So-net無料ブログ作成
政治・選挙 ブログトップ
前の10件 | -

衆議院議員補選・統一地方選挙(後半) [政治・選挙]

4月21日(日)
◎ 衆議院補選
衆議院沖縄3区補選、「オール沖縄」の屋良朝博候補(56歳)が、自民党新人(公明党推薦)で元沖縄・北方担当相の島尻安伊子候補(54歳)に圧勝。
15000票余の大差。

大阪12区補選は、日本維新の会の新人、藤田文武候補(38歳)が当選確実。、
自民党新人(公明党推薦)の北川晋平候補(32歳)など3候補を破る。

これで、自民党は補選全敗。

◎ 東京・区長選
東京・世田谷区長選挙、現職の保坂展人候補が当選(3選)。
渋谷区長選挙、現職の長谷部健候補が当確(再選)。
北区長選は、元都議の音喜多駿候補(35歳)が49歳上の現職・花川與惣太候補(84歳)に挑む。
NHKの出口調査でやや優勢だったが、結局、現職区長が当選。
任期を務めあげると、米寿(88歳)。

◎ 女性市長
兵庫県芦屋市の女性候補同士のの一騎打ちは、大接戦の末、自民推薦候補が敗北。
山口県周南市長選挙は、新人の女性候補が、現職市長を破る。
新潟県加茂市長選挙は、新人の女性候補が、現職市長を破る。
東京都三鷹市は、副市長をつとめた新人が当確。5選を目指した女性市長は敗北。

◎ 大阪府の維新候補
大阪府八尾市は、維新新人が現職市長を破り当選。
池田市は、維新新人が当確。
吹田市は、現職市長が維新新人を破り当選。

◎「もう泡沫じゃあない」
東京都知事選挙や参議院議員選挙など、何度も立候補して、すべて落選してきた、著名な泡沫候補・マック赤坂氏が、14度目の立候補になる港区議会選挙で当選(定数43で30位)。

もう泡沫ではなくなってしまった。
赤尾敏先生以来の「泡沫候補マニア」としては、ちょっと寂しい。

◎ 「躍進」
「NHKから国民を守る党」、東京の区議会を中心に、即日開票分だけで21名が当選。
さらに翌日開票でも上積みする勢い(計26名当選)。

極右系の日本第一党は1議席もとれず、明暗を分けた。

「NHKから国民を守る党」、東急東横線学芸大学駅前(目黒区)で演説しているのに数回、行き会った。
今チェックしたら、定数36中18位で当選している。

幸福実現党も全国で17議席を獲得する「躍進」。

◎ 知り合い
神奈川県横須賀市議会選挙、同市の同性パートナーシップ制度の導入に尽力された藤野英明候補(無所属・現職)が、3692票(13位)で当選。
おめでとうございます。

愛知県蒲郡市議会選挙、Facebookで「友達」藤田裕喜( ふじたひろき:無所属新人)さんが見事、当選(1188票、定数20で18位)。

おめでとうございます。
頑張っている人が、夢を実現するのは、うれしい。


nice!(0)  コメント(0) 

統一地方選挙(前半) [政治・選挙]

4月7日(日)

自分が投票した候補は全員当選。
神奈川県議選で立憲民主党が議席を大きく伸ばす(+12議席)。

群馬県議選・伊勢崎市選挙区(定数5・立候補者6)
FB友達の加賀谷富士子候補(立憲民主党・現職)が、投票率は5.67%も下がる中、前回より3240も票を伸ばしてトップ当選。
加賀谷富士子56669555_2166187740129084_7908966298858553344_n.jpg

おめでとうございます!
地域に根差した地道な活動が認められたのだと思います。
ますますのご活躍を期待しています。

首都圏(神奈川・埼玉・千葉)の県会議員選挙。
選挙前に比べて、

自由民主党 -6
立憲民主党 +16
国民民主党 -5
公明党   -1
共産党   ー3

同じく、政令都市議員選挙
自由民主党 +5
立憲民主党 +11
国民民主党 -6
公明党   -1
共産党   ー2

41都道府県議会選挙の結果
自民      1158
公明       166
立憲民主     118(+29)
共産        99(- 7)
国民民主      83(-59)
社民        22
日本維新の会    16
大阪維新を含む諸派 79
無所属      536

17政令市議選の結果
自民       327
公明       171
共産       115(-21)
立憲民主      99(+23)
国民民主      33(-25)
日本維新の会    16
社民         4
大阪維新を含む諸派 91
無所属      156

立憲民主党は、都道府県議会選挙で選挙前から29議席増。
逆に国民民主党は59議席減の惨敗。

共産党は、道府県議会議員選挙で、選挙前から7議席減らし、47の都道府県議会すべてで議席をもっていたが、今回、愛知県議会で議席を失う。
政令指定都市議会議員選挙では、選挙前から21議席減。

公明党は、道府県議選では全員当選したが、大阪市議会選挙と京都市議会選挙で各1人が落選し、候補者全員当選が崩れた。


nice!(0)  コメント(0) 

アメリカ中間選挙 [政治・選挙]

11月7日(水)

アメリカ中間選挙で、マイノリティの女性候補が躍進。

下院カンザス州3区で、民主党新人のシャリス・デービッズ候補が当選。
アメリカ先住民の女性で初めての連邦議会議員となる。
また、同性愛者(レズビアン)であることを公言している。

下院ミシガン州13区で、民主党新人のラシダ・トレイブ候補が当選。
パレスチナ移民の子。
下院ミネソタ州5区で、民主党新人のイルハン・オマル候補が圧勝。
ソマリア系で、2016年から州議会(下院)議員。
ともにイスラム教徒の女性としては初の連邦議会議員となる。

下院ニューヨーク州14区で、民主党新人のアレクサンドリア・オカシオコルテス候補が当選。
29歳の元バーテンダーで、2016年の大統領選で旋風を起こしたバーニー・サンダース上院議員の元ボランティアで、「民主社会主義者」を自任する。
女性最年少の連邦議会議員となる。

また、コロラド州知事選で、民主党のジャレッド・ポリス候補(下院議員)が当選確実。
アメリカ史上初のオープンリー・ゲイの知事となる。

なお、2016年にオレゴン州で、バイセクシュアルを公言しているケイト・ブラウン氏(民主党)が知事に就任している(知事の辞任にともない総務長官から就任)。
今回の改選で当選。

アメリカのLGBT施策は、州ごとの乖離がますます進みそう。

共和党が強い州は、トランプ大統領(黒幕はペンス副大統領)の政策に従って、LGBT、特に弱い立場のTへの抑圧を強めるのは確実。

民主党が強い州は、連邦政府の政策に逆らって、LGBTの人権擁護を進めるだろう。

アメリカはもともと合衆国(実態は合州国)だからなぁ。
抑圧の強い州のTは、そうでない州に脱出するしかない。
ひどい話だけど。

nice!(0)  コメント(0) 

沖縄県知事選(30日投開票)の情勢 [政治・選挙]

9月24日(月・休)

沖縄県知事選(30日投開票)の情勢。

【朝日新聞&沖縄タイムス】
玉城氏リード、佐喜真氏激しく追う

【読売新聞】
玉城、佐喜真氏激しく競る

【共同通信】
玉城、佐喜真両氏が互角

選挙情勢の報道では、接戦の場合もわずかにリードしている候補の名前が前に来るのが慣例。
う~ん、ちょっと意外。

(註)「意外」というのは、「どちらに勝ってほしい」という意味ではなく、「純粋に選挙予想的に」。
nice!(0)  コメント(0) 

米朝会談 [政治・選挙]

6月12日(火)

宿敵アメリカと対等な立場で会談して、金王朝の支配体制を承認させることは、北朝鮮の長年の悲願。

お祖父様(金日成主席)もお父様(金正日将軍)もできなかったことを、30代の若さで成し遂げたのだから三代目様(金正恩委員長)はたいしたもの。

というか、北朝鮮にまんまと乗せられたトランプ大統領が大馬鹿なんだけどね。

さあ、「朝鮮半島の非核化」が達成されたら、次は「南進統一」だ!

戦車に乗って南進に向かう金正恩委員長を、ソウル北郊の「迎恩門」跡で、三跪九叩頭の礼で迎える文在寅大統領の姿が目に浮かぶ。


nice!(1)  コメント(1) 

衆議院総選挙の予想の「答え合わせ」 [政治・選挙]

10月28日(土)

遅まきながら、第48回衆議院総選挙の予想の「答え合わせ」。
小選挙区の予想は、289選挙区中19選挙区外れ(的中率93.4%)

前回(2014年12月)が295選挙区中26選挙区外れ(的中率88.1%)、前々回(2012年12月)が300選挙区中16選挙区外れ(的中率94.7%)なので、まずまずともいえるが、目標は的中95%以上なので、「予想屋」としては、今回も敗北。

敗因は、無所属候補の集票力を読み切れなかったこと。
19の外れの内、8選挙区もあった。

【小選挙区】(右が予想、左が当選者)
自民党が当選と予想して外れ  10選挙区
埼玉6区 △中根一幸(自民前) ▲大島 敦(希望前)*
東京1区 △山田美樹(自民前) ▲海江田万里(立民元)*
東京18区 △土屋正忠(自民前) ▲菅 直人(立民前)*
新潟2区 △細田健一(自民前) ▲鷲尾英一郎(無所属前)*
愛知7区 △鈴木淳司(自民前) ▲山尾志桜里(無所属前)*
広島6区 △小島敏文(自前前) ▲佐藤公治(希望元)*
高知2区 △山本有三(自民前) ▲広田 一(無所属新)
佐賀2区 △古川 康(自民前) ▲大串博志(希望前)*
長崎1区 △富岡 勉(自民前) ▲西岡秀子(希望新)*
鹿児島1区 △保岡宏武(自民前)▲川内博史(立民元)*

希望の党が当選と予想して外れ  3選挙区
千葉1区 △田島 要(希望前) ▲門山宏哲(自民前)*
京都6区 △山井和則(希望前) ▲安藤 裕(自民前)*
奈良1区 △馬淵澄夫(希望前) ▲小林茂樹(自民元)

維新の党が当選と予想して外れ 1選挙区
大阪9区 △足立康史(維新前) ▲原田憲治(自民前)*

無所属が当選と予想して外れ 4選挙区
宮城2区 △鎌田さゆり(無所属元)▲秋葉賢也(自民前)*
神奈川4区 △浅尾慶一郎(無所属前)▲早稲田夕季(立民新)*
山梨2区 △長崎幸太郎(無所属前)▲堀内詔子(無所属前)
滋賀1区 △嘉田由紀子(無所属新) ▲大岡敏孝(自民前)
沖縄4区 △仲里利信(無所属前) ▲西銘恒三郎(自民前)*

【比例】
立憲民主党の大躍進、その分、公明党の落ち込み、共産党の不振を読み切れなかった。

【獲得議席数】(追加公認を含まず)
       予想         実際
自民 280(218・62) 281(215・68) + 1
立民  45( 13・32)  54( 17・37) + 9
希望  51( 16・35)  50( 18・32) - 1
公明  33(  8・25)  29(  8・21) - 4
共産  18(  1・17)  12(  1・11) ― 6
維新  11(  6・ 5)  11(  3・ 8)  ◎
社民   2(  1・ 1)   2(  1・ 1)  ◎
無所属 25( 25・ 0)  22( 22・ 0) - 3
------------------------------------------------------------------------------------
合計  465(289・176)

自民党と希望の党は、誤差1議席で、まあ許容の範囲。
今回の総選挙は、民進党と希望の党の大混乱で、情勢が二転三転して、予想はとても難しかった。
しかし、立憲民主党の発足と大躍進で、大いに楽しめた。

nice!(0)  コメント(0) 

私は応援する [政治・選挙]

10月23日(月)

テレビ朝日「報道ステーション」に立憲民主党の枝野幸男代表が生出演して「数合わせの野党再編には与しない」「政治理念が一致すれば来るものは拒まない」と言明。

それでいいと思う。
小さくても明確な旗を立てたのだから、その旗のもとに集まる人たちで頑張ればいい。
私は応援する。

nice!(0)  コメント(0) 

衆議院総選挙、開票 [政治・選挙]

10月22日(日)

【20時】
NHKニュース、立憲民主党の枝野幸男代表(埼玉5区)の当確を報じる。
長妻昭代表代行(東京7区)も当確。
河野太郎外務大臣(神奈川15区)、江田憲司元民進党代表代行(神奈川8区)も。

自民  253~300議席 単独過半数確実
公明  27~36議席
希望  38~59議席
維新  7~18議席
立憲民主 44~67議席 大躍進
共産  8~14議席 大きく議席を減らす予測。
社民  1~2議席
無所属 20~29議席

東京5区(目黒区)、立憲民主の手塚君が行けそうだ。
東京10区(豊島区など)の希望の小池代表の最側近若狭勝候補は大敗する情勢。
この感じだと、比例復活も難しいかも。

東京、自民党が強いなぁ。
7区は立憲民主党の長妻代表代行が当確。
5区(手塚くん)・18区(菅さん)も立憲民主が取れそう。
1区(海江田さん)・19区(末松さん)・22区(山花さん)は自民と立民が、21区は自民と希望(長島さん)の競り合い。

愛知17区、山尾志桜里候補(無所属前)、スキャンダル→離党でまさに「背水の陣」だったが、行けそう。

北海道10区は出口調査で立憲民主の新人候補が公明党前職をわずかにリード。

高知2区は番狂わせ。
無所属新人の広田一候補(元民主党参議院議員)が、自民党の山本有二元農林大臣に圧勝。

大阪10区、立憲民主党前職の辻元清美候補が当選確実。
自民、維新候補に圧勝。

【21時】
比例北関東ブロック、立憲民主4議席が当確に。
枝野代表が小選挙区で議席を確保したので、名簿5位の大河原雅子候補(元民主党参議院議員)まで議席が回りそう。

【23時】
立憲民主党、北海道10区は公明前職に、東京16区は自民前職に競り負け。

東京18区、立憲民主党の菅直人候補が当選確実。
1040票の僅差。
前回、前々回、小選挙区で及ばず、比例東京ブロックの最後の議席に滑りこんだことを思うと、感慨深い。

東京1区、立憲民主党の元職海江田万里候補が当選確実。
自民党前職を僅差で振り切る。
民主党代表で落選して以来の国政復帰。

神奈川4区、立憲民主党新人の早稲田夕季候補が、無所属前職(元みんなの党代表)の浅尾慶一郎候補、自民党前職に競り勝つ。
神奈川6区、立憲民主党の青柳陽一郎候補が、公明党前職に勝利。
公明党の小選挙区全勝を阻む。

【0時】
立憲民主党、0時時点で47議席、希望の党は40議席。
その差、7議席。
小選挙区の残りは少なくなっているので、第2党(野党第1党)は立憲民主党が有力。

0時半の時点で、立憲民主党49議席。
あと1つ!

立憲民主党、比例近畿ブロック、立憲民主党の尾辻かな子候補、当選確実!
おめでとうございます。

神奈川12区、立憲民主党の阿部知子候補が当確。
よかった!
これで神奈川県の小選挙区、立憲民主党は3つ取った。
比例南関東ブロックも5議席を取った。

【1時】
愛知7区、無所属前職の山尾志桜里候補が当確。
大逆風の「背水の陣」で勝ち上がる、この人、強いなぁ。

鹿児島1区、立憲民主党の元職、川内博史候補が、自民党の保岡ジュニアを僅差で破る。
これで立憲民主党は50議席に到達!
もう1つ、比例北海道ブロックで3つ目が取れそう。

共産党、現在11議席。
あと、比例で1議席、取れるか?
現有21議席を大きく減らす厳しい結果に。
比例東京ブロックで池内沙織さんを落としたのは惜しい。

1時45分、自民+公明党で、3分の2(310議席)を上回る。

第2党(野党第1党)争いが熾烈。
現在、立憲民主党50議席、希望の党49議席。
台風の影響で開票確定が明日に持ち越された佐賀2区で、希望の大串博志候補がリードしているので+1の可能性大。
立憲民主党は、あと比例北海道と近畿ブロックで取れるかもしれない。
なんとか逃げ切れるかな。

【2時】
東京5区、立憲民主党の手塚仁雄君が最後の最後で自民党候補に競り負け。
ほんと勝負弱いなぁ。
これは痛い。
東京6区は、立憲民主党の落合貴之候補が自民党の越智隆雄候補に競り勝ち。

社民党、比例九州ブロックで議席を確保できそう。
でもギリギリかな。

【3時】
立憲民主党52議席。
希望の党の49議席(+1)を上回り、第2党(野党第1党)がほぼ確定。

【4時】
4時時点の議席数。()内は公示前勢力
自民 283 (284)
(追加公認を含む)
公明  29 ( 35)
---------------------
希望  49 ( 57)
維新   9 ( 14)
---------------------
立民  54 ( 15)
共産  12 ( 21)
社民   1 (  2)

無所属 23 ( 38)
残り   5

立憲民主党は、比例北関東、北陸信越、東海、四国で名簿の底までいった(つまり、立候補者全員当選)。
ここまで伸びるとは、さすがに予想できなかった。

比例の残り3議席。
ドント式で計算してみた。
南関東ブロックの残り1議席は、維新と立憲民主党の争い(維新が当選)。
九州ブロックの残り2議席は、維新、社民、自民の順で争う(維新と社民が当選)。

【23日16時】
ようやく議席確定。( )は公示前の議席との比較。
自民と立民は追加公認を含む。

自民 284(+ 1)
立民  55(+40)
希望  50(- 7)
公明  29(ー 6)
共産  12(ー 9)
維新  11(- 3)
社民   2(  0)
無所属 22(-16)

立憲民主党、東海ブロックで名簿が尽きて、1議席を自民党に譲渡。
ああ、もったいない。
人が足りなければ
「猫野三毛子 3歳 新 党職員補佐」
とか立てとけばよかったのに。
nice!(1)  コメント(10) 

「お化け」は出るか? [政治・選挙]

10月21日(土)

選挙の議席予想の世界で「お化け票」という言葉がある。
まったく予想できなかった大量の票がある政党(候補者)に集まり、当落線以下と思われた候補が一気に当選ラインを超えてくること。

古くは1994年総選挙の日本新党の躍進、2009年総選挙の民主党の大躍進(政権交代)、最近では昨年の東京都議会選挙の「都民ファースト」の大躍進など。

「お化け」が出る条件は以下のよう。
(1)支持率が急伸している政党(候補者)がある。
(2)有力とされる政党(候補者)の支持が堅くない。
(3)投票率が高くなる。

今回(1)(2)の条件は満たしている。
でも、残念ながら(3)が・・・。

安倍ちゃんはつくづく運が良い。


nice!(0)  コメント(0) 

衆議院総選挙の投票率は? [政治・選挙]

10月21日(土)

投票率、衆議院総選挙では史上最低・最悪になるかも。
衆院選投票率の推移.jpg
50%を割って、49%くらいかもしれない。
自民+公明党には、まさに「恵みの台風」。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 政治・選挙 ブログトップ