So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
現代の性(同性愛・L/G/B/T) ブログトップ
前の10件 | -

東京都の「人権尊重条例」が成立 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月5日(金)

LGBTへの差別の禁止 やヘイトスピーチの規制を定めた東京都の「人権尊重条例」が、5日、都議会で可決・成立。

パブリックコメントで「性的指向や性自認による不当な差別的取り扱いの禁止」(差別禁止条項・罰則はなし)が入ったことは、大きな成果。

2020東京五輪の開催を梃子に、欧米の人権感覚に少しでも近づく形で条例化を進めることは、次の段階として、国レベルの法制化の雛形になると思う。

-----------------------------------------------------
LGBTなどへの差別禁止、人権尊重条例が都議会で成立

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ヘイトスピーチを規制し、LGBTなどへの差別を禁止する『人権尊重条例』が、東京都議会で可決・成立しました。

「多種多様な個性が輝いて、活力あふれる東京の実現にまい進したいと考えています」(小池百合子都知事)

5日、都議会で可決・成立した『人権尊重条例』は、ヘイトスピーチの規制やLGBTへの差別の禁止をうたったもので、ヘイトスピーチを規制する条例の成立は都道府県では初めてです。

公共施設の利用を制限できるなど強制力を持った内容となっていて、一部の有識者からは、「表現の自由を侵害する」などと懸念の声もあがっていますが、小池都知事は会見で、第三者の意見を踏まえて適切な運用を進める考えを示しました。

「制限の運用においても、第三者機関で審査会の意見を踏まえ判断する」(小池百合子都知事)

東京都は来年4月の全面施行を目指したいとしています。

「TBSニュース」2018年10月5日
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3491065.html



nice!(1)  コメント(0) 

琴電に「OUT IN JAPAN」の電車 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月3日(水)

高松琴平電気鉄道(琴電)に「OUT IN JAPAN Setouchi」の広報のためのラッピング電車が登場。
琴電1.jpg
私も小さくだけどいる(大きく写っている人の右下3人目)。
琴電2.jpg
電車好きなので、うれしい!。

nice!(0)  コメント(0) 

「東京都LGBT条例」、委員会を通過 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

10月3日(水)

東京都議会総務委員会で「東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念実現のための条例案」(東京都LGBT条例)が可決 。
自民党以外の全会派の賛成。
本会議での採決は10月5日(金)午後の予定。

「性的指向や性自認による不当な差別的取り扱いの禁止」(差別禁止条項)が入ったことで、一定の評価はできる。
条例がないよりだいぶマシになった。

このまま本会議で可決・成立することを願う。
nice!(0)  コメント(0) 

『新潮45』の休刊 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月25日(火)

思いのほか早く、矢来町(新潮社の所在地)に「白旗」が上がってしまった。

私は、言論の自由という観点から、雑誌の廃刊を要求することには反対する。
それは、言論人の端くれとして、自殺行為に等しいからだ。
気に入らない論考を載せた右派系の雑誌を事実上の廃刊に追い込んで溜飲を下げている人たち、その立場が逆になったら、どうするつもりだろう?

今回の『新潮45』の騒動は、売れなくなって雑誌が、右寄りの極論に走り、かつ、本来、掲載されるレベルではない事実誤認と差別感情むき出しの駄文まで載せてしまい、結果、世論、マスメディアの批判を浴び、文藝出版社として長い伝統がある社名を汚すことになった。

早い話、たいした利益も上げていない媒体(おそらく単体では赤字だと思う)が、会社全体のマイナスイメージの原因になり、すっかり社内的なリスクになってしまった、だからあっさり「切り捨て」という経営判断に至ったということだろう。

誰かが言っていたが、炎上商法のつもりが、大火事になり、大慌てで鎮火に走ったということだろう。
経営判断であって、別に思想的な深い反省があってのことではないと思う。

---------------------------------------------------------------------
<新潮45休刊>突然の決断、予想超えた批判

性的少数者(LGBTなど)への差別的な表現について批判を受けていた月刊誌「新潮45」が25日、最新号の発売からわずか1週間、また佐藤隆信社長によるコメント発表から4日で休刊に追い込まれた。回収や続刊号での謝罪などを飛び越えた突然の決断の背景には、同社の予想を超えた批判の広がりがある。

出版不況を背景に「右傾化路線」を取る出版物は増加傾向にあり、「新潮45」も反リベラル色を強めてきた。だが、保守系の雑誌だけで経営している出版社と異なり、文芸が中軸の新潮社がマイノリティーを蔑視しているととれる極端な特集を組んだことの波紋は大きかった。経営面への影響も懸念され、同社は迅速な処理をせざるを得なかった。

ノンフィクション作家で同誌に多数の作品を発表してきた石井光太さんは「総合月刊誌が生き残るためには、ある程度偏った固定層の読者を確保する必要がある。そうでなければ、経営的に雑誌自体が立ちゆかない。『新潮45』はノンフィクションを載せる数少ない老舗月刊誌。そうした苦渋の中、バランスを保って刊行してきたが、今回はそれを崩してしまった」とみる。

過度に偏らない編集が可能なのか。石井さんは「新潮社だけでなく、出版界全体の課題」と話している。また出版ニュース社の清田義昭代表は「文芸出版社から始まった新潮社は、もともと政治とは一定の距離を置いていた。だが、経営的に厳しいところから、話題になるような右傾化した特集を選んだのではないか」と指摘。その上で「今回の『休刊』は、ヘイト的な表現を許すような世の中の風潮ではなくなったことを示している。LGBTなどマイノリティーへの差別に対する人々の意識の高まりを感じる」と話した。

記事の内容についての批判を受け、雑誌が廃刊に至った例は1995年、ホロコーストを否認する特集を組み国内外の批判を受けた月刊誌「マルコポーロ」(文芸春秋)がある。【大原一城、最上聡】

◇出版社の責任を放棄
特集に寄稿した教育研究者、藤岡信勝・元東京大教授の話 新潮社の声明には特集に「常識を逸脱した偏見」があったとしているが、7人の筆者のうち誰のどの部分が該当するのか明らかにしないのは卑劣だ。また圧力をかければ、雑誌の一つくらい吹っ飛ぶ、という前例を作ってしまった。言論の自由を守るべき出版社の責任を放棄している。

◇論戦の場失い損失 過去に「新潮45」に連載を持っていた評論家の武田徹・専修大教授の話 今回の企画が弱い立場の人たちを傷つけるグロテスクな言論であったことは認めざるを得ない。雑誌ジャーナリズムは、人間や社会の醜い部分をあえて見せ、議論を巻き起こすことで存在価値を示す傾向があったが、徐々に節度を見失った面があったのだろう。とはいえ、言論を戦わせる舞台としての雑誌の存在までなくした損失は大きい。批判する人たちは、同誌に反論の場を用意するよう求めるなど、慎重な対応があってもよかった。議論はまさにこれからなのに残念だ。

◇圧力強まる契機に
近現代史研究者、辻田真佐憲さんの話 いきなり休刊という対応は極端だ。次号で編集長の見解を示したり、LGBTの問題に理解のある人物に寄稿を求めるなど多様な意見を紹介したり、言論で対応すべきだった。杉田(水脈)議員も何の反論もしていない。今回の件は言論弾圧ではないが、小川(栄太郎)氏らを支持する人々には、そう主張する口実を与えることになる。「何か問題があったら即休刊」なら、今後リベラル系の雑誌が問題を起こした時も、圧力が強まる結果になるだろう。
.
『毎日新聞』2018年:9月25日(火) 22:45最終更新


nice!(0)  コメント(0) 

前のめりに倒れて逝くのなら本望ではないか [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月21日(金)

たかが頭の悪い右翼政治家の尻馬に乗っている右派系雑誌が少し売れたくらいで、こういう(↓)発想になってしまうのは、つくづく「負け犬」根性。
-----------------------------------------------------
つっちー @onilez
LGBTブーム、中の人たちはオリンピックまでイケイケで頑張るんだろうと思ってたけど、ずっと手前でバックラッシュが到来してしまったな。
-----------------------------------------------------

そんなことでは、世の中は変わらない。
どんな向かい風の中でも、自分が生きやすくなるように少しでも前に進む。
私はそれを23年間やってきた。
これからも、そうする。
前のめりに倒れて逝くのなら、それで本望。

2014年以前の日本のLGの「運動」は「府中青年の家裁判」は例外として、社会を変えるという意味で、ほとんど成果を上げられなかった。

なにしろ連戦連敗だから、すっかり負けることに慣れてしまった。
「うがー!」とか叫んだり、「どいつもこいつも!」と不満を吐き散らしたり、他者を呪ったりするけれど、どうすれば少しでも前に進めるか、社会を変えることができるかを戦略的に考えることをしない癖がついてしまった。

でも、2015年以降の「運動」は違う。
少しずつでも着実に前に進んでいる。
その成果は、まだまだ不満足だし、スピードも遅いけれど、前に進んでいるのは間違いない。
不十分な点はいろいろあるが、「こうすれば、こうなる(社会が変わる)」という戦略もある。
カテゴリー間の「連帯」の仕方も大きく変わってきた。
なにより、社会、とりわけマスメディアのバックアップが、2014年以前とはまったく違う。

そうした変化についていけない、「負け犬根性」の古手の「活動家」は、もう退いてもらった方がいいと思う。

nice!(0)  コメント(0) 

『新潮45』の件、新潮社の見識 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月20日(木)

『新潮45』の件で、新潮社の見識を問う意見が多いが、今さら何を言ってるのだ?と思う。

この出版社の看板雑誌である『週刊新潮』は、2000年代初期のジェンダー・バックラッシュでも『正論』(産業経済新聞社)や『世界日報』などとつるんで中核的な役割を果たし、ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーなどの性的マイノリティに対しても常に批判的・揶揄的な編集姿勢を通してきた。
女性&マイノリティ嫌いの姿勢は、ほぼ一貫している。

私は、『週刊新潮』2003年1月30日号の誌面で、取材無しで一方的に名指し批判された、卑劣なやり口を決して忘れない。
(『世界日報』は私に直接取材して話を聞いた上での批判記事なので「見解の相違」として許せる)

新潮社を弁護すれば、なにも最近急に見識が劣化したわけではない。
もうかなり以前(少なくとも20年近く前)から、見識が歪んでいるのだ。

今回の件は、いよいよ経営的に行き詰って、マイノリティ嫌いの人に媚びて売り上げを伸ばそうと、「マイノリティ叩き」が露骨になっただけだと思う。

nice!(0)  コメント(0) 

レズビアンのトランスウーマン排除の論理は不当 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月20日(木)

1週間ほど前の、あるミニ・フォーラムで、女性の定義を、生まれた時の身体の性や戸籍の性別に求めて、トランスウーマンを排除し、その理由としてトランスウーマンを性犯罪の加害者として見なすレズビアン業界の旧態依然たる姿勢を、批判的でなく容認的に語られたことに、すごく腹が立った。

しかも「新宿二丁目の歴史地理」というテーマと直接関係ないことなのに、最後に言い出した。

反論は、畑野とまとさんに任せようかと思ったのだけど、どうにも腹が立って発言してしまった。
そうしたら、「いついつ大阪のレズビアンバーでそういう事件があった」と反論してきた。

稀にそうした性犯罪者的なトランスウーマンがいたとしても、それを根拠にトランスウーマン全体を虞犯者視して排除するのは、典型的な差別の手法ではないか!

「イスラム教徒が爆弾を仕掛けた。だからイスラム教徒は入国禁止!」というトランプ大統領や、
「中国人の1人が盗みをしたから、中国人は泥棒だ。日本から出ていけ!」というネット右翼の連中と同じ理屈だ。
あるいは、お茶の水女子大のトランスウーマン受け入れ方針に反対した連中と同じ論理。

それがどれだけ差別的で、通用しない論理であるか、女性差別反対、レズビアン差別反対を主張する「活動家」を名乗る人が認識できないって、ほんとうに「馬鹿じゃね」と思った。

百歩譲って、古い業界の慣行はなかなか改まらないにしろ、仮にも「活動家」を名乗る人が、そうした差別的な旧態を容認していいのか?

その発言者が、二丁目の古いレズビアン・バー(トランスウーマンも含む男性の入店禁止)の営業形態に愛着があるのはわかるが、トランスウーマン排除の理由に「性暴力加害性」を持ち出すのが私は許せない。

ジェラードさん曰く、サンフランシスコのコミュニティでは1990年代にすでに解決済み(トランスウーマンは女性、トランスマンは男性)の話とのこと。

日々の学びを怠り、時代についていけなくなった(でも自分は業界の事情通と思いこんで能書き垂れる)「活動家」って害悪だと本気で思った。

nice!(0)  コメント(0) 

「足湯カフェ・どん浴」オープン記念・先行イベント・ トークライブ [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月17日(月・祝)

新宿二丁目の「足湯カフェ・どん浴」へ。
IMG_4041.JPGIMG_4042.JPG

オープン記念・先行イベントの トークライブ「新宿二丁目の 歴史・文化・地理研究会」でお話。
41941935_930401297151587_8337607831750443008_n.jpg
二丁目で1962年から営業している不動産屋「フタミ商事」の社長さんと、二丁目をフィールドに人文地理学を研究している大学院生・須崎成二さんと3人のトークで、いろいろ興味深いことを教えていただいた。
42059105_265383864312013_5362863806949097472_n.jpg

だけど、いちばん強烈な印象だったのは、自分の出番より少し早めに行って聞けた、3人の息子さんがいるレズビアン・マザーのお話「結婚と家族、私の選択~三児のL母より~」。

レズビアン・マザーの存在はもちろん知っていたが、やはり直接お話を聞くと、印象がまったく異なる。
多様な「家族」をイメージし、考える上で、とても勉強になった。

また、私の出番の後にお話された、二丁目でバーを営業されて25年の店主さん(組合の事務長さん)のお話も、二丁目で今なにが問題か?、何が変りつつあるかを知る上で、とても興味深かった。

学ぶことがたくさんあり、とても刺激的だった。
企画された「どん浴」の皆さん、ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

9月14日(金)ジェラード・コスコビッチさん講演会 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月14日(金)  曇り  東京  24.9度  湿度72%(15時)

13時前、中央大学・後楽園校舎へ。
「サンフランシスコGLBT博物館」ディレクターのジェラード・コスコビッチ(Gerard Koskovich)さんの講演を聴く。
IMG_3990 - コピー.JPG
通訳なしの英語だったので、細かいことはわからなったが、パワーポイント・スライドを見ただけで、とても充実したアーカーブと、すばらしい展示の博物館であることは、よくわかった。
いつか訪ねてみないと思った(無理だと思うけど)。
IMG_3991.JPG
IMG_3993.JPG
博物館の収蔵資料で、とくに注目したのは、オーラル・ヒストリー(LGBT当事者の語り500人分)と、プライベート・フィルム&ビデオなど2000時間分。
さらに、写真80000点。

プライベート・フィルム&ビデオはほとんど保存されていないと思う。
オーラル・ヒストリーも、トランスジェンダー関連で4人分(中央大学矢島正見研究室の調査)はあるが、ゲイ関係はほとんどないに等しい(と思う)。
写真も、トランスジェンダー関係は、私の所に1960~70年代のコレクション(約300点)ほどあるが、ゲイ関係はちゃんと保存されている所を知らない。

日本のこれまでの資料収集が、文字資料(書籍、雑誌、ミニコミ、パンフレットなど)に偏っていたことを痛感。

(註)レズビアンについては「LOUD]に独自のアーカイブがあるとのことなので、言及していません。

質疑応答も活発。
長島佐恵子さん(中央大学准教授)が通訳してくださったので、質疑応答の内容はほぼ理解できた。
ほとんどすべての質問に丁寧に答えるジェラードさんの姿勢がすばらしい。
IMG_3994 - コピー.JPG
私も博物館の年間運営費と財源について質問。
予算は、年間140万ドル(約1億5400円)。
年+30%の伸びで、財政的には好調とのこと。

財源は、3分の1が、カルフォルニア州とサンフランシスコ市からの公的支援。
3分の1が、google、リーバイスなどの企業やチャリティー団体からの寄付。
残り3分の1が、メンバー(会員)の拠出、入場料、パーティやイベントの収益、遺産の寄付など。
寄付集めのパーティでは1回で5万ドル(約550万円)が集まり、ある大学教授からは45万ドル(約4950万円)の遺贈を受けたとのこと。

運営は、専従スタッフ6人、ボランティア約100人で行っている。

日本の現状からは比べ物にならない、もう夢のような話。

以前、宝くじで1億円が当たれば、トランスジェンダー・アーカイブが設立できると思ったが、博物館は5億円が当たらないと無理だとわかった。
IMG_3996 - コピー.JPG
↑ 石田仁さん、ジェラード・コスコビッチさん、私
nice!(1)  コメント(0) 

ジェラード・コスコビッチさん来日記念特別イベント、ミニフォーラム「新宿二丁目の歴史地理」 [現代の性(同性愛・L/G/B/T)]

9月13日(木)

今夜の、ジェラード・コスコビッチさん(Gerard Koskovich:サンフランシスコGLBT博物館ディレクター)来日記念特別イベント、ミニフォーラム「新宿二丁目の歴史地理」(新宿2丁目「オカマルト」)、すごく充実した内容で、とても楽しかった。
IMG_3958 - コピー.JPG
私は「新宿二丁目ゲイタウンの成立」という報告をさせていただきましたが、機会を与えていただいたお蔭で、だいぶ「見えてきた」ように思う。

企画してくださった石田仁さん、コスコビッチさんを招聘された藤吉圭二先生(追手門学院大学)、会場をお世話くださったマーガレット小倉さん、ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 現代の性(同性愛・L/G/B/T) ブログトップ