ -トランスジェンダーの政治学-』 の翻訳(作品社)は2005年、ケイト・ボーンスタイン『隠されたジェンダー』 の翻訳(新水社)は 2007年。

トランスジェンダー本ではないが、セクシュアル・マイノリティを扱った大著、フレデリック・マルテル『現地レポート 世界LGBT事情ー変わりつつある人権と文化の地政学ー 』の翻訳(岩波書店)は2016年に出ている。
全部、私が書評をしているので間違いはない。

さらに言えば、欧米の研究者ではないが、台湾の何春蕤(ジョセフィン・ホー)『「性/別」攪乱―台湾における性政治―』(御茶ノ水書房)が2013年に出ている。
私のコメントも載っているから間違いはない。

たしかに翻訳書の出版は、出版社の経営事情的に、なかなか難しいのは確かで、量的に十分ではないが、「空白の30年」というのは、まったく客観的事実に反する。

若い論者が、上の世代がやってきたことを批判するのは、ある意味当然のことだが、批判は事実に基づいてしてほしい。

セクシャル・マイノリティの理論本の翻訳書なんて、ほぼ確実に売れないわけで、積極的に出版してくれる出版社は、昔も今もめったにない。
そんな状況下で、翻訳と出版に努力された人たちへのリスペクトがもう少しあるべきではないか。「『〇〇』が翻訳出版されていない。アカデミズムの怠慢だ!」と言うのなら、上の世代のせいにするのではなく、自分で翻訳・出版すればいいと思う。
nice!(0)  コメント(0) 

宮崎留美子先生にお会いする [現代の性(性別越境・性別移行)]

9月26日(水)

夜、新宿某所で、平成の「三大女装者」の一人宮崎留美子先生にお目にかかる。

お話するのは、2004年の飛騨高山での遭遇以来だから14年ぶり。
041031-9s.jpg
http://www4.wisnet.ne.jp/~junko/junkoworld1_5_46.htm

すでに還暦を大きく超えていらっしゃるはずだが、20世紀とほとんどお変わりないお姿。
今は、お仕事(都立高校教諭)を定年ですっぱり退職され(再任用せず)、悠々自適の日々とのことで、うらやましい限り。

勇気を奮って、あの不思議な角度で開く超ミニスカートの謎について質問する。
Mini00.jpg
そうしたら、なんとスカートの裾を持ち上げて中身を見せてくださった。
ありがたさに目がつぶれる思いで観察すると、超強力素材の超短いパニエを仕込んでいるのがわかった。
こうして平成女装史の謎が、1つ解明された。

ただ、あの砲弾型というか、ミサイルのような超巨乳の謎(なにが仕込まれているのか?)は、解明できなかった。
それは、次の機会に。

【追記】
先ほど、宮崎留美子先生から、昨夜の画像が送られてきた。
三橋順子さんを交えて01 (2).jpg
↑ 中央は、女装コーディネーターの月(つき)さん

三橋順子さんを交えて02 (2).jpg
↑ 改めて観察すると、ウィッグがMR先生のトレードマークのドイツ軍型ではない。
力道山から奪取したというあの伝説のチャンピオンベルトをしていない。

やはり、宮崎留美子先生であっても、歳月とともに人は変化するのだろう。

変わらないのは、夜の新宿の路面を濡らす雨と、普通に歩いていてもお尻が見えそうな不思議な角度で開いた超ミニスカートだけである(少し無常観)。
nice!(0)  コメント(3) 

北海道根室市長選挙 [現代の性(性別越境・性別移行)]

9月9日(日)

北海道根室市長選挙(2018年9月9日投開票)

石垣 雅俊 無所属新      7328票
 67歳 (男)副市長 

保坂 いづみ 無所属新     3274 票
 49歳(女)弁護士 市会議員

残念でした。
日本初のトランスジェンダー市長は実現しませんでしたが、ナイス・チャレンジだったと思います。
お疲れさまでした。


nice!(0)  コメント(0) 

保坂いづみ根室市議、市長選に立候補表明 [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月27日(月)

北海道根室市の保坂いづみ市議が、根室市長選(9月2日告示、9日投開票)に無所属で立候補することを表明。
前副市長との一騎討ちになりそう。

トランスジェンダーが首長選挙に出馬するのは、初めてだと思う。
(2018年7月の埼玉県東松山市長選挙に立候補(落選)した安冨歩さんを、トランスジェンダーにカウントしていいのなら、2人目)
市議1期目途中で市長選出馬はかなりチャレンジングだが、頑張ってほしい。
---------------------------------------------------
性同一性障害の市議、市長選へ出馬表明、北海道根室市

心と体の性が一致しない性同一性障害を公表している北海道根室市の保坂いづみ市議(49)は27日、任期満了に伴う同市長選(9月2日告示、9日投開票)に、無所属で立候補すると表明した。保坂氏は戸籍上は男性だが、女性として市議や弁護士の活動をしている。

同日、市内で記者会見を開いた保坂氏は「市民の声を直接聞き、少数者に配慮した政治をしたい」と話した。

保坂氏は神戸市出身。神戸大を卒業後、2010年に司法試験に合格。岡山県の法律事務所を経て、16年に根室市内に法律事務所を開設。昨秋の市議選で初当選した。

市長選は前副市長の石垣雅敏氏(67)が出馬を表明している

「共同通信」2018年8月27日 23:06
https://this.kiji.is/406758873900844129



nice!(0)  コメント(0) 

新宿5丁目「白い部屋」の物語 [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月26日(日)

フジテレビ「ザ・ノンフィクション」は、「切なさに生きて・・・2丁目」と題して、新宿のニューハーフのお店「白い部屋」の物語。

新宿5丁目(靖国通りの北側なので住所は新宿5丁目)の「白い部屋」は、創業50年?(ということは1968年の創業?)で、ニューハーフ系のお店では、新宿第一の老舗。

私が行ったのは、もう21年前。

その時、すでにコンチママは、行き場のない高齢スタッフの問題に悩んでいた。

それから20年後、店のベテラン・スタッフが次々に亡くなっていく。
まだ、そんな歳ではないのに(58歳、62歳)。
哀しい・・・。

でも、ママ(70歳)がお元気なのは何より。

nice!(0)  コメント(0) 

どんどんチャレンジしてほしい [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月18日(土)

はるな愛ちゃんのパーティで出会った畑島楓さん。
畑島楓.jpg
(帰宅後、調べたらFacebookでつながっていた)

慶應義塾大学で空間のデザイン戦略を研究している大学院生さんで、2009年に愛ちゃんが優勝した「ミス・インターナショナル・クィーン」にチャレンジするとのこと。

まず12月の国内予選を勝ち抜かなければならないが、抜群のプロポーションで、まさに「才色兼備」。
なにより、この種のコンテストに不可欠な「華」がある。

私は、世界で通用する逸材と見た。
プレゼンテーションに磨きをかけて、ぜひ頑張って欲しい。

若いトランスジェンダーにはどんどんチャレンジしてほしい。
そうすれば、きっと道が開ける。
世の中、もっと住み良くなる。

nice!(1)  コメント(0) 

米バーモント州知事選、トランスジェンダー女性が民主党候補に [現代の性(性別越境・性別移行)]

8月16日(木)

トランスウーマンのクリスティン・ハルクイスト氏(62)がアメリカ・バーモント州知事選の民主党候補に。
クリスティーン・ハルクイスト(バーモント州知事民主党候補).jpg
↑ 画像はCNN

トランスジェンダーが知事選の主要政党候補になるのは初めて。
男性として電力会社の最高経営責任者(CEO)まで務めた人で、2015年に59歳で性別を女性に移行。

相手は共和党の現職知事で強敵だけど、東部のバーモント州なので、民主党候補が勝てる可能性はある。

-------------------------------------------------
米バーモント州知事選、トランスジェンダー女性が民主党候補に

【8月15日 AFP】米バーモント州で14日、同州知事選の民主党候補を決める予備選が行われ、トランスジェンダー(性別越境者)の女性であるクリスティン・ハルクイスト(Christine Hallquist)氏が勝利した。米メディアが報じた。2016年から現職の共和党フィル・スコット(Phil Scott)知事との本選は厳しい戦いが予想されているものの、同国初となるトランスジェンダー知事の誕生に一歩近づいた形だ。

予備選でハルクイスト氏は元海軍兵士で環境活動家のジェームズ・エーラス(James Ehlers)氏、ダンスフェスティバルの総監督であるブレンダ・シーゲル(Brenda Siegel)氏らを下し、民主党の指名候補となった。

性的少数者(LGBTQ)の候補者を支援する「ビクトリー基金(Victory Fund)」はハルクイスト氏の勝利についてツイッター(Twitter)に、「歴史をつくった!@christineforvt(ハルクイスト氏のツイッターアカウント)は米史上初となる主要政党公認のトランスジェンダー、ノンバイナリー(男女どちらの性別にも属さない人)の州知事候補となった」と投稿した。

ハルクイスト氏はバーモント州の電力会社「バーモント・エレクトリック・コープ(Vermont Electric Coop)」で最高経営責任者(CEO)を務めていた時期に性別移行し、その後州知事に立候補した。

ハルクイスト氏の選挙運動用ウェブサイトには2015年にトランスジェンダーの女性であることをカミングアウトし、在職中に性別移行した同国初のビジネスリーダーになったと記されている。

また今回の立候補について、「バーモント州がこれまで通り特別で、寛容かつ進歩的な土地柄であるよう尽力すること、これがクリスティンが次期知事としてバーモント州民に仕える名誉と機会を求めた動機だ」と表記されている。

「AFP」2018年8月15日 16:50 発信地:ワシントンD.C./米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3186118

nice!(0)  コメント(0) 

性別変更選手、東京五輪に出場へ [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月21日(土)
朝日新聞20180721-2.jpg
↑ 『朝日新聞』2018年7月21日夕刊

IOC(国際オリンピック委員会)が2015年に「性別変更のガイドライン」を明確に定めているわけで、各競技団体はそれを順守するしかないと思う。

2020東京オリンピックだけ、あるいは特定の競技だけルールを変えるのは、むしろ不公正。

最大の問題は、日本の競技団体が、ほとんどまったくこの問題に対処していないこと。

現実的には、男性から女性に移行した選手の場合、IOCがオリンピック出場の基準として定める、テストステロン(男性ホルモン)血中濃度10 nmol/L 以下を競技参加1年前~競技中、長期間にわたって維持、という条件はかなり厳しい。
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2016-01-25-2
筋肉量的には、男性であったことの有利さはほとんど失われると思う。
ただ、一度、形作くられた骨格は変化しないので、骨量的には有利さが残るかも。

---------------------------------------------------
性別変更選手、東京五輪で出場可能に? 不公平批判も

IOCが認定基準緩和

2020年の東京で、性別変更をした選手が初めて五輪に出場する可能性が広がっている。国際オリンピック委員会(IOC)が性的指向による差別を禁じ、競技者の性別認定基準を緩和した。しかし、日本国内の対応は進んでおらず、情報も不足している。

米コロラド州コロラドスプリングスに住むジリアン・ベアデンさん(38)は東京五輪の自転車女子ロードで米国代表を目指す。「またレースに出られるとは思ってもいなかった。五輪出場は子どもの頃からの夢。あきらめない」

12年まで男子で活躍した。プロ契約の話もあった。だが、性自認は女性。「うそをついて生きる自分」がいた。競技への意欲が消え、自殺も考えた。だが、妻と2人の幼い子どもがいる。14年、女性になることを決めた。妻は決断を受け入れてくれた。

ホルモン治療を始め、健康のために自転車の練習を再開した。IOCが性別変更した選手の五輪出場条件を緩和したというニュースを見た時は、ジムで練習中だった。手術から2年という条件がなくなった。「トレッドミルから転げ落ちそうになるくらい驚いた」

ベアデンさんはすぐに米自転車協会に電話で相談した。16年、レースに復帰。17年、性別変更した女性として初めてプロのレースに出場。2勝を挙げた。来年のパンアメリカン大会に出て、東京五輪への足がかりにする計画だ。

米自転車協会は、ベアデンさんの例をもとに17年、IOCより寛容な独自のルールを定めた。同協会のレース出場資格6クラスのうち、下位3クラスの性別は、自己申告制だ。性別を変えた選手は2桁を超えた。チャック・ホッジ技術委員長は「自転車競技を広めることが我々の方針」と話した。

専門家「情報発信が必要」
IOCの方針に従って性別認定基準を緩める動きは競技団体に広がっている。陸上とテニスの国際団体は性別変更の規約を設けた。米国では自転車、バレーボール、トライアスロンなどが、英国ではサッカーやラグビー(15人制)が、ルールを明文化している。

その一方、女性へ性別を変えた選手は、生まれながらの女性と比べて体力的に優位で、互いが一緒に競技するのは不公平だという批判は根強い。

その渦中にいるのが、ニュージーランドの重量挙げ女子選手、ローレル・フバードさん(40)。男子で活躍した後、30代で性別を変更。昨年の世界選手権女子90キロ超級で銀メダルを獲得し、出場がかなえば東京五輪でもメダル候補になる。だが、今年4月の英連邦大会では開催国の豪州が出場資格取り消しを求め、ニュージーランド国内でも批判がある。

バレーボールでもブラジルの女子プロリーグで、欧州の男子プロの経験があるブラジル人選手が性別変更して活躍しているが、そこでも賛否両論がある。

日本では、13年の学術調査で性別変更を希望した事例が複数確認された。しかし、性別変更に関する規約などを持つ競技団体はない。日本スポーツ協会は、内規で競技の性別は戸籍の性としており、事実上、IOCが撤廃した性別適合手術を性別変更の条件に残す。

専門家は、まずは競技現場や社会で情報を共有することが重要だと指摘する。日本スポーツ協会に登録する指導者1万人以上が回答した最近の調査で、スポーツの場面は職場などと比べて性的少数者に出会う可能性が高く、現場の指導者が情報を求めていることがわかった。中京大の來田(らいた)享子(きょうこ)教授(スポーツ史)は、「実際に性的少数者の選手とスポーツをする機会を増やすなど、東京五輪までに情報発信を増やしていく必要がある」と話す。(忠鉢信一)
     ◇
〈IOCの性別変更ガイドライン〉 IOCは2015年、それまで求められていた性別適合手術を受けなくても、五輪に出場できるよう変更した。女性として生まれた選手が男子で競技に出るのは無条件。男性として生まれた選手が女子で競技に出るには、自認を宣言して4年間変更せず、血中の男性ホルモン(テストステロン)の値が12カ月間一定レベルを下回っていることを証明することが必要。

『朝日新聞』2018年7月21日15時00分
https://digital.asahi.com/articles/ASL6102JFL50UTQP03V.html?rm=914
nice!(1)  コメント(0) 

集団の均質性を維持するために、異質な者を排除する発想 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月18日(水)

今から半世紀以上前、男性のほぼ専有空間だった大学に女性が進出するようになったとき、一部の男性たちは(ほとんど難癖に近い)いろいろな理屈を駆使して、それを阻もうとした。

今回のトランスジェンダーの女子大受け入れ問題で、一部の(自称)フェミニストたちが唱えている反対言説は、それと瓜二つだ。

共通するのは集団の均質性を維持するために、異質な者を排除するという発想。

私が、主張する多様性の承認と尊重とはまったく相容れない。

歴史は繰り返すと言うが、あまりにも情けない。

学内には、男性の教職員、単位互換制度で通学してくる他校の男子学生もいる。
そういう状態に(おそらく)せいぜい数名のトランスウーマンの学生が加わったところで、女子学生の身の危険度が急上昇するとは、どう考えても思えない。

やはり、難癖としか言いようがない。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 現代の性(性別越境・性別移行) ブログトップ