So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
お仕事(調査) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

6月27日(月)今日も国会図書館へ [お仕事(調査)]

6月27日(月)  晴れ  東京  28.9度  湿度51%(15時)

9時半、起床。
朝食は、苺味のデニッシュとコーヒー。
IMG_8542.JPG
シャワーを浴びて髪と身体を洗う。
髪はブローして、あんこを入れて頭頂部で結わえてシュシュを巻く。
化粧と身支度。
白地に黒のアニマル柄のチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、焦茶のトートバッグ。
11時半、家を出る。
IMG_8546(2).jpg
東急東横線で学芸大学駅に移動。
西口のSM銀行へ。
なぜか貯金通帳が1つ見つからず、急ぎ必要なので再発行してもらう。
相談窓口で機能しているのは2つだけ。
そこに、高齢男性と高齢女性。
窓口係の女性行員とおじいさんの声が、待合席まで聞こえてくる。
お金のことだから、行員はあまり大きな声ではしゃべらないはずだが、どうもおじいさんの耳が遠いらしい。
で、明らかに話が循環している。
おじいさん、何度も同じような質問をして、行員が同じような説明を繰り返す。
大変だなぁ、と思う。
もう1つの窓口のおばあさんはやたらと話が長い。
30分近く待たされて、ようやく3つめの窓口が開いた。
ところが、担当は「実習中」の若い男性行員(たぶん4月入行の新人)。
手続きに不慣れな上に、本人確認用の私のパスポートをチェックして、動揺の気配。
説明もしどろもどろ。
結局、手続きに1時間もかかってしまった。
だから、銀行って嫌いなんだ。


今日も国会図書館へ。
IMG_8547.JPG
↑ まるで夏空。

14時から17時半過ぎまで、3時間半ほど調べ物。
1950年代に男性同性愛サークル「龍陽クラブ」を主宰し、その機関誌「man」を発行していた鹿火屋(かびや)一彦についての記事を見つけた。

鹿火屋一彦は、1950年代後半から1960年代にかけて、性風俗雑誌に多数の男性同性愛関係の記事を執筆した「ゲイ・ライター」の元祖のような人。

従来は、彼自身が同性愛者であるように論じられていた(根拠はない)が、いろいろ資料を検討していくうちに、鹿火屋自身は同性愛者ではない(という意識はない)ことが、ほほ確定的になった。

詳しくは、後日、論考(評伝)にまとめる予定。
17時45分、退館。
IMG_8548.JPG
↑ 本館前のモニュメントが鏡面になっていて、不思議な背景に。

19時15分、帰宅。
夕食は、牛肉と玉ねぎの炒め物。
IMG_8550.JPG
鯵のお刺身。
IMG_8551.JPG

食後、父親逝去の事後処理のための書類請求作業。
苦手な書類仕事で疲れた。

お風呂に入って温まる。
今日は早寝する。
就寝、0時半。

6月24日(金)国会図書館へ [お仕事(調査)]

6月24日(金)  曇りときどき雨  東京  25.3度  湿度74%(15時)

9時半、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のアマンドショコラとコーヒー。
IMG_8514.JPG
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて頭頂部で結んでシュシュを巻く。
化粧と身支度。
白地に黒のアニマル柄のチュニック(3分袖)、黒のレギンス(5分)、黒のサンダル、焦茶のトートバッグ。

12時20分、家を出る。
IMG_8516(2).jpg
東急目黒線から東京メトロ南北線に入り、永田町の国会図書館へ。
中断していた調べ物を再開。
館内、すいていて、能率よく作業。
4時間の滞在で、待ち時間は10分ほど。
ということは、休憩時間もないということで、ちょっと疲れた。
17時30分、退館。

18時半、自宅最寄り駅前の「ドトール」で家猫さんと待ち合わせ。
お昼抜きだったので、ミラノサンドとコーヒーでやっと一息。

19時20分、帰宅。

夕食は、ラム肉ともやしのジンギスカン風。
IMG_8519.JPG
夏野菜のオリーブオイル焼き。
IMG_8518.JPG

お風呂に入って、髪と身体を洗う。

夜中、収集資料の整理。
「東京『連れ込み旅館』広告データベース(1953~1957年)」に、21軒を追加。
総計340軒に。

就寝、4時。


5月30日(月)痛む足で国会図書館へ [お仕事(調査)]

5月30日(月)  雨  東京  21.3度  湿度86%(15時)

10時、起床。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のグレープフルーツデニッシュとコーヒー。
IMG_8020.JPG
昨日から、右足が痛む。
膝関節ではなく、その上下の内側が変に凝っていて痛い。
たぶん座骨神経痛からきているものだと思う。

12時半、家を出る。
雨で気温が低く、長袖でも少し肌寒いくらい。
足、歩きだすと痛みが和らぐ。
やはり関節痛ではない。
IMG_8022(2).jpg

東急目黒線から東京メトロ南北線に入り、永田町の国会図書館へ。
爆破予告があったとのことで、入口で警備員さんが手荷物検査。
国会図書館なんか爆破してどうするんだ?
周囲にもっと標的はいろいろあるだろうに。

館内、すいていて、能率よく作業。

エレベーターを降りるとき、かなり高齢の男性(推定80歳)が「どうぞ」と手で示して先を譲ってくださった(私のほうが奥にいたのに)。
見かけはかなりボロボロだったけど、レディファーストを心得ている立派な紳士。
でも、心の底で「ごめんなさい」と思う。

帰りの混雑した電車で、白髪の女性(推定70歳)に思いきり痛いほうの足を踏まれる。
ちゃんと降りやすいように道をあけたのに。
そこまで足元がおぼつかないようには見えなかったのだが。

世の中良いことばかりは続かない。
なんだかんだでバランスが取れているのだな。

帰路は、東京メトロ有楽町線(有楽町・日比谷乗換)日比谷線(中目黒乗換)東急東横線のるーとで学芸大学駅へ。
18時、東口商店街の「かしわや」の前を通ったら、好物の茄子天そばの広告が出ていて、昼食抜きだったこともあり、耐えられずに入店。
IMG_8029.JPG
↑ 茄子天そば(430円)
「仕事部屋」に寄って郵便物の整理、クロネコ配送所に寄って荷物の受け取り。

19時半、帰宅。
変な時間に食事をしてしまったので、夕食は軽く、お刺身(かつお・石鯛)。

明日、着ていく着物の準備。
レジュメをプリントアウト。

お風呂に入って、髪と身体を洗う。
痛む左足に、経絡に沿ってピップエレキ絆を貼る。
1時間ほどで、痛みが和らいでくる。
ほんとうに不思議だ。

就寝、2時。



5月16日(月)今日も国会図書館 [お仕事(調査)]

5月16日(月)  曇り  東京  23.3度  湿度62%(15時)

10時、起床

庭にホタルノブクロが咲いていた。
IMG_7880.JPG
もうそんな季節なんだ・・・。

今日も、14時から18時まで、国会図書館で調べものと資料収集。
IMG_7889.JPG
夜、収集した資料の整理と、明日の講義の準備。

就寝、3時。


5月13日(金)国会図書館へ [お仕事(調査)]

5月13日(金)

10時半、起床。
朝食はリーフ型のアップルパイとコーヒー。
IMG_7863.JPG

13時、家を出る。
東急東横線から東京メトロ南北線に入り、永田町駅で下車して、国会図書館へ。

14時から4時間ほど集中して調べ物と資料コピー。

GWに1957年まで拡張した「東京『連れ込み旅館』データベース(1953~58年)、実は、1957年10~12月のデータが落ちている。
その3カ月分を調査して補充。
もうこの時期になると、広告欄はお馴染の旅館ばかりが並んでいて、新規開店は少ない。
「連れ込み旅館」の開業ブームのピークは明らかに過ぎている。
それでも、12軒ほどを追加。
これで298軒、あと2軒で300軒になる。

今日は暑かったこともあり、かなり疲れた。
18時15分、退館。
IMG_7866(2).jpg
↑ 遠景に国会議事堂が映ってるのだけど、露出の関係で飛んでしまった。

19時20分、帰宅。


2月16日(火)国会図書館へ [お仕事(調査)]

2月16日(火)  晴れ  東京  10.0度  湿度40%(15時)

13時、久しぶりに永田町の国会図書館へ。
IMG_5508.JPG
新館の前の白梅がきれいに咲いていた。
IMG_5509.JPG
IMG_5510(2).jpg
2時間ほど、新聞閲覧室で調べもの。

10年前くらいに採った新聞記事の印刷状態が悪く、昭和10年=1935年の「女性同性愛事件」の当事者の片方(増田富美子)が名乗った男性名のルビが読めない。
編集者から「名前にルビを振ってください」という注文なので、拡大画像で確認。
「夷希」で「やすまれ」と読ませている。
「夷」を「やす」とはなかなか読めないなぁ。
そもそも人名であまり使う字じゃない。

新聞閲覧室、相変わらず高齢男性が多い。
キーボードを使えない人も多いので、サポートの職員がたいへんだ。
15時、退館。
(続く)

3月3日(火)都立中央図書館へ [お仕事(調査)]

3月3日(火)
7時半、起床。
腰が重い・・・。
朝食は、新丸子駅前「ブーランジュリー・メチエ」のグレープフルーツ・デニッシュとコーヒー。
P1190930.JPG
9時半、家を出る。
東急東横線で学芸大学駅に移動。
「仕事部屋」の雑排水管清掃の立ち合い。
その前に部屋の片づけ。
12時、目黒郵便局で振込。

昼食は、学芸大学駅東口商店街の「近江ちゃんぽん」で、半日分野菜乗せちゃんぽんと餃子(1004円)。
P1190931.JPG
東急東横線と東京メトロ日比谷線を乗り継いで広尾駅で下車。
有栖川公園の都立中央図書館に行こうと思ったら、いつもの広尾口が工事で封鎖。
仕方なく、南部坂の急坂を上って正門から入る。
この時点で、右の坐骨神経痛が痛みだす。
3時間半ほど、いろいろ調べもの。
17時前、退館。
P1190934.JPG
南部坂下の「ナショナル」で牛すね肉ブロックを購入。
取りあえず冷凍して、週末にビーフシチューを作るつもり。

自宅最寄り駅前の「ドトール」で休憩。
ミルクレープとコーヒー。
P1190937.JPG

疲労と神経痛の悪化で、夕食の料理する気力がなく、家猫さんを拾い息子を呼び出して外食。
久しぶりにインド&ネパール料理の「JAGA」へ。
P1190938.JPG
↑ サービスのスープ。
P1190939.JPG
↑ タンドリーチキン
P1190941.JPG
↑ マトンカレーと巨大化したガーリック・ナン
おいしかったが、食事中、神経痛がさらに悪化。
足を引きずりながら、家路に。

20時半、帰宅。
すぐに痛む場所をカイロで温める。
少し改善。
さらに、お風呂に入って温まり、やっと痛みが和らぐ。

2月19日(木)国会図書館へ [お仕事(調査)]

2月19日(木) 晴れ  東京  13.0度  湿度39%(15時)
10時半、起床。
朝食は、「神戸屋」の丸ごとアップルパイとコーヒー。
大きすぎるので半分だけ食べる。
P1190777.JPGP1190778.JPG
ソーセージパンも半分。
P1190779.JPG

シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。

12時半、化粧と身支度。
ジラフ柄のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、焦茶のトートバッグ。
ボア襟の黒のカシミアのポンチョ。

13時半、家を出る。
東急目黒線から東京メトロ南北線で永田町駅へ。
連絡路&有楽町線ホームを延々歩き、議事堂側の出口へ。
久しぶりの国会図書館。

2時間半ほど、「新吉原」大正復興・花魁道中について調べもの。
明治・大正の新聞記事を発掘。
中に、通説を修正する記事を発見。
17時半、退館。

東京メトロ有楽町線で有楽町駅へ、JR山手線に乗り換え。
品川駅で降りて、駅中のお店で早めの夕食(すごく遅い昼食?)。
以前から気になっていたラーメン屋「TOKYO豚骨BASE」(博多一風堂・品川店)。
P1190786.JPG
冬のおすすめメニューの「赤玉 辛か味噌タンメン」(880円)を注文。
P1190784.JPG
スープは豚骨プレーン、麺は細ストレート。
具は、キャベツ、もやし、木耳、刻みネギ、青のり、叉焼、メンマ、なると。
ちょっと辛かったけど、なかなかおいしかった。
ただ、タンメンを称するには、野菜が少ない。
周囲の男性たちは、ほとんど「替え玉」をしていたが、さすがに無理。

JR東海道線に乗り換え、夕方の帰宅ラッシュ時ですごい混雑。
1駅乗って、川崎駅で下車。
(続く)


11月14日(金)国会図書館へ―新宿「青線」小説の調査― [お仕事(調査)]

11月14日(金)   晴れ   東京   16.8度  湿度32%(15時)

10時半、起床。
朝食は、カスタードクリーム・デニッシュとコーヒー。
シャワーを浴びて、髪にあんこを入れて、頭頂部で結んで、シュシュを巻く。

12時半、化粧と身支度。
紺地に白い雲のような模様のロング・チュニック(長袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、焦茶のトートバッグ。
黄色のニットのポンチョ。

出掛けに、遅い昼食。
P1180033 (2).JPG
残りご飯と、残りお汁(平茸と卵)。
ん? おかずがない・・・。
14時40分、家を出る。
P1180035 (2).JPG
90歳の義父が丹精している菊も、そろそろ終わり。
P1180036 (2).JPG
でも、家の近くの銀杏並木はようやく色づき始めたばかり。

東急徳横線で渋谷に出て東京メトロ半蔵門線で永田町駅へ。
連絡路&有楽町線ホームを延々歩き、議事堂側の出口へ。
久しぶりの国会図書館。
3時間半ほど調べもの。

9月に「東京・新宿の「青線」について―戦後における「盛り場」の再編と関連して―」という論文をまとめたが、その補足調査。
私は歴史学の史料批判を叩きこまれているので、どうもフィクション(小説など)を資料として使うことに禁欲的な傾向がある。
拙著『女装と日本人』についても「なぜ『とりかえばや物語』を使わないのですか?」という批判的質問をずいぶん受けた。
ぜんぜん使わないわけではなく、小説の記述の事実的信頼度の評価に慎重なだけなのだが。

今回、新宿「ゴールデン街・花園街」地区の原型の形成時期について、資料的にもう1つ詰め切れない部分があり、論文には「その時期は確定できないが、1949年秋から1950年春にかけてのことだったと思われる。」と記すにとどめた。

そこで、「藁にもすがつつもり」で小説類を調べてみることにした。
具体的には、電子化資料になっている、朝山蜻一『女の埠頭―変貌する青線の女たち―』(同光社出版、1958年4月)を閲覧、部分コピーする。

その結果、
「また寒い冬がやってきた。三光町の替地は組合員の労力動員で、整地された」(87頁)
「三光町では、和田組の建築地のすぐ隣の地所を買い取って、二丁目のグループが、建築を強行中であった。彼らは和田組より半年もあとから着工して、今や外部のモルタルを塗装中だった」(111頁)
「和田組の建築がやっと完成したその年の七月には、二丁目の方は、とっくに全部開店していて」(111頁)
「その年の暮になると、間口一間半、奥行二間の棟割長屋が連続した花薗小町にも八分通りは、人が住むようになった」(122頁)
という記述を発見。

つまり、新宿駅周辺の闇市、東口の尾津組「竜宮マート」や南口の「和田組マーケット」の露店商たちがGHQの露店整理指令(1949年8月4日)を受けた整理事業(1950年3月末までに撤去完了)に応じて、「三光町」の空き地(原っぱ)への移転を決めて、整地事業をしたのが1949年の冬の初め。
その後、資金面から店舗の建築が中断している間に、二丁目の「赤線」周辺の業者が、駅前の露店商たちの替地の隣接地(南側)を購入して店舗の建設を半年遅れで始め、1950年7月より前には開店してしまう(現在の「新宿ゴールデン街商業組合」)。
そして、追い越された露店商組は、ようやく1950年7月に建物を完成し、その年の暮には8割方の店が営業を始めた(現在の「三光商店街振興組合」)。

ちなみに、朝山蜻一という作家は自宅が新宿「青線」街にあったので、記述の信頼度は高く、他にもいろいろ細かなことがわかった(後日、紹介するつもり)。

ということで、論文の記述は「1949年初冬に整地事業が始まり、1950年7月に建物がほぼ完成した。」と手直して、註を付けることにした。

もうひとつ、思いがけない収穫は、同書に掲載されていた「歌舞伎新町」の入口(アーケード)看板の写真。
歌舞伎新町2 (3).jpg
「歌舞伎新町」は、現在の「ゴールデン街・花園街」地区に相当する青線街「花園歓楽街」と「花園小町」から都電の回送線(現:「四季の道」)を越えた、区役所通りに接したエリアにあった青線街。
現在「星座館ビル」(歌舞伎町1丁目2の7、10階建て、1980年竣工)が建っている場所に相当する。
今まで、収集していた写真(↓)はあまりにも不鮮明で、論文に使うかどうか迷っていたが、これなら問題ない。
歌舞伎新町 (2).jpg

作業をしていたら、若い女性から「三橋先生」と声を掛けられる。
誰かと思ったら、フジテレビ「NONNFIX:僕たち女の子~女装に恋して~」(2013年10月)のディレクター小野さやかさん。
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2013-10-17-1
閲覧室なのであまり話はできなかったが、頑張っている様子で何より。
「続編を楽しみにしています」

18時半、退館。
外はもう真っ暗。
P1180041 (2).JPG
(続き)

都立中央図書館へ [お仕事(調査)]

9月3日(水)
(続き)
自由が丘から、東急東横線(中目黒駅乗換)東京メトロ日比谷線で広尾駅下車。
久しぶりに都立中央図書館へ。
P1110871.JPG
↑ 雲行きが怪しい。
P1110873 (3).jpg
真夏の間、有栖川公園の階段や、東京有数の勾配の南部坂を上る気にならなかったので、久しぶり。
2時間ほど、新宿関係の文献の調査。
いろいろ収穫はあったが、痛む右腕で厚くて重い「新宿区史」を扱うのが辛い。
なんとか、必要な部分をコピーする。

16時過ぎ、退館。
有栖川公園でかわいらしい外国人の女の子が泣いている。
お母さんになにか要求しているようだが、やっぱり外国語(ドイツ語?)で泣いているのでわからない。

南部坂を下る。
急坂を子どもを乗せたお母さんが自転車で勢いよく上ってくる。
すごい脚力だと感心したら、どうも補助動力がついているらしい。
台地と低地が複雑に入り組むこの地域(港区麻布エリア)では、補助動力付き自転車は必須なのかも。

学芸大学駅で降りて「仕事部屋」に寄る。
郵便物の整理。
鷹番のクロネコ営業所に寄って宅急便を受け取る。

自宅最寄り駅前の「ドトール」で休憩。
コンビニで資料コピー。

19時、帰宅。
ああ、疲れた。
夕食は簡単に豚の冷しゃぶ。
140903-3.JPG
生野菜も食べよう。
140903-4.JPG

食後、本を読んでいるうちに、急激に眠くなり、ベッドへ。
そのまま眠ってしまう。
就寝、22時。
前の10件 | 次の10件 お仕事(調査) ブログトップ