So-net無料ブログ作成
政治・選挙 ブログトップ
前の10件 | -

埼玉県知事選、野党系候補が勝利 [政治・選挙]

8月25日(日)

25日、投開票の埼玉県知事選、激戦が伝えられていたが、野党系無所属の大野元裕候補(元参議院議員)が、与党系無所属の青島健太候補(スポーツ・ライター)に、5万7000余票の差をつけて、当選。
事前の情勢調査では青島候補がややリードと伝えられていたが、追いつき逆転した。

大野候補は保守地盤の県北や郡部でも、リードする自治体が多く、上田前知事の全面支援が大きかったと思われる。
青島候補は、出身地(春日部市)に近い県東部でこそリードしたが、全県的に自民党支持層をかなり浸食された。
埼玉県知事選.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

埼玉県知事選、野党系候補が勝利 [政治・選挙]

8月25日(日)

同じ北東北の県庁所在都市の市議会選挙にレズビアンが立候補して、ここまではっきり明暗が分かれるのは、なぜなのだろう?

青森市議会選挙(2018年10月28日)
定数35 候補者39 最下位当選1666票
岡田実穂候補(33歳:無所属) 1639票 36位(次点落選)

盛岡市議会選挙(2019年8月25日)
定数38 候補者44 最下位当選1931票
加藤麻衣候補(25歳:無所属) 4425票 2位(当選)

選挙の条件は、ほぼ同じ。
青森市と盛岡市の政治風土って、そんなに異なるのだろうか?
青森の政治的後進性って、底知れない。

nice!(0)  コメント(0) 

韓国政府が軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄 [政治・選挙]

8月22日(木)

韓国政府が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA、ジーソミア)を破棄すると声明。

GSOMIAの維持は、アメリカ政府が米日韓の軍事上の連携の必要性から強く要望していた。
それを振り切っての破棄は、やや意外。
そもそも、経済的な対立を安全保障問題に及ぼすのは、はっきり言って愚策。

日本にとっては、2016年11月の条約締結以前に戻るだけ。
ただ、長い目で見ると、従来の「アメリカ・韓国・日本vs北朝鮮(背後に中国)」という軍事的対立が、「アメリカ・日本vs韓国・北朝鮮(背後に中国)」という形に変化していく兆しだと思う。

韓国政府の次の一手は、東京オリンピック・パラリンピックのボイコット宣言だろう。
別に日本は困らないけど、韓国のアスリートはかわいそう。

文在寅大統領は、来年4月に総選挙を控えているので、それまでは「反日世論」を煽り、対日強硬策を続けるしかない。


nice!(1)  コメント(0) 

香港の騒乱状態の行きつく先は「第二の天安門事件」 [政治・選挙]

8月13日(水)

たいへん遺憾なことながら、香港の騒乱状態の行きつく先は「第二の天安門事件」だと思う。

つまり、現在、深圳まで来ている中国人民解放軍が、香港政府の要請(実際は北京の中央政府の指令)で境界を越えて、香港に進駐。
武力でデモ隊を制圧、共産党が言う「法治」を回復すると思う。

中国共産党をウォッチして50年の私の悲観的な予想。

nice!(1)  コメント(0) 

参議院選挙2019の結果 [政治・選挙]

7月22日(月)

【結果】
政党   獲得議席(選挙区+比例区) 新勢力
自民    56(38+18)     113
公明    14(7+7)      28
維新    10(5+5)      16
与党系無所属 0            3(合計160)

立憲    17(9+8)      32
国民     6(3+3)      21
共産     7(3+4)      13
れいわ    2(0+2)       2
社民     1(0+1)       2
野党系無所属 8(8+0)      14 

N国     1(0+1)       1
--------------------------------------------------------
選挙後の参議院の定数は245。
改憲発議に必要な3分の2を確保するには164議席が必要。
N国を引き入れても161議席で、3議席足らない。

取りあえず「改憲勢力3分の2」は阻止できた。

社民党は、得票率2.09%で、かろうじて政党要件を維持。
でも、かっての野党第一党が、「NHKから国民を守る会」(得票率1.97%)と大差ないとこまで、落ちぶれたわけで、政党としての使命は終わったと思う。

「れいわ新選組」の山本太郎代表は99万2267票で、100万票の大台に迫る大量得票ながら、獲得議席2で、特定枠(優先的に当選)を2つ使っているため落選。

安冨歩候補は、「れいわ」の枠で6位、得票は8632票。
私は5000票と予想していたので、それよりかなり多かった。
失礼しました。

「新党大地」代表で、今回は「維新の会(比例)」で立候補した鈴木宗男先生、22万0742の大量得票で7年ぶりの国政復帰。

「NHKから国民を守る党」が1議席を取れるのなら、「猫の生活が第一!」の「肉球新党」だって1議席を取れると思う(妄想)。

やっぱり地盤があるというのは、すごいなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 

選挙区(74議席)の「答え合わせ」 的中率、94.6%。 [政治・選挙]

7月21日(日)

選挙区(74議席)の予想、4つも外してしまった。
的中率、94.6%。
「皆中」(的中率100%)はやはり難しい。

外したのは、
①東京選挙区の6議席目(立憲の予想が維新)。
②神奈川選挙区の4議席目(共産の予想が維新)。
③京都選挙区の2議席目(立憲の予想が共産)。
④大分選挙区(自民の予想が野党系無所属)。

①②は維新の勢いを見誤った。
③は私情に流された。
④は、うれしい誤算。



nice!(0)  コメント(0) 

参議院選挙2019開票 [政治・選挙]

7月21日(日)

【21時半】
秋田は野党系無所属(というか寺田党)の寺田静候補が当確。
愛媛は野党系無所属の永江孝子候補が当確。

福島、山梨は自民党現職。
長野は国民民主党現職。

岩手、宮城、山形、新潟が今後の注目。

北海道の3議席目は自民が確保。

静岡の2議席目は国民。
徳川宗家の殿(立憲)は及ばず。

東京は、自民(丸川)、公明、共産、立憲(塩村)が当確、残り2議席。

広島、野党系無所属が当確。
自民、2議席独占ならず。

埼玉は、自民、公明、立憲、共産で決定。
埼玉選挙区で共産が議席を獲得したのは21年ぶり。

愛知は、自民、公明、国民、立憲で決まり。

神奈川は、自民、立憲、公明、維新で決定。
維新が関東で議席獲得。
共産は悲願の議席獲得ならず。

新潟は、野党系無所属の打越さく良候補が当確。
よかった!

青森は自民。
立憲の小田切候補、及ばず。

【23時】
岩手は苦しいか。
宮城はいけそう。
京都の2議席目、共産と立憲の大接戦。
増原さん、なんとか勝ち上って欲しい。

山形は野党系無所属が当確。

京都選挙区、2議席目は共産現職。
増原さん、残念!
頑張ったのになぁ。
京都はやっぱり「よそ者」には厳しいなぁ。

大分、野党系無所属が勝利。
事前予想では、やや劣勢だったのに、逆転した。
あとは、岩手、宮城、滋賀、そして兵庫の3議席目、東京の5、6議席目。

岩手、野党系無所属が当確。
自民党現職の平野達男元復興大臣敗れる。

滋賀は野党系無所属の嘉田由紀子候補が当確。
1人区残るは宮城。

【0時半】
1人区で最後まで残っていた宮城、立憲民主党の石垣のりこ候補が当確。
自民党現職の愛知治郎元財務副大臣の4選を阻む。
これで1人区は、自民22、野党系10。

自民+公明+維新の改憲勢力が、3分の2を割り込むことが確実になる。

【1時】
「れいわ新選組」の安冨歩候補、当選圏外(現在6番目)だけど、何票くらい入るのか注目している。
1時半、開票率26.96%で754票。
これから東京の票が開くので、5000票くらいかなと予想。

【2時】
社民党、開票率48.43%で、社民党の得票2.02%。
政党要件を維持するのに必要な2%ぎりぎり。
これから都市部、とりわけ党勢の衰えが著しい東京の開票が進むと、2%ラインを保てるか、かなり微妙。
政党要件は、まさに風前の灯火。

【3時】
比例区、れいわ新選組が2議席目を獲得。
現在の制度になって、政党要件のない諸派が複数議席を獲得するのは初めて。

社民党、1議席を確保。
吉田忠智元党首が国政復帰。

最終50議席目、NHKから国民を守る会が入りそうな状況。

【3時半】
比例区、立憲民主党の石川大我候補、NHKはいまだ当確を打たず。
立憲は比例区伸び悩みで8議席に終わりそう。
石川大我候補、現在7番目なので、大丈夫だとは思うが・・・。
ちょっと心配になってきた。

社民党、開票率79.31%で、得票率1.99%。
ついに政党要件ラインの2%を割ってきた。
政党要件の維持はかなり厳しい情勢。

3時50分になっても、石川大我候補、NHKが当確を打たない。
9番目の市井紗耶香候補が伸びないので、大丈夫だと思う。

【4時】
社民党開票率85.49%で、得票率2.02%。
少し盛り返した。
なんとか助かるかも。

比例区で、NHKから国民を守る党が1議席を獲得。
立花孝志代表が当選。

参議院の新勢力は
自民113、公明28、維新16、与党系無所属3(計160)
立憲32、国民21、共産13、社民2、れいわ2 、野党系無所属14
N国1
となる模様。

選挙後の参議院の定数は245。
改憲発議に必要な3分の2を確保するには164議席が必要。
N国を引き入れても161議席で、3議席足らない。



nice!(0)  コメント(0) 

投票率 [政治・選挙]

7月21日(日)

投票率、どうだろう?
高くはならないが、極端に低く(40%代とか)もならない感じ。
前回(54.70%)よりやや低め、52~53%の想定で議席予想をしたのだけど、そんなものかな。

毎日新聞によると、14時現在の投票率は18.02%で、前回(2016年)参院選の同時刻比で4.52ポイント下回っている。
15時過ぎ、投票に行った息子の報告によると、入れ違いに若夫婦が出てきたが、投票所には誰もいなかったとのこと。
投票率低い予感(サンプル数1)。

大勢の方が、投票率を上げる呼びかけをしている。
それは、選挙制度に立脚する議会選民主主義の在り方としてまったく正しい。

でも、投票率が上がれば、政権党である自民党に不利になるかというと、近年の状況を見る限り、必ずしもそうとは言えない。

投票率の上昇は、無党派層が投票に行くことでもたらされるが、無党派層が自民党(大阪だと維新の会)へ投票する傾向が年々強まっているからだ。

投票率が上がって、明らかに不利になるのは公明党だけだと思う。
以前は、共産党も不利だったが、近年はそうでもない。

今回の参議院選挙をわかりやすく予想すると、
自民党は前々回の大勝で水膨れした議席を減らして小負。
立憲民主党は改選議席(9議席)を倍増。
国民民主党は惨敗。
あとの政党は、たいして変わらない。

憲法「改悪」発議に必要な参議院「3分の2」議席(今回の改選で85議席)を阻止できればそれでいい。

85-公明14ー維新7=自民64

自民の予想は57なので、良くて60~61、64はかなり無理筋。

【追記】
投票率は50%割れ。
史上2番目に悪い48.80%(推計値)

nice!(1)  コメント(0) 

参議院選挙2019の最終予想 [政治・選挙]

7月18日(金)

参議院選挙2019の最終予想。

野党に風は吹かず、自民党は議席を減らすものの堅調。
公明党はいつもの手堅さにやや陰りがみられる。

与党(自民+公明)で改選議席の過半数を制す。
ただし、改憲発議に必要な3分の2には届かない。

野党は立憲民主党が大きく議席を伸ばす。
一方、国民民主党は低迷、選挙後に離党者が続出か?
共産党はまずまず。
社民党は存亡の危機。
れいわは、都市部では熱烈な支持者がいるが、全国的に見ると、支持が広がっていない。

--------------------------------------------------
◎ 選挙区(改選74議席) ( )は獲得議席が変化する可能性
北海道   自 自 立 (自→共)
青森    自
秋田    無     (無→自)
岩手    無     (無→自)
宮城    立
山形    無     (無→自)
福島    自 
茨城    自 立
栃木    自
群馬    自
埼玉    自 公 立 共     
東京    自 自 公 立 立 共 (立→維)
神奈川   自 公 立 共 (共→維)
千葉    自 自 立   (自→共)
山梨    自
長野    国
新潟    無
富山    自
石川    自
福井    自
静岡    自 国     (国→立) 
愛知    自 公 立 国 (公→共)
岐阜    自
三重    自
滋賀    無       (無→自)
京都    自 立     (立→共)
大阪    自 公 維 維 (公→共)
兵庫    自 公 維   (公→立)
奈良    自
和歌山   自
岡山    自
鳥取・島根 自
広島    自 無     (無→自)
山口    自
香川    自
徳島・高知 自
愛媛    無     
福岡    自 公 立
佐賀    自
長崎    自
大分    自
熊本    自
宮崎    自
鹿児島   自
沖縄    無

◎ 比例区(改選50議席)
自民  18
民主  11
公明   7
共産   5
国民   3
維新   4
社民   1
れいわ  1

◎ 選挙区+比例区(改選124議席)
自民   39+18=57
立民   11+11=22
公明    7+ 7=14
国民    3+ 3= 6
共産    3+ 5= 8
維新    3+ 4= 7
社民    0+ 1= 1
れいわ   0+ 1= 1
無所属   8+ 0= 8

nice!(0)  コメント(0) 

7月17日(水)期日前投票 [政治・選挙]

7月17日(水)  曇りのち晴れ  東京  28.7度 湿度75%(15時)

15時前、家を出る。
久しぶりに晴れた。
あわてて日焼け止めを塗る。

自宅から徒歩20分の中原区役所へ。
今日は自宅を出る時から右足が痛かったので、タクシーが来たら拾おうと思っていたが、そういう時に限って来ない。

参議院選挙の期日前投票。

選挙区は、迷うことなく支持政党の候補者に投票。
比例区は、支持政党の中の誰の名前を書くか、直前まで迷ったが、やはり原則に従った。
ちなみに、私の投票行動の基本は、①支持政党の候補、②女性候補、③マイノリティ性のある候補。

ちなみに今回は、投票入場券の確認係と投票用紙発行係の連携がしっかりで、間違われなかった(敗北)。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 政治・選挙 ブログトップ