So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
事件・事故 ブログトップ
前の10件 | -

美術授業用の頭蓋骨「本物」 [事件・事故]

12月6日(木)

どういう経緯で、本物の頭蓋骨が、高校の美術デッサンの備品になったのか? 
同じ鹿児島市で2件ということは、たまたま偶然ではなく、探せば他の地域にもあると思う。

理科(生物)の教材の人体(骨格)模型が、実は本物の骨という噂は、古い学校ならよくある話(私の出身高校にもその噂、あった)。
鶴丸高校(旧制一中と一高女)も甲南高校(旧制二中と二高女)も旧制以来の伝統がある古い高校とのこと。

まさか、そこらから拾ってきたものではなく、医学部の解剖実習に献体された方の頭蓋骨が、学校教育用(教材)に寄贈されたものかもしれない。

戦後混乱期には、身元不明の未収容の人骨があちこちにあったように思う。
現在より人骨に対して鈍感だったように思う(現代が過敏な気がする)。

この頭蓋骨で熱心にデッサンの勉強をしていた、美術志望の生徒さんの感想も聞きたい。

---------------------------------------------
美術授業用の頭蓋骨「本物」…頭にシール状の痕

鹿児島県立甲南高校(鹿児島市)で、美術の授業で使われていたデッサン用の頭蓋骨が本物だったことがわかった。

同校によると、頭蓋骨は20年以上前から、牛の骨などと一緒にデッサン室の棚に保管されていた。この間、美術の授業で、生徒が頭蓋骨を見ながら模写することもあり、今年6月にも生徒1人がモデルにしていたという。

鹿児島では6月、県立鶴丸高校(同市)で、約50年前に死亡した女性のものと推察される頭蓋骨が見つかっていたことが判明。これを受け、甲南高がデッサン室の頭蓋骨の鑑定を県警に依頼したところ、人骨と判明した。30~40歳の女性とみられ、県警からは「事件性はない」と説明されたという。吉元彰一教頭は「頭頂部にはシールを貼ったような3、4センチ四方の痕があり、学校の備品だと思った。なぜ(本物が)あったのかわからない」と話している。

この頭蓋骨について、鹿児島市は5日付の官報に、身元が分からず引き取り手のない死者として掲載。県教委は今後、他校でも同様の事例がないか調査する。

『読売新聞』2018年12月06日 10時34分 Copyright [コピーライト] The Yomiuri Shimbun
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181206-OYT1T50027.html?fbclid=IwAR3I9p_z1B2wTH6QANWh2sdp358HZC4U052E5bIttMV1SAXL_AlNUqbXPKE
nice!(0)  コメント(0) 

渡辺真由子著『「創作子どもポルノ」と子どもの人権』(勁草書房、2018年4月)が絶版・回収に [事件・事故]

11月29日(木)

渡辺真由子著『「創作子どもポルノ」と子どもの人権』(勁草書房、2018年4月)が、「重大な無断転載」があったとして絶版・回収に。
9177_2_1.jpg
https://www.bengo4.com/internet/n_8920/?fbclid=IwAR0SEIEq_6dAeH8K1NhxE3Jw7J4mTyA5J-hBR2XzPecGHNFLTnPH0FVUKwM
全7章の本で1章分ほとんど丸々無断転載というのは、すごいなぁ。

もちろん著者の責任だけど、勁草書房の編集者も何やってたんだ?
この本、慶應義塾大学に出した博士論文を再構成したもののようだけど、そちらは、大丈夫なのかな?

DtIsFYhUUAAUbK0.jpg
↑ 剽窃を指摘したブログ(↑)
http://cute.sh/gero48/ahi/kipo/buecher/bue/wm.htm

左側が、間柴泰治「日米英における児童ポルノの定義規定」(『調査と情報』681号、2010年6月)、右側が、渡辺真由子『「創作子どもポルノ」と子どもの人権 』(勁草書房、2018年)の記述。

数字の表記以外ほとんど丸写しで、盗用であることが明白にわかる。

フェミニストを名乗る「表現規制派」の論者が、こうしたきわめて悪質な剽窃を行ったこと、学問&著述表現への冒涜であるだけでなく、社会的な衝撃・影響は大きいと思う。

自分が文章を書いて、世の中の人に読んでもらう立場(仕事)なので、論文や著書の盗用問題には関心があったが、これほど大規模で悪質な剽窃は、今まで見た記憶がない。

研究者としての倫理に大きな問題があるだけでなく、論文を書く基本的なトレーニングがなされていないと思う。

あと、やはり編集者の問題。
直接的な引用ではなく趣意文であっても、構文が似ているような場合、手直しするよう指摘するのが編集者の仕事。
これだけ大規模な丸写しを見逃したということは、仕事をしてないに等しい。


nice!(1)  コメント(0) 

勅令第291号「勲章褫奪(ちだつ)令」 [事件・事故]

11月20日(火)

カルロス・ゴーン容疑者は、名誉博士号(法政大学、早稲田大学)どころじゃなく、藍綬褒章(2004年)をもらっていた。

勲章をもらった人が犯罪者になった場合の規定は、明治41年12月 2日に出された勅令第291号「勲章褫奪(ちだつ)令」が、今でも現行法らしい。
ちなみに「褫奪」とは、はぎとること、うばうことの意。

「第一条  勲章ヲ有スル者死刑、懲役又ハ無期若ハ三年以上ノ禁錮ニ処セラレタルトキハ其ノ勲等、又ハ年金ハ之ヲ褫奪セラレタルモノトシ外国勲章ハ其ノ佩用ヲ禁止セラレタルモノトス但シ第二条第一項第一号ノ場合ハ此ノ限ニ在ラス 」

ゴーン容疑者の罪状「金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)」の量刑は「10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方」。
今回は金額が大きいので、もし有罪ということになれば実刑3年以上になるのはほぼ確実で、藍綬褒章が褫奪される可能性大。

近年では、アテネ五輪と北京五輪で金メダルを獲得したて紫綬褒章(2回)を受けた柔道家の内柴正人が、2011年に準強姦容疑で逮捕され、2014年に実刑5年の判決が確定し、紫綬褒章を褫奪された例がある。

nice!(0)  コメント(0) 

台湾北東部の特急列車脱線事故 [事件・事故]

10月21日(日) 

台湾北東部の宜蘭県・新馬駅でおこった特急列車「プユマ号」の脱線転覆事故。
台湾脱線事故.jpg

8両全部が脱線、うち5両は横転。
ちなみに車両は日本製。
これだけ大きな脱線事故で、死者が18人というのは不幸中の幸いと言うか、ちょっと不思議。

いつか家猫さんといっしょに「台湾一周の旅」に行きたいと思っているので、脱線の原因が気になる。

【追記(22日)】
原因は、カーブに進入した際の、スピードの出しすぎのようだ。
ただ、台湾鉄道は昨年だけで4件の脱線事故を起こしているので、保線(線路の保全)にももんだいがあるのではないか?

脱線の映像を見ると、スピードオーバーで、急カーブ(R300m)に進入し、遠心力に耐えられず、脱線・転覆したのは明らか。
-----------------------------------------
台湾で列車脱線 少なくとも18人死亡、168人負傷

台湾東部の宜蘭(イーラン)県で21日午後4時50分(日本時間午後5時50分)ごろ、台湾鉄道の特急列車「プユマ号」(乗客366人)が脱線した。台湾の消防当局によると、少なくとも18人が死亡、168人が負傷した。脱線の原因は調査中という。

台湾鉄道などによると、脱線現場は宜蘭県蘇澳地区にある新馬駅。線路が右にカーブしており、列車の全8両が脱線し、そのうち5両は横転した。スピードが出ていたという目撃証言もある。地元テレビの映像によると、車両が、折り重なるように横倒しになっている。車両は日本製だった。

日本台湾交流協会台北事務所(大使館に相当)によると、午後10時(日本時間午後11時)時点で、日本人が事故に巻き込まれたという情報はないという。

太平洋に面した宜蘭県など台湾東部は、山や海など自然豊かな観光地として知られる。脱線したプユマ号は、台湾北部の新北市から台北市を経由して、台東市に向かっていた。観光客や、台北に出かけて東部に戻る人々が乗車していたとみられる。
(台北=西本秀)

『朝日新聞』2018年10月21日23時39分
https://www.asahi.com/articles/ASLBP677JLBPUHBI01Y.html?iref=pc_extlink
nice!(0)  コメント(0) 

イタリア北部ジェノバで、幹線道路の高架橋が崩落 [事件・事故]

いくら暴風雨の中とはいえ、コンクリートの橋がこれほど大規模に崩落するとは!

今まで大丈夫だったのだから、構造欠陥や手抜き工事はあまり考えられない。

となると、老朽化だろうか?
1967年の建設だから、築51年。
ちょっと早いように思うが・・・。

---------------------------------------------------
高架橋が崩落、死者は26人 車多数巻き添え イタリア

イタリア北部ジェノバで14日、幹線道路の橋が崩落し、通行中の車などが巻き込まれた。ANSA通信は当初、少なくとも35人が死亡したと報じた。トニネッリ運輸相は「甚大な惨事だ」と語った。同通信は14日深夜になり、ジェノバがあるリグーリア州当局の情報として、死者は26人で負傷者のうち9人が重体と報じた。

崩落したのは川や鉄道の上にかかる高架橋。崩落部分の長さについては80メートルから200メートルまで情報が交錯している。車30台ほどが通行していたとみられ、死者がさらに増える可能性もある。

崩落は午前11時半(日本時間午後6時半)ごろ、土砂降りの雨のなかで発生したという。橋は1967年に開通した。

ジェノバは地中海に面した港湾都市で、多くの観光客が訪れる。(ジュネーブ=吉武祐)

多数の車通行中、突然に

イタリア北部で14日、多くの車が通行中だった幹線道路の高架橋が突然、崩落した。約30台の車が巻き込まれたとみられ、必死の救出活動が続けられた。

現場は、古くからの港町ジェノバの市街地郊外にある工業地帯。橋は鉄道や工場とみられる建物の上を東西に走り、道路は隣国フランスとの国境方面へ続く。翌日がイタリアの休日で、普段よりも多くの車が行き来していたとみられる。在ミラノ日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はないという。

イタリアの地元テレビの映像によると、橋脚の一部がなくなり、橋は完全に途切れている。巻き込まれた車の中から複数の人が救助されたことも伝えている。

AP通信によると、道路管理者は崩落は「予測不能だった」と話した。マクロン仏大統領は、イタリアのコンテ首相に電話し、支援する意向を伝えた。

『朝日新聞』2018年8月15日08時16分
https://www.asahi.com/articles/ASL8G6T1CL8GUHBI02B.html?iref=comtop_8_05

【続報】「時事通信」2018年08月15日-09:46
イタリアの工学専門サイトは14日、崩落した橋には以前から「構造的な懸念」があり、「悲劇がいつ起きてもおかしくない状況だった」と指摘した。鉄筋コンクリート構造専門のジェノバ大教授が2016年、同サイトに対し、建設予算オーバーにより測量が正確に行われていないと批判していたという。同教授は14日、地元ラジオに「建築技法に起因する非常に深刻な腐食の問題があった」と語った。

高速道路は1967年に完成。2年前に改修工事が行われたが、伊メディアは工事に不備があった可能性に言及している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018081500288&g=int
nice!(0)  コメント(0) 

遺棄死体が多すぎる [事件・事故]

8月12日(日)

1日に3つ・・・。
被害者の内、2人は女性。

① 11日午前8時25分頃、滋賀県草津市志那町の農業用水路で首下から胴体部分の切断遺体が発見される。
その後の捜査で、夜、350mほど離れた葉山川のノリ面で腰から膝下などの複数の部位を発見。
遺体は50~70歳くらいの男性で、死後1週間以内と推定。

② 11日午前8時35分頃、兵庫県加古川市の権現ダムに衣装ケースが浮いており、中から若い女性の遺体が見つかった。
死後、数日以内と見られる。

③ 11日、新潟県十日町市の林道で、一部、白骨化して女性の変死体が発見される、
背中に刃物が刺さっていて、殺人・死体遺棄事件として捜査。
20代の女性で、8月上旬に殺害された可能性。

いくらなんでも、遺棄死体が多すぎる。
nice!(0)  コメント(0) 

横浜・大口病院の連続中毒死、看護師を殺人容疑で逮捕へ [事件・事故]

7月7日(土)

2016年9月の横浜・大口病院連続殺人事件で、容疑者の看護師を逮捕へ。

この事件、現場が比較的近い(知っている)病院だったので、ずっと関心を持っていた。
https://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2016-09-27-1

犯行の手口から、注射器を使って点滴袋に中毒性のある液体を混入するという手口から医療スタッフ(看護師など)が疑われていたが、誰の犯行なのかがなかなか突き止められなかった。

2年近くかかったが、やっと解明か。

病院を舞台に看護という職務を利用し、高齢者をターゲットにした無差別連続殺人だとしたら、厳罰に処すべきだろう。

----------------------------------------------------
横浜・大口病院の連続中毒死、看護師を殺人容疑で逮捕へ

入院患者2人が相次ぎ中毒死した大口病院(当時)=2016年9月23日、横浜市神奈川区

横浜市神奈川区の大口病院で2016年9月、入院患者2人が相次いで中毒死した事件で、うち1人の男性(当時88)を殺害した疑いが強まったとして神奈川県警は、病院の看護師だった女(31)=横浜市鶴見区=を殺人容疑で7日にも逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

捜査関係者によると、看護師は16年9月18日、西川惣蔵さん=横浜市青葉区=の体内に何らかの方法で消毒液を混入させ、殺害した疑いが持たれている。任意の調べに対し、容疑を大筋で認めているという。

事件は2日後の20日に発覚。入院していた八巻信雄さん(当時88)=横浜市港北区=が亡くなり、投与されていた点滴が泡立っているのに看護師が気づいた。翌21日の司法解剖で、殺菌作用が強い消毒液「ヂアミトール」に含まれる界面活性剤の成分が検出され、中毒死と判明。点滴にも同じ成分が混入されていた。
.
『朝日新聞』2018年7月7日(土) 10:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000041-asahi-soci



nice!(2)  コメント(0) 

オウム真理教教祖・麻原彰晃ら7人の死刑執行 [事件・事故]

7月6日(金)

オウム真理教教祖の麻原彰晃の死刑執行。

タイミング的に、今年しかない(来年は御代替り)ということと、組織犯罪で複数死刑の場合、首領(首謀者)から処刑という原則と。

これから幹部たちの処刑が続々と行われるだろう。
まず、すでに移送済の6人は直近(今日か明日)、続いて残りの6人。
政府は「平成の内に全部済ます」つもりだから。

あの大事件(戦後最大の組織犯罪)をリアルに体験した世代として、感慨深い。

【追記】オウム真理教13人の死刑囚の内、麻原以下の幹部7人の死刑を同日に執行。
各地の拘置所に分けて移送したのは、同日執行のためなので、予想通りなのだが・・・。
代貸格の早川、愛弟子の井上、忠実なボディーガード新見、サリンなど化学兵器を作った中川、土谷、遠藤の7人。


nice!(0)  コメント(0) 

学生を大事にしない大学に未来はない [事件・事故]

5月23日(水)

早稲田大学「スーパーフリー常習輪姦事件」(2003年)とか、慶応義塾大学「広告研究会集団レイプ事件」(2016年)とか、明治大学「女子学生大量路上昏睡事件」(2014年)とか、大学のイメージを大きく損なう事件は数々あった。

しかし、今回の日本大学「アメリカンフットボール部反則傷害事件」は、その根深さが違う。

一部の馬鹿な学生が無思慮にしでかした事件ではなく、大学の要職にある監督がコーチを通じて学生に指示(実質的な命令)して、しかも、フェアであるべきスポーツの試合の中で起こした傷害事件である点。

さらに、日本大学当局が、本来、真っ先に守るべき学生ではなく、責任を負うべき監督やコーチをかばい、責任を一学生に押しつけようとする姿勢を見せている点だ。

どちらも、大学の、学生スポーツのあるべき姿とはまったく逆であり、反社会的行為と言える。
だからこそ、これだけ強い社会的批判を招いているわけだ。

ただ、こうした日本大学の体質は、今に始まったことではない。
私のように、末端とは言え大学教育の場に長く携わっている人間なら、だいたいは知っている。
早い話、「ああ、あの日大ならやりかねない」ということだ。

日本大学、規模こそ日本一だが、偏差値的には首都圏の私立大学ではCランク。
そのランク以上に、長い伝統(1920年の大学令による旧制大学)をもつ大学なのに学術面で冴えない。
たとえば、前身が「日本法律学校」であるように法学部が「看板」だが、2017年の司法試験合格者(法科大学院コース)はわずか8名(ちなみに私立大学の上位は、慶応義塾大学144人、中央大学119人、早稲田大学102人、明治大学は30人)。

こういう図体だけ大きいが、実が伴っていない大学は、社会的評価の影響が大きい。
受験生からすると、どうしても日大を選ばなければならない理由に乏しいからだ。
このまま、イメージの低下が続けば、来春、かなりの数の受験生が回避するかもしれない。

かわいそうなのは、在校生、とりわけ就職活動中の学生だ
何も悪いことをしていないのに、大学のイメージ失墜の影響を被ることになる。


早稲田大学「スーパーフリー常習輪姦事件」(2003年)とか、慶応義塾大学「広告研究会集団レイプ事件」(2016年)とか、明治大学「女子学生大量路上昏睡事件」(2014年)とか、大学のイメージを大きく損なう事件は数々あった。

しかし、今回の日本大学「アメリカンフットボール部反則傷害事件」は、その根深さが違う。

一部の馬鹿な学生が無思慮にしでかした事件ではなく、大学の要職にある監督がコーチを通じて学生に指示(実質的な命令)して、しかも、フェアであるべきスポーツの試合の中で起こした傷害事件である点。

さらに、日本大学当局が、本来、真っ先に守るべき学生ではなく、責任を負うべき監督やコーチをかばい、責任を一学生に押しつけようとする姿勢を見せている点だ。

どちらも、大学の、学生スポーツのあるべき姿とはまったく逆であり、反社会的行為と言える。
だからこそ、これだけ強い社会的批判を招いているわけだ。

ただ、こうした日本大学の体質は、今に始まったことではない。
私のように、末端とは言え大学教育の場に長く携わっている人間なら、だいたいは知っている。
早い話、「ああ、あの日大ならやりかねない」ということだ。

日本大学、規模こそ日本一だが、偏差値的には首都圏の私立大学ではCランク。
そのランク以上に、長い伝統(1920年の大学令による旧制大学)をもつ大学なのに学術面で冴えない。
たとえば、前身が「日本法律学校」であるように法学部が「看板」だが、2017年の司法試験合格者(法科大学院コース)はわずか8名(ちなみに私立大学の上位は、慶応義塾大学144人、中央大学119人、早稲田大学102人、明治大学は30人)。

こういう図体だけ大きいが、実が伴っていない大学は、社会的評価の影響が大きい。
受験生からすると、どうしても日大を選ばなければならない理由に乏しいからだ。
このまま、イメージの低下が続けば、来春、かなりの数の受験生が回避するかもしれない。

かわいそうなのは、在校生、とりわけ就職活動中の学生だ
何も悪いことをしていないのに、大学のイメージ失墜の影響を被ることになる。

それを考えたら、今回の事件の責任者をすみやか、かつ、きっちり処分して、大学の体質の改善をはかることだ。
学生を大事にしない大学に未来はないのだから。

nice!(1)  コメント(1) 

えっ? 火事 [事件・事故]

5月16日(水)

11時、起床。

14時15分頃、パソコンで作業していたら、消防車が近づいてくる音。
あれ?っと思ったら、家の前で止った気配。
あわててベランダに出てみると、わっ!
IMG_1842.JPG
急いで服を着て(←着てなかった)階下へ。
消防車2台、着てる。
IMG_1843.JPG
あっ、逆方向からも来た。
IMG_1844.JPG
ホースの方向をたどる。
IMG_1845.JPG
どうも路地の奥の家が火元のようだ。

作業の邪魔にならないように、コの字型に迂回して、火元に接近。
消防士さんにあまり緊張感ない。
IMG_1849.JPG
念のため、ちょっと聞いてみる。
私「大丈夫ですよね」
隊員「はい、大丈夫です。ご安心ください」

小火(ぼや)で済んだようで、よかった。
このエリア、高齢者だけの家がけっこうあるので、火事は怖い。

IMG_1850.JPG
↑ 消火栓からの水の汲み上げ
こうやるんだ・・・。
nice!(1)  コメント(1) 
前の10件 | - 事件・事故 ブログトップ