So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
現代の性(性別越境・性別移行) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

お茶の水女子大学の記者会見の要旨(又聞き) [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月10日(火)

明治大学(駿河台)「ジェンダー論」の講義の後、取材に来た某新聞記者に逆取材した、お茶の水女子大学の記者会見の要旨。

① 女子大学という形態は堅持する。学内から共学化の意見は出ていない。
② 「女子」限定の入学条件(学則)も変えない。ただ「女子」の解釈を従来の戸籍性のみから「性自認」にも拡大する。
③ 具体的に、トランスジェンダーの受験希望者には「受け入れ委員会」(のようなもの)を設置して対応する。
④ トランスジェンダーの受験希望者には、一般の受験希望者とは別枠で、事前に受験申請書を提出してもらう。
⑤ 受験申請書には、性自認(が女性であること)の証明書類(必ずしも診断書とは限らない)を添えてもらう。
⑥ ただし、証明書類がなくても、受験申請は受け付ける(が受験を認めない場合もある)。
⑦ 「受け入れ委員会」は入学後の学生生活についても相談に応じる。

又聞きなので、誤りがあるかもしれないが、だいたいこんな感じ。
受験希望者が願書を出す前に、ある程度(どの程度かはわからない)フィルターにかけるという仕組みは、「なるほど」と思った。

以下は、私の推測というか感触。

建前としては「性自認が女性であること」が受験申請の条件になっているが、現実にはトランスジェンダーであることの実質性(女性として生活していること)が求められるように思う。

完璧でなくてもある程度は女性として社会適応していないと、女子大学における学生生活はかなり辛いものになり、本人のためにならないと思うから。

つまり、それまで男性として生活していて「これから女子大生をします」というような人は、おそらく受験NGになるのではないか、という推測。

あと、難しいのが、すでに4年制大学を卒業しているトランスジェンダーが、女子大生になりたい、女子大の卒業証書を得たい、それによって「女子」してとと認められたいという「承認欲求」から、受験申請するケース。

こうしたケース、必ず出てくると思う。
それが悪いこととは思わない。
明確な判定基準は設定しにくいが、受験(志望)動機が今回の特例措置の趣旨に適合しないように、私は思う。

より多くのトランスウーマンに女子大学での就学の機会を開くという理念(理想)と、実際の女子大の教育・研究・キャンパスライフを混乱なく円滑に行うという現実の間で、難しい選択(判断)を迫られることになると思う。

nice!(0)  コメント(0) 

東松山市長選挙 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月9日(日)

お疲れさまでした。
----------------------------
埼玉県東松山市長選挙(開票終了)

森田光一(無・現)19,094票(得票率72.7%)
安冨 歩(無・新) 7,154票(得票率27.3%)

nice!(1)  コメント(0) 

腰が引かないことを願う [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月6日(金)

お茶の水女子大学の記者会見、当初、報道各社に9日(月)と案内していたのが保留になり、結局、10日(火)に変更。
お蔭で、取材(される)スケジュールが組直しに。
記者会見の前なのに、反響の大きさにとまどったのだろうか?
腰が引かないことを願う。

nice!(0)  コメント(0) 

YAHOO!ニュース「男か女か“決めたくない”“わからない” 「Xジェンダー」という性」。 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月5日(木)

YAHOO!ニュース「男か女か“決めたくない”“わからない” 「Xジェンダー」という性」。
X.jpg
https://news.yahoo.co.jp/feature/1004

この記事を書いた桑原利佳さんには、4月末に会ってお話した。

その後も、メールで2~3度、質疑応答や私のコメント部分の確認・手直しをした。

やっと、記事公開になって何より。





nice!(0)  コメント(0) 

中央大学連続講座「LGBTをめぐる法と社会」第3回「LGBTと法律」のご案内 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月5日(木)

中央大学の連続講座「LGBTをめぐる法と社会」の第3回「LGBTと法律」でお話します。

来週の土曜日です。
大勢の皆様のご来場をお待ちしています。

------------------------------------------
中央大学×LLAN連続講座「LGBTをめぐる法と社会-過去、現在、未来をつなぐ」(第3回) 「LGBTと法律  性別の変更について考える」

【日時】2018年7月14日(土)15~17時
【会場】中央大学後楽園校舎5号館5233号室
  (東京メトロ丸の内線・南北線から徒歩約5分、都営地下鉄三田線・大江戸線春日駅から徒歩約6分)

【登壇者】
渡邉泰彦氏(京都産業大学:民法・家族法)
三橋順子(明治大学:性社会・文化史)

【内容】戸籍上の性別記載の変更を認める「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」の制定に至るまでの経緯を振り返りながら、法改正の方向性を探っていきます。
【備考】無料、事前申し込み不要

私は、「特例法」以前の戸籍の性別変更の事例紹介と「新・性別移行法」制定に向けたポイントについてお話します。


nice!(2)  コメント(0) 

奈良女子大もトランスジェンダーの学生受け入れ検討 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月4日(水)

国立の女子大学は、お茶の水女子大と奈良女子大の2つだけ。

お茶大がトランスウーマンOKで、奈良女がNGというわけにはいかないだろう。

奈良女子大には、三成美保先生(副学長、ジェンダー法学)がいるので、ちゃんと対応すると思う。

------------------------------------
奈良女子大もトランスジェンダーの学生受け入れ検討

奈良市にある奈良女子大学が、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの学生を受け入れる方向で検討を進めていることがわかりました。

奈良女子大学は、明治時代に設立された奈良女子高等師範学校を前身とする国立の女子大学で、現在は学部生と大学院生、合わせておよそ2600人が学んでいます。

これまで、入学の条件を戸籍上の女性に限っていましたが、戸籍上の性別が男性であっても、本人が自覚する性別が女性であるトランスジェンダーの学生を受け入れる方向で検討を進めていることがわかりました。大学は、先月学内に立ち上げたワーキンググループで、受け入れを開始する時期や具体的な対応策などを決めていきたいとしています。

心と体の性が一致しないトランスジェンダーの学生をめぐっては、東京・文京区にあるお茶の水女子大学が2020年度から受け入れることを決めています。奈良女子大学の小川英巳副学長は、「入ってくる人が納得できるような環境を整えられるよう、受け入れる側の準備や合意形成を丁寧に行い、受け入れに向けて前向きに検討していきたい」と話しています。

「NHKオンライン」2018年7月3日 18時40分教育
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180703/k10011507081000.html

nice!(0)  コメント(0) 

大学におけるトランスジェンダー [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月4日(水)

世の中の人が思っている以上に、現在の大学にはトランスジェンダーは珍しくない。
私の今年度前期の受講生は、2講座合わせて約500人だが、少なくとも2人いる(250人に1人)。
私の講座は、濃縮されている傾向はあるが、一般化しても2000人に1人くらいはいると思う。

大学側の対応はさまざまだが、望みの性別での通称名の使用を認めるなど、それでもこの数年で大きく改善されている。
男女共学の大学では、トランスジェンダー学生の存在は、もうそれほど大きな問題ではなくなりつつある。

今回のお茶の水女子大学の対応が大きな社会的関心になったのは、女子大学(しかも国立の)という旧態依然たる性別分離の枠組みが前提としてあるから。

ただ、女子高等師範以来の長い伝統を誇る国立の女子大学(お茶も水女子大学・奈良女子大学)の解体にはそれなりに時間がかかる。

一方、入学希望者への対処は急がなければならない。
両者は関連する問題だが、同時に解決するのは難しいということ。

nice!(0)  コメント(0) 

お茶の水女子大学の件で共同通信の取材を受ける [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月3日(火)
(続き)
15時30分、リバティー・タワーのエスカレーター下で、共同通信のO記者と待ち合わせ。
すずらん通りの「サンマルクカフェ」で共同通信の記者にレクチャー。
2時間くらいのつもりが、熱心な記者で、結局、19時過ぎまで、3時間以上。
もう、疲労困憊。

で、わかったこと。
マスコミ各社に、お茶の水女子大学から9日(月)に、戸籍上は男性だが性自認が女性のトランスジェンダーで入学を希望する人を受け入れることについて記者会見をする旨の連絡があった。
事の重大性(話題性)を考えて、記者会見以前ではあるが、記事にした。
共同通信、朝日新聞、読売新聞など各メディアの記事内容がほぼ同じなのは、同じ連絡文書に基づいているため。

ところが、反響の大きさに驚いた?お茶の水大学から、9日の記者会見はいったん保留する旨の連絡があり、今のところ記者会見の日時は不明。

以下は、私の憶測。
朝日新聞の記事によると、お茶の水女子大は、自発的に検討したのではなく、当事者からの問い合わせを受けて、2016年度から検討を始めたらしい。
つまり、「入学を希望する人」は、漠然ではなく、特定の人がいる。

興味深いのは、大学が今の時点で「受け入れ」を表明し、2019年度でも間に合うにもかかわらず、実際の導入を2020年度からとしていること。
つまり、「入学を希望する人」は、現在、高校2年生で、2019年度に3年生、2020年1~2月に受験、合格すれば2020年4月に入学というスケジュールなのではないか。

さらに憶測すれば、この「入学を希望する人」は、すでに高校、中学校で女子生徒扱い、それ以前の小学校でも女児扱いだったのではないか。
たとえば、2008年度に女児扱いで小学校に入学、2013年度に中学校入学、2016年度に高校に進学し、将来、お茶の水女子大に入学したいと考え、大学に問い合わせたのではないか。
突発的に女子大生になろうというのではなく、すでに女子生徒としてそれなりに社会適応している人なのではないか。

00年代に、女児扱いで小学校に入学した戸籍上男児が、10年が経って成長して、大学入学年齢になってきたということ。
共学の大学に進学すれば、それほど大問題にはならないが、女子大学への進学を希望したので、システム的な対応が必要になったということか。

現行法では、戸籍の性別変更ができるのは20歳以上。
19歳で大学受験・入学する場合、間に合わない。
この「入学を希望する人」の場合、入学時は戸籍上男性でも、在学中に20歳に達し、その時点で戸籍を女性に変更し、女性として女子大を卒業する可能性が考えらえる。
そうした入学後のスケジュールが想定されるので、女子大側も「受け入れ」を認めたのではないか。

以上、全部憶測(可能性の指摘)。
外れたら、ごめんなさい。


nice!(1)  コメント(0) 

「性自認が女性」を証明する困難 [現代の性(性別越境・性別移行)]

7月3日(火)

「性自認が女性」を証明するって、専門医が診断してもかなり困難(と専門医自身が言っている)なこと、お茶大は解っているのかな。

だから、この5月に採択されたWHOのICD-11の「性別不合」の診断基準も、gender identity(性自認)ではないのだよね。

「性別不合」の診断基準は、assigned sex(出生時に指定された性別)と、experienced gender (その人が体験しているジェンダー)。

ということで、お茶大の入学基準も、「現在、女性として経験している(=生活している)人」でいいと思う。
-------------------------------------
お茶の水女子大「心は女性」の学生受け入れへ 国立で初

お茶の水女子大(東京都文京区)は2020年度から、戸籍上は男性だが、心の性別が女性のトランスジェンダーの学生について、全学部で受け入れることを決めた。室伏きみ子学長らが近く記者会見して、詳細を説明する。

米国では14年以降、少なくとも5女子大がトランスジェンダーの学生に入学資格を与えている。日本の女子大はこれまで、戸籍上の女子を前提にしてきた。同大によると、日本国内では「国立女子大2校の中では初めてだが、私立女子大は不明」という。

朝日新聞が昨年6月に実施した全国76女子大の学長へのアンケート(64大学が回答)で、同大は「出生時の性別が男性で、心の性別が女性」のトランスジェンダーの学生の受け入れを「検討している」と回答。当事者らから「受験資格はあるか」との問い合わせがあったことなどを受け、16年度から検討を始めたという。

アンケートでは、他に日本女子大(同)、津田塾大(同小平市)、東京女子大(同杉並区)など4大学が「検討している」と答えていた。(増谷文生)

『朝日新聞』2018年7月2日21時50分
https://www.asahi.com/articles/ASL724RH7L72UTIL01M.html
-------------------------------------
「心は女性」の男性受け入れへ…お茶の水女子大

お茶の水女子大は2日、戸籍上は男性でも性自認は女性のトランスジェンダーの学生を2020年度から受け入れることを明らかにした。文部科学省では、「戸籍上男性のトランスジェンダーを受け入れる女子大は、他に聞いたことがない」という。

トランスジェンダーは、心と体の性が一致しない人で、診断名は性同一性障害。お茶の水女子大は女性のみの入学を認めているが、男性のトランスジェンダーを受け入れれば初めてという。

実現する際には、出願時の判断基準のほか、入学後の他学生との関係や施設面での配慮などが必要とみられる。同大は近く記者会見を開き、受け入れの背景や制度などについて説明する。

読売新聞の取材では現在、学習院女子大、津田塾大、東京女子大、日本女子大、奈良女子大なども受け入れを検討している。東京女子大は昨年度から学内のグループで検討を開始。出願時の受け入れの判断基準や施設面での対応を研究している。

『読売新聞』2018年07月03日 01時36分
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180702-OYT1T50108.html
-------------------------------------
トランスジェンダー  お茶女大、学生受け入れ 20年度から

お茶の水女子大(東京都文京区、室伏きみ子学長)は2日、戸籍上は男性でも自身の性別が女性だと認識しているトランスジェンダーの学生を2020年4月から受け入れると発表した。文部科学省は「国内の女子大では初めてのケースではないか」としている。同大は近く記者会見を開き、受け入れを決めた理由や入試の際にどのように確かめるかなど、詳細を説明する。

トランスジェンダーは身体上の性と自分自身が認識する性が異なる人を指し、日本女子大や津田塾大など複数の女子大でもこうした学生の受け入れの検討を始めている。

女子大関係者によると、近年、米国の女子大がトランスジェンダーの学生の入学を認めたことや、国内自治体による性的少数者(LGBTなど)のカップル認定など、多様性尊重の流れが強まっていることから、戸籍上の女性のみを前提としてきた対応を見直そうとする動きが広がっているという。

お茶の水女子大は「性自認に基づき、女子大で学ぶことを希望するトランスジェンダー学生を受け入れる」としている。

お茶の水女子大の発表を受け、同大に通う学生(20)は「当事者が女子大で学びたいなら、拒否する理由はない」と前向きに受け入れる考えを示した。大学院生(25)は「トイレや更衣室をどうするかといった点で気にする学生もいると思うが、個人的には抵抗感はない。いろんな人がキャンパスにいた方が面白い」と話した。

『毎日新聞』2018年7月3日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20180703/ddm/041/040/050000c
nice!(0)  コメント(1) 
前の10件 | 次の10件 現代の性(性別越境・性別移行) ブログトップ