So-net無料ブログ作成
訃報・追悼 ブログトップ
前の10件 | -

ジャニー喜多川社長の訃報 [訃報・追悼]

7月10日(水)

占領期から1950年代高度経済成長期以前の日本で、米軍とコネクションがあることがどれだけ大きかったかは、たぶん現代の私たちの想像以上のものがある。

米軍関係者である象徴が、漢字と片仮名が混じる名前(通称)だった。

そういうコネクションから遠い(利益が得られない)人たちからすると、片仮名名前を名乗る連中は「胡散臭い奴ら」だった。

そうした側面や、アメリカ軍との関係が深いと推測される戦後の男性同性愛史の秘められた部分について、(無理なのは承知で)お話をうかがいたかった(合掌)。

----------------------------------------------------
ジャニー喜多川社長が死去、87歳生涯現役貫き逝く

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が9日午後4時47分、都内の病院で、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂による、くも膜下出血のため死去した。87歳だった。

通夜、告別式については「タレントたちとJr.のみで執り行う家族葬」という。別途、お別れの機会も設ける予定。同事務所が書面でマスコミ各社に発表した。ジャニーズの文化を作り上げ、SMAPや嵐など数多くのスターを世に送り出し、生涯現役を貫いたエンターテインメント界の一大功労者が、2度目の東京五輪を迎える前に逝った。

ジャニー氏は先月18日に、自宅で体調の異変を訴え、病院に向かおうとしたところ意識を失い、救急搬送された。懸命な救命措置の結果、集中治療室(ICU)から一般病棟に移っていた。

病室には新旧さまざまな楽曲が流され、近藤真彦(54)、東山紀之(52)、木村拓哉(46)中居正広(46)や嵐のメンバーをはじめ、ジャニーズJr.を含む、ほぼすべての事務所所属タレントが次々に見舞いに訪れ続けた。この間、危険な状態に陥ることもあったが、タレントたちが呼びかけ、体をさすったりすると、一時的に容体が回復することが繰り返されていたという。

入院については今月1日に、嵐の展覧会の会見前、メンバーを代表して松本潤(35)が「1日も早く、元気に回復してくれることを祈っています」と伝えていた。以降、東山や国分太一(44)らが、会見や情報番組などを通じてジャニー氏への思いを語っていた。

1931年(昭6)、米ロサンゼルス生まれ。33年に一家で日本に戻り、第二次世界大戦が起きると和歌山に疎開。空襲も経験した。終戦後は米に渡ったが、その後再び日本に帰った。62年にはジャニーズ事務所を設立し、同年あおい輝彦(71)ら4人組グループ「ジャニーズ」をデビューさせた。

その後、少年隊、SMAP、TOKIO、V6、KinKi Kids、嵐、関ジャニ∞など、数々の人気アイドルを世に送り出した。ギネスブックに「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」「最も多くのNO・1シングルをプロデュースした人物」「チャート1位を獲得した歌手を最も多くプロデュースした人物」の3部門で認定された。メディアに登場することはなく、伝説的な存在であり続けた。

作品のプロデュース業にも情熱を注いだ。「ドリームボーイズ」「ジャニーズ・アイランド」などの舞台で、作・構成・演出などを手がけた。今年3月公開の映画「少年たち」では製作総指揮を務めた。舞台の稽古場には頻繁に足を運び、リハーサルや本番も毎日のように見守った。演出などを改善、変更する指示を出し続けた。

一方で、最近のジャニー氏は、記者の取材に応じた際、自身の体調について明かすこともあった。SMAP独立問題が明らかになった16年1月に入院していたことも、後日明かしている。「病気なんですよ」と口にし、冗談っぽく笑うこともあった。スタッフに支えられながら立ち上がり、車いすを使うことも増えた。時折言葉がこもってしまうこともあり、「思うようにしゃべれなくなってるんです。(体調が)良くないんですよ」とも話していた。

来年の東京五輪にも思いをはせていた。「僕は、3回五輪を経験しているんですよ」。32年と84年のロサンゼルス五輪、そして64年の東京五輪だ。来年の五輪期間中には「Endless SHOCK」「少年たち」などの舞台を特別上演するプランも明かしていた。「日本の文化のすばらしさを世界の方々に見てもらわないと。おもてなしですよ」と待ちわびていた。

倒れる前日の先月17日には、ジャニーズJr.らが出演するNHKBSプレミアム「ザ少年倶楽部」の収録を訪れていた。ほかにも連日、ライブイベントのリハーサルや、舞台の稽古現場を訪れ、積極的に指示を出したりスタッフと打ち合わせをしたりしていたという。プロデューサーとして生涯現役を貫いた人生だった。

「日刊スポーツ」2019年7月9日23時30分
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907090001384.html?fbclid=IwAR3XpJSBF9oeaz6LYn0wtEe07ajqLteF2qxyEc06aPpjlbx9XMfEL-abvjQ

nice!(0)  コメント(0) 

「ルパン三世」の漫画家モンキー・パンチさん逝去 [訃報・追悼]

4月17日(水)

モンキー・パンチ先生描く「ルパン三世」の峰不二子は、1990年代の女装者に人気のキャラクターだった。
峰不二子.jpg
不二子のセクシーな美貌と、男に負けない高い戦闘力は、90年代の女装者の理想像だったと思う。
(実際、峰不二子を名乗る有名女装者もいた)

モンキー・パンチ先生、ありがとうございました(合掌)

-------------------------------------------------------------
モンキー・パンチさん死去 日テレ、追悼でルパン放映

「ルパン三世」の原作者で、漫画家のモンキー・パンチ(本名加藤一彦〈かとう・かずひこ〉)さんが11日午後7時26分、肺炎のため死去した。81歳だった。葬儀は近親者で済ませ、後日、しのぶ会を開く予定。

北海道生まれ。高校卒業後、上京してデビュー。1967年、「漫画アクション」(双葉社)で「ルパン三世」の連載を始めた。米国の漫画やイラストの影響を受けたシャープで荒々しいタッチが特色。71年にテレビアニメ化され、世界を股にかける怪盗ルパン三世をはじめ、次元大介、石川五エ門、峰不二子、銭形警部ら魅力的なキャラクターで大きな人気を呼んだ。

アニメはその後も、続編のシリーズや、宮崎駿監督が手がけた「カリオストロの城」(79年)などの映画版、テレビ特番が継続的に制作され、世代を超えて愛されている。2014年には実写映画化、15年には宝塚歌劇にもなった。

作品はほかに「一宿一飯」など。漫画の制作に、パソコンやペンタブレットなどデジタル技術を早くから取り入れたことでも知られる。デジタルマンガ協会の設立を呼びかけて会長も務めた他、03年には東京工科大大学院に入学するなど晩年まで様々な表現に取り組んだ。
     ◇
日本テレビは17日、モンキー・パンチさんの訃報(ふほう)を受け、19日の「金曜ロードSHOW!」(日テレ系、午後9時)の放送予定を変更し、映画「ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)」(1978年)を放送すると発表した。

『朝日新聞』2019年4月17日10時18分
https://www.asahi.com/articles/ASM4K2PGGM4KUTIL001.html
nice!(1)  コメント(0) 

「白覆面の魔王」逝く [訃報・追悼]

3月8日(金)

覆面プロレスラーのザ・デストロイヤーさん(Richard John Beyer氏)が亡くなった。
88歳、家族に看取られての大往生。

後年、バラエティ番組などに出演して、視聴者に親しまれたが、私の世代は1963年5月24日の力道山との死闘を覚えているはず。
BBUvH10.jpg
がっちり決まった「足4の字固め(Figure-Four Leglock)」。
あの力道山がどんなにもがいても外れない(力道山とは1勝1敗2分)。
ほんとうに怖かった。
まさに「魔王」だった。

レスラーとしては、1960年代前半が全盛期で、1962年7月27日、フレッド・ブラッシーを破りWWA世界ヘビー級王座を獲得し、覆面レスラーとしては初の世界チャンピオンになった。
その後、1964年にも2度にわたって同王座を奪取、通算3回のWWA世界ヘビー級王者に就いた超一流レスラーだった。


nice!(1)  コメント(0) 

旅行家・兼高かおるさんが逝去。90歳 [訃報・追悼]

1月9日(水)

旅行家・ジャーナリストの兼高かおるさんが逝去。90歳。
兼高かおる世界の旅.jpg
「兼高かおる世界の旅」(1959~1990年)は、私の子供~青年期の日曜日の朝の楽しみの1つだった。
この番組のファンだった母と、いつもいっしょに見ていた記憶がある。

あの世代では珍しい日印ハーフの美貌と、上品な女性言葉が印象的な方だった(合掌)。

昭和が、またひとつ遠くなった。

nice!(0)  コメント(0) 

8月3日(金)義父の葬儀 [訃報・追悼]

8月3日(金)  晴れ  東京  35.4度  湿度67%(15時)

猛暑の中、義父の葬儀(家族葬)。

ウチ(中原区)は津田山の川崎北部斎苑が近いのだけど、川崎市北部は、火葬需要が多く、ともかく混む。
今回もスケジュールを確認したら「5日になります」とのこと。
30日夕の逝去だから、それだと中5日になる。
義母の時も中5日で、ずいぶん待たされた気がした。

で、「川崎南部斎苑(川崎区夜光=埋立地)はどうでしょうか?」と、家猫さんを通じて質問したら、「それなら3日になります」とのこと。

で、今日(3日)にした。

葬祭場は蒲田(東京都大田区)。
蒲田から川崎の埋め立て地の火葬場に向かうルートは、環状八号線を羽田方面に向かい、大鳥居で産業道路に入り、大師橋を渡った。

家猫さんが大学2年まで義父一家は、長らく羽田の方(萩中)に住んでいたので、頼んだわけでもないのに、霊柩車が義父の所縁の地を通ることになり、とても良かった。

という訳で、無事に送ることができた。

今日の義父の葬儀でわかったこと。

完全無宗教でやっているはずなのに、白の手甲脚絆に頭陀袋&白木の杖の死装束で、手には数珠を持たせ、頭陀袋には「三途の川の渡し賃」の六文銭(のコピー)を入れる。

これって、どう考えても仏教の地獄観に基づく習俗ではないだろうか?

それと、出棺の時、棺を運ぶのは男性だけ。
(ウチは息子だけ)
女性は最初から別の立ち位置に案内される。

これも、伝統的な葬送習俗といえばそうだけど、今の時代(21世紀)でここまではっきり男女の役割(Gender Role)を固定されると、やっぱり「なんだかなぁ」と思ってしまう。


nice!(0)  コメント(0) 

枕団子 [訃報・追悼]

7月31日(火)
IMG_3028.JPG
義父への感謝の気持ちを込めて「枕団子」を作る。
nice!(0)  コメント(0) 

義父のこと [訃報・追悼]

7月30日(月)

今夕、94歳で亡くなった義父は、戦争末期の徴兵で、陸軍歩兵第21連隊(主力が南方に派遣された留守部隊)に編入され、島根県浜田市にいた。

1945年8月初、部隊の半分が広島市に移動。
そして、8月6日に投下された原子爆弾で大きな被害を受けた。

幸いにも、義父は浜田に残存した中隊に属していて、8月15日、無事に終戦を迎えることができた。

もし、広島に移動した中隊に属していたら、原爆で命を失っていた可能性が高い。

そうなっていたら、結婚して一人娘(家猫さん)が生まれることはなく、私は生涯のパートナーに出会うことはなかった。

人の生死は、けっこう偶然に左右される。
人の出会いは、いくつもの偶然が重なった結果なのだ。
それを「縁(えにし)」と言う。

nice!(0)  コメント(0) 

義父、逝去。93歳 [訃報・追悼]

7月30日(月)

7月30日、16時30分頃、義父、逝去。93歳。

昨秋頃から咳がひどくなり、4月に肺癌の診断、その後の精密検査で小脳への転移が判明。

年齢も考えて、治療はしなかった。

夏は越せない、おそらく8月上旬、長く持っても義母の命日の8月20日頃と思っていたが、少し早かった。

でも、この10日ほどは、痛みがひどくて(肋骨に転移していたようだ)かわいそうだったので、苦しむ期間が少しは短く済んだと思えば、よかったのかもしれない。
看取りの期間(約3週間)があり、家族それぞれ覚悟ができていた。

最期は眠った状態で逝ったようで、安らかな顔だった。

長い間、お疲れさまでした。
そして、いろいろ、ありがとうございました

これで、実母、実父、義母、義父の四親を無事に見送ることができた。
しかも全員、入院させることなく、自宅で送れた。
今時、ちょっと珍しいかも。

安堵すると同時に、次は自分の番なのだと思う。


nice!(1)  コメント(2) 

歌手の西城秀樹さん、逝去(63歳 [訃報・追悼]

5月17日(木)

歌手の西城秀樹さん、逝去(63歳)。
同世代・同年齢(1955年生)なのでショック(合掌)。
「ヤングマン」(YMCA)の元気なイメージと違って、40代後半から何度も脳梗塞を発症するなど、以前から多病だったからなぁ。

急性心不全という死因だが、心筋梗塞の可能性が強いと思う。
血栓・梗塞が起きやすい状態だったのだろう。
それが先天的(遺伝的)な体質なのか、生活習慣に由来する後天的なものなのか、わからないが・・・。

西城秀樹の逝去で「新御三家」の一角が崩れたけど、元祖「御三家」は健在。
やっぱり、私の世代は、上の世代のように長生きできないのだろうな。

「御三家」
橋 幸夫 1943年5月3日生(75歳)
舟木一夫 1944年12月12日 生(73歳)
西郷輝彦 1947年2月5日 生(71歳)

「新御三家」
西城秀樹 1955年4月13日(63歳)逝去
野口五郎 1956年2月23日(62歳)
郷ひろみ 1955年10月18日(62歳)

「たのきんトリオ」
田原俊彦 1961年2月28日生(57歳)
近藤真彦 1964年7月19日生(53歳)
野村義男 1964年10月26日生(53歳)
nice!(0)  コメント(0) 

俳人の金子兜太さん、逝去 [訃報・追悼]

2月21日(水)

俳人で文化功労者の金子兜太さん、逝去。

高校の大先輩。
亡母の知人。
その縁もあって一度だけ俳句の添削指導をしていただいたことがある。
98歳は大往生だと思う(合掌)
------------------------------------------------
金子兜太さん死去=現代俳句の旗手、文化功労者―98歳

俳人で文化功労者の金子兜太(かねこ・とうた)さんが20日午後11時47分、急性呼吸促迫症候群のため、埼玉県熊谷市の病院で死去した。98歳だった。

先鋭かつ骨太な作風で戦後の現代俳句をリードし、豪放な発言と人柄でも人気を呼んだ俳人で文化功労者の金子兜太(かねこ・とうた)さんが20日午後11時47分、急性呼吸促迫症候群のため、埼玉県熊谷市の病院で死去した。

98歳だった。葬儀は近親者で営む。喪主は長男真土(まつち)さん。

埼玉県小川町生まれ。同皆野町に育った。父の影響で作句を始め、学生時代から俳誌「寒雷」などに投句、加藤楸邨に師事した。

1943年東京帝国大を繰り上げ卒業し日本銀行入行後、海軍に任官。トラック諸島(現チューク諸島)で餓死者などが相次ぐ中、終戦を迎えた。46年帰国。日銀に復職する一方、作句活動に力を入れ、時々の社会問題を積極的に詠み込む「社会性俳句」の旗手として、56年現代俳句協会賞を受賞した。

季語や五七五の形式にとらわれず、先鋭な隠喩表現を重視する「造型俳句論」を提唱。「彎(わん)曲し火傷(かしょう)し爆心地のマラソン」に代表される「前衛俳句」の第一人者として活躍し、62年に俳誌「海程」を創刊。85年には自ら主宰となり、写生重視、花鳥諷詠を旨とする伝統派に鋭く対抗した。

やがて小林一茶らの研究を通じ、作風も自らの産土(うぶすな)秩父の風土や、さまざまな命との交感の思いを濃厚に打ち出すようになり、「梅咲いて庭中に青鮫が来ている」「おおかみに螢が一つ付いていた」などの作で話題を呼んだ。83年から現代俳句協会会長、2000年から名誉会長を務め、俳句の大衆化にも貢献した。

豪放で野趣に富んだ人柄の魅力から90歳を過ぎても作句、対談などで幅広く活躍。15~17年には中日新聞などの紙上で作家のいとうせいこうさんらと「平和の俳句」選者も務めた。

句集に「少年」「金子兜太句集」「遊牧集」「両神」「日常」、著書に「今日の俳句」「荒凡夫(あらぼんぷ) 一茶」など。05年より日本芸術院会員、08年文化功労者。

17年には主宰誌「海程」を自身が99歳となる今年9月で終刊する意向を表明していた。


「時事通信」2018年2月21日(水) 1:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000012-jij-soci


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 訃報・追悼 ブログトップ