So-net無料ブログ作成
事件・事故 ブログトップ
前の10件 | -

横浜シーサイドラインで逆走事故 [事件・事故]

6月1日(土) 

横浜シーサイドライン(新杉田~金沢八景)で逆走事故。
終点の新杉田駅で電車が逆走し車止めに衝突。
乗客(50人ほど)に怪我人多数(重軽傷15人)。

関東学院大学(金沢八景)の講義の帰り、一度だけ全線を乗ったことがある。

全線のかなりの部分が海の上で、文字通りのシーサイドライン。
運転席はあるけど、運転手も車掌も乗っていない、完全無人運転で、自動制御のはずなので、なぜ事故が起こったのか?

せっかく新・金沢八景駅までの延伸工事が終わったばかりなのに。
早く原因を突き止めて、運転を再開してほしい。



nice!(0)  コメント(0) 

川崎市多摩区登戸で大勢の人が刺される [事件・事故]

5月28日(火)

【速報】
7時45分頃、川崎市多摩区登戸の路上で、大勢の人が刺される事件が発生。

私立カリタス小学校のスクールバスを待っていた人たち(多数の小学1年生の女の子を含む)を2本の包丁を持った40~50代の男が襲撃し、次々に刺す。

無差別殺傷事件の可能性大。

被害にあったのは大人3人、子供13人の計16人?
大人と小学生、各1人が心肺停止状態。

犯人の男も自分で首を切り意識不明状態。

【続報(28日夜)】
刺された小学6年生の女児と外務省職員の男性が死亡。
犯人の男(51歳)も死亡。

【続報(30日朝)】
当初、「たまたま」子供たちがそこにいて被害に遭ってしまった「通り魔」的な犯罪かと思われたが、どうもそうではなさそうだ。
犯人は「わざわざ」電車に乗ってやってきて、子供たちが集まる時間を狙った「計画」的な犯罪のようだ。
カリタス学園への理不尽な遺恨が背景にあるという説も。
ますますもって、ひどい事件だ。

nice!(0)  コメント(0) 

スリランカの同時多発爆発テロ(続報) [事件・事故]

4月24日(水)

21日のスリランカの同時多発(8箇所)爆発テロ、日本では必ずしも大きく報道されていないが、24日の時点で死者は359人になり、21世紀に入ってからのテロ事件の犠牲者数としては、2001年9月11日「アメリカ同時多発テロ事件」( 死者3025人)に次ぎ、2番目になってしまった。

IS(イスラム国)系の通信社が犯行声明を伝えたので、ISに感化された連中が実行犯と思われる。

https://www.cnn.co.jp/world/35136242.html



nice!(0)  コメント(0) 

スリランカ同時多発爆発テロ、死者290人に [事件・事故]

4月22日(月)

スリランカの同時多発(8箇所)爆発テロ、死者290人に(現地在住の日本人女性1人を含む)。
21世紀に入ってからのテロ事件の犠牲者数としては5番目。

【追記(24日)】死者は359人になり、21世紀に入ってからのテロ事件の犠牲者数としては、2番目になってしまった。

1) 2001年9月11日 アメリカ同時多発テロ事件 死者3025人
    アルカーイダ(イスラム過激派)
2) 2004年9月1日-2004年9月3日 ロシア・ベスラン学校占拠事件 死者355人
    シャミル・バサエフ(チェチェン独立派)
3) 2016年7月3日 イラク・バグダード爆弾テロ事件 340人
    IS(イスラム過激派)
4) 2017年11月24日 エジプト・シナイ半島モスク襲撃テロ事件 309人+
    IS(イスラム過激派)

スリランカは、1980年代から長らく政府軍とイスラム教徒・タミル人の反政府系武装勢力「タミル・イーラム解放の虎(LTTE)」との内戦が続いたが、それが2009年に終結した後は、治安が回復したはずだった。

主流派(70%)の仏教徒(シシハリ人)ではなく、教会など明らかに少数派のキリスト教徒(約7%)をターゲットにしているので、内戦の再発ではなく、外部から入ってきたイスラム過激派の犯行だろう。

https://www.afpbb.com/articles/-/3221925?cx_part=top_topstory&cx_position=1



nice!(1)  コメント(0) 

フランス・ノートルダム寺院で大規模火災 尖塔が崩壊 [事件・事故]

4月16日(火)

ノートルダム大聖堂火災.jpg
ノートルダム大聖堂火災3.jpg
貴重な歴史遺産が損なわれるのは、ほんとうに心が痛む。

どうやら失火の可能性が高いようだ。
修復作業中の失火だとすると、法隆寺金堂壁画の焼失(1949年)を思い出す。
-------------------------------------------------
仏ノートルダム寺院で大規模火災 尖塔が崩壊
ノートルダム大聖堂火災2.jpg
【4月16日 AFP】(更新、写真追加)パリ中心部にある観光名所ノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)で15日夕、大規模な火災が発生した。火災により同寺院の尖塔が崩壊。1000年近い歴史を持つ寺院とその貴重な芸術作品の数々の将来が危惧されている。

火災はフランスのカトリック教徒らがイースター(Easter、復活祭)を控える中で発生。ノートルダム寺院からは炎と大量の煙が立ち上り、パリ市民や観光客らは戦慄(せんりつ)の表情を浮かべてその様子を見守った。

同寺院の広報担当者はAFPに、火災は15日午後6時50分(日本時間16日午前1時50分)ごろ発生し、炎により屋根を支えていた木製構造物が破壊されていると語った。消防当局によると、火災は同寺院で行われていた修復作業と「関連している可能性」があるという。

エマニュエル・グレゴワール(Emmanuel Gregoire)パリ副市長はテレビ局BFM TVに対し、尖塔は「内側に崩れ落ちた」と説明。寺院は「甚大な損傷」を受けたとし、救援隊員らが「救い出せるすべての芸術作品を救う」ために奔走していると述べた。

パリ市警はツイッター(Twitter)で、住民に対して周辺地域を避けて救急車両に道をあけるよう呼び掛けた。パリのアンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)市長はツイッターで、「恐ろしい火災」と述べ、「パリ消防当局が鎮火を試みている」と投稿した。

エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領は「ノートルダムを襲っている恐ろしい火災」のため、15日夜に予定していた政策関連のテレビ演説を中止した。

パリ市内では、セーヌ(Seine)川に浮かぶシテ島(Ile de la Cite)に建てられたノートルダム寺院に向け消防車が急行する様子が見られた。AFP記者によると、川にかけられた橋では数百人が火災の様子を見ようと集まり、中にはスマートフォンで撮影している人もいた。

「AFP」2019年4月16日 4:10 発信地:パリ/フランス [ フランス, ヨーロッパ ]
https://www.afpbb.com/articles/-/3220930?cx_part=top_topstory&cx_position=1&fbclid=IwAR3DTvfsKn8kLaQs4rTyyN9F09rLNXXAyhBa3lz4rWQAkPHAOaPAjLayAGI


nice!(0)  コメント(0) 

NZクライストチャーチ市のモスク襲撃事件 [事件・事故]

3月15日(金)

ニュージーランド南島のクライストチャーチ市で起こったイスラム教モスク襲撃事件、犠牲者の数は、その後も増えて49人に。

ニュージーランドは、治安が良い国というイメージだったので、大きな衝撃。

襲撃犯(4人)の内の1人はオーストラリア人の「白人至上主義者」という情報。

--------------------------------------------------
NZ銃乱射、40人死亡と首相 4人を拘束

(CNN) ニュージーランドのアーダーン首相は15日、南島クライストチャーチの2カ所のモスクで同日発生した銃乱射事件について、これまで40人が死亡したことを確認した。負傷者は少なくとも20人に上っている。襲撃に関与したとして警察は男3人、女1人の身柄を拘束した。

襲われたモスクの1つは同市のディーンズ・アベニューにあり、現地時間午後1時40分ごろ銃撃が発生したとの通報が寄せられた。これを受け、重装備の警官隊が現場に駆け付けた。

同首相によれば、逮捕された4人はいずれも当局の監視対象者のリストに含まれていなかった。また襲撃犯の使用した車両には、即席の爆発装置が取り付けられていたという。

一方、オーストラリアのモリソン首相は、襲撃犯のうち少なくとも1人が同国の出身者だとの見解を示した

銃撃の直前、襲撃犯の1人のものとみられるソーシャルメディア上のアカウントには87ページに及ぶ声明文が投稿されていた。内容は反移民、反イスラム教徒の思想並びに襲撃の説明に関するものだった。声明文に署名は施されていなかった。

ニュージーランドのニュースサイト、TVNZによれば現場にいた目撃者は襲撃犯の1人について「白人で年齢は30~40代。制服を身に着けていた」と証言しているという。

CNNは現段階で、襲撃犯のいかなる情報についても独自の確認はとれていない。

「CNN」2019年03月15日( Fri) posted at 16:30 JST

nice!(0)  コメント(0) 

歌舞伎町で銃殺事件 [事件・事故]

1月21日(月)

18時半頃、新宿・歌舞伎町のど真ん中(旧コマ劇付近)で発砲事件。
DxbUfVjVsAE2bY7.jpg
「カラオケ館」の個室で、男性が背中を撃たれる。
銃声は3発?
不審な男がバイクで逃げ去ったという情報あり。

この頃、発砲事件が多い。
先日(17日夜)も川崎市川崎区であったし(男女2人が重傷)。
チャカ(拳銃)の取り締まりが甘くなってるのではないだろうか?

歌舞伎町での発砲というと、2002年9月21日、歌舞伎町のランドマークの1つ「風林会館」の大型喫茶店「パリジェンヌ」で、「住吉会」系の組員が中国マフィアに射殺された事件を思い出す。

その頃、お手伝いしていたニューハーフ・パブが入っていたビルの交差点斜向かいが現場だったので、余計に印象深く覚えている。

【追記】
撃たれて病院に搬送された男性(60代)が死亡。

nice!(0)  コメント(0) 

美術授業用の頭蓋骨「本物」 [事件・事故]

12月6日(木)

どういう経緯で、本物の頭蓋骨が、高校の美術デッサンの備品になったのか? 
同じ鹿児島市で2件ということは、たまたま偶然ではなく、探せば他の地域にもあると思う。

理科(生物)の教材の人体(骨格)模型が、実は本物の骨という噂は、古い学校ならよくある話(私の出身高校にもその噂、あった)。
鶴丸高校(旧制一中と一高女)も甲南高校(旧制二中と二高女)も旧制以来の伝統がある古い高校とのこと。

まさか、そこらから拾ってきたものではなく、医学部の解剖実習に献体された方の頭蓋骨が、学校教育用(教材)に寄贈されたものかもしれない。

戦後混乱期には、身元不明の未収容の人骨があちこちにあったように思う。
現在より人骨に対して鈍感だったように思う(現代が過敏な気がする)。

この頭蓋骨で熱心にデッサンの勉強をしていた、美術志望の生徒さんの感想も聞きたい。

---------------------------------------------
美術授業用の頭蓋骨「本物」…頭にシール状の痕

鹿児島県立甲南高校(鹿児島市)で、美術の授業で使われていたデッサン用の頭蓋骨が本物だったことがわかった。

同校によると、頭蓋骨は20年以上前から、牛の骨などと一緒にデッサン室の棚に保管されていた。この間、美術の授業で、生徒が頭蓋骨を見ながら模写することもあり、今年6月にも生徒1人がモデルにしていたという。

鹿児島では6月、県立鶴丸高校(同市)で、約50年前に死亡した女性のものと推察される頭蓋骨が見つかっていたことが判明。これを受け、甲南高がデッサン室の頭蓋骨の鑑定を県警に依頼したところ、人骨と判明した。30~40歳の女性とみられ、県警からは「事件性はない」と説明されたという。吉元彰一教頭は「頭頂部にはシールを貼ったような3、4センチ四方の痕があり、学校の備品だと思った。なぜ(本物が)あったのかわからない」と話している。

この頭蓋骨について、鹿児島市は5日付の官報に、身元が分からず引き取り手のない死者として掲載。県教委は今後、他校でも同様の事例がないか調査する。

『読売新聞』2018年12月06日 10時34分 Copyright [コピーライト] The Yomiuri Shimbun
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181206-OYT1T50027.html?fbclid=IwAR3I9p_z1B2wTH6QANWh2sdp358HZC4U052E5bIttMV1SAXL_AlNUqbXPKE
nice!(0)  コメント(0) 

渡辺真由子著『「創作子どもポルノ」と子どもの人権』(勁草書房、2018年4月)が絶版・回収に [事件・事故]

11月29日(木)

渡辺真由子著『「創作子どもポルノ」と子どもの人権』(勁草書房、2018年4月)が、「重大な無断転載」があったとして絶版・回収に。
9177_2_1.jpg
https://www.bengo4.com/internet/n_8920/?fbclid=IwAR0SEIEq_6dAeH8K1NhxE3Jw7J4mTyA5J-hBR2XzPecGHNFLTnPH0FVUKwM
全7章の本で1章分ほとんど丸々無断転載というのは、すごいなぁ。

もちろん著者の責任だけど、勁草書房の編集者も何やってたんだ?
この本、慶應義塾大学に出した博士論文を再構成したもののようだけど、そちらは、大丈夫なのかな?

DtIsFYhUUAAUbK0.jpg
↑ 剽窃を指摘したブログ(↑)
http://cute.sh/gero48/ahi/kipo/buecher/bue/wm.htm

左側が、間柴泰治「日米英における児童ポルノの定義規定」(『調査と情報』681号、2010年6月)、右側が、渡辺真由子『「創作子どもポルノ」と子どもの人権 』(勁草書房、2018年)の記述。

数字の表記以外ほとんど丸写しで、盗用であることが明白にわかる。

フェミニストを名乗る「表現規制派」の論者が、こうしたきわめて悪質な剽窃を行ったこと、学問&著述表現への冒涜であるだけでなく、社会的な衝撃・影響は大きいと思う。

自分が文章を書いて、世の中の人に読んでもらう立場(仕事)なので、論文や著書の盗用問題には関心があったが、これほど大規模で悪質な剽窃は、今まで見た記憶がない。

研究者としての倫理に大きな問題があるだけでなく、論文を書く基本的なトレーニングがなされていないと思う。

あと、やはり編集者の問題。
直接的な引用ではなく趣意文であっても、構文が似ているような場合、手直しするよう指摘するのが編集者の仕事。
これだけ大規模な丸写しを見逃したということは、仕事をしてないに等しい。


nice!(1)  コメント(0) 

勅令第291号「勲章褫奪(ちだつ)令」 [事件・事故]

11月20日(火)

カルロス・ゴーン容疑者は、名誉博士号(法政大学、早稲田大学)どころじゃなく、藍綬褒章(2004年)をもらっていた。

勲章をもらった人が犯罪者になった場合の規定は、明治41年12月 2日に出された勅令第291号「勲章褫奪(ちだつ)令」が、今でも現行法らしい。
ちなみに「褫奪」とは、はぎとること、うばうことの意。

「第一条  勲章ヲ有スル者死刑、懲役又ハ無期若ハ三年以上ノ禁錮ニ処セラレタルトキハ其ノ勲等、又ハ年金ハ之ヲ褫奪セラレタルモノトシ外国勲章ハ其ノ佩用ヲ禁止セラレタルモノトス但シ第二条第一項第一号ノ場合ハ此ノ限ニ在ラス 」

ゴーン容疑者の罪状「金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)」の量刑は「10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方」。
今回は金額が大きいので、もし有罪ということになれば実刑3年以上になるのはほぼ確実で、藍綬褒章が褫奪される可能性大。

近年では、アテネ五輪と北京五輪で金メダルを獲得したて紫綬褒章(2回)を受けた柔道家の内柴正人が、2011年に準強姦容疑で逮捕され、2014年に実刑5年の判決が確定し、紫綬褒章を褫奪された例がある。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 事件・事故 ブログトップ